アイフルの純利益が前期比13・1%減…それでも3月期連結純利益658億円!

0

    Yahoo!ニュース - 共同通信 -
    アイフル、20%減益予想 来年3月期、業務停止で アコム、武富士、プロミスなど消費者金融大手4社の2006年3月期連結決算が16日出そろい、アイフルの純利益が前期比13・1%減の658億円となるなど各社とも大幅な減益となった。アイフルは強引な取り立て行為で今月8日から業務停止命令を受けたことなどから、07年3月期の純利益は前期比20・2%減の525億円と予想した。 各社の06年3月期の純利益は、プロミスが44・2%、武富士が31・7%、アコムが19・5%それぞれ減少した。払い過ぎた利息を顧客に返還するための費用がかさんだことが主因。 最高裁が今年1月に利息制限法の上限金利(15−20%)を超える「グレーゾーン金利」の有効性を狭める判断を示し、顧客から返還請求が相次いだ。このため各社は実際に返還した額に加え、今後の返還に備えて引当金も新たに積んだ。(共同通信) - 5月16日16時14分更新
     前期比13・1%減で3月期連結純利益658億円!
     凄い儲け!
     減益で658億円ですよ!
     人様から金利を吸い上げて658億円!

     三井住友銀行系列のプロミスが44・2%減
     毎度くどいようですが、三井住友銀行はメガバンクとして本業の銀行業に専念すべし!
     アットローン、プロミスを手がけるような銀行を、経済を支える金融機関として信用していいのか?
     弱い立場の融資先に金融商品を抱き合わせ販売していたとして、三井住友FG・西川元社長の責任を問う声もありますが、メディアも国会も追及が生ぬるい!

     高利貸しが、法のスキマをかいくぐって「グレーゾーン金利」なる非道徳的な商法で人様から金をむさぼり尽くす消費者金融。
     アイフルのみが3日間の営業停止等処分を受けたが、世間を騒がせたライブドア商法より、よほど悪どく、消費者に害毒を流しています。

     政府も国会も、消費者金融の在り方を抜本的に精査する必要があると思いますが、高額納税企業である消費者金融各社への対応はどうしても甘くなりがち?

     消費者金融から、たっぷりとCM・広告料を受けているメディアも、追及の手が緩い気がするけど・・・・。
     消費者金融嫌いの小生の偏見でしょうか?

    DCR-HC90(H;グレー)
    DCR-HC90(H;グレー)
    リアルアクションヒーローズDX 人造人間キカイダー【2006年7月21日発売】
    リアルアクションヒーローズDX 人造人間キカイダー【2006年7月21日発売】

    スポンサーサイト

    • 2020.06.06 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten