「LADY〜最後の犯罪プロファイル」第6回★女の直感で事件解決!?

0
    『LADY〜最後の犯罪プロファイル』第6話

    意外にも前回視聴率はまさかの10%台回復!?
    前々回の6.8%が正当な評価だと思うのだけどなぁ・・・。
    興味本位の野次馬として、今回も重箱の隅をつついちゃお。

    【 警察トップは、謝罪会見必至 】

    無差別通り魔事件の犯人「氏名不詳38号」が裁判所に着いた直後に逃走。
    護送していた警官はドンくさい上に、銃まで奪われる大失態。
    警察トップは、謝罪会見必至です。
    あまりにも簡単に逃げられたこの場面、もう少しどうにかならないものか・・・。
    神は細部に宿るのでありますが、このドラマの制作者は細かいことは気にしていない様子・・・。

    【 確率97%!? 】

    新堀(平岡祐太)が『計算』して、38号の居場所を絞り込んだ。
    97%の確率なんだそうな・・・。
    計算、計算と盛んに口にするけど、新堀が何の要素を計算して地理的絞り込みを行っているのか今一つ説得力が無く、魔法の計算に見えちゃう。
    新堀の不自然で取ってつけたような計算より、相撲取りの演技(?)の方が自然です。

    学生時代に、司法試験に落ちたの恋人を慰めようとして「計算じゃ、試験に受かる確率は12%しかなかった」なんてセリフもあったけど、どういう計算で端数付きの確率を導き出せるのかと思ってしまい、なんか興ざめしちゃう。
    「ミスタースポック」や「データ少佐」、あるいは「セブン・オブ・ナイン」ほど、人間離れしたキャラ付けが確立していたら「97%」でも「12%」でもありだと思えるけど、拠り所も分からない計算で細かい数字を口にしても唐突感や違和感しか残りません。

    かろうじて、寺田(要潤)が「新堀は小学校で因数分解ができた」ほどの天才であることを”補足説明”していましたけど、そういう説明抜きだと平岡祐太は『2つの博士号を持つ天才』に見えないんですよね。
    メガネをかけてるだけでは人並み越えた頭脳の持ち主に見えません。

    新堀のモデルは、このドラマの元になってると思われる『クリミナル・マインド』のIQ187の天才Drスペンサー・リードで、さらに『ナンバーズ/天才数学者の事件ファイル』のチャーリー・エプス博士を付け加えているのだと想像するのですが、この2名が持つ風変わりでエキセントリックな雰囲気や奇矯さが新堀=平岡祐太からは感じられないから、いたって普通の人物に見えちゃいます。
    キャラ付けが弱い気がします。

    ただし、香月(北川景子)だけが目立つのではなく、前回あたりから他のメンバーにも焦点を当てたエピソードを作り始めたのはドラマ的には正解だと思います。

    【 今回も幼児期の体験・・・ 】

    前回の犯人・巽(柳楽優弥)も幼児期の原体験が犯行の背景になっていたのに、今回の38号こと高井も巽と同じく、幼児期の体験が影を差してる。
    人物のタイプは違うモノの、母に捨てられた体験は、まるまる二人に共通してる。
    どうして連続して同じような過去を持つ者の話を続けちゃうのかなぁ・・・。

    【 見てきたような 】

    翔子(北川景子)や結城(木村多江)たちが38号の生い立ちや、父親と偶然再会して犯行に至った経緯を分析していた場面。
    彼女たちは、まるで見てきたようなことを言うからシックリこない。
    この分析に至るデータ収集について丁寧に描いていないから、確たる根拠もなく想像してるだけに見えちゃう。
    ”プロファイリング”というより、超能力者の”ビジョン”みたいな印象。
    新堀の”計算”と同じ肌触りがします。

    そもそも、38号が父親と『偶然』出会ったって、かなり『ご都合主義』っぽい。

    【 藤堂管理官は要らない 】

    38号に捕まっちゃった新堀が、CPSあてに今生の別れを告げる最後の電話を掛けさせてもらって「左ななめ14度を見上げる」というヒントを口に・・・。
    38号は、新堀の通話内容をちゃんと聞いてたら「怪しい」って気付きそうなものなのになぁ・・・。

    で、新堀の救出に全署員でかかってもらうよう藤堂管理官(小澤征悦)に要請すると、藤堂は「全署員を投入するなんて聞いたことありませんよ」と不貞腐れ気味に返答。
    藤堂=小澤征悦は、ここ3回ほど出番が激減してるから機嫌が悪いのかもしれないなぁ。

    そんな冗談はさておき、38号と一緒にいる新堀を見つけ出すってことは、警察の不手際で裁判所へ護送中に逃亡された38号を捕えることに直結しており、藤堂管理官が一瞬でも新堀救出に嫌味な態度を見せるのは理屈が通らない。
    『藤堂管理官vsプロファイラー』の構図にこだわるあまり、拳銃を奪われ逃走を許した汚名をすすぎ、仲間内の新堀を救出するチャンスに藤堂が飛びつかないのはおかしい。
    脚本上の大きな穴だったと思います。

    【 ピンポイント!? 】

    新堀のヒント(「左ななめ14度」「僕(新堀)の家」「君(香月)の家」)で、38号の居場所が”ピンポイント”で判明して、警察が急襲。
    メデタシ、メデタシ・・・。
    新堀は頭の中にインプットした地図から「左ななめ14度」を導き出すんだから、やはり天才だわ。
    地図オタク・大垣(柴咲コウ)なんて足元にも及ばないコンピュータ並みの能力です。
    新堀が、地図に関しては写真並みの記憶力を持ってるという説明を入れてくれないと、超能力者かと勘違いしそうです。

    【 女の直感!? 】

    事件解決で打ち上げするCPSの面々。
    居場所のヒントに気付いてくれたことを感心する新堀に、寺田が「香月が気付いてくれたんだ。女の直感ってやつ・・・」とニッコリ。
    これまでの香月のプロファイリングは、データ分析による「論理的な類推」ではなく、「直感的な思い付き」だという印象を持っていたんだけど、寺田も「女の直感」だと思ってたんだぁ・・・。
    寺田は、思いっきり”NGワード”を口にしちゃったなぁ・・・。

    【 口笛 】

    ラスト、柘植(ユースケ・サンタマリア)の心遣いと38号の口笛に好意的な感想を持てなかったし、北川景子そっくりの元カノが出てくる新堀の思い出エピソードも良いと思わなかったし・・・。
    番組開始当時に比べて微調整されているけど、相変わらず脚本の出来がパッとしません。
    素人目にも穴や隙が見えちゃうこの程度の脚本でも却下されないんですねぇ・・・。



      

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村




    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.02.22 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      朝からそわそわしている翔子。理由を知らないCPSの連中は、勝手なこと言っていた。 結城が戻るとすぐに翔子が飛び出た。今度の犯罪心理学会で特別講演できると朗報をもたらした。翔子の論文が高く評価されたのだ。それを聞いて面白くない新堀。 今日から公判の4人通り
      • まぁ、お茶でも
      • 2011/02/15 3:40 AM
      相変わらず、最後の居酒屋シーンでしかチームのまとまりを実感できないCPSの皆さん(笑)(^_^;) あれ?そこにマリエさんがおらんやん? ・・・と思いながら観てたら、柘植が例の謎の人物から翔子を調べるよ...
      • ドラマ de りんりん
      • 2011/02/13 5:17 PM
      別館ヒガシ日記から他ブログTB送信が出来なくなりまして 他ブログからのTB受信は出来ますので下記アドに願います 2月12日 レベルE&LADY TBアドレス http://trb.ameb ...
      • スポーツ瓦版
      • 2011/02/12 9:40 PM
      『脱走犯を追え…最期の告白』内容公判のため裁判所へ護送中の、無差別殺人犯“留置番号38号”(忍成修吾)が、裁判所に到着直後、、、逃走する。1人殺害、3人を切りつけた38...
      • レベル999のマニアな講義
      • 2011/02/12 9:23 PM
      『脱走犯を追え…最期の告白』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2011/02/12 7:59 PM
      「脱走犯を追え…最期の告白」 初公判を迎え、裁判所へ護送中だった無差別通り魔事件の犯人が裁判所に着いた直後に逃走したとの連絡がCPSに入る。 逃走した殺人犯は一人を殺害、三人を切りつけた通り魔で、事件後に自ら出頭。取調べでは犯行を素直に認めたものの、
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/02/12 5:34 PM
      1/7からTBSで始まった『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 (公式)』の第6話『禁断のプロファイリング』の感想。 テコ入れか?路線変更か?どっちでも良いが(苦笑) 先週、「無駄を削ぎ落とせ!」と書いたが、なんと今週は香月翔子(北川景子)がひと休みす
      • ディレクターの目線blog
      • 2011/02/12 5:20 PM
      LADY 最後の犯罪プロファイルですが、香月翔子(北川景子)の動きを遠くから見て、寺田毅彦(要潤)や新堀圭祐(平岡祐太)たちがアフレコをやります。勝手にデートなどと勘繰り新堀は想像嫉妬しますが、翔子の論文が認められたと知ってリアルに嫉妬します。絶賛嫉妬中
      • 一言居士!スペードのAの放埓手記
      • 2011/02/12 3:04 PM
      得意の絶頂→どん底→諸々で解決というパターンは,もしかしたらジェットコースターを意識しているのですかね? それにしてはスピード感に欠けるわけですが(苦笑)
      • Kyan's BLOG IV
      • 2011/02/12 2:52 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten