「LADY〜最後の犯罪プロファイル」第5回★逆探知で簡単に捕まった誘拐犯・・・

0
    『LADY〜最後の犯罪プロファイル』第5話

    『Mステ』に、柴咲コウちゃんが出演して主題歌「無形スピリット」を唄ってましたねぇ。
    彼女が紡ぐストイックな歌詞が良い・・・・このドラマには勿体ない。
    柴咲コウ/無形スピリット(通常盤)(CD)

    柴咲コウ/無形スピリット(通常盤)(CD)
    価格:1,200円(税込、送料別)

    ひな壇で他のアートストと交わらずに一人で居心地悪そうに出番を待つ柴咲コウちゃんが可愛らしかった。

    【 北川景子 】

    北川景子のジーンズ姿って、何度見てもカッコいい!!
    このドラマを見る動機は、もはや”北川景子のジーンズ姿”だけで、ドラマ的にはグダグダで”大失敗作”になっちゃいましたね。
    視聴率が初回13.8%→第2話9.3%→第3話8.5%→第4話6.8%と真っ逆さまに墜落中。
    北川景子を使ってここまでコケるって、ある意味凄い。
    (こんな役柄を与えられた北川景子が気の毒で仕方ない。)

    さて、今回も一つずつ重箱の隅をつつこうかな・・・。(重箱と言っても、普通の重箱ではなくグルーポンおせち並みにスカスカなんだけど)

    【 誘拐犯は知っていた 】

    小生の集中力が足りないせいなのか、母を殺されたと主張する”誘拐犯”が、どうして母殺しの犯人が”巽(柳楽優弥)”であることを知っていたのかがよく分からないんです。
    警察は遺体が無いから殺人事件だと認定していないようでしたから、単なる失踪か殺害だったかも定かではないはずなのに、”誘拐犯”は”巽”が犯人だと断定してる。
    この理由がわかる場面を見逃しちゃったのかなぁ?
    (それとも、脚本がいい加減なの?)

    【 逆探知で誘拐犯逮捕 】

    新堀(平岡祐太) が”誘拐犯”の移動の癖を分析して、見事に居場所を的中させて誘拐犯逮捕!!
    えっ〜〜なんとまぁ安易な。
    ”誘拐犯”と巽(柳楽優弥)が電話で話をした際の「逆探知が決定打だった」と新堀(平岡祐太) は誇らしげに語っていたけど、逆探知ってプロファイル以前の問題でしょ。
    いまどき、逆探知で捕まる”誘拐犯”って、レベル低すぎないかな!!

    あと、香月が巽の生家の押し入れの中に座って、過去を想像して巽の心の動きを追体験する場面の後、誘拐された女児が唐突に発見・救出されちゃう。
    「?」・・・女児の居場所が突然判明した理屈がよく分からないのは、やはり小生が何か重要な場面を見逃してるんだろうか?
    (香月はプロファイラーの範疇を越えていて、ほとんど『霊能捜査官アリソン・デュボア』みたいです。)

    このように、誘拐事件の「犯人逮捕」と「被害女児発見」があまりに”安易”で”雑”ですし、誘拐犯のキャラも薄かったですね。
    「誘拐犯が実は巽の弟だった」というオチも、あまり効果的な設定だったとは思えませんでした。

    【 泣きじゃくる巽を香月が!? 】

    前回は面談の際に”巽”が刑務官を刺しちゃったものだから、今回、香月(北川景子)が一人で面談する場面では”巽”は手錠に加えて足元からも鎖で身体を拘束されていました。
    ハンニバル・レクター的なモンスター死刑囚なんだから、常にこのくらい厳重な対応が必要です。

    ところが、終盤、結城(木村多江)、香月、寺田、新堀の4人が”巽”と面談する場面では、なぜか足元の鎖は無くなってるし、刑務官は室外に出て行っちゃってる・・・。
    そして、あろうことか”巽”が自由に室内を動き回って、なぜか”巽”に惨殺された遺体が映されたスクリーンの前で小芝居が繰り広げられちゃいます。
    厳重に拘束されていたり、自由に動き回れたり・・・場面に合わせたご都合主義が目に余ります。

    挙句の果てには、泣きじゃくる”巽”を、香月が包み込むように抱きしめちゃう。

    『翔子が巽を優しく抱きしめるシーンでは、「人の肌の暖かさを出したい。」という監督の意見もあり、翔子が優しく、巽をあやすように抱きしめるお芝居となったのです。』と公式サイトには紹介されている。
    いくら”巽”に痛切な原体験があったにせよ、人を生きたまま解剖し8人も殺害した男に心を寄せすぎじゃないかなぁ。
    人の肌の暖かさを出すシーンではないと思います。

    【 バウムテスト!? 】

    「バウムテスト」で”巽”を分析していました。
    あまりにもポピュラーな心理テストですから、「バウムテスト」ごときでドラマにアカデミックな雰囲気が加味されることはありません。(次は、ロールシャッハでも出すのかな?)
    で、”巽”が描いた樹木の「幹が細い」ことを香月が指摘していましたが、言うほど細く見えなかったのは小生だけ?

    「バウムテスト」の他にも、CPSの面々がアイデンティティ、ファンタジー、サディスティックなどカタカナの心理学用語を口にしていましたけど、なんかパッとしませんねぇ。

    【 少しずつ軌道修正してるけど 】

    前回まで香月一人が突っ走り、寺田(要潤)や新堀の影がひどく薄すかったから、今回は、新堀の”逆探知手柄場面”や、ネゴシエーター結城、ホワイトボードで巽のサディスティックな犯行を分析する寺田の場面などをいれて、CPS全体が機能しているように微調整していましたね。
    また、無駄な対立が鬱陶しかった『藤堂管理官(小澤征悦)vsプロファイラー』の構図については、前回から小澤征悦の出番を激減させ、さらには今回は「交渉役に結城を起用するように発案したのは藤堂管理官だった」ということにしてCPSとの対立を薄めにかかっています。

    少しずつ”軌道修正”しようとする意図は見えます。
    でも・・・肝心要のストーリーが破たんしてるから微調整では追いつかない。

    【 伏線? 】

    香月の妹が今泉先生(哀川翔)のカウンセリングを受けていることだとか、前回「香月vs巽」の面談場面であぶりだされた香月の父親コンプレックスは、次回以降の物語の伏線として活きてくるのでしょうか?

    そもそも、次回以降も見続けるかどうかが問題なのですが・・・



      

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村






    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2019.09.11 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      自分はモンスター と言う巽。 巽に殺された人がもっといるはずだから、真相を究明しろと幼女を誘拐して、迫る男が現れた。犯人を逮捕しても、子供が無事に帰ってこなければなにもならない。 巽は、事件に協力したいと申し出た。
      • まぁ、お茶でも
      • 2011/02/07 2:59 AM
      【OD3】あんぱんち・織田裕二・伊藤淳史・内田有紀・小栗旬ほか出演『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』発売『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜』人を殺すために生まれてき ...
      • |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
      • 2011/02/05 10:32 PM
      『禁断の記憶プロファイル』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2011/02/05 8:02 PM
      時間との戦い。翔子と巽の対決-----------!!巽事件、前後編の完結版って所でしょうか。今度は少女の誘拐事件まで起こり、犯人は巽の事件の解決を要求してくる。そこで藤堂は結城に交...
      • ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
      • 2011/02/05 7:58 PM
      「禁断の記憶プロファイル」 CPSに柘植(ユースケ・サンタマリア)から幼い少女の誘拐事件が起こったと連絡が飛び込んでくる。 誘拐犯のプロファイリング依頼と思いきや、事件は単純な営利目的の誘拐事件ではなく、誘拐犯が少女を人質に、なんと死刑囚の巽聡史(柳
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/02/05 6:05 PM
      『禁断のプロファイリング』内容法務大臣が、死刑囚・巽(柳楽優弥)の執行書にサインした頃。柘植(ユースケ・サンタマリア)がCPSにやってくる。少女の誘拐事件が起きたという...
      • レベル999のマニアな講義
      • 2011/02/05 5:50 PM
      レベルEはオチ予想外だけど Eコースなど良い感じだったし 王子が持込み失敗も予想外で 完全に部屋を王子らに占領てるね 悪党は殺人を目撃しただけど 最後の自白を強要する所は満足も
      • 別館ヒガシ日記
      • 2011/02/05 1:08 PM
      「背中を四角く切り取ったのは電池ボックスの蓋でした」だと? むぅ・・・ 人形の玩具の場合は乾電池なんて重量物は足に仕込んで安定を増そうとするのがフツーの発想...
      • Kyan's BLOG IV
      • 2011/02/05 11:15 AM
      少女を誘拐した犯人が、死刑囚の巽(柳楽優弥)の犯行をすべて解明 しろと警察に要求してきた。 犯人によると、まだ明らかにしていない殺人を犯しているはずだという。 翔子(北川景子)たち犯罪行動分析室(CPS)は、柘植(ユースケ・サンタ マリア)から協力を
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2011/02/05 11:08 AM
      1/7からTBSで始まった『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 (公式)』の第5話『禁断のプロファイリング』の感想。 無駄を削ぎ落としてこそテーマが引き立つ! もう当blogの読者さまなら“耳にタコ”で恐縮だが、繰り返すが、脚本は詰め込むのでなく、必要最小
      • ディレクターの目線blog
      • 2011/02/05 10:35 AM
      LADY 最後の犯罪プロファイルですが、少女誘拐事件が起こります。身代金ではなく死刑囚・巽聡史(柳楽優弥)の全ての犯罪を明らかにしろという要求です。柘植(ユースケ・サンタマリア)ではなく結城(木村多江)が交渉人となりますが、香月翔子(北川景子)はもう一度
      • 一言居士!スペードのAの放埓手記
      • 2011/02/05 10:29 AM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten