「LADY〜最後の犯罪プロファイル」第4回★柳楽優弥投入も、残念な結果に・・・

0
    『LADY〜最後の犯罪プロファイル』第4話

    過去3話の出来が悪く、視聴率も初回13.8%→第2話9.3%→第3話8.5%と急降下。
    7人もの命を奪った猟奇殺人犯でIQ140の天才犯罪者役で柳楽優弥を投入して番組の蘇生を狙ったようだけど、残念ながら陳腐なエピソードになってしまいました。
    だから、重箱の隅をつつくことが視聴目的になってしまってます。
    そういう観方をすれば、突っ込みどころ満載で面白いドラマです。

    【 出番激減、小澤征悦 】

    初回以降の『藤堂管理官(小澤征悦)vsプロファイラー』の対立の構図が鬱陶しくて、ドラマの魅力を消している一因だと思ってます。
    今回も、藤堂管理官が「自分の手で犯人を捕らえる」「私は彼ら(CPS)に頼るつもりはない」として、柘植(ユースケ・サンタマリア)と口論・・・。
    いつまで揉めてるの〜〜〜。
    ただし、さすがに制作側も『藤堂vsプロファイラー』がマイナス要素だと感じ始めたのか、小澤征悦の出番が激減しましたね。
    もはや小澤征悦が”改心”して、CPS(犯罪行動分析室)に協力するようにキャラ変更した方が良いと思います。

    【 ライ・ツー・ミー 】

    凶悪かつ天才である死刑囚がいて、この死刑囚に憧れた模倣犯が殺人を繰り返すストーリーは、心理捜査モノの海外ドラマ『ライ・ツー・ミー』で既にやってました。
    死刑囚が刑務官を使って模倣犯と連絡している点も同じでして、明らかに”二番煎じ”(パクリ?)ですし、さみしいことに心理学的アプローチの面でも、死刑囚の造形に関してもドラマの完成度は『ライ・ツー・ミー』にはるかに及ばない・・・。
    まったくトホホです。

    【 見事な洞察力!? 】

    殺人犯・巽(柳楽優弥)が「チャールズ・マンソン」「リンドバーグ・サンダース」という名だたる殺人鬼の言葉について言及して、翔子(北川景子)が言い当てる・・・。
    著名なチャールズ・マンソンを持ち出しても、≪巽≫というキャラから怖さは滲み出てこないし、”IQ140の天才”という雰囲気も感じられませんでした。
    柳楽優弥は、キモいサイコ野郎にしか見えませんでした。

    ≪巽≫からは見えない別室に「2人居る」ことを言い当てた部分も、なぜ≪巽≫が「2人」だと推察出来たかの説明がないから、まるで『SPEC』みたいな話になってしまい、知能が高いようには見えません。

    なのに、別室でモニターを見ていた寺田(要潤)と新堀(平岡祐太)は、「見事な洞察力だ」「さすがIQ140の天才」と、≪巽≫に感心しきり・・・。
    なんだかなぁ・・・

    【 靴跡・・・プロファイル? 】

    殺害現場に複数の靴跡。
    刑事たちは、この靴跡から複数犯だと考えるが、香月(北川景子)だけは違う靴だがサイズが同じで歩幅も一定であることから単独犯だと推理する。
    「左右違う靴を履いて歩き回ったんです。」「捜査を混乱させることが狙い・・・」

    【送料無料】ソウル・コレクター

    【送料無料】ソウル・コレクター
    価格:2,500円(税込、送料別)

    あらら〜〜、これってプロファイルの範疇に入るの?
    これってプロファイルではなくって、『リンカーン・ライム』シリーズでお馴染みの女刑事アメリア・サックス的な≪鑑識能力≫じゃないのかな?
    そもそも、香月が単独犯だと推理する前に、刑事が気付くべき問題であります。

    【 「秩序型」と「幼稚」 】

    香月が「犯人は秩序型。知能が高くプライドも高い。クイズなら難易度が高い方が面白い・・・」などと犯人像を語り始めます。
    テレビに映った範囲の犯行状況から香月のプロファイルに結びつく気がしない・・・どうしてそういう分析につながるのか説明がないままプロファイルを語っちゃうから唐突感が強いんです。
    さらに、香月が犯人になりきって分析を進めるお約束の場面があって、今度は「犯人は実は幼稚」と分析・・・。
    【送料無料】図解犯罪心理がよくわかる本

    【送料無料】図解犯罪心理がよくわかる本
    価格:500円(税込、送料別)

    「秩序型」と「幼稚」って並立するものなのかなぁ?
    専門家の方に聞かないと分からないけど、一般的に「幼稚」なのは「無秩序型」の典型だと思うんだけど・・・。

    【 ヌルい対応 】

    地図の点と点を繋ぐと円で囲んだ六芒星が浮かび上がり犯人の居場所が判明した前回に続いて、今回も遺体が指す方向を地図上で結ぶと、≪巽≫が入ってる拘置所の場所で交差する。

    ≪巽≫が予言した「次は“92”“73”」の件もあったから、柘植は「巽が犯人を操ってる可能性がある」と・・・。
    このケース、普通は外部への連絡方法や、≪巽≫に協力してる者がいないかを直ちに調査し始めると思うんだけど、なぜか内部調査を始める気配は無く、香月が「巽に聞きましょう」という話になっちゃう。

    外部との連絡方法が事件のポイントの一つだと思うのに、このヌルイ対応は何だろうか!?
    ≪巽≫に聞いても、連絡方法や協力者のことを語るはずもないし・・・・。

    【 情報管理が甘い〜〜 】

    ≪巽≫が事件を予言していたことがスポーツ新聞のトップに掲載されていましたねぇ。
    新聞はどうやってこのネタを知ったんでしょうか?
    ≪巽≫の弁護士が新聞社に知らせたか、内部協力者がリークしたのか?
    情報管理が甘いです。

    そういえば、番組冒頭では居酒屋に情報端末(IPad?)を持ち出して≪巽≫との面談についてCPSのメンバーがミーティングしていましたけど、安易に情報端末を庁舎から持ち出していたり、内部案件を居酒屋という衆人環境の中で話し合うってのはリアリティなさすぎ。
    こういう細部が甘いから、ドラマ全体がグダグダになるんです。

    【 一輪だけ赤い花 】

    犯人が次の殺害を予告
    事件解決を急く柘植が「プロファイルはできてるか!」
    香月「犯人は裕福な家庭に育ち・・・力の誇示をしたいと思ってる。犯人にとってこの殺人はクイズ・・」などとプロファイルを述べます。
    あれで「犯人は裕福な家庭に育ち」って分析できる香月は凄いわ。
    素人の小生には、その結論に至る必然性が全く見えないもの!?

    いつもそうなんだけど、プロファイルの根拠が示されないから説得力がないんですよね。
    なんか香月の”直観”にしか見えないんですよ。

    更にはこの期に及んで、「もしかしたら現場に(クイズの)ヒントが残されているかもしれません」と香月。
    最初に香月が「犯人は秩序型。知能が高くプライドも高い。クイズなら難易度が高い方が面白い・・・」と分析した時点で「現場にヒント」という発想に繋がらなかったのに、終盤になって急に思いつくってのは凄く不自然
    これがきっかけで「一輪だけ赤い花」の発見につながったのかな・・・わざとらしい!!

    【 雑な展開 】

    この後は、唐突に犯人が特定されちゃう雑な展開。
    「“92”“73”」が元素記号に繋がって『I See U』を導き出したくだりも達成感を感じるほどのオチじゃないし・・・。

    で、香月、結城晶(木村多江)との面談が終わった≪巽≫が刑務官をグサッと刺しちゃう。
    凶悪犯という設定の≪巽≫なんだから、少なくとも手錠くらいはしておくべきでしたねぇ。
    あんなサイコ野郎を拘束具なしで面談の場に連れてくるってのは、ドラマの設定が甘いんですね。
    手錠されたり両足に鎖をかけられたりしている方が、いかにも≪危険極まりない男≫って雰囲気も出るのになぁ・・・。
    そういう演出や小道具も含めて、≪巽=柳楽優弥≫はチャールズ・マンソンを語るほどのキャラではありませんでした。

    刑務官を刺した後、襲いかかてきた≪巽≫に香月がビンタをかましてひと段落ついちゃったのも、なんかヌルかったなぁ・・・。
    (≪巽≫が吉本新喜劇の”島木譲二”だったら、ビンタされて「ひどい、ひどいわ」と地面に突っ伏す場面ですね。)

    【 香月の父親 】

    話は前後するけど、柘植が電話で香月の父親が焼死した事故(事件?)について語っていたり、≪巽≫が香月の父親の事件の真相を知ってる素振りを見せたり、香月の妹の薬の処方が変わったことに触れる場面が有ったり、取って付けたように今後への伏線が張られました。
    毎回の単発の事件でさえアップアップなのに、香月の父親の件まで上手くまとめられるんでしょうかねぇ・・・。

    で、番組終わりかけ。≪巽≫の心の中の闇を解明できなかったとテンションが落ち込んだCPS(犯罪行動分析室)の面々に、≪巽≫と関わりがあると言う幼女誘拐事件が起きたことが伝えられ・・・・。
    今回は、単なる前振りだったのかよ〜〜〜。

    というわけで、”柳楽優弥”投入がカンフル剤にはならなかった印象でした。
    如何にツッコミどころが多いかを楽しみにして観るドラマになっています。



      

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村






    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.10.22 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      モンスター(笑)レクターだって、教授然としてとても犯罪者に見えない人が殺人鬼だからこその存在感なのに。こちらの「天才」ときたら、目を剥いて奇声を発して、せっかくの美貌が...
      • ドラマでポン
      • 2011/02/03 11:55 PM
      面談するのは巽智史 24歳。 17歳の誕生日に初めて人を殺しそれから全部で7人もの命を奪った。 殺したのは父親の会社の倉庫。彼はその倉庫を実験室と呼んでいた。 被害者は生きたまま解剖された。 でも発見された遺体は、どれも奇麗だった。解剖して殺した後また縫い合
      • まぁ、お茶でも
      • 2011/02/02 5:19 AM
      「vs天才死刑囚!神予言の罠」 翔子(北川景子)たちCPS(犯罪行動分析室)の面々は犯罪者のデータ収集目的として、死刑囚の巽聡史(柳楽優弥)と面談を行うことになる。 巽は17歳の誕生日に初めて人を殺したのをきっかけに7人もの命を奪った凶悪殺人犯で、5年
      • ドラマハンティングP2G
      • 2011/01/30 10:22 PM
      はアジアカップ決勝戦で1対0と が延長の後半に李ゴールで勝利して アジアカップ4度目の制覇となったが ケガ人&危ない試合が多かっ
      • 別館ヒガシ日記
      • 2011/01/30 10:03 PM
      今回は犯罪者データの収集目的として、死刑囚の巽(柳楽優弥さん)と面談を行なうことになったCPSの面々。 彼は17歳の誕生日に犯した殺人をきっかけに、7人もの命を奪った凶悪殺人犯で、当時日本中を震...
      • ドラマ de りんりん
      • 2011/01/30 8:25 PM
      1/7からTBSで始まった『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 (公式)』の第4話『VS天才死刑囚! 神予言の罠』の感想。 柳楽優弥の独壇場! いつもは俳優さんの演技をべた褒めしないのだが、今週は巽聡史役の柳楽優弥さんの独壇場だった。昨年夏に82kgから25kgの
      • ディレクターの目線blog
      • 2011/01/29 9:24 PM
      『vs天才死刑囚!神予言の罠』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2011/01/29 8:06 PM
       LADY最後の犯罪プロファイル4話を観ました。今週も面白かったですね。  今回は、被害者に数字の書いたものを飲ませたり、ヘルメットに数字を書いたりする事件です。  そして、この数字は元素記号番号を使用した犯人からのメッセージでした。  そして
      • 本とテレビとアイドルDVDが大好き日記
      • 2011/01/29 5:41 PM
      『VS天才死刑囚!神予言の罠』内容データ収集のためCPSは、死刑囚の巽聡史(柳楽優弥)と面談することになる。17歳の誕生日に初めて人を殺し、その後も続き計7人、、、殺し...
      • レベル999のマニアな講義
      • 2011/01/29 5:34 PM
      金曜 22:00〜 LADY〜最後の犯罪プロファイル〜 TBS系 2011年1月7日〜(初回は21:00スタート2時間スペシャル) 【キャスト】 香月 翔子・・・北川景子 結城 晶・・・木村多江 新堀 圭祐・・・平岡祐太 奥居 万里江・・・須藤理彩 寺田 毅彦・・・要潤 柘植
      • ドラマQ
      • 2011/01/29 3:40 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten