『フリーター、家を買う。』第8話〜隣人・西本の悪巧み・・・

0
    『フリーター、家を買う。』第8回
    「おまえに親父さんの何がわかる?」

    フリーター、家を買う。

    フリーター、家を買う。

    価格:1,470円(税込、送料別)


    今回の最初の方で、大悦土木の面々が誠治(二宮和也)と”引っ越し”について語る場面・・。
    最後の場面では30万円超の給料を受け取り、引っ越しの目途としていた”貯金100万円”に到達して仲間と喜び合う誠治・・・・。
    なんか必死で、このドラマは『大悦土木物語』ではなく『フリーター、家を買う。』ですよ・・といってる感じでした。
    でも、ちょっとやそっとでは『フリーター、家を買う。』には戻りそうもなく、やっぱりドラマの大半を占める大悦(大友康平)や真奈美(香里奈)絡みの『大悦土木物語』がメインで、父・誠一(竹中直人)と母・寿美子(浅野温子)と誠治の親子関係・家族関係の場面でさえ『フリーター、家を買う。』という味は薄い・・・。
    そんな風に、ドラマが勝手に突っ走ってるけど、なんとなく心惹かれるから不思議です。

    【 社会的地位より・・・ 】

    亜矢子(井川遥)の姑・則子 (鷲尾真知子)が武宅にやってくる。
    表向きは母・寿美子の病状を心配しているような言葉を口にするけど、誠治が就職浪人であることや亜矢子への不満を滲ませてる。
    医者の家という”ステータス”をひけらかすことに何の遠慮もない不愉快なオバサンです。

    別の場面では、誠治が父・誠一に対して「二流商社の経理で、部下からも頼られないこと」を攻撃材料にして口論・・・。
    ”ステータス”が高くない父を愚弄しちゃった。

    また別の場面では、霊感商法のインチキ・セールスマンを追い返そうとする隣人・西本(坂口良子)が「弁護士の息子を呼びますよ!」と息子のステータスで圧倒しようとしてる。

    誰もかれもが『社会的地位、ステータス』を物事の基準にしてる。

    そんな中、『大悦土木』の面々だけはステータスにこだわらず、情や道理が行動の基準になっているから温かみがあってイイ感じ。
    父をなじった誠治を叱りつけた大悦社長の人間味がカッコいい。
    誠治が素直に大悦の苦言やアドバイスに耳を傾けるのも、大悦の人徳です。

    【 香里奈・・・ 】

    労災で足を悪くした五十嵐(でんでん)を訪ねて「これで最後にします」と区切りをつけることを切り出した真奈美。
    五十嵐は事故で人生が変わったことなどを口にして吹っ切れるものではないとしながらも「自分を責めるのは、もうやめんしゃい」と真奈美に言ってくれた。

    誠治と二人でお酒を飲んだ様子の真奈美はヘベレケになりながら、過去の労災にも区切りがつき、山賀(眞島秀和)への思いにもケジメをつけたことを呟いてる。
    作業服とヘルメットが似合うような男前でカッコいい部分と、酔いつぶれてベンチでヘロヘロになり支えてあげたくなるような弱さも併せ持つ”真奈美”って、なんか愛おしいわぁ。
    香里奈は、いまままでで最高のハマリ役だと思います。

    【 母・寿美子 】

    母・寿美子について・・・
    姑にチクチクプレッシャーをかけられている亜矢子に穏やかな口調で「気にしないでいいわよ」
    父から厳しい言葉をぶつけられた誠治に穏やかな口調で「気にしないでいいわよ」
    娘と息子に「気にしないでいいわよ」と言ってる母・寿美子は、娘と息子のことを「気にしてる」のですよね。
    この『気遣い・心遣い』の行き届いた性格がベースにあって、そこに隣人・西本の陰湿ないじめ行為があったから”心の病”につながったんでしょう・・・。
    人の心を気遣えない大雑把な人間だったら”うつ病”にならないのに・・・。(小生がうつ病持ちだから、寿美子さんを贔屓・・・・うつ病に偏見を持つ姑にガツンと言ってやった亜矢子にも喝采!!)

    【 父・誠一のアドバイス 】

    大悦に叱られて、就活に関して父・誠一のアドバイスを受けることにした誠治
    面接で、前の会社を3か月でやめた理由を問われた際に「新人研修が妙だったこと」や「社内の人間関係の悪さ」を答えていたのだけど、父は前の会社の悪口はNGであることを教える。
    そして模範解答として「社風になじめなかったので3か月でやめたが、今では自分に忍耐力が足りなかったと反省している」旨を答えるように教授する。

    これが父・誠一の”人生経験”というもので、同じ事象を語るにしても他人を批判するよりも自己を顧みる姿勢を表に出して前向きであることを示す巧みな言い回しですね。

    この場面で思い起こしたんですが、”仙谷長官”をはじめとする現政権の面々は自己正当化ばかりして、率直に非を認めることをしないから国民からそっぽを向かれちゃうんだと思いました。
    菅首相や閣僚たちは、部下から疎んじられている”ダメおやじ・誠一”よりダメです。

    あと、”海老蔵”の謝罪会見はさすがに言葉の選び方や話し方が上手いと思っちゃいました。
    海老蔵の本心は分からないけど、伝え方のうまさは「役者やなぁ〜」ってね・・・

    で、一次面接合格の通知が届いて、ほんの一瞬だけ父・誠一の顔が輝いた。
    これが親心でありますよ。

    【 隣人・西本が・・・ 】

    誠治と父が和解しはじめ、就活もうまくいきそうだし、なんだかハッピーな方向に向かい始めた・・・と思ったら、隣人・西本が暗躍してる!!
    西本は、あろうことか霊感商法の訪問販売員を呼びつけて寿美子をターゲットにするようサジェスチョンした様子。
    自分だけ不幸では気が済まないんやね。
    で、早速、寿美子は印鑑を売りつけられている・・・。
    む〜〜西本ムカつく!!!

    しかし、この期に及んで新たなトラブルを表出させてドラマはちゃんとまとまって行くのかぁ・・・・。
    面白いからいいけど、話はゴッチャゴチャで、糸の切れた凧状態。
    登場人物より、このドラマの行く末の方が心配であります。
    スポーツなどを指して「筋書きのないドラマ」だと言いますが、このドラマこそ究極の「筋書きのないドラマ」って感じです。


      

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2019.09.11 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      誠治(二宮和也)、真奈美(香里奈)、あかり(岡本玲)は哲平(丸山隆平)の病院にお見舞いへ訪れる。哲平は、どうってことないと言って明るくふるまう。一方、武家には亜矢子(井川遥)の姑・ ...
      • 掃き溜め日記〜てれびな日々〜
      • 2010/12/12 8:13 PM
      フジ 火曜9時              原作 有川浩「フリーター、家を買う。」(幻冬舎) 脚本 橋部敦子 演出 河野圭太 プロデュース 橋本芙...
      • to Heart
      • 2010/12/10 12:41 AM
      先の見えない毎日から抜け出せる日が、きっと来る。母さんに本当の笑顔が戻る日がきっと来る。誠治は100万貯まったら、とりあえず引越しをしようと頑張っていた。事務所では、大悦が...
      • 見取り八段・実0段
      • 2010/12/10 12:34 AM
      第8話の視聴率は、前回の14.7%より上がって、16.4%でした♪面白かったから、やはり上がりましたね(^^) 誠治は、お父さんが大悦土木を馬鹿にするようなことを言ったのでカチン...
      • ショコラの日記帳
      • 2010/12/09 10:12 PM
      誠治@二宮和也が親父@竹中直人に就職活動の相談をするようになり、 父子の関係が少し改善されたという話 「日曜でも工事あるのか?」 誠治が休日出勤するのを気にしたり、 「仕方ないやつだな・・・」 就活の相談を持ちかけられると、嬉しそうだったり、 誠治が一次面
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2010/12/09 1:02 AM
      誠治は親父との接し方がわからなかっただけだったんだね。 親父とささいな言い合いの果てに、 「経理部長って言っても、ハンコ押してるだけで、 部下からもばかにされてる」ってことを言ってしまった。 ...
      • よくばりアンテナ
      • 2010/12/08 10:54 PM
      第8話「おまえに親父さんの何がわかる?」 「お前が頼ってやれよ   親父ってのはそれが一番 嬉しいんだ・・・」 本当に素直じゃないオヤジだけど・大悦のその言葉は アタリ!だったようですねー♪ ...
      • shaberiba
      • 2010/12/08 9:16 PM
      やっぱり、あのババアは許せネー! 自分が騙されたからって、他人にもけしかけるかー!? 全くもって、最低最悪! さて、詐欺師の魔の手は武家に伸びてはいるものの・・・。 誠治の就職活動になんと晴れ間が! っていうか、いつも通りに親父と喧嘩したのを、大悦の社
      • シフォンなキモチ
      • 2010/12/08 8:50 PM
      『おまえに親父さんの何がわかる?』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2010/12/08 7:25 PM
      今回は、終盤直前まで、誠治(二宮和也)の成長&奮闘記。大悦社長(大友康平)が手作業でやってたデータ整理をパソコン操作で入力。その成果に、すっかり信頼を得て、そちらの作業を任されます。 つい天狗になって、そのあたりが情けない父・父・誠一(竹中直人)の
      • のほほん便り
      • 2010/12/08 6:04 PM
      誠治(二宮和也)は、いつものように父・誠一(竹中直人)と口論してしまう。 そして、父親には言ってはいけない言葉を投げつけてしまう。 そのことを大悦社長(大友康平)に怒られた誠治は、不器用ながら父親に 謝罪する。 社長から、中年は素直になれないものだと
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2010/12/08 5:59 PM
      『おまえに親父さんの何がわかる?』内容引っ越し費用として、とりあえず100万を目標にした誠治(二宮和也)そんななか、大悦社長(大友康平)が、経費などの見直し作業を手作業...
      • レベル999のマニアな講義
      • 2010/12/08 5:40 PM
       武誠治(二宮和也)は、引っ越しの費用として、とりあえず100万円貯めるという目標を立てる。大悦土木の社長・大悦貞夫(大友康平)は、そんな誠治に会社の経費の見直しを依頼する。誠治は、パソコン一式をそろえ、さっそく作業に取り掛かった。  千葉真奈美(香里
      • ドラマハンティングP2G
      • 2010/12/08 5:29 PM
      げんなり・・・(* ̄◇)=3 ゲプッ 今回は、やっと誠治の就活も順調にいきだしたし、引越し費用の100万もたまったしで 明るい兆しが見えてきたのに・・・ 予告によると、次回面接...
      • あるがまま・・・
      • 2010/12/08 3:45 PM
      公式サイト 原作:有川浩「フリーター、家を買う。」 原作未読です。 ざっくり感想
      • 昼寝の時間
      • 2010/12/08 3:01 PM
      10/19からフジテレビで始まった『フリーター、家を買う。(公式)』の第8話 『おまえに親父さんの何がわかる?』の感想。原作の小説は未読。 父子… 第6話の感想で、“父子で、“かまってちゃん”で“見栄っ張り”な性格だから・・・ ”と書いたが、どうやら少
      • ディレクターの目線blog
      • 2010/12/08 1:51 PM
      『フリーター、家を買う。』8話の感想です〜感想しか書いてませんがネタバレ注意であらすじ等は公式HPへ短め感想今回は誠一と誠治の関係が一気に改善し始めた回でしたねぇまぁ、...
      • 徒然”腐”日記
      • 2010/12/08 1:25 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten