『龍馬伝』第46回★早よう春がこんかのう

0
    『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON4)
    第46回「土佐の大勝負」


     坂本家に久しぶりに戻った龍馬
     姪の春猪(前田敦子)には子も生まれている・・・パフ!!

    【 妬ましかったです! 】

      容堂(近藤正臣)に龍馬(福山雅治)との会談を進言する象二郎(青木崇高)
      象二郎が、龍馬の考えや、大政奉還の考え方などをこと細かく報告していなかったことを指して言ったんだと思うのだけど、容堂が「どうして、それを黙っちょった」と象二郎をなじる。
      象二郎は「妬ましかったです!妬ましかったです!!」と、下士の分際で吉田東洋に認められ、脱藩者でありながら次々と物事を推し進めてきた龍馬への心情を吐露する。
      そのうえで、「お殿様、坂本龍馬に会うてくださいませ。お願い申し上げます」
      象二郎を演じる青木崇高の熱演が素晴らしい。
      
      あと、場面は飛ぶけど、容堂が象二郎に盃を勧めた場面も、なんかイイ感じでした。

    【 260年以上も続いてきたこの国の仕組み 】

      ついに龍馬は容堂の目通りが叶い、大政奉還の建白書を書いてほしいと願い出る。
      容堂は「それは直訴かえ?」「直訴いうがは受け入れんかった時には腹を切らんといかんがじゃ」と龍馬の覚悟の度合いをはかってくる。
      龍馬「大殿様が戯言だとお思いになられたら、私はここで腹を切る・・・」
      その後、武市切腹に話が及び、「わしが憎うはないがか、坂本」と容堂
      龍馬「憎いがです。下士が上士に虐げられちゅうこの土佐の有様が憎いがです。けんど、母が教えてくれました『憎しみからはなんちゃ生まれん』と。人を憎んでは、どうにもならんのです。憎むべきは260年以上も続いてきたこの国の仕組みじゃき」
      
      ここで、ひとこと・・・。
      徳川幕藩体制に終止符を打つという意味で「260年以上」というフレーズは理解できるけど、むしろ260年どころか、武家政権が確立された鎌倉時代以降の武士が国を統べる長い時代を覆すことになったんじゃないかなぁ。
      
      そういう意味で、現代社会は自民から民主に変わっただけでは足りなくて、明治維新以降の日本の、少なくとも戦後日本の在り方を、龍馬がいう所の「将軍も、大名も、武士と言う身分さえ消えてしまう」ほどのレベルでドラスティックに変革すべき時期なんじゃないかって思います。
      メモを見ながらじゃないと胡錦濤と会談できないような菅首相ら政治家に日本を任せてはおけないのですよ。
      昨年の”政権交代”は明治維新に例えるべきではなく、武家の豊臣家から武家の徳川家に支配権が移った政権交代を引き合いにすべきだと思います。

    【 幕府も藩も将軍も大名も武士という身分も 】

      幕府も藩も将軍も大名も武士という身分も消してしまうという龍馬の”民主化構想”を耳にして、容堂は「おぬし、自分がどれば恐ろしい事を言いようか、分かっちゅうがか?」
      凄いよね、今の時代なら、国会議員も国家公務員も一気に失業者になるかもしれないって改革でしょ。
      龍馬の『船中八策』は、中国で言えば劉暁波氏の『08憲章』みたいな感じ?
      相手が容堂ではなく胡錦濤だったら龍馬は幽閉されてたなぁ。
      
      話を戻して・・・。
      容堂の問いかけに答える龍馬は「この国は武士が力で治めるのではのうて、志のある者が議論を尽くして治めていく国になるべきではないですろか?」
      この時点で、龍馬はまさか仙谷長官みたいに詭弁を弄して乱暴な国会答弁をする者が現れるなんて思ってもいなかった・・・。

    【 日本人 】

      脇差しを畳に差し出し、大殿様のご決断をお待ちしてますとひれ伏す象二郎と龍馬。
      容堂は「答えや坂本。武士も大名ものうなってしもうた世の中に何がが残るのじゃ!」
      龍馬は真っ直ぐ容堂を見据えて「日本人です。異国と堂々と渡り合う日本人(にっぽんじん)が残るがです」
      これを聞いた容堂は「刀をしまいや。しまえっ!」と、つっけんどんではあるが切腹不要・直訴受諾を表明し、部屋を去っていく・・・。
      感極まったのか、龍馬の目から涙がはらり・・・・。

    【 決断! 】

      慶喜の怒りを買って、山内家が”おとりつぶし”になるかもしれない可能性に言及しながらも、リスクを承知で建白書をしたためる容堂は「武士の世を終わらせるかえ」
      逮捕されたり懲戒免職になって家族を養えなくなるかもしれないリスクを背負って海保航海士がYouTubeに公開した『尖閣ビデオ』は、現代の”建白書”なのかもしれないなぁ。
      (今の時代だったら『船中八策』や『大政奉還の建白書』がネット上に流れたろうなぁ・・・。)
      
      とにかく、ドラマの中で容堂は途方もない決断をしたことになるけど、本当のところ「武士という身分も消してしまう社会」が実現すると思って建白書を書いたんだろうか?
      武士の手で、武士を無くすなんてことを実感として納得できていたんだろうか?
      現代社会でも、マニフェストでは「歳費削減や議員定数削減」を謳いながら、国会議員の手で国会議員が損するようなことはできないじゃないですか・・・。
      容堂は、徳川が政権から去っても、なんだかんだ言って「相対的に土佐の地位が上がる」程度のことしか考えてなかったりして・・・。

    【 武市さん 】

      容堂が龍馬に「おぬし、ワシがこれを書くと信じちょったのう。どういてじゃ?」
      龍馬「それは、大殿様が武市半平太の牢に来られた時、大殿様は今のそのお姿のように武市さんと同じ地べたに座られ『おまんは、ええ家来じゃった』と・・・・・武市さんは、武市さんは、涙を流して喜んじょりました」
      おお、あの時のことが、今になって”伏線”として利いてくるのかぁ・・・。
      長いこと引っ張ったなぁ・・・。

    【 早よう春がこんかのう 】

      海岸で乙女(寺島しのぶ)と戯れる龍馬
      龍馬「いよいよ残り2回ぜよ」とは言わず、「いよいよ正念場ぜよ」
      乙女ねえやん「命だけは大事にしいや。決して死んではいかんぞね」「お前の周りは、何だか敵ばかりのように思えて、私は心配でたまらんぞね」
      前回、お龍(真木よう子)さんと三吉(筧利夫)さんの会話でも、龍馬の味方が少ないことが話題になってたし、思いっきり龍馬暗殺の気配が漂ってきました。
      姉の心配を逸らすように、お龍と蒸気船で土佐に戻ってきて、かねてから夢見ていた坂本家一同での世界旅行を行うと言う龍馬。
      「出立は来年の春や。それまで楽しみに待っちょれ」「早よう春がこんかのう」
      ここまで分かりやすいセリフを並べたうえで、龍馬暗殺まで「もう40日」しか残ってないなんてナレーションを入れるんだもの・・・・。
      なんてストレートな演出でしょう・・・。
      
      ま、容堂や象二郎との絡みは力強く、最近のなかでは上々の出来栄えでした。


      

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ






    スポンサーサイト

    • 2020.09.20 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      あらすじ 龍馬(福山雅治)は大政奉還の建白書を書かせようと容堂(近藤正臣)と対
      • 青いblog
      • 2010/11/20 9:35 PM
      土佐に戻ってきた龍馬。 後藤を通じ山内容堂へ大政奉還への勧めを請うが、なかなか容堂はしぶとく落ちず。 しばらく感想書いてなかったんですが観てたような気はします。 とか言いながら観てない回もあったような…。 えー、43回はおもしろかったんだけど前過ぎて感想
      • 宴の痕
      • 2010/11/16 9:22 PM
      あと40日かぁ・・・武市さんの回想シーン懐かしかったね兄上はいくつなの?(調べたら21歳差みたいですね)あと5年で児玉清になるの???最後の帰省かぁ・・・やっぱり別れはスロー...
      • しなもにあ
      • 2010/11/16 9:22 PM
      土佐に着いた龍馬(福山雅治)は、象二郎(青木崇高)を通じて、容堂(近藤正臣) に直接会いたいと願い出るが、容堂は相手にしない。 坂本家に久しぶりに戻った龍馬を、家族は温かく迎える。 継母の伊与(松原智恵子)は亡くなり、姪の春猪(前田敦子)には子供も生
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2010/11/16 6:30 AM
      14日大河ドラマ「龍馬伝」第46話を視聴した。 今回は龍馬は象二郎に伴われて土佐に戻った。 象二郎は容堂に龍馬に会うよう説得するが、相手にしない。 そんな中龍馬は久しぶりに坂本家に戻り、宴会を模様した。 そして龍馬を会すために象二郎は龍馬が薩長を結び
      • オールマイティにコメンテート
      • 2010/11/15 10:43 PM
      〜土佐の大勝負〜
      • 悠雅的生活
      • 2010/11/15 10:21 PM
      時は慶応3(1867)年…この年は、言わずもがな日本中が激動に揺れた年である。約260年続いた江戸幕府による統治の時代が終わり、明治維新とのちに称される劇的な社会構造・政治体制の近...
      • 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
      • 2010/11/15 10:19 PM
      慶応3年9月、ついに龍馬は土佐に戻った。無血倒幕のために山内容堂を動かさなくてはならなかった。最新式のミンエー銃千丁。「どっちに向かって使う気か!?」という容堂。後藤は...
      • strの気になるドラマ 気になるコト
      • 2010/11/15 9:27 PM
      大河ドラマ「龍馬伝」。第46回、土佐の大勝負。 土佐藩が大政奉還へ向けて動くための最後の詰め。 大殿様・山内容堂を説得します。
      • センゴク雑記
      • 2010/11/15 9:14 PM
      時間の確保が難しいので、短縮バージョンで(´Д⊂【感想】密度の濃い回でしたね。特に後藤と容堂公。後藤には思うところもありましたが、この二人だったからこそ、ここまで辿り着け...
      • 山南飛龍の徒然日記
      • 2010/11/15 8:51 PM
      公式サイト 少し長めの、ざっくり感想。 後藤の屈力で、ついに容堂公にお目通りかな
      • 昼寝の時間
      • 2010/11/15 8:12 PM
      JUGEMテーマ:エンターテイメント後藤象二郎の請願もむなしく、龍馬に会うことを拒否する山内容堂。いったん引いた龍馬は、懐かしいわが家に帰りました。そこには権平兄上や乙女姉上らの笑顔あふれる歓迎が。しかし、宴会のさなかも龍馬の心は、大政奉還の建白書実現に
      • ふるゆきホビー館
      • 2010/11/15 7:10 PM
      第45話「龍馬の休日」はこちら。 「嫉ましかったがです!」 山内容堂に対して後藤
      • 事務職員へのこの1冊
      • 2010/11/15 7:03 PM
      今日11月15日は坂本龍馬の誕生日で命日・・・と言われてますねま、誕生日については別の日付とする説もあるんですが命日と誕生日が一緒だって方がドラマティック?はい、てんぽ...
      • 徒然”腐”日記
      • 2010/11/15 6:50 PM
      『土佐の大勝負』内容1000丁のミニエー銃とともに土佐に帰ってきた龍馬(福山雅治)後藤象二郎(青木崇高)は、容堂(近藤正臣)に龍馬面会の意志を伝えるが、“その銃はどこに...
      • レベル999のマニアな講義
      • 2010/11/15 6:25 PM
      龍馬(福山雅治)、帰省して、最後の大仕事。人生最大級の大勝負に出る編… やはり、坂本家は女系ですね。ひさしぶりの坂本家のにぎわいがあいかわらずで、実にイイ感じでした。緊張の前の、ホッと感がヨイです 印象に残ったのは、後藤象二郎(青木崇高)の「妬ま
      • のほほん便り
      • 2010/11/15 6:24 PM
      大殿さま。土佐はもう時代の流れに逆らうことはできんがです。今のこの世の中の流れを作ったがは坂本龍馬でございます!龍馬は容堂に大政奉還の建白書を貰うために土佐に入ったが、...
      • 見取り八段・実0段
      • 2010/11/15 5:49 PM
        NHK大河龍馬伝完結編歴史街道2010年12月号[雑誌]価格:630円(税込、送料別)↑ 内容は歴史街道HP大河ドラマ 龍馬伝第46回「土佐の大勝負」【あらすじ】(↑のHPから拝借)土佐に着...
      • *Refreshing-wind blows*
      • 2010/11/15 5:24 PM
      第46回の視聴率は、前回の15.3%より少し上がり、15.7%でした。裏に、世界バレー女子アメリカ戦(20.5%)があったのに上がり、よく健闘しましたね♪ 2012年の大河ドラマ『平清盛』の...
      • ショコラの日記帳
      • 2010/11/15 4:10 PM
        第46回「土佐の大勝負」土佐に着いた龍馬は象二郎を通じ、容堂に直接会いたいと願い出る。だが、容堂は相手にしない。坂本家に久しぶりに戻った龍馬を、家族は温かく迎える。...
      • 日々“是”精進!
      • 2010/11/15 3:20 PM
      龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は千の鉄砲と大政奉還の腹案で故郷土佐藩に凱旋します。坂本家の人々とも久しぶりに再会しますが、脱藩して二度と会えないと思っていたので喜びもひとしおです。 しかし、あまりに長い歳月が流れており、継母・伊與(松原智恵子)は
      • 一言居士!スペードのAの放埓手記
      • 2010/11/15 3:09 PM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten