「Q10」第2回〜連佛美沙子は切ない人魚

0
    「Q10」第2回

    【 アンチAKB 】

     AKB総選挙で感情あらわに序列を争う前田敦子らは、恐ろしいほどエネルギッシュ。
     エロい雰囲気のグラビアやCMも平気で売り物にする彼女たちは、前へ前へ、中央へ中央へという強烈なベクトルをむき出しにしてる。
     尖閣を狙ってる中国共産党の拡張主義を思わせる馬力でグイグイ突き進む。
     古い人間である小生は、こういう押し出しのキツイAKB的精神文化が超苦手。
     だから小生は、大人げなくも≪反AKBレジスタンス≫を一人結成し、ドイツ軍に抵抗したフランス人に倣いAKBの文化的侵略に反抗するのであります。

     てなわけで、およそ好ましく思わないAKB前田敦子を”偵察”するために、『Q10』を視聴。

    【 Q10の良いセリフ 】

     前田敦子の『ロボットなまり』
     「敦っちゃん可愛い」などと好意的に視聴できれば「敦っちゃん、上手く演じてる」とか思えるのですが、鼻から好意的じゃない小生はあの口調に背中が凍りつく。
     完全なるアレルギーで、アナフィラキシーショックによる蕁麻疹が出そう。
     ロボットらしいギクシャクした所作も、キレが足りないように見える。

     ただし、恐ろしいもので2回も見ると慣れてくる・・・。
     初回は、前田敦子の怪演をたっぷり見せられて、目に砂が入ったような異物感に悩まされたけど、今回は体内の免疫系が防御反応を発動するほどではありませんでした。

     でね、鬱陶しいはずの前田敦子のセリフなんだけど、フレーズ自体には光るものがあります。

     バンドのボーカルと付き合っている民子(連佛美沙子) が、嫉妬する女性ファンに囲まれて暴行されそうになったときQ10が間に入り「コウサンデス、シロハタヲアゲタニンゲンニハキガイヲクワエナイノガルールデス(降参です。白旗を上げた人間には危害を加えないのがルールです)」と白いハンカチをひらひらさせる・・・。
     苦しんで弱っている”白旗状態”の人に対して、追い打ち、ダメ押しするような世知辛い社会にあって、Q10が語る白旗ルールが心に残りました。

     民子がらみではQ10が「ココハ、イキテイケルバショデスカ(ここは生きていける場所ですか?)」と問いかけたのが印象的。
     人魚にとって陸上は生きる場所ではないってことなのかもしれないけど、今の社会を息苦しく思ってる人にも共感できる言葉です。
     また、年収200万円以下の労働者が1000万人を超え、毎年毎年、自殺者が3万人超ている社会は、まさに『ここは生きていける場所ですか?』です。

     で、そういう年収200万円時代にあって、国会議事堂で総額300万円とも言われる貴族みたいな衣装を身にまとってファッション誌『VOGUE NIPPON』のグラビア撮影した”蓮舫”が「議員活動の記録」「国会活動を知ってもらうため」などと適当な釈明していたことを思い出して腹が立ってきた。
     人気に胡坐をかいていたら、そのうちしっぺ返しを食らう。
     AKBと蓮舫からは、似た香りが漂ってくる。

     話を戻してQ10の良いセリフ。
     「アシタモイキテイコウトオモイマスカ(明日も生きていこうと思いますか)」
     なんか、心に届くフレーズです。

     生身の人間にとっては当たり前で、とても口にしないようなQ10の素直なセリフが、意外と優しさに包まれていて心に響きます。

    【 連佛美沙子 】

     小生が好きな女優さんである連佛美沙子が、好きな男と一緒に居たくて赤い髪をかくし、服装も無理して男の好みにあわせてて、そんな交際が息苦しくなって、限界になって海に飛び込んじゃうシーンが切なくて愛おしい。
     ずぶ濡れで「無理してたの」と弱々しく呟く民子(連佛美沙子)の気持ちが痛々しい。
     無理してると、いつか限界が来ますから、『ゲゲゲ』の水木夫妻のように”自然体”で居たいものです。

    【 胸骨正中切開法!? 】

     平太(佐藤健)の胸に縦に走る大きな傷
     あれは「胸骨正中切開法」だなぁ・・・なんて、前回の『医龍』を思い起こしますよね。
     やはり黒木(遠藤憲一)のカテーテル手術の方が良いのかなぁ。

     あと「オレをこの世に引き留めるもの」というセリフにも、感じるものがありました。

    【 電柱 】

     小川(田中裕二)の携帯待ち受け写真の「電柱」
     小川には気の毒な結果になったけど、あのエピソードもヨカッタ。
     髪が赤くても、電柱が好きであろうとも、オタクであろうとも、人それぞれの価値観を認めることが、生きやすい社会を作ると思いますもの・・・・。

     そういう意味では、AKB的価値観を認めず、前田敦子や大島優子や板野友美らを白い目で見る小生の心の狭さは、ヨロシクないなぁ。
     でも、『AKBを好きじゃないという価値観』が世の中にあってもおかしくないですよねぇ・・・。

     てわけで、「普遍的優しさ」というメッセージを感じさせるドラマ部分はなかなかのものです。(数々の良いセリフのほか、小川の母・しげ(白石加代子) が雨でぬれてしまったQ10を拭いてあげてるシーンにも優しさがあふれてた!!)
     キワモノ的企画がズブズブにならず、ふわっとした優しさに包まれてるのは、木皿マジックの為せるワザなのかなぁ・・・。
     
     そうそう、ほんの少しの出番だったのに、謎のひきこもり・福田麻由子の存在感が凄い!!
     前田敦子を食っちゃうかも・・・。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村




    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.10.24 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      キャバ嬢からもらった名刺を見ながら思い出に浸る校長。そうして名刺を一枚ずつ焼き捨てる心理こそ、人間らしいってもんですねぇ。昔の彼女との思い出の”箸袋”に思いを馳せる、平太のお父さんとか…あの時の気持ちを取っておきたいって。男性の方がそういう思いが強か
      • 美容師は見た…
      • 2010/10/27 3:38 PM
      派手さは無いけど、忘れてる何かを思い出させてくれるような、そしてじわじわ〜っと心を揺れ動かされるドラマですわ。 キャバ嬢の名刺をパッ...
      • ドラマ de りんりん
      • 2010/10/26 5:58 PM
      平太(佐藤健)は、好きな漫画のキャラクターに似たキュート(前田敦子)に恋心を抱いたクラスメートの中尾(細田よしひこ)とキュートのデートを取り持つ。そのころ、平太のクラスでは赤髪だった民子(蓮仏美沙子)が、清純派の少女に変身して周囲を驚かせていた。キュートは読
      • 掃き溜め日記〜てれびな日々〜
      • 2010/10/24 11:08 PM
      オレをこの世に引き止めるものオレたちはきらきらした物を掴むのにいつも必死で、そいつを一瞬だけでも捕まえることができたら、またどうでも良い教室に戻っていけるんだけど。中尾...
      • 見取り八段・実0段
      • 2010/10/24 7:59 PM
      【第2話の視聴率は10/25(月)追加予定】今回も叙情的で、キラキラ光ってました♪(^^)「恋は革命」、いいですね♪私はまだそんな恋をしたことないですが、してみたいものです♪(...
      • ショコラの日記帳
      • 2010/10/24 7:42 PM
      公式サイト 簡単に感想。 前回よりもさらにがっつりとSPECが絡んだ推理ドラマに
      • 昼寝の時間
      • 2010/10/24 7:04 PM
      2010秋ドラマ、何見よう?『Q10(キュート)』ロボットニ エンギリョクハヒツヨウデスカ?仕事よりクラブ通いにハマり、酔っ払って女の子をお持ち帰りした岸本校長@小野武彦も問題だが、寝ている女の子の口の中に指を突っ込む深井平太@佐藤健もいかがなものか???羽
      • |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
      • 2010/10/24 6:13 PM
      平太(佐藤健)が転校生としてやって来たキュート(前田敦子)の面倒をみるように なって数日経ったころ、担任の小川(田中裕二)は、平太のクラスメイトの中尾純 (細田よしひこ)がキュートを付け回していることに気付く。 中尾は自分の好きなマンガのヒロインにそ
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2010/10/24 4:29 PM
      Q10の第2話を見ました。ロボットであることを秘密にして、鹿浜橋高校に転入したQ10のことを平太は周囲には恋人だと嘘をつき、彼女の世話係となる。そんな中、平太の同級生でオタクの...
      • MAGI☆の日記
      • 2010/10/24 3:37 PM
      10/16から日テレで始まった『Q10(キュート)』(公式)の第2話 『ここは生きてゆける場所ですか? 人魚姫とオタクの恋』の感想。 毎週テーマで括って、主人公が成長していくのは面白い! 説明ばかりの第1話より、格段に面白くなった第2話。だらだらと平太と
      • ディレクターの目線blog
      • 2010/10/24 3:08 PM
      『ここは生きてゆける場所ですか?人魚姫とオタクの恋内容Q10“キュート”(前田敦子)を預かる教師の小川訪(田中裕二)と母・しげ(白石加代子)は、家の外に妙な少年を見つけ...
      • レベル999のマニアな講義
      • 2010/10/24 2:52 PM
      平太(佐藤健)が転校生としてやって来たロボットのQ10(前田敦子)の面倒を見るようになって数日。 担任の小川訪(田中裕二)は、平太のクラスメイトの中尾純(細田よしひこ)が、Q10をつけ回していることに気づく。 中尾は好きな漫画のキャラクターに似たQ10に淡い恋
      • ドラマハンティングP2G
      • 2010/10/24 2:41 PM
      恋!?(゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン 「人間、何を好きになってもいいんだよ」 「自分の中の常識が全部ひっくり返っちゃうようなものなの」 「あの時の気持ちを取っておきたいのよ。怖いものなん...
      • あるがまま・・・
      • 2010/10/24 2:34 PM
      前田敦子のQ10“キュート”演技は、ますます相手を選ぶ感じですが、見る者を摩訶不思議ワールドに誘い込み、独特の余韻を残す木皿ワールド・絶好調! 今回もシュールで切ない味わいがヨカッタです。 「僕たちはキラキラしたものを掴まえるのにいつも必死で  も
      • のほほん便り
      • 2010/10/24 2:33 PM
       第2話Q10が教室にやってきて数日。担任の小川は平太のクラスメイト中尾がQ10をつけ回していることに気づく。中尾はQ10に恋心を抱いていたのだった。Q10がロボットで...
      • 日々“是”精進!
      • 2010/10/24 12:38 PM
      『ここは生きてゆける場所ですか?』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2010/10/24 11:48 AM
       さて、小川(田中裕二)は、クラスでオタクと認知されている中尾(細田よしひこ)が、キュートに並々ならない関心を抱いているのに気づき、諦めさせるよう平太(佐藤健)に指令を出しました。  観察しているうちに平太は、中尾のノートに書かれた文章を発見・・・
      • トリ猫家族
      • 2010/10/24 11:04 AM
      Q10(キュート) - 日テレ 今朝新聞を見ると載っていて,仮面ライダー電王で主役の良太郎を演じた佐藤健さんが主演ということで見てみたわけですが,ロボットものかぁ(苦笑) 言葉をしゃべれる,しかし,常...
      • Kyan's BLOG IV
      • 2010/10/24 10:52 AM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten