『龍馬伝』第32回★お龍さんと薩摩なまりの西郷伊三郎

0
    『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON3)
    第32回「狙われた龍馬」


    【 西郷伊三郎!? 】

     西郷を追い、京にやってきた龍馬は池田屋へ・・・。
     タイミングの悪いことに新選組の近藤勇(原田泰造)がお龍(真木よう子)に酒の相手をさせてる。
     近藤が、お龍の手を引き寄せようとしたとき、龍馬がズケズケと部屋に入っていき「やっぱり近藤さんでごわしたか。おいは薩摩の”西郷伊三郎”いうもんでごわす。」「西郷吉之助の遠縁に当たるもんでごわす。」(龍馬は本当にこの”偽名”を使ってたそうですね)
     薩摩なまりで近藤をけむに巻きながら「もし、迷惑でなければ一献」と馴れ馴れしく近づいてく。
     手にしていた刀を下す近藤。
     お龍さんは、キョトン。

     龍馬「酒が無かか、はよ持って来んか」(お龍を近藤から遠ざけたかったんでしょうね)

     で、近藤は”西郷伊三郎”に「薩摩は長州征伐になかなか兵を出さないと聞いたが何故じゃ?」と、薩摩の真意を問う。
     龍馬=西郷伊三郎が「今は日本人同士で喧嘩ちょ場合じゃおわはん」(正確に薩摩なまりをなぞれないわ)

     部屋を出たお龍さんは「もし正体がばれたら、坂本さん・・・」と心配し、もう一度酒を持って近藤の部屋に・・・。

     そこでは龍馬が「新撰組は幕府にたてつくものを片っ端から捕らえてごわんな。」「ただ命じられたままに追うっとは、イノシシを追う犬と同じでごわんど。」「その剣の腕は日本のために役立てるべきじゃぁごわはんか。」と近藤を挑発するかのような発言
     感情を荒げた近藤が刀に手をかけようとするが、龍馬が刀の柄で鳩尾をついて近藤失神。

     その気になれば近藤を斬り殺せたが「それをやったら、わしも同じじゃということになる」と龍馬。
     お龍を守ることと、近藤への対立感情がない交ぜになった龍馬。

    【 龍馬、おろおろ 】

     龍馬入浴、外ではお龍さんが薪をくべてる。
     お龍が「亀山社中」のことを語り、お龍が「逢うてみたい。坂本さんのお仲間に・・」などと会話していると、板壁の隙間から龍馬の入浴を覗く不審者・・・。
     龍馬が気付き「男の裸を見て面白いかい。」(世の中にはそういう人もいる)
     風呂の戸をバサッと開くや否や「やっぱり坂本君だぁ!!!」
     龍馬、驚き「重太郎先生!」
     「やっと会えた〜〜〜」と風呂につかる裸の龍馬に抱きつく千葉重太郎(渡辺いっけい)
     知らない人が見たら、重太郎は確実に変態男。

     風呂を出て座敷で落ち着いた龍馬に「江戸に戻ってきてくれ。佐那のもとに戻ってきてくれ坂本君!!」「口では君とは縁がなかったと言っているが、あいつは今でも君の事を思い続けている。」と重太郎・・・。

     龍馬、お龍さんにチラリと目線を向けるが、お龍さんは一瞬目を背ける。
     「一生、誰の嫁にもならんと言ってるんだぞ佐那は、君が言わせてるんだ坂本君」
     重太郎さん、お龍さんの前で何を言うのん・・・。(京の事情を知らないから仕方ない)
     お登勢(草刈民代)さんが気を使い、お龍を伴って「ほな、ごゆっくり」と席を外す。
     龍馬、少しおろおろ・・・。

     重太郎「坂本君、君も佐那が好きだと言ったじゃないか!」
     部屋の外にいるお龍さんに聞こえてる!!
     「いや、わしは尊敬しちょりますと・・・」
     龍馬でもアワワ状態になるんや・・・。

     重太郎は必死に「気丈にふるまいながら淋しそうな眼をしてる妹を見ていられないんだよ。」
     「そんなこと言われたち」
     襖の外でお龍さん聞いてる。
     ヤバいぞ龍馬。近藤勇よりヤバい!!!

     「頼む、坂本君。江戸に帰って佐那と夫婦になってくれ。一生の願いだ!!」渡辺いっけいさん、随分と声を張りました。
     そして、額を畳に擦り付けたまま固まってる。

     龍馬「できん!ワシにはやらんといかん事があるがです」とキッパリ
    「君には志があることは重々承知している。それを承知の上で頼んでるんだ」と、重太郎、なかなか引き下がりません。
     襖の外のお龍さん、心配げ。

     龍馬は「申し訳ありません」と頭を下げて最終的なお断り
     お龍さん、ホット一息
     しかし重太郎は「諦めないぞ」
     お龍さん、ギクッ。
     「今夜はここで寝る」と料理をやけ食いしはじめた重太郎
     なかなか落ち着けないお龍さん・・・。

    【 罪作りな男 】

     1階に降りたお登勢が「龍馬さんはええ男じゃ。女子にもてはるのもわかる」
     お龍「そうやろか?」
     お登勢「好きなんやろ、お龍ちゃんも」
     たまたま、会話を耳にした重太郎「!?」と反応。
     お龍「うちは何とも思っておりません坂本さんのこと」

     お登勢「一人の女性を幸せにするために生まれてきはったんやないのよ。あの人が幸せにしたいのは世の中すべてのお人なんよ」

     「うちは、ほんまに何とも思うてませんさかい」と、さりげなさを装うお龍さん。
     会話を聞いていた重太郎の顔つきが、硬くなってます。

     龍馬、女性問題に関しては罪作りな男ですねぇ。

    【 岡田以蔵を逃した男だ 】

     翌朝、近藤が前夜のことを思い出し、「あれは----(近藤、記憶中枢活動中)-----岡田以蔵を逃した男だ」
     そして近藤は、ささと二階に上がり、龍馬と重太郎の寝込みを襲う。
     一瞬でスイッチが入った龍馬と重太郎
     「君が誰だか知らないが、龍馬君に危害を加えるなら、この千葉重太郎がお相手いたそう」
     重太郎さん、カッコいい!!!
     近藤は「千葉重太郎?」と怪訝顔。
     龍馬「北辰一刀流、千葉重太郎先生や」

     鍔迫り合いが始まろうとしたとき、お龍が「お願いします!!」と、龍馬と重太郎をかばうように、近藤の前に立ちふさがる。
     しかし、龍馬「下がっちょけ」とお龍の前に・・・。
     龍馬も重太郎もお龍も、カッコいい。

     ”駄目だこりゃ”と思ったのか、近藤は刀を鞘に戻し、黙って去っていく。

     「ふほ〜〜〜〜。ありがとうございました重太郎先生。先生がおらんかったら、ワシゃやられ取ったかもしれん」
     「君は新撰組に狙われているのか?」
     「ワシのようなものはいつ何処で誰に狙われておるか分からんですき」と慣れた様子で語る龍馬は、お龍さんには「すまんかったのう、もう大丈夫やき。」

    【 重太郎さん帰る 】

     翌朝、池田屋をチェックアウトする重太郎に「妹さんのことは、よろしおすのんか」とお登勢さん。
     「断られるのは分かっていた。妹ではなく、ボクが諦めきれなかっただけだ。」と、心の内を明かした重太郎は「坂本君のことをよろしく頼む。何か困ったことがあったら、いつでも僕の所に相談に来てくれ。」と言い残し、池田屋を後に・・・。
     龍馬は、重太郎の言葉をひそかに立ち聞きしながら、あえて別れの挨拶はしない。
     重太郎が立ち去った後で、こっそり会釈。

    【 お龍さん、嬉しそう 】

     重太郎が去った後、朝餉の世話をするお龍に「そのうち、長次郎達にも会わせちゃる」と龍馬。
     お龍さん「え?」
     「昨日言うたろ、ワシの仲間に会いたいち」
     いたずらっ子のような顔で「そ〜の〜う〜ち〜の」と龍馬。

     世話を終えて廊下に出たお龍さん、はにかんだような笑顔を浮かべ、なんだか嬉しそう。

     大切な仲間に逢わせるってのは、お龍さんが龍馬にとって≪特別な存在≫であるということを、さりげなく示唆したってことかな?
     龍馬が重太郎に良い返事をしなかったうえに、自分には大切な仲間に逢わせるってんだから、お龍さん嬉しいわなぁ。(お佐那さんは、切ない)

    【 3分の2経過 】

     池田屋に、またまた龍馬に会いたいという男がやってきた。
     「背が高くて、髪の毛がにゃにゃにゃとなった男・・・」を探してる。
     なるほど、あの頭は「にゃにゃにゃ」なのかぁ・・・。
     で、男は中岡慎太郎(上川隆也)

     で、薩長に関する本筋は、ここから・・・(西郷さんまで書く余力がなくなってきたので、以下はスルーしちゃうことに・・・)。
     今回の残り3分の1ほどかな・・・。

     いやはや、お龍さんのために時間を割きましたねぇ・・・。
     千葉重太郎さんを無理に登場させて、わざわざお龍さんにお佐那さんの話を聞かせるためのエピソードだった?

     本筋に関係ない余談と考えるべしか、龍馬とお龍の結婚への序曲ととらえるべきか・・・。
     ま、こういうのもいいかな、ドラマなんだから・・・ノンフィクションじゃないんだものね。

     しかし、龍馬と近藤を池田屋で鉢合わせさせて、そこに重太郎まで詰め込むなんて、よくぞまあ思いつくものです。

     話は飛びますが、後藤象二郎(青木崇高)の出世を見込んで「今のうちに取り入った方が・・・」と、ドライで読みのいい喜勢(マイコ)さんが印象的。
     (DVDでゴールデンスランバーを見直したけど、やはり香川照之の「表情芸」は凄いなぁ。)



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ





    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2019.11.19 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      すっかり忘れていたが、 今年も年末には「坂の上の雲」の放送があるのであった。 あの下品な岩崎弥太郎が、 結核で今にも命の灯が消えようとする正岡子規になるのである。 だから、普段の大河に換算すると9月下旬くらいの時期 余り時間は残されていない、 近藤
      • こちら、きっどさん行政書士事務所です!
      • 2010/08/22 2:17 PM
      すっかり忘れていたが、 今年も年末には「坂の上の雲」の放送があるのであった。 あの下品な岩崎弥太郎が、 結核で今にも命の灯が消えようとする正岡子規になるのである。 だから、普段の大河に換算すると9月下旬くらいの時期 余り時間は残され...
      • しっとう?岩田亜矢那
      • 2010/08/22 2:10 PM
      <薩摩と長州の手を組ませるゆう 龍馬の秘策は、西郷の心変わりによって 潰えたがじゃ。 慶応元年(1868年)6月 龍馬と中岡慎太郎は 西郷を追うて殺伐とした京の都へやってきたがぜよ> 今日の薩摩藩邸に駆けつけた龍馬と中岡が、西郷に面会をしたが、西郷は、なぜ下
      • まぁ、お茶でも
      • 2010/08/13 5:00 AM
      第32話『狙われた龍馬』「髪がニャニャニャニャって…」by中岡龍馬は西郷を追って京都へ―彼を狙うのは近藤勇と千葉重太郎!…ってそーいう内容じゃなかった気がするんです...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2010/08/12 8:35 AM
      会いとうない言うもんは無理矢理会うてもしようがない。西郷さんと向き合う機会は必ず来るがじゃ。西郷を追って京に入った龍馬と中岡だったが、西郷は2人に会おうとはしなかった。...
      • 見取り八段・実0段
      • 2010/08/10 9:14 PM
      「手がカサカサだぞ」エロ近藤が、お龍を狙ってたとはまたまた、凄い新事実やな「ただ命じられたまんまに動っとは 猪を追う犬と同じでごわんど その剣の腕は日本の為に 役立てる...
      • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
      • 2010/08/10 8:58 PM
      慶応元年(1865) 公式サイト 夏はイベントが多くて忙しい・・・ので、短く感想
      • 昼寝の時間
      • 2010/08/10 10:09 AM
      あらすじ 下関に来なかった西郷(高橋克実)を追い、京に来た龍馬(福山雅
      • 青いblog
      • 2010/08/10 9:54 AM
      なにぃぃぃ! これが狙われた龍馬か? 今回のタイトル「狙われた龍馬」 って 千葉重太郎(渡辺いっけい)に狙われたん? これはもう 狙われ詐欺!? ワシャァはてっきり 寺田屋事件だとばかり信じていたぜよぉ! ほんでからに 入浴中のおりょうが 裸で龍
      • ぱるぷんて海の家
      • 2010/08/10 9:44 AM
      1865年、京都。 第三十二話『狙われた龍馬』
      • 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)
      • 2010/08/10 6:53 AM
      君が誰だかは知らないが坂本君に危害を加えるならこの千葉重太郎がお相手いたそう
      • バスタイムTV(お風呂テレビでドラマに浸る)
      • 2010/08/09 11:57 PM
      上川隆也さん…かつて龍馬を演じたこともある御方であり、NHK大河ドラマでも平成9(1997)年放映の『毛利元就』での元就の嫡男・毛利隆元<もうり・たかもと>を熱演したという記憶が私...
      • 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
      • 2010/08/09 11:27 PM
      8日大河ドラマ「龍馬伝」第32話を視聴した。 今回は西郷が来なかった事の理由を確かめに 龍馬は中岡と共に危険承知で京へ向かった。 そこでお龍のいる寺田屋へ向かうが、 そこにはお龍が近藤勇の相手をしていると知り大胆にも乗り込む。 そこで龍馬は近藤が酔い
      • オールマイティにコメンテート
      • 2010/08/09 10:46 PM
      日本が軍国となり、国民皆兵となっていくのは世界的な流行とも言えるが、やはり、長州人がその指導力を発揮したことも原因の一つと言えるだろう。 龍馬たち剣士も日々の鍛錬を欠かさないわけだが、江戸幕府の平和のうちに軍単位の訓練というものが疎かになっていた。 ゲ
      • キッドのブログinココログ
      • 2010/08/09 10:01 PM
      〜西郷はまだか〜
      • 悠雅的生活
      • 2010/08/09 9:52 PM
      近藤局長が龍馬にのされちゃった(´・ω・`)【今回の流れ】・西郷を追う為、龍馬と中岡は京の薩摩藩邸へ向かう 面会を断られた二人は、暫く様子を見ることに・龍馬は寺田屋でお龍を...
      • 山南飛龍の徒然日記
      • 2010/08/09 9:03 PM
      下関に向かわなかった西郷を、「事情がある」と信じて再び西郷に会うため中岡と共に京へ上る龍馬。 久しぶりの寺田屋では、意外な人物と出会うことに。 まぁ待てタイゾーさん。 しゃーない、しゃーないのだよ、いくら髪の毛が「にゃにゃにゃ〜」(by中岡)となっていて
      • 宴の痕
      • 2010/08/09 8:50 PM
      いやー龍馬っていうのはどこに行ってもモテモテなのね来週はお元と???きゃーお龍ちゃん タイゾーに襲われそうになったとこ危機一髪そう、絶対「次はお前だ」って会って話してる...
      • しなもにあ
      • 2010/08/09 8:27 PM
      『狙われた龍馬』内容長州と薩摩を結びつけようと考えた龍馬(福山雅治)であったが、いくら待っても、西郷(高橋克実)は、桂小五郎(谷原章介)の待つ下関に現れなかった。突如、...
      • レベル999のマニアな講義
      • 2010/08/09 6:38 PM
      JUGEMテーマ:エンターテイメント慶応元年、中岡とともに京へきた龍馬ですが、西郷には会えません。やむなく薩摩藩邸を出て、なじみの寺田屋に行きますが・・・。そこには、お龍のもとには意外な客がきていました。それは、新選組局長の近藤勇でした。いやがるお龍に勺
      • ふるゆきホビー館
      • 2010/08/09 6:24 PM
      今日も「龍馬伝」楽しみました〜西郷どんは一体何を思って〜京へ行ったのか中岡と龍馬も京へ向かう〜坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 桂小五郎(谷原章介) 饅頭屋...
      • ・*:・ふわゆら生活・:*・
      • 2010/08/09 6:06 PM
      薩長同盟が結ばれる予定が、西郷の船は下関を素通りして京へ。龍馬(福山雅治)と中岡(上川隆也)は真相をたしかめに、あわてて京へ西郷の真意を確かめに行きます。 しかし、そこで命を狙われそうになる?龍馬、ところが薩長同盟ならぬ、恋の三角関係で、お懐かし千
      • のほほん便り
      • 2010/08/09 5:19 PM
      下関に来なかった西郷(高橋克実)を追って、京の薩摩藩邸にやって来た龍馬 (福山雅治)と中岡慎太郎(上川隆也)は面会を断られ、龍馬は伏見の寺田屋 へ向かう。 そこで龍馬は新撰組の近藤勇(原田泰造)がお龍(真木よう子)に酒の相手を させているのを知り、危
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2010/08/09 5:10 PM
        第32回「狙われた龍馬」下関に来なかった西郷を追って京の薩摩藩邸にやって来た龍馬と中岡は、面会を断られてしまう。龍馬は伏見の寺田屋へ向かうが、新選組の近藤がお龍に酒...
      • 日々“是”精進!
      • 2010/08/09 4:20 PM
      西郷は何故同盟を破棄し、京都に------------!?当然その理由が気になる龍馬は、中岡と共に京都へ赴き、西郷と話をする事に!!なのに、逢ってもくれない西郷。龍馬は機会を伺う事に。...
      • ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
      • 2010/08/09 4:20 PM
      龍馬伝ですが、薩長同盟実現のために坂本龍馬(福山雅治)と中岡慎太郎(上川隆也)は京都に入ります。今の京都は新撰組がにらみをきかせており、勤皇の志士にしてみれば命がけの入京ですが、西郷吉之助(高橋克実)は門前払いという誠実な対応を見せます。 これには中
      • 一言居士!スペードのAの放埓手記
      • 2010/08/09 3:38 PM
      個人的感想と突っ込みの記事になります。ご了承下さい今回は簡易感想・・・・いつもよりも手短にいきます下関を素通りした西郷を追って京都へ向かう中岡と龍馬え〜と1865年の夏...
      • 徒然”腐”日記
      • 2010/08/09 3:26 PM
      第32回の視聴率は、前回の16.0%より上がって、16.7%でした♪ 軍艦と銃がお土産とは、すごい発想ですね♪(^^)それにしても、やはりこのドラマの演出家はゲ○なのでしょうか?...
      • ショコラの日記帳
      • 2010/08/09 3:17 PM

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten