社民党の福島瑞穂党首続投へ〜負けても負けても続投

0
     13日。社民党の福島党首、重野幹事長、阿部政審会長が会談し、「2議席」に終わったことについて「党が危機的状況にあり厳しい総括が必要」との認識は一致したものの、福島党首の責任を問う意見は出ず、続投の方向・・・。

    【 社民の敗因も菅首相? 】

     社民党HPには、『第22回参議院議員通常選挙の結果について(声明)』が掲載されていて、一部には下記のような文面が・・・。
    ・・・菅首相が突如として参院選公約として、「消費税率10%への引き上げ」を打ち出したことに対し、社民党は、消費税率引き上げ阻止を中心課題として訴えました。この発言は、多くの国民とくに所得の低い層に対して、生活の不安をかきたてるものであり、菅首相への強い批判が寄せられました。
     また、沖縄の普天間基地移設問題では、日米共同声明の撤回、辺野古建設計画の中止と基地の国外移設を求めて選挙に臨みましたが、立ち上がりが遅れたことなどが響いて、推薦候補が敗れるというまことに残念な結果になりました。
     なんか『菅首相への強い批判・・・』という部分が目立っていて、まるで、社民党が参院選に負けた原因は菅首相に有るかのような文章構成です。
     「鳩山政権の一員」だったことへの総括は無く、昨年の総選挙以降の社民党の政治行動への反省は欠片も無いのです。

    【 立ち上がりが遅れた? 】

     社民党自体の失敗は『立ち上がりが遅れたこと・・・』という部分だけです。
     旧・社会党時代から営々と政党を維持してきた社民党が、新党みたいに『立ち上がりが遅れた』なんて恥ずかしいことがよく言えます。
     急な解散総選挙なら仕方ないかもしれないけど、参院選挙は定期的に行われるんだから『立ち上がりが遅れた』っておかしいでしょ。(立ち上がりが遅れたのは、『たちあがれ日本』・・・皮肉なネーミングでした)
     連立離脱で選挙態勢に混乱が生じたとしても、言い訳にはならないと思いますよ。

    【 人のせい 】

     開票後の選挙特番で、福島党首は社民党が議席を減らしていることには無頓着で、ひたすら民主党を口撃していましたでしょ。
     福島党首が片棒を担いでいた鳩山政権の迷走ぶりも、今回の選挙結果に大きな影響があったと思うんだけど、菅首相の消費税発言にすべての責任を押し付けるような御発言の数々・・・。
     福島氏の”本領発揮”でしたが、見苦しいことこの上ありませんでした。
     人様を非難するのはお得意だけど、自分を顧みることは苦手なんですねぇ・・・。(一般的に、反省しない個人や組織は進歩しない)

    【 負けても負けても党首の座に 】

     で、菅首相や枝野幹事長などは民主党内の”小沢一派”などからの厳しい批判にさらされているけど、福島瑞穂党首は03年に党首に就任後、党勢が衰え続けジリ貧の流れを断ち切れずにいるのに、たいした波風もたたずに党首の地位を維持。
     負けても負けても党首を続けてる。(代わる人材がいないのだろうけど)

     新陳代謝がないから、選挙のたびに党勢が衰退し、やがて「そして誰もいなくなった」ってことになりそうな・・・。

     勝手な想像だけど、辻元清美衆院議員らと福島瑞穂党首の間に路線闘争が起きて、そのうち社民党は分裂しそうな気がするなぁ・・・。


    にほんブログ村 ニュースブログへ






    JUGEMテーマ:政治

    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      参院選の大敗を受けて、民主党執行部の「責任の取り方」に注目が集まっているが、どうも菅首相以下、責任論は「任務を全うするのが責任」という屁理屈で強行突破するつもりのようだ。現職閣僚、副大臣でありながら落選した人物も9月までは続投させるらしい(時事電子版
      • 三四郎の日々
      • 2010/07/15 8:54 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten