月9『月の恋人 Moon Lovers』#4★靴の上から足を掻くような・・・

0
    月9『月の恋人 Moon Lovers』#4

     撮影前、ナーバスになってるシュウメイに「シュウメイの、その表情がすべてなんだからね」と真絵美が声をかけます。
     このドラマ自体が、まさに『リン・チーリンがすべて』みたいな印象・・・。
     アメンボを探しに行ったというシュウメイと、彼女を心配した真絵美がベンチで二人話していた時のリン・チーリンの憂いを帯びた表情が「綺麗やなぁ」と思ったのが、個人的にはこれが今週のハイライト。
     他の部分では、物語に入り込めず、『隔靴掻痒』靴の上から足を掻くような、歯がゆさの募るドラマです。

     以下、物語の進行を無視して、思ったことから順不同で感想を・・・。

    【 葉月、掴み所が・・・ 】

     葉月は、馴染みの取引先を簡単に切ってしまうことについて「会社の経営を阻害するものは切り捨てます。情で動かされていては経営などできません」
     シュウメイの父を帰国させたことなどについて「会社のためだから仕方ないだろ!」
     そしてマスコミは『レゴリス ワンマン経営の実態』と記事にして、葉月(木村拓哉)に前田忠明らレポーターが群がってる・・・。

     葉月の性格、人間性の一面を描くためのセリフやエピソードなんだろうけど、なんかしっくりこないなぁ・・・。
     内面は別にして、表面的には、冷酷でビジネスライクな経営者って設定なんですよね?
     でもね、もっとクールで毒のある言動を書き込まないと、マスコミに叩かれるほどの経営者には見えないような・・・。


     一方、表の顔とは裏腹に、シュウメイのことを「あんなやつ世界中探してもどこにもいない。あいつの思いを無駄にしたくない」と、葉月の内面が垣間見えるセリフ・・・。
     あと、契約書が入った封筒に、シュウメイの父と母が映った写真を葉月が同封していた場面・・・。

     葉月の心の中に関わるセリフや出来事に、何かを感じないとダメなんだと思うのだけど、何故かさほど心が動かない。

     腹がたつほど”ワンマン”だったり”冷酷”だったりするんだけど、その実、屈折した心の中には熱いもの、暖かいものがある・・・・そういうデフォルメされた人物だったら面白いと思うんですが、葉月という人物の”表の顔”にも、”内面”にも際立ったものが感じられず、今ひとつ掴み所が無くって中途半端感が否めないんです・・・。

    【 パクリ広告 】

     大貫(長塚京三)が経営する『マストポール』が、柚月(北川景子)をモデルに起用して、『レゴリス』の広告をパクったから、『レゴリス危機 マストポールの広告が話題で、顧客激減』ってことになったの?

     加齢のせいか小生の理解力がボケていて、あの広告ごときで『レゴリス危機、顧客激減』に繋がる設定が腑に落ちない。

     これがドラマではなく、小説で『レゴリス危機、顧客激減』に至る経緯が書き込まれていたら小生でも、得心できるとおもうのだけど・・・。

     嶺岡(川平慈英)と柚月(北川景子)の心理を反映、強調するための『パクリ広告』は、かえってエピソードを浅いものにしちゃった気がします・・・。
     (それとも、小生がストーリーを勘違いしてるのか?)

    【 北川景子を贔屓してるのに・・・ 】

     柚月(北川景子)が葉月にまとわりついて「あんなモデルと私、どっちが大事」と言ってた場面。
     「どっちが大事」って・・・21世紀とは思えない、えらく在り来りで古色蒼然としたセリフ!?

     で、小生は”北川景子”を見たくて『月の恋人』にチェンネルを合わせているのに、重みに欠ける役どころで残念。
     柚月がいない方が、物語がスッキリするんじゃないかとさえ思えちゃう・・・。
     ”北川景子”を贔屓してるのに、無念じゃ〜〜〜!!

    【 仕事に恋してる 】

     撮影をすっぽかしたシュウメイを諭し慰める真絵美が、仕事観を語る。
     「仕事なんて、自分が居なくてもまわってく。でも、なんだかなァ、それでも一生懸命やりたくなっちゃうんだよねぇ。惚れてるのかなぁ、仕事に。恋してるってことかな・・・」
     職業に対して「惚れてる」「恋してる」と思えるのは幸せですねぇ。

     小生も、夜中まで残業しながら、”充実感”や”達成感”を味わってた頃が有りました。
     仕事に打ち込んでるときって、ワケの分からない”脳内物質”が湧いちゃって、「仕事に恋してる」って思わせちゃうんでしょうねぇ・・・。

     でもね、小生は仕事に”失恋”しちゃって、自分のしていた仕事に恨みや憎しみさえ抱く有様・・。
     人間やシステムの汚い部分が色々と見えちゃったもんだから・・・。

     さらにいえば、非正規雇用だったり、失業中で仕事に恋するどころじゃない人も山ほどおられるご時世で・・・。

     そんなことを考えていたら、「仕事に惚れてる、恋してる」ってセリフが不快に思えてきちゃいました。(小生がひねくれちゃってるせいです)

    【 現実的に考えると 】

     広告プランを練り直している真絵美のセリフ「現実的に考えると、元のプランで行くしか・・・」
     普天間で辺野古から辺野古に逆走してしまった鳩山首相への嫌がらせみたいなフレーズでした。

    【 おにぎり 】

     シュウメイが”おにぎり”を作って、蓮介に渡して欲しいと真絵美に託すシーン。
     シュウメイの気持ち、真絵美の気持ちが錯綜する場面で、多分、恋愛ドラマ的にはツボのシーンかもしれないのに、ワクワク・ドキドキしなかった・・・。
     『ブザービート』みたいに心がザワザワしたり、浮き立ったりしない・・・。


     というわけで、いつ面白くなるかと楽しみにしているのですが、まだ面白くなってきません。
     もしかして、このまま進む?

     北川景子、渡辺いっけい、濱田岳、篠原涼子、松田翔太、満島ひかり、温水洋一、長塚京三(篤姫の父・島津忠剛を演じた時の長塚京三さん、好きだったなぁ)を揃えて、面白くないなんて、あり得ない!?
     日の出の勢いの作家”道尾秀介”が原作を書いたるのに、面白くないなんて、あり得ない!?
     自分の感性・感受性が干からびちゃって、心がヒビ割れしてるのかなぁ・・・。(トホホ〜〜)











    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.09.24 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      は戦で2対1と予想通り負けも 先制もオウンゴール2点は痛過ぎで 次は明後日戦でW杯前最後だよ
      • 別館ヒガシ日記
      • 2010/06/02 6:25 PM
      真絵美が可哀想だ〜。もらい泣きしそうだった。そこへ、そんな心を見透かした風見にギュッてされたら、そりゃ泣いちゃいますって(・・、)現実に居るのかな〜。。。こんなイイやつ、真絵美。意地悪はしないまでも、二人を上手く行かせるようにキューピットになるなんて、
      • 美容師は見た…
      • 2010/06/02 1:23 PM
      31日ドラマ「月の恋人〜Moon Lovers〜」第4話を視聴した。 今回はシュウメイの父親の件で仕事をボイコットした。 それを知った真絵美は蓮介に相談して真絵美に シュウメイを連れ出す事を任す。 その頃蓮介は社員の退社で少なからず動揺していた。 シュウメイは
      • オールマイティにコメンテート
      • 2010/06/02 6:08 AM
      情に動かされていては、経営などできないと、次々、切り捨てていく葉月。 真絵美が、撮影現場から、シュウメイが出てこないと悲鳴を上げていたが、ちょうど嶺岡が辞表を持って現れたので、電話は途中で切れた。 会社での守秘義務契約を言いだしても、そのまま帰った。彼
      • まぁ、お茶でも
      • 2010/06/02 5:45 AM
      第4話の視聴率は、前回の15.6%より少し下がって、15.5%でした。殆ど同じですね。そろそろ下げ止まったでしょうか? 私は、今回、結構、良かったと思います♪ながら見...
      • ショコラの日記帳
      • 2010/06/01 10:50 PM
      さて・・・モチーフというものがある。 フランス語では動機という意味があって・・・音楽では主題となりえる旋律だったり、物語では主題となりえる事件だったりする。絵画では着想点といったニュアンスが生じる。 ニュアンスは人それぞれのものだが、キッドは「コレをア
      • キッドのブログinココログ
      • 2010/06/01 10:26 PM
      木村拓哉がうらやましい! リン・チーリン目当てとしての見所は、出来上がったCMだ。本当にCMで流してほしいなあ。サモハンキーポーの黒烏龍茶に差し替えて。あれ見たら恋しちゃいますよね。そうテレビに向かって言ったら、北川景子ならぬうちのお方さまに「まじむ
      • V36スカイラインクーペが欲しい!
      • 2010/06/01 9:21 PM
      『こんなに好きだったんだ…』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2010/06/01 7:42 PM
      新プランのイメージキャラクターであるシュウメイ(リン・チーリン)が、ポスター撮影に 出て来ない。 真絵美(篠原涼子)から事情を聴いた蓮介(木村拓哉)は、代役を立てろと言い放つ。 そんな蓮介に、社員の嶺岡(川平慈英)が辞表を提出。 蓮介と守秘義務を交わ
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2010/06/01 7:12 PM
      葉月蓮介(木村拓哉)と蔡風見(松田翔太)は『レゴリス』社員に新しい製品開発プラン“恋するレゴリス”を発表。このプランの実行にあたっては、徹底した経費削減のために、古くからの取引先を変えることも辞さないと告げる。意を唱える者もいるのだが、蓮介は情に動か
      • ドラマハンティングP2G
      • 2010/06/01 5:10 PM
      月の恋人〜Moon Lovers〜ですが、葉月蓮介(木村拓哉)は情に流されては経営なんかできないという信条で、長年つき合っていた取引先も一瞬で切ってしまいます。そんな社長に愛想つかした部下A(川平慈英)が辞表叩きつけてライバル会社に寝返ろうとしていますが、蓮介は
      • 一言居士!スペードのAの放埓手記
      • 2010/06/01 3:07 PM
      先週見逃してしまった、『月の恋人〜Moon Lovers〜』。 録画機器もないので、結局全く見てないのですが。 それでもいいか、と思っちゃうあたりどうなの(笑)。 シュウメイと社長さんの恋は、どうなったの? それより二宮との大人の恋が気になるんですけど。
      • *モナミ* SMAP・映画・本
      • 2010/06/01 2:15 PM
      公式サイト 原作:道尾秀介「月の恋人」 短く感想。 マストポールに広告デザインを
      • 昼寝の時間
      • 2010/06/01 1:28 PM
        【予約】 月の恋人 Moon Lovers4蓮介と風見は『レゴリス』社員に新しい製品開発プラン“恋するレゴリス"を発表。このプランの実行にあたっては、徹底した経費削減のために、古...
      • 日々“是”精進!
      • 2010/06/01 1:23 PM
      あの人の心、冷たい。私、温める----------。シュウメイは撮影に現れず、葉月は次のプランで、また老舗の店との契約を切ってまで新しいプランをたてたよう。当然反発する社員たち。ど...
      • ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
      • 2010/06/01 12:56 PM
      わんすけって、犬じゃないんだから…U^ェ^U ワン! そのわんすけったら、シュウメイを軽々と抱っこしちゃったよぉ〜{/hearts_pink/} んで、真絵美と風見はあすなろ抱きの後、今にもチュウしそうな雰囲気に急接近だワン{/dog_love/} いよいよ本気のラブストーリーに突入
      • あるがまま・・・
      • 2010/06/01 11:52 AM
      キムタク演じる葉月社長のシュウメイ(演:リン・チーリン)対する想いの吐露編。 まぁ,冷酷な独裁者が自分の家族や愛人には優しい人物だったというのは歴史上よくある話ではありますね。
      • Kyan's BLOG IV
      • 2010/06/01 11:44 AM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten