福山雅治『龍馬伝』第15回★京のヒロスエ「天にも昇るような喜び」

0
    『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2)
    第15回「ふたりの京」


    【 土佐一藩の舵取りを 】

     文久2年(1862年)、8月25日。
     武市半平太(大森南朋)は三条実美(池内万作)と会見。
     三条実美は「下士でありながら、土佐一藩の舵取りをするまでになっただけのことはある」と武市の面構えを褒める。
     武市は土佐藩の幹事長だったのかぁ・・・・この時点で、政治の世界では、武市が土佐藩の舵取りをしてる思われていたんですねぇ。
     目の据わった恐い顔の武市は、徳川将軍に帝の面前で攘夷を約束させることを提案。
     三条実美も、これに同意し、天皇に働きかけることに・・・・。

    【 もう、お前が知っちょう男じゃない 】

     平井収二郎(宮迫博之)は、京にスパイとして派遣していた加尾(広末涼子)と久しぶりの対面。
     加尾「(武市からの)いつぞやの頼りでは、龍馬さんも勤王党に入ってくれた言うて、喜んでおられたがです」
     いまでも、武市の手紙の嘘を信じてる加尾。
     収二郎は苦々しげに「龍馬は儂らを裏切って脱藩したがじゃ」「もう、お前が知っちょう男じゃないけの」と・・・・。

    【 本間精一郎の噂 】

     土佐勤王党の面々が、越後の浪人・本間精一郎が、帝に攘夷を説くことなど、武市の手柄を自分がしたことのように吹聴していると噂し、「見過ごすことはできんのう」立腹してる。
     武市の目が、それとなく以蔵(佐藤健)に向き、以蔵は心の中で武市の狙いを忖度。

     武市にとって、以蔵は、便利な道具と化しています。

    【 龍馬と加尾、再会 】

     加尾のもとに、龍馬がひょこり現れ、加尾の顔が硬直。
     加尾は「兄上に言われちゅうき、龍馬さんには関わるなと」と、けんもほろろの対応を見せ龍馬に背を向けるが、心は千々に乱れている様子。
     龍馬は黄昏れながら立ち去ります。
     加尾は、逡巡したものの、Uターンして龍馬を追う。
     京の町を探し回って、ようやく龍馬を見つけた加尾。
     加尾は「何があったがです? どうして脱藩など?」と事情を尋ねる。
     龍馬「土佐が、ちっくと窮屈になっての」
     加尾「どういて龍馬さんは京へ?」
     龍馬「それはーーーー、おまんに会いに来たき」

     加尾は、この答えを聞きたくて、龍馬に問うたのかなぁ・・・。

    【 ラブラブ&人斬り 】

     加尾が知り合いの家に龍馬を泊めることに・・・。
     部屋に落ち着き、龍馬はぎこちなくキョロキョロ。
     そして「綺麗になったの加尾。土佐におった頃とは、まるで別人ぜよ。すっかり京女になっちゅう」と、加尾には目を合わさずにLOVEコメント。

     さらに「一つの部屋に、おまんと二人でおるいうことは、土佐でも無かったきのう」「わしゃ、おまんの顔がまともに見れんちゃ〜〜〜」
     語尾に「ちゃ〜〜」を付けたのは、べつに”タムケン”のギャグをパクッた訳ではない。
     龍馬の方が、”タムケン”より150年近く早いし、凍りつくほど滑ることもない。

     加尾は「私は、あの頃のままやき。」「会いたかった。龍馬さんに会いたかった」と目に涙を浮かべてる。

     ラブラブの場面から、カメラは”京都市中京区木屋町通四条上ル東側”に移る。
     以蔵が本間精一郎を襲ってる。
     「ブシュッ!!」と刀が身を斬る音と、「WUえ〜〜、WUえ〜〜」と以蔵の荒い息づかいが・・・・。

     龍馬&加尾にカメラが戻ると、二人は抱擁。
     その流れで、龍馬は加尾を押し倒す。
     下から加尾が両手で龍馬の顔を包む。
     龍馬が加尾の顔に顔を寄せ、接吻。

     その後の模様は、NHKなので省略・・・・。

    【 以蔵は使えるぞ 】

     朝帰りをしたかも知れない加尾に、京で殺人事件が起きたことが伝わる。
     土佐勤王党の面々にも、事件が起きたことが耳に入る。
     武市は、分かっていながら「礼を言わんとあかんのう。本間精一郎を斬ったヤツには・・・・」と言い、収二郎に「以蔵は使えるぞ」と呟いてみせる。

     命ずることをせずとも、思い通りに以蔵が動き、満足げな武市の顔には影が差してる。
     この状況では、東京地検特捜部でも、武市を立件するのは難しそうです。
     (小沢氏も「石川は使えるぞ」とか言ってたのかも・・・。)

    【 教えてくれる人を捜して 】

     龍馬がお泊まりしてる屋敷の中庭に面した縁側で加尾と会話。
     将軍を京へ呼び出すために「もうじき兄上らは、江戸へ下るがです」と加尾。
     関西人の小生は、『江戸へ下る』というフレーズに思わず反応。
     そりゃそうですねぇ、京都が都なんだもの。
     江戸=東京へ行くことを”上京”と言わず、”下る”と言うところが、なんだか少し良い気分。(小生のひがみ根性丸出し)

     龍馬「着々と志を成し遂げようのう、武市さんは・・・」
     加尾「龍馬さんも一緒にやったらええのに」
     龍馬「日本はもう、異国と交易を始めちゅう。今さら、黒船目がけて大砲を撃ていうがか?」「アメリカ人も、オロシヤ人も、フランス人も、みんな斬り殺せいうがか? そんなが無理ぜよ」
     分かり易い理屈で、武市ら攘夷派の面々も冷静に考えれば攘夷に無理があることに気付きそうなものなのになぁ。
     とはいえ、今だから簡単に割り切れるけど、攘夷を志した人も当時の知見の範囲で真剣だったんだろうから、仕方ないわなぁ。

     で、龍馬は「儂は、喧嘩せんと日本を守るためには、どういたらええかを考えよる。それを教えてくれる人を捜して旅をしゆう」と言葉を続けた。

     龍馬&加尾の会話を通じて、先々の行動に関する龍馬の「思い」「動機付け」を語らせたってことかな・・・・。

    【 チントンシャン 】

     お座敷でチントンシャンと三味線の音が響いてる。
     武市たちが芸者を侍らせ宴会をしてる。
     息抜きと言うことだろうけど、ひたむきに政治運動に邁進しているはずの土佐勤王党が、芸者を呼んで座敷で酒を飲むなんて、ピュアさに欠けるなぁ・・・。

     で、まいあがった以蔵が「土佐の、まっことのお殿様は、武市先生ぜよ」と、誇らしげに芸者に話しかける。
     佐藤健のお芝居が、なかなか良い!!

     以蔵の発言を諫めた武市は「そういえば、目明しの文吉がうろついている・・・」と、やや唐突に話題を変える。
     目明しの文吉は、攘夷派をつかまえまくり、山内容堂の謹慎にも関わったと言う。
     これを聞いた以蔵は、黙って刀に手をやり、座敷から出ていく・・・・。
     武市が収二郎にチラリと視線を向ける。

     ああ、またもや、以蔵はマリオネット状態です。
     麻原とオウムの信者、小沢氏と石川氏ら側近も、武市と以蔵みたいな関係なんでしょうかねぇ・・・。

    【 加尾憤慨 】

     目明しの文吉殺害事件のことが加尾の耳にも入る。
     以蔵、やってしまったようです。

     加尾に役目が終わったから土佐に帰れと言う収二郎は「武市先生はもう、日本を動かしようがぜよ」と武市に心酔の様子。

     そういえば・・・、小沢氏と初めて会見した時の橋下大阪府知事が「もうすごいとしか言いようがない。日本を動かしているっていう感じだ」とコメントしていたことを思い出す・・・・。
     橋下知事は賢いから、以蔵や収二郎みたいに心酔しちゃったわけではなく、計算尽くでの発言だったとは思うけど・・・・。

     で、役目は終わったと軽く口にした兄に、「勝手なことを言わんとってつかぁさい」と加尾憤慨。
     「私は兄上や武市さんの操り人形ですろうか!!」と強い口調で言い放った加尾は、石川議員より賢そう。

     さらに加尾は「今さら、土佐に戻ってもあの人はおらんき」と・・・。
     物理的な不在だけではなく、龍馬が進化して、土佐にいた頃の龍馬という人間はもういないということも表しているようなセリフ。

     加尾の憤慨は続きます。
     加尾「攘夷のためやったら、何をしてもええがですか!!!」
     収二郎「そうじゃ、何をしてもええがぜよ・・・妹を犠牲にしても、邪魔するヤツは殺してでも・・・・」
     加尾「まさか、あの人殺しは・・・・」
     収二郎は沈黙を返し、加尾は真相を知る。

     宮迫も、なかなかしっかりした演技です。

    【 以蔵と龍馬 】

     京の町で偶然再会した以蔵と龍馬。
     加尾も加わり、3人で会話。
     「武市先生だけがガキの頃から侍扱いしてくれた」「まっこと優しいお方やき」と武市を信じ切っている以蔵。
     便利なマリオネットとして利用されてるのに・・・・。

     自分は武市の役に立っていて「実はの、凄い仕事しようがじゃ儂は・・・・」「この前、越後の浪人が斬り殺され、目明かしも、実はの・・・・」と、ヤバいことまで話し始めようとする以蔵。
     龍馬が以蔵の言葉を遮って「やっぱり、やめちょこ、この先は。秘密のままでええろ。ハッハッハッ」・・・。
     それでも「言わせてくれろ。言いたいがじゃ」と、以蔵。
     すると龍馬は声を強め「以蔵! おまんが武市さんとしとうことは分かっちゅう。」
     声のトーンを戻した龍馬は「けんど、人の道を外れたことをしたらいかんぞ。世の中には色んな人がおるがじゃ。意見が違うて当たり前じゃ。そうじゃろ」

     龍馬の言葉を聞く佐藤健の目が透き通っているようで、なんか凄い。

     「もう日本人同士で喧嘩をしよう場合じゃないぜよ」と口にする龍馬は以蔵の両肩に手をやる。
     「おまんは心根の優しい男じゃ。喧嘩はするな。まっこと強い男はの、めったなことでは剣は抜かんもんじゃき」と、なんとか以蔵の心に言葉を伝えようと龍馬は必死
     以蔵の目をのぞき込むようにする龍馬から視線を外しうつむき加減になる以蔵は「そうじゃの」と、ぼそり。
     「分かってくれたら、ええがじゃ」と笑顔を見せる龍馬。

     怒鳴りつけたり、意見を押しつけることなく、相手を受けとめ、包み込むように諫めようとする龍馬の柔らかな態度が凄い。

     以蔵が去っていく際、「龍馬はああいう男じゃったかのう」「こんなに楽しゅうて、気が楽になれたのは久しぶりぜよ」と加尾に言い残す。

     必ずしも楽しい会話ではないのに、楽しかったという以蔵の言葉に、龍馬の「人柄」「人を引きつける力」がよく現れています。

     で、狂信者で、暗殺者で、かつ優しく素直な一面を持つ以蔵を、佐藤健が上手く演じますよねぇ。
     武市への心酔ぶり、騙されっぷりが、すごく自然で良いです。

    【 カツリンタロウ 】

     以蔵が去ったあと、横になってる龍馬が「以蔵は、人斬りをやらされよる」と怒ってる。
     以蔵には笑顔を見せていたのに、心の中では無茶苦茶怒ってたんだ・・・・。
     畳をドンと叩き「こんな馬鹿なことがあってええがか!!!」「日本は自ら滅びてしまうがぜよ」と嘆く龍馬。
     「どうしたら、みんなをやめさせることができるがじゃ」「くそ〜〜〜」と嘆き、悩む。

     龍馬の悲嘆に加尾が応えて「江戸に勝麟太郎様いう人がおる」
     加尾は、三条家で、勝麟太郎が日本のことを真剣に考えよう数少ない幕閣であることをと耳にしていたのでした。
     加尾は「龍馬さんに生きる道を教えてくれるがは、そのお方じゃないやろうか」

     これに龍馬が食いつきます。
     「カツ リンタロウ」と名前を声にした龍馬は、暗く閉塞していた心が一気に解き放たれたように瞳が輝きます。
     希望が見えたようです。

    【 別れ 】

     「龍馬さんに会えてよかった。天にも昇るような喜びじゃった」と、一夜を過ごしたあとでは、エロい意味かと勘違いしそうなセリフを口にした加尾は、涙で目を潤ませる。
     「私は、ここで、夫婦のような時を過ごせただけで幸せ者やき。どうぞ江戸に行ってつかぁさい」「おまさんは、大きなことを為し遂げるために生まれてきたお方やく、私のことはもう忘れてつかぁさい」と、龍馬の人生の目的を読み解き、別れを決意する加尾。

     口を一文字に結んだ龍馬。
     そして「スマン、スマン、加尾」
     加尾は龍馬の胸に顔を埋める。


     その後、勅命を受けた武市や以蔵らは江戸に向かい、加尾は京を立ち、龍馬は海辺を力強く歩んでる。江戸に向けて・・・。

     ここから、第2部が始まるような・・・。
     今回が第1部の終わりのような気もしました。

     あとね、父・弥次郎(蟹江敬三)に「百姓が板に付いてきた」と言われ、「やっぱり百姓は泥まみれにならんと、ええ野菜は作れんのう・・・ハハッ・・って、なんや!」と、大根を地面に投げつけた弥太郎(香川照之)の乗りツッコミも面白かったなぁ。
     でも、あの場面の意味は、今ひとつ読めなかった・・・。
     弥太郎の近況報告に笑いを重ねただけなのかなぁ?



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村











    スポンサーサイト

    • 2019.09.11 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      再会することで知ってしまうこと。 見えてしまうこと。 第十五話『ふたりの京』
      • 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)
      • 2010/04/17 4:16 PM
      第15話『ふたりの京』冒頭、弥太郎でなく龍馬自身の声で状況が語られ始めたので「お?」と思ってしまったけど>何?乙女姉さんへの手紙の文面だった。乙女姉さんに宛てた手紙が随分...
      • もう…何がなんだか日記
      • 2010/04/16 2:27 PM
      11日大河ドラマ「龍馬伝」第15話を視聴した。 今回は半平太が山内公を伴って京へ入り、 三条家より攘夷実行を促すための交渉に成功する。 その頃龍馬は京に来ており、三条家に使える加尾と再会を果たす。 再会を果たした龍馬と加尾だったが、 既に龍馬は加尾の
      • オールマイティにコメンテート
      • 2010/04/14 12:20 AM
      池田屋の跡地はご存じだろうか?…『新選組!』のときと異なり、池田屋事件に触れられるかどうかはわからないがこちらによると新選組の主たる面々のキャスティングが決まったのだという。さて…平井収二郎を演じておられる宮迫博之さんとともに、原田泰造さんが近藤勇を
      • 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
      • 2010/04/13 10:06 AM
      坂本龍馬@福山雅治と平井加尾@広末涼子が再会したものの、 月日の流れを感じた二人は別々の道を進まざるをえなくなったというお話 2部になってから、やはり岡田以蔵@佐藤健がいいねえ 敬愛する武市半平太@大森南朋の喜ぶ顔が見たくて、 刺客という誉められない仕
      • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
      • 2010/04/13 1:20 AM
      武市半平太は 「人斬り以蔵」を利用するだけ利用して、 心の底では岡田以蔵を軽蔑していたらしい。 ますます悪い顔になってゆく そんな武市半平太を演ずる大森南朋が 昨夜「トップランナー」に出演していた。 そこで「後は切腹に向かってどう演じていくか」 と
      • こちら、きっどさん行政書士事務所です!
      • 2010/04/12 11:54 PM
      武市半平太は 「人斬り以蔵」を利用するだけ利用して、 心の底では岡田以蔵を軽蔑していたらしい。 ますます悪い顔になってゆく そんな武市半平太を演ずる大森南朋が 昨夜「トップランナー」に出演していた。 そこで「後は切腹に向かってどう演じていくか」 と演劇論を
      • しっとう?岩田亜矢那
      • 2010/04/12 11:52 PM
      「龍馬伝」(第15話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,広末涼子,宮迫博之,佐藤健,マイコ,池内万作,倍賞美津子,蟹江敬三龍馬(福山雅治)は加尾(広末涼子)に会うために京都へ向かう。武市(大森南朋)も京に入り、三条実美(池内万作)に会い、
      • paseri部屋
      • 2010/04/12 11:22 PM
      健気に武市を慕い、人斬りに身を落としていく以蔵、そして自分を慕う以蔵の気持ちを知
      • くまっこの部屋
      • 2010/04/12 10:18 PM
      今週は晴れの日が多くてお花見したり、ガーデニングしたり。 そろそろ冬物をしまわな
      • 山吹色きなこ庵・きままにコラム
      • 2010/04/12 10:11 PM
      龍馬は歩きまわって、世界地図では米粒ほどの日本が、こんなに広いとは思わなかった。 お乙女姉やん、わしにはいま会いたい人が2人おるがじゃ。 1人はワシに生きる道を教えてくれる誰か。 そしてもう1人は・・・ 乙女は、文を読みながら、「おまんの望む生きたかをし
      • まぁ、お茶でも
      • 2010/04/12 10:06 PM
      〜ふたりの京〜
      • 悠雅的生活
      • 2010/04/12 10:06 PM
      あらすじ 龍馬(福山雅治)は加尾(広末涼子)に会うために京都へ向かう。武市(大森南朋)も京に入り、三条実美(池内万作)に会い、幕府に攘夷を実
      • 青いblog
      • 2010/04/12 9:50 PM
      脱藩して〜ひとり旅する龍馬。。いったい何を目指すのか〜乙女ねぇやん。。ワシはいま会いたい人がふたりおるがじゃ〜ひとりはワシに生きる道を教えてくれる誰か。。そしてもうひとりは・・・坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 権平(杉本哲太) 乙女ねぇ
      • ・*:・ふわゆら生活・:*・
      • 2010/04/12 9:40 PM
      徳川将軍家を京に召し出し帝に攘夷を約束させる。武市は三条実美にそう進言し、事は実行に向けて動き出した。土佐の下士である武市が、ついに表に立つ日がやってきたのである。一方で、越後の本間精一郎と言う男が勤王党の手柄を自分の物だと吹聴していると言う噂が立つ
      • 見取り八段・実0段
      • 2010/04/12 9:26 PM
      「やっぱり百姓は 泥まみれにならんと ええ野菜は作れんの〜」「何がじゃ〜」弥太郎ノリツッコミ「ほんま ほんま わしは本間精一郎じゃ」オヤジギャグが寒すぎた為本間精一郎は斬られる「以蔵は使える」あくどい武市は、直接指示をする事なく以蔵に邪魔者を殺すよう
      • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
      • 2010/04/12 9:17 PM
      大河ドラマ「龍馬伝」。第15回、ふたりの京。 龍馬が乙女姉に出した手紙より、今 自分が会いたい人物は2人。 1人は異国と戦わずに日本を守る方法を教えてくれる人物。 そして、もう1人は・・・・・・ということで、加尾ですw 乙女姉への手紙から始まる手法
      • センゴク雑記
      • 2010/04/12 8:54 PM
      まずはリアルタイムで観られなくて再放送で観た先週の14回。 東洋が死んで武市が実権を握った土佐藩は硬直化してきたという話で、龍馬も外の世界を知って多少クールになってきてましたね。 弥太郎への「土佐へ帰れ」は結構背筋がゾクッとした。 それからなんといっても
      • 宴の痕
      • 2010/04/12 8:50 PM
      「龍馬伝 ふたりの京」龍馬(福山雅治)は大坂をたち、三条家に仕える加尾(広末涼子)がいる京へ向かっていた。一方、半平太(大森南朋)も藩主の豊範(染谷翔太)と共に京に入っていた。半平太は公家の尊王攘夷(じょうい)派である三条(池内万作)に会い、徳川幕府
      • DolceVita
      • 2010/04/12 8:28 PM
      JUGEMテーマ:エンターテイメント文久二年、ついに土佐藩を事実上うごかす立場となった武市半平太は、若き山内家の当主を奉じ、藩兵を統率しつつ大挙して京に乗り込みます。 しかも、攘夷派の有力公卿として知られる三条実美に謁見。親しく言葉をかけられるま
      • ふるゆきホビー館
      • 2010/04/12 8:28 PM
      武市、いいかげんにしろwww もう完全に真っ黒ですね。武市…。 以蔵の素直さ純粋さにつけ込んで( ゚∀゚) 龍馬は以蔵を説得したものの、 以蔵は武市しか見えてなさそうなのでダメそう…。 武市が黒すぎて笑えますwwww 加尾の兄も最悪やー@@ 勝手すぎる><
      • なんでもあり〜な日記(カープ中心?)
      • 2010/04/12 8:23 PM
      加尾がいっぱい出てきました(-_-)...
      • ※悠然と,冷静に,熱く生きる 2
      • 2010/04/12 8:08 PM
      龍馬はまだ若い。謎深い文久二年の旅は続いていく。 一歩一歩、時代は血生臭さを増していく。 しかし、「己の死」の実感は遠い。脱藩以来、龍馬には「死の覚悟」があったと考えることもできるが、「生の情熱」の方が色濃く強まっていただろう。 旅立ちは別れの連続でも
      • キッドのブログinココログ
      • 2010/04/12 7:23 PM
      汚れた衣装をまとっても汚さ全く感じない福山龍馬{/star/}{/star/} 実像の龍馬の肖像画や写真を見ても綺麗な衣装を着 ている姿は殆ど見た事がありませんが、もしかして 龍馬自身も福山龍馬と同じオーラを醸し出していた のではとさえ思えてきます{/cat_5/} 大河ドラマ史
      • 函館 Glass Life
      • 2010/04/12 7:14 PM
      それぞれの立ち位置を認識する、状況整理的な回でしたね。【今回の流れ】・藩主の山内豊範とともに京へ入った半平太 三条実美に、将軍を京へ呼び寄せ、攘夷の実行を約束させる策を提案 以蔵を使って、目障りな人物を次々に暗殺する・加尾は兄の収二郎から龍馬が脱藩し
      • 山南飛龍の徒然日記
      • 2010/04/12 6:48 PM
      いいように利用されて人の道を外してしまった以蔵うっかり告白しそうになるあたりちょっと子供っぽい・・・酒飲んでばっかり・・・身体大丈夫???ウィキ読んだらちょっとかわいそうになってきた・・・武市には疎まれていたようで・・・岡田以蔵美少年ではなかったみた
      • しなもにあ
      • 2010/04/12 6:32 PM
      『ふたりの京』内容文久2年、土佐藩主・山内豊範(染谷将太)が、半平太(大森南朋)の進言で京へと入り、その後、尊王攘夷派である公家・三条実美(池内万作)に面会した半平太は、早急な攘夷実行を求めるのだった。だが、その行動を越後の浪人・本間精一郎なる者が己
      • レベル999のマニアな講義
      • 2010/04/12 6:29 PM
      紅葉の赤さが目に残ります。 紅葉に染まる京で、ふたり・・・・・・ 引かれ合うように、ふたり・・・・ 第15話 「京のふたり」 2010年4月11日(日) 総合テレビ 午後8:00〜8:45 ≪あ ら す じ!≫  龍馬(福山雅治)は大坂から京へと向かっていた
      • よかったねノート 感謝の言葉にかえて
      • 2010/04/12 5:25 PM
      龍馬(福山雅治)は大阪から京へと向かっていた。 京には、三条家に仕える加尾(広末涼子)がいる。 半平太(大森南朋)も藩主・山内豊範(染谷将太)と共に、京へ入っていた。 半平太は公家の尊王攘夷派・三条実美(池内万作)に面会し、徳川幕府に 攘夷を実行させ
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2010/04/12 5:07 PM
      36年間で65,089人ものあがり症を克服させてきた
      • 金井英之のあがり症の治療
      • 2010/04/12 4:50 PM
      悩み克服系の商材は、インターネットでよく売れる
      • 金井英之の本番で実力を出し切る方法
      • 2010/04/12 4:22 PM
         第15回「ふたりの京」龍馬は大坂をたち、三条家に仕える加尾がいる京へ向かっていた。一方、半平太も藩主の豊範と共に京に入っていた。半平太は公家の尊王攘夷派である三条に会い、徳川幕府に攘夷を実行させるために帝の勅命を持って江戸に乗り込むことを提案す
      • 日々“是”精進!
      • 2010/04/12 4:20 PM
      龍馬伝は直近三回の視聴率が 17.7→18.8→18.5% と20%割れ。 まあ急ブレーキと云うほどの数字でもないけど 常に20%が大河ドラマの宿命だからしかたないか。 理由は 岩崎弥太郎などで話を膨らませているのでストーリーが散漫、 映像がリアルすぎるといった声
      • ぱるぷんて海の家
      • 2010/04/12 3:01 PM
      龍馬と加尾。かつて恋仲で、夫婦約束までして破れ、人生の大きなターニング・ポイントになった2人の、京での切ない再会編… 周囲の反対(とくに加尾の兄の忠告)がゆえに燃え上がるのは恋の常。そして、なまじ近くにいて束の間の蜜月を過ごしたからこそ、分かってし
      • のほほん便り
      • 2010/04/12 2:51 PM
      第15回 ふたりの京 はわ、「ねこ鍋」ならぬ「ねこ篭」!可愛い!!! 以蔵が人を斬っている間に、加尾と龍馬がとうとうという二種類の緊張感でもって、オチオチ横になってTV観てる状況じゃなくなりました。 演出力に負けたな。 その後の以蔵と加尾と龍馬、三人で過ご
      • 本家らう゛ろくた逃避中
      • 2010/04/12 2:47 PM
      文久2年(1862)、26才(1836年生として数えで) 公式サイト 京に上がっ
      • 昼寝の時間
      • 2010/04/12 2:47 PM
      ネタバレを含む記事です。未視聴の方はご注意ください。個人的感想のみ書き散らしておりますのでご了承ください。っていうか今回は・・・・・・・・物語的に動いたんだが何なんだか微妙な話だったので・・・・・・さらっといきますさらっと以蔵がひたすら可愛らしくて健
      • 徒然”腐”日記
      • 2010/04/12 1:59 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten