1月25日「徹子の部屋」堺雅人★ちょっと不思議で魅力的な人物やなぁ。

0
     先日、試写会で観た『ゴールデンスランバー』が、とっても面白かったのですが、この映画の宣伝も兼ねて主演の堺雅人が「徹子の部屋」(2010年1月25日)のゲストとして登場です。
    募金サイト イーココロ!

    【 ゴールデンスランバー 】

     映画の宣伝と言っても、「徹子の部屋」なので、いつものように黒柳徹子さんのペースで番組は進み、直接的な映画の宣伝は、13:50頃から少しだけ・・・。
     徹子さんも『ゴールデンスランバー』を観ていたようで、「花火のシーン」が凄かったとか、「マンホール」のこととか、面白かった場面を語るのだけど、ネタバレにならないか冷や冷やしました。(無事、ネタバレ無しで済んだ)

     で、堺雅人から、映画に出てきた雨水管(下水管)とか、部屋の中のシーンや、家電量販店も含めて、すべて本当に仙台の実物であると説明があったのだけど、全然セットを用いていなかったのかと驚きました。
     アパートの中なんて、東京でも撮影できるのに、凄いこだわりですよねぇ。

    【 代打・堺 】

     映画以外の話も、とっても面白いんです。
     例えば、「代打・堺」のエピソード。
     子ども時代、部屋の中で本ばかり読んでいたので、親が心配して堺雅人に少年野球をさせたそうな・・・。
     ところが、才能が無くバットにボールが当たらない。(のび太みたい)
     だから、負け試合の最終回、2死無走者の場面で、「想いでづくりのために代打に起用された」のだと堺雅人。
     堺雅人を代打に起用するってことは、チームにとって「敗北の儀式」だったと本人が語るから可笑しくって・・・・。
     そもそもチーム自体が弱くって、6年生の時に3年生主体のチームに負けた思い出があると言うのだけど、その弱いチームにあって「敗北の儀式」に起用されたことを、あっけらかんと語る堺雅人の雰囲気が何ともホワッとしていて素敵なんです。

     そして、この少年野球について「向いていないことをさせられることが、こんなに辛いことなんだ」と思った旨を語る時も、ニコニコしながらお話しになる。
     この表情に、『篤姫』の”将軍・家定”に通じる何かを感じました。(堺雅人が演じていたのだから、通じるモノがあって当たり前なんだけど・・・・)

    【 カレイが嫌い 】

     魚のカレイが嫌いだという堺雅人
     嫌いな理由を、カレイの「ペラペラした形状」「邪悪な目」「歪んだ口元」などと説明するから、これがまた可笑しいのなんのって・・・。
     こういう表現が、つらつらと口からこぼれ出てくる人って、面白いですよねぇ。

     また、堺雅人が仕事で行ったフランス・マルセイユで受けたタロット占いの話も可笑しかった。
     占い師に、生年月日をはじめ色々な数字を事細かに聞かれて占いが始まったのに、占いの結果が「人の話をよく聞きなさい」の一言だったそうな。
     これを聞いた堺雅人は、自分が死ぬときに「人の話をよく聞けば良かった・・・などと思いながら死ぬんでしょうねぇ」とか笑いながら言ってるから、「ひねりの利いた発想をする人だなぁ」と変に感心。

     そして、この堺雅人の「自分が死ぬ時は・・」って話にも、徹子さんは悪気無くヘラヘラ笑いながら肯定の相槌を打ってるから笑える。
     「そんなこと有りませんよ」などという、通り一遍の否定をしないのが、マイペースな徹子さんらしくて可笑しい。

    【 ありきたりな話を・・・ 】

     とにかく、少年野球の「敗北の儀式」、カレイの「邪悪な目」、「人の話をよく聞けば良かった」などなど、ありきたりな話を、ありきたりではない表現や発想で伝えてくる堺雅人の魅力に撃ち抜かれました。
     堺雅人は、ほんの少しずれたら、変人の域に達しかねない”不思議ちゃん”なのかもしれないなぁ。
     (”上野樹里”とか、”綾瀬はるか”とか、ユニークな人はイイ演技をするけど、堺雅人も彼女らと似た部分を持っていそうな感じ。)

     以上、ちょっと浮世離れした黒柳徹子さんと、ちょっと”不思議系”かもしれない堺雅人の会話がとても面白かったです。



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    超濃厚 宇治抹茶生チョコレート 20粒入≪バレンタインギフト特集≫§京都 宇治のお茶屋作挽き...





    JUGEMテーマ:テレビ全般

    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      コメント
      こんばんは。
      私は先に「徹子の部屋」を観てから、試写会を見て来ました。
      おかげで、花火に注目してましたよw
      堺さんのお話は楽しくて、小説を読まない理由なんかも、面白かったですよね。
      • すばる
      • 2010/01/26 12:04 AM
      すばる様

       コメントありがとうございます。

      >小説を読まない理由
       男に抱かれるほど感情移入しちゃうっって話に、小生も腹をよじって笑いました。
      • 管理人ピカード
      • 2010/01/26 11:18 AM
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten