福山雅治『龍馬伝』第2回★本だけは売ったらアカン

0
    『龍馬伝』第2回:大器晩成?

     サブタイトル「大器晩成」のうしろに”?”が付いているのが、なんだか可愛らしくて良いわぁ。
     ”?”をつけて「大器晩成」といかめしく断定しちゃわないことで、福山龍馬の人物像が上手く表現できている気がします。
     それと、先週と同じコトを書くのもはばかれるのだけど、やっぱり映画風のざらついた(黄ばんだ)画像が好き。

    【 本だけは売ったらアカン 】

     弥太郎(香川照之)が本を売って当座を凌ごうとすると、母・美和(倍賞美津子)が床下から壺を取り出し、少ないながら金が残っていることを見せて「本だけは売ったらアカン」と弥太郎を諭す。
     ”本=学問”を手元から失うと、弥太郎が伸ばせるかもしれない可能性までも失うとの母の思い・・・・。

     目先の金を手に入れるより、学問をとって遠い将来の可能性を優先した母・美和の”事業仕分け”が心に沁みました。
     これが”蓮舫”相手だったら、本の必要性や、本で学ぶことで将来の進路がどう変化するのか、どういう利益が生まれるかを数字で説明する必要がある。
     まぁ、蓮舫だって、金欠日本国を憂いて使命感に燃えてやってるんだから仕方ないけど、「次世代スパコン開発事業」とかにケチを付けるのは、弥太郎に本を売れと言うようなものです。
     日本もなんとかして、蓮舫が目を三角にしないで済むような、余裕のある社会になると良いなぁ。

     あと、床下の壺・・・小沢氏はタンス預金で20億円現金持ってるらしいから、本をいっぱい買えますよ。
     なにしろ4億円どさっと入れた紙袋を秘書に手渡して土地を買っちゃうんだから、凄まじい。

     それに、倍賞美津子じゃなくて、”鳩山母”だったら弥太郎は床下の壺ではなく、毎月1500万円も小遣いを貰って、何不自由なく暮らせたのにね・・・。
     ”鳩山家”ではなく、”地下浪人”の家に生まれたのがアンラッキー。
     生まれた家によって、一生格差が付いちゃうってのは嫌な話です。

     生臭い話は抜きに、前回の龍馬の母と言い、今回の弥太郎の母と言い、母の愛は強い。
     日テレ系で放送していた『天才じゃなくても夢をつかめる10の法則』に出ていた”母親脳”ってやつかな・・・。

    【 儂は人の気持ちが分かっちょらん 】

     加尾(広末涼子)から告白されたり、治水工事で村人のケンカを収められなかったりの龍馬(福山雅治)は「儂は人の気持ちが分かっちょらん。何一つ分かっちょらん」「儂には無理じゃぁ」と、テンパってる。

     そんな龍馬に、村人たちが「ケンカはやめちゃる」と・・・。
     近くの親娘も、なけなしの米で握り飯を持ってきてくれる。
     そこいらの武士とは少し違う龍馬の心が受け入れられたってことかな。
     悩んだりもがいたりしている龍馬と、農民階級の人々の心が少しだけでも通じたこの場面が、なんかイイ感じでした。

     で、話は脇に逸れるのだけど、龍馬に告白した広末涼子にせよ、アリゾナ旅行の安室ちゃんにせよ、シングルマザーだけど若々しくて綺麗だから感心するわ。
     ”後家さん”とか呼ばれていた昔とは時代が変わったと、ヒロスエ&アムロから思い知らされました。

    【 父の愛 】

     「広い世の中を見たい」と江戸行きを願い出る龍馬に、「儂を納得させる理由」をキチンと説明するようにと言いながら、実は江戸の千葉道場へ行ける手筈を整えていた父・八平(児玉清)
     『坂の上の雲』で秋山真之(本木雅弘)が江戸を目指したときの父・久敬(伊東四朗)と共通する”父親像”です。
     ”母親脳”にはかなわないけど、父親だって子どものことを思っているのだ!!
     小生も父親の端くれとして、多少は父の愛を主張したい。

    【 大器晩成って・・・ 】

     ”大器晩成”という言葉を聞くと、今まで成功していない小生でも遅咲きの人生を謳歌できる可能性もかすかにあるのかと勘違いを起こしそう。
     しかしながら、そもそも龍馬は満で言うと31歳で亡くなっており、今年50歳になる小生は当時の平均寿命でいけば三途の川を渡っていてもおかしくない年齢・・・。
     ドラマの中の龍馬は、今17歳前後だろうから、50歳になるオジサンが勘違いしたらダメだわなぁ・・・。

     直江兼続みたいに、幼少のみぎりから殿に仕えていたら後々の出世も約束されているが、下士の家に生まれた龍馬が、20歳前からボチボチ頭角を現すことが、あの時代では”大器晩成”ってことなんですねぇ。
     かぞえの15歳で元服の時代だし、今とは時間や年の感覚が違いますね。


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
    にほんブログ村


    【5%OFF!】日本の夜明けぜよ!幕末 坂本龍馬クリアファイル 12461

    浴槽で、プールで、iPodサウンドを楽しめるスピーカーお風呂や屋外でも音楽を!【iPod防水スピ...





    映画館で並ばずにチケットが買える!
    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「私を江戸へ行かせてつかぁさい。お願いします!」姉の乙女と一緒に土下座をして頼む龍馬でしたが…父・八平は、二十日以内に堤防を仕上げるよう龍馬に差配役を命じます。そう言えばこのお二人、『美女か野獣』で共演してましたね。7年後に親子として、しかも坂本龍馬
      • 美容師は見た…
      • 2010/01/12 11:07 PM
      「竜馬がゆく」「お〜い!竜馬」他、 何冊か龍馬物は読んでいるんだけど、 今日のエピソードは記憶がないなあ〜。 この龍馬の 「自分は馬鹿じゃ」 「わしは何も出来ん、何もわからん」 このコンプレックスが反対に 常識に囚われない、発想に繋がった ときっど
      • こちら、きっどさん行政書士事務所です!
      • 2010/01/12 10:08 PM
      「竜馬がゆく」も「お〜い!竜馬」他、 何冊か龍馬物は読んでいるんだけど、 今日のエピソードは記憶がないなあ〜。 この龍馬の 「自分は馬鹿じゃ」 「わしは何も出来ん、何もわからん」 このコンプレックスが反対に 常識に囚われない、発想に繋がった ときっどさんは
      • しっとう?岩田亜矢那
      • 2010/01/12 10:03 PM
      第2話『大器晩成?』江戸行きを父親に申し出て、少しの紆余曲折の後、遂にOKが出る…という話。小さな頃は弱虫だった龍馬が、母親の死を経て剣術の腕を観外たもののそれ以外はサッパリ…というのが面白い。字も下手らしいし(笑)そんな息子がいきなり江戸
      • もう…何がなんだか日記
      • 2010/01/12 9:58 PM
      下士と農民。 人の心と江戸行きの夢。 第二話『大器晩成?』
      • 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)
      • 2010/01/12 7:56 PM
      坂本家の家長は、父・八平(児玉清)に代わり、兄・権平(杉本哲太)になりました 龍馬(福山雅治)は、江戸行きを父・八平(児玉清)に願いでますが、聞き入れられず、それどころか、久万川の堤造りの差配役を命じられます。 龍馬は、現場へと向かいますが、何をや
      • のほほん便り
      • 2010/01/12 8:30 AM
      職場でよく(有線なので)福山さんの「はつ恋」が流れますいい歌ですよねお弁当(美味しそうに見えなかった)途中で取り上げられる龍馬カワイソス・・・自分一人で頑張っているのを周りが見て「おれらもやるっす」みたいな定番っちゃ定番ベタっていえばベタアタックチャ
      • しなもにあ
      • 2010/01/12 7:06 AM
      あらすじ 龍馬(福山雅治)は江戸行きを父八平(児玉清)に願いでるが、八平は聞き入れず堤防工事の差配役を命じる。工事は百姓たちの争いで遅々と
      • 青いblog
      • 2010/01/12 12:15 AM
      龍馬の成長----------------!!1回目の放送の手ごたえはまずまずだったようですね(^^)色々500件以上も視聴者からの問い合わせ等があったようで。今年の大河はじわりじわりと視聴率を上げて行きそうな感じですね。やっぱ福山・龍馬かっこいいですもんね〜♪土佐を出
      • ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
      • 2010/01/11 11:38 PM
      昨日出かけたために見ることができず,今日ビデオを回しました。 しかし福山龍馬,あちこちのサイトにお邪魔させていただいた限りでは,至極評判が宜しいですね。 特に女性人気が絶大なようです。 番組自体の評価も,初回の視聴率では「篤姫」や「天地人」に及ばなか
      • koshiのお部屋2
      • 2010/01/11 11:31 PM
      〜大気晩成?〜
      • 悠雅的生活
      • 2010/01/11 9:52 PM
      公式サイト . 簡単に。 嘉永5(1852)年。18歳ですか。 まだ、家族からも
      • 昼寝の時間
      • 2010/01/11 9:20 PM
      わしらは、畑の仕事もあるのに、こんな仕事をやらされてる。あそこに座って、ああだこうだと指図だけしているおまんにはむかむかする。おまんら下士は何のためにおるんじゃ。土佐に要らんもんは下士じゃ。江戸に行きたいと父に訴えた龍馬だったが赦しは得られず、川の氾
      • 見取り八段・実0段
      • 2010/01/11 9:05 PM
      JUGEMテーマ:エンターテイメント龍馬は江戸に行きたいと乙女姉さんからも父に話してもらったものの、あっさり一蹴されます。父は今の龍馬が歯がゆくてならぬようす。道場の面々も、「江戸に行くなら武市さんがふさわしい」と一致。そんな龍馬に 、堤防工事の
      • ふるゆきホビー館
      • 2010/01/11 8:52 PM
      大河ドラマ「龍馬伝」。第2回、大器晩成? 龍馬の悩みと父の思いを描いた第2回。 自分は知らないことが多すぎる、世間を知るために江戸へ行きたいという龍馬。 しかし、父・八平に目的もしっかり持てないで江戸に行きたいなど認められないと一蹴されます。 そし
      • センゴク雑記
      • 2010/01/11 8:50 PM
      第二話です。 第一話 、ご覧なりましたか。一言で言って面白かったですよ。 福山雅治さん、暮れの紅白歌合戦は、長崎市のグラバー庭園内のグラバー亭前からの中継でした。 気合入っていると思います。大河ドラマは年明け一月三日から、で勢い保って、さあ、いよ
      • よかったねノート 感謝の言葉にかえて
      • 2010/01/11 8:41 PM
      『大器晩成?』内容父・八平(児玉清)に代わり、兄・権平(杉本哲太)が坂本家の家長となった。嘉永5年のそんなある日のこと、龍馬(福山雅治)は江戸行きを父達に願い出る。“世の中を見てみたい”だが、龍馬は父・八平から久万川の堤造りの差配役を命じられるのだっ
      • レベル999のマニアな講義
      • 2010/01/11 8:34 PM
      何か途中でダレてきました。。 イエね、福山龍馬真面目にやってるのは好感持てますよ。 土下座しまくるのもまあ仕方ないしぃ 護岸工事の現場監督もイイですよ。 農民からバカにされ 相手にされなくても 何とか工事を完成させようとして 酒の差し入れしたり ギ
      • ぱるぷんて海の家
      • 2010/01/11 6:28 PM
      大河ドラマ「龍馬伝」第2話は龍馬は江戸行きを父と兄に願い出るが、土佐も知らぬものが世間を知れる訳がないと龍馬に堤防工事の差配役を命ずるのだった。早速堤防工事を仕切るが村同士のいさかいで喧嘩となり龍馬は頭を痛めるのだった。しかしそんな龍馬は自ら動く事に
      • オールマイティにコメンテート
      • 2010/01/11 5:08 PM
      龍馬かぶれや金髪龍馬など話題作に乗っかろうCMが氾濫してる中放送された「龍馬伝」初回は「天地人」に視聴率で負けるで、今日は第2回「大器晩成?」が放送されましたがやっぱり第1回同様、龍馬伝と言うよりは龍馬と弥太郎伝やねある意味、岩崎弥太郎の方が目立って
      • 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
      • 2010/01/11 3:51 PM
      嘉永5年(1852年)秋 権平が、龍馬を呼んだ。乙女が呼ばれもせぬのに、龍馬の横に座った。 二人に、龍馬の言い分を言わせるために、来たのだ。 (龍)わしは、生まれてこのかた土佐を出た事がないがです。 そうじゃきに、一度でえいから世の中いうもんを見てみた
      • まぁ、お茶でも
      • 2010/01/11 3:19 PM
      嘉永5(1852)年、秋。 土佐で剣術の腕を磨いた龍馬(福山雅治)は、父・八平(児玉清)に江戸行き を願い出る。 しかし、八平はそれを認めず、代わりに堤防工事の差配役を命じる。 半平太(大森南朋)も江戸行きの夢を抱くが、妻・冨(奥貫薫)に年老いた祖母
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2010/01/11 3:06 PM
      毎週の楽しみになってきたぞい(´∀`*)ウフフ 福山龍馬が意外と好きだわ〜☆ 来週も楽しみじゃのー! 今日も病院に泊まってます。 病院生活にも慣れてきた。・゜・(ノ∀`)・゜・。 後は母の退院を待つのみ!
      • なんでもあり〜な日記(カープ中心?)
      • 2010/01/11 3:01 PM
      父に江戸へ出たいと願い出たたものの許されず 「堤防工事の差配役」を命じられる竜馬です。 父は龍馬が頼りなく見えて仕方ないようですが...
      • shaberiba
      • 2010/01/11 1:44 PM
      いきなり江戸に行きたいと願い出る龍馬に父が与えたのは、久万川の堤防造りの采配役。 そこでは百姓たちが毎度争いを続けていてなかなか堤防造りが進まなかった。 いっぽう加尾には縁談の話が舞い込んでくる。 いきなり江戸行かせてくれということで始まった第2回。 龍
      • 宴の痕
      • 2010/01/11 1:42 PM
         第2回「大器晩成?」土佐から出たことのない龍馬は、父・八平に世の中を見てみたいと話し、江戸行きの許可を願い出る。だが、全く相手にされず、そのとき藩から命令が来ていた堤防工事の差配役をあてがわれてしまう。一方、弥太郎も江戸で学問を究めたいと願って
      • 日々“是”精進!
      • 2010/01/11 12:46 PM
      ラスト10分が超展開でした(´・ω・`)【今回の流れ】・江戸へ行きたいと願い出る龍馬だが、父にあえなく反対される 父から命じられて堤防工事の差配役をすることに・武市半平太も内心は江戸へ行きたいらしい様子・堤防工事の現場では集まった2つの村の住民が仲違いを
      • 山南飛龍の徒然日記
      • 2010/01/11 12:02 PM
      「龍馬伝 第2回 大器晩成?」土佐で剣術の腕を磨いた龍馬(福山雅治)は、自分の生きる道を探すために世の中を見てみたいと考え、父親の八平(児玉清)に江戸行きを願い出る。だが八平は江戸行きを認めず、代わりに堤防工事の差配役を命じる。一方、半平太(大森南朋
      • DolceVita
      • 2010/01/11 11:24 AM
      NHKの大河ドラマ「龍馬伝」も第二回、CGを駆使したゲームの映像のようなオープニングにも、セピア色にくすんだ手ぶれの多い画面にも、少し慣れてきたところです。坂本龍馬は大器晩成?といっても、この時代の平均寿命は短く、まして龍馬の人生は短い。子供からあっとい
      • 今日も何かあたらしいこと
      • 2010/01/11 11:01 AM
      「龍馬伝」(第2話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,広末涼子,寺島しのぶ,宮迫博之,杉本哲太,佐藤健,島崎和歌子,奥貫薫,松原智恵子,蟹江敬三,倍賞美津子,児玉清嘉永5年(1852年)秋、龍馬(福山雅治)は江戸行きを父・八平(児玉清)に願い
      • paseri部屋
      • 2010/01/11 10:54 AM
      戦国時代がブームになった…きっかけが何であれ、いわゆる歴女だったか。そんな単語が流行した昨年に習い、幕末も盛り上がってほしいものだ。さて、前回の復習にもなるのだが高知藩の武士の間で上士と下士…そして地下浪人という3つの単語が出た。この3つの単語を簡単に
      • 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
      • 2010/01/11 10:32 AM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten