『坂の上の雲』第2回★儂が本当にやりたいものは何じゃ

0
    『坂の上の雲』第2回:青雲

    【 篤姫〜〜〜 】

     児玉源太郎役の高橋英樹が”島津斉彬”に見え、女中よしを演じる佐々木すみ江からは”菊本”を思い出す。
     夏目漱石の小澤征悦は、あの風貌からいまだに西郷吉之助(隆盛)に見えちゃう。
     1年たっても『篤姫』のイメージが強烈に焼き付いています。

     また、松山で旧松山藩主久松家の家令・藤野(宝田明)から若殿とともに渡仏するよう頼まれる好古(阿部寛)には、上杉謙信が降りてきてるような感じ・・・・。(乗馬姿からも”馬上杯”を楽しむ上杉謙信を思い起こす)

    【 若者のエネルギー 】

     真之(本木雅弘)や常規(香川照之)をはじめとする若者たちが”青雲の志”を持って生きる姿は、『篤姫』の於一(宮崎あおい) 、肝付尚五郎(瑛太)、大久保利通 (原田泰造)、西郷吉之助(小澤征悦)ら薩摩の若者が大志を抱いていた姿と重なります。

     若者が国を思って発散する熱いエネルギーが、『篤姫』と『坂の上の雲』の共通項で、気持ちが収縮した現代社会にあっては、こういうエネルギーに満ちた前向きな若い心に惹かれます。

     社会が暗くて元気のないときには、こういう沸々と湧き上がるマグマのような熱と清々しい若さを感じさせてくれるドラマが良いですよ。

    【 真之の志 】

     「本気で喧嘩する相手がおらん。儂が本当にやりたいものは何じゃ」と高い目標を求める真之(本木雅弘)

     そして、大学予備門ですこぶる順調な日々を過ごしいるのに、「学問は二流、学問をする根気も二流」「要領が良すぎるけん」と自分を分析し、このままでは二等の学者にしかなれんとして、最も快適である大学予備門を捨てて海軍兵学校へ入学する真之。

     「順調・快適」であることに満足せず、さらに自分を高めようとする真之の志を尊敬してしまいました。(それに比べて、自分の人生の志の低いこと・・・・トホホ〜〜)
     今風に言うと自分探しってことなんだろうけど、目的意識のレベルが違いますねぇ。

     それと、単純明快をモットーにして”清貧”な暮らしを自分に課している兄・好古にも憧れるなぁ・・・・。(60歳過ぎても、母親から毎月1500万円お小遣いを貰っている鳩山兄弟と、”清貧”な秋山兄弟ではエライ違いであります)

    【 素敵、最高・・・ 】

     「この月の最初の土曜は雨だった」と渡辺謙さんのナレーション・・・。
     さりげないフレーズだけど、芳醇な文学の香りがする最高に素敵なナレーションです。

     あと、真之が子規の部屋から黙って海軍に旅立ったあとのシーンも素敵でした。
     真之が残した手紙の、簡潔だけど心のこもった文章には痺れましたし、旅だった真之に子規が「きばれよ」とつぶやく場面も最高です。

     演出、脚本の力や、渡辺謙、香川照之、本木雅弘らの俳優力が相まって、こういう良い場面を作るんでしょうねぇ・・・。

    【 菅野美穂&松たか子 】

     律(菅野美穂)と真之の二人が、歯痒いのなんのって・・・。
     律が江田島に出発しようとする真之を追いかけて、ようやく浜辺で出会った場面なんて、現代ドラマなら、ひしと抱きしめてチュ〜〜ですよ。

     で、菅野美穂ってこんなに可愛らしかったかと思うほど、いい感じで”律”を演じていますねぇ。
     いい感じといえば、多美を演じる松たか子も良いわぁ・・・。


     以上、2回目の感想・・・。
     原作未読なので、「坂の上に向かっていく明治の日本」を、単純に礼賛することの善し悪しはわからないのですが、とりあえず”成長期”の元気さが高揚感となって伝わってくるドラマは面白いです。(90分、飽きずに見ちゃう!)
     今後、渡哲也、江守徹、大杉漣、竹中直人、舘ひろし、米倉斉加年、國村隼(行列48時間の”ホウフク”が、坂の上の上の雲にも出るのね)ら、錚々たる俳優さんの出演も予定されているようですし、大いに楽しめそうであります。


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    東京マルイ/3ch IRC(赤外線コントロール)ヘリコプター SWIFT レッド






    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.10.01 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「坂の上の雲」NHKスペシャルドラマ第1回の続きです。サラ・ブライトマンの歌、なかなかいいです。 NHKスペシャルドラマ 「坂の上の雲」 オリジナル・サウンドトラック久石譲,外山雄三,NHK交響楽団EMIミュージックジャパンこのアイテムの詳細を見る 今回の目玉は、な
      • 郎女迷々日録 幕末東西
      • 2009/12/10 10:16 PM
      今週は、嵐の前の静けさというか、飛躍をする前に屈む回のようでした。ちょっと地味目 個人的には、律さん真之の嫁さんになるわけじゃないんだー[E:coldsweats02] とびっくり。思わず、公式サイトの人物評を読んできてしまいましたw 真之と子規は大学予備門に入学でき
      • たっくんママのひとりごと
      • 2009/12/10 12:47 AM
      ◆菅野美穂さん(のつもり) 菅野美穂さんは、3部構成で3年間にわたって放送される予定のNHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』に正岡律 役で出演しています。原作は司馬遼太郎氏の同名小説です。先日の日曜は第2回「青雲」が放送されました。●あらすじと感想
      • yanajunのイラスト・まんが道
      • 2009/12/09 10:35 PM
      第2話『青雲』東京大学予備門に入学し青春を謳歌する真之&子規。それは先回の『スタンド・バイ・ミー』的世界の延長。勉強に>全て英語というのが凄い遊びに>寄席で大騒ぎしたり無銭旅行そしたり野球をしたり…大らかで賑やかで希望と明るさが根底にあって、
      • もう…何がなんだか日記
      • 2009/12/09 9:26 PM
      明治19年。真之。東京大学大学予備門。そして子規と別れ。。海軍兵学校へ入る。。好古。ドイツ式になっていく陸軍で。。元松山藩主の子のお供でフランス行き。。海軍兵学校が広島江田島に移転。休暇で故郷伊予松山へ真之帰る。律。結婚するが一度も夫と暮らさぬまま2年
      • strの気になるドラマ 気になるコト
      • 2009/12/08 8:47 PM
      #2「青雲」
      • 還山捫虱堂
      • 2009/12/08 6:57 AM
      あらすじ 真之(本木雅弘)と子規(香川照之)は、東京大学予備門に合格する。しかし、真之は自分が何をすべきか悩む。「俳句をやりたい」という子規を見て、
      • 青いblog
      • 2009/12/07 11:16 PM
      真之と子規は東大予備門に合格する。勉学に励みながらも、学友たちと遊ぶ2人。そこでは刺激も多かったが、真之は何となく先行きの見えない自分を感じていた。子規の興味はコロコロ変わる。それは小説だったり、野球だったり、俳句だったり。そんな子規を見ている真之は
      • 見取り八段・実0段
      • 2009/12/07 10:45 PM
      「坂の上の雲」第2話は大学予備門に合格した真之と子規はそこで出会った塩原金之助と友情を育みながら成長していく。そんな中子規は野球に夢中になり真之らと野球をして楽しんでいた。ある日真之らは江ノ島まで無銭で歩いて江ノ島まで行く事になった。そこで真之と子規
      • オールマイティにコメンテート
      • 2009/12/07 10:38 PM
      こういうことを言えば失礼だと百も承知なのだが、主役といえよう役どころが3人いるのは特徴的である。それだけではなく、秋山好古・真之兄弟…そう、兄弟といえば現世の政界にも鳩山由紀夫首相と鳩山邦夫元総務相がいる。秋山兄弟と鳩山兄弟を同列に並べるのは本当に忍
      • 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
      • 2009/12/07 10:23 PM
      〜青雲〜
      • 悠雅的生活
      • 2009/12/07 10:13 PM
      たとえば昭和の時代には冷戦があった。すでに大日本帝国は滅び日本国が成立している。 日本を中心に考えると冷戦時代の同盟国は米国である。米国の最大のライバルはソ連(現在のロシア)であった。ソ連の極東におけるパートナーは北朝鮮と中国だったがソ連の独裁政権と
      • キッドのブログinココログ
      • 2009/12/07 9:59 PM
      「坂の上の雲」 第2話 「青雲」 1884年。上京から1年、真之(本木雅弘)と子規(香川照之)が暮らす東京は文明開化の奔流の真っただ中にあった。9月、真之と子規は大学予備門に合格。報告を受けた好古(阿部寛)は、座右の銘である福沢諭吉の言葉を真之に
      • DolceVita
      • 2009/12/07 9:31 PM
      実に贅沢なドラマですね。私の中で2009年の大河ドラマは「坂の上の雲」です。【今回のまとめ】真之:大学予備門に合格。塩原金之助(夏目漱石)らと親交を深める    その後、進むべき道を見つけ、海軍兵学校に入学好古:旧松山藩の若殿と一緒にフランスへ留学。出世
      • 山南飛龍の徒然日記
      • 2009/12/07 7:03 PM
      少し面白くなってきた。 3年間に渡って放送される大作「坂の上の雲」。先週の第一話は原作の関係でつまらなかった。しかし、渡辺謙のナレーションが秀逸で、それだけで十分楽しめた。今回はドイツから来たメッケル少佐が登場したあたりから俄然面白くなった。次はいよ
      • V36スカイラインクーペが欲しい!
      • 2009/12/07 6:55 PM
      JUGEMテーマ:エンターテイメント正岡子規とともに大学予備門にかよう秋山真之は、奔放なようにみえて悩みもあるようす。テストのヤマを当てる天才的勘の持ち主で、はやくも戦略家の片鱗があるのですが。いっぽうの子規は英語が苦手で、それでも強がるところがユーモラ
      • ふるゆきホビー館
      • 2009/12/07 6:50 PM
      第1部第2回『青雲』内容ようやく常規(香川照之)のいる東京に上京を果たした真之(本木雅弘)明治17年、上京から1年。大学予備門の試験を受け、英語に苦戦するもなんとか合格する。真之の兄・好古(阿部寛)に、ささやかながら祝ってもらう、ふたり。。“一身独立
      • レベル999のマニアな講義
      • 2009/12/07 5:59 PM
      「坂の上の雲」第2話 〜青雲〜やっぱり、前半 ナレーション多いですね簡単なあらすじは・・・・・1884年(明治17年)。上京から1年、真之(本木雅弘)と常規(後の子規・香川照之)は大学予備門に合格。塩原金之助(後の夏目漱石・小澤征悦)と出会い、友情を育む。一方
      • みーこの☆きまぐれ日記
      • 2009/12/07 5:17 PM
      やはり、まっすぐな成長物語は問答無用にイイなぁ。郷里を出て、迷いつつも、ぐいぐい天分を発揮。 しかも、モッくんに阿部ちゃんの、軍服が似合うこと似合うこと。(うっとり) 原作の司馬遼太郎が「安易な映像化を禁じる」としたのも、分かるような気がしたのでし
      • のほほん便り
      • 2009/12/07 4:16 PM
        全商品送料無料!ポイント3倍!!【楽天ポイント3倍!】【漫画】日露戦争物語(1-22巻全巻)...第二回「青雲」1884年(明治17年)。上京から1年、真之と常規は大学予備門に合格。塩原金之助(後の夏目漱石)と出会い、友情を育む。一方、陸軍大学校に通う好
      • 日々“是”精進!
      • 2009/12/07 3:02 PM
      原作 … 司馬遼太郎『坂の上の雲』 公式サイト .. 真之と子規、そして律の短い
      • 昼寝の時間
      • 2009/12/07 3:01 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten