映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』観賞★幻となったロンドン公演を惜しむ

0
     『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を見てきました。
     平日の午後の時間帯だったのに、結構多くのお客さんが観賞されていて驚きました。

    【 悔しい、惜しい・・・ 】

     曰く因縁はいわずもがなの『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』
     リハーサルであるから、マイケルは100%のパフォーマンスではなく、歌もダンスも軽いウォームアップのレベル・・・・。
     あ〜〜、100%の歌とダンスのマイケルを観たかった!!!
     本気のムーンウォークを観たかった!!
     亡くなってしまい、本公演が幻に終わったことが悔しい!!惜しい!!


     「スリラー」用に撮り下ろした新映像や、ハンフリー・ボガートやリタ・ヘイワースのモノクロの世界にマイケルが溶け込んだ「スムーズ・クリミナル」の映像なども、公演で使われることなくお蔵入りしちゃったことが勿体なくて仕方ない・・・。

     『THIS IS IT』に映し出されたリハーサルの精緻でありながら圧倒的な力強さや、心に響くメッセージ、そして高いエンタテインメント性を観てしまうと、「あのクオリティで本公演を行っていたら、歴史的な舞台になったかもしれない!!」と興奮気味に考えずにいられませんでした。

     111分の映画が終わっても、もっと観たい、もっと聴きたい・・・だけど、マイケルはアンコールに応えてくれないのであります。

    【 キング・オブ・ポップ 】

     バックミュージシャンなどへのマイケルの感性による繊細な指示や、舞台上での自身の立ち位置や、曲のテンポ、間の取り方など微に入り細に入り神経を使ってこだわりを見せる様子に、クリエーターとしてのマイケルの天賦の才能を再確認しました。
     表現者、アーティストとしての才能と、ステージを作り上げていく想像力と創造力が相まってキング・オブ・ポップの称号を得ていたんだなぁ・・・と、今さらながら理解することが出来ました。
     また、マイケルの音楽への真摯な姿勢や、環境問題の解決に意欲を見せる様子などを見て、彼が「ピュア過ぎた天才」だった故に、我々凡人からすると数々の振る舞いが奇行に見えてしまったのかもしれないとも感じました。

    【 どの曲も凄い 】

     リハでの抑え気味の唄とは言え、「キャント・ストップ・ラヴィング・ユー」「ヒューマン・ネイチャー」などでの優しく繊細な歌声は本当に素敵だし、「ビリー・ジーン」 「ビート・イット」「スムーズ・クリミナル」などアップテンポな曲には思わず身体が動いてしまいました。
     また、環境問題を訴える「アース・ソング」にも心を揺さぶられた・・・。
     マイケルの唄は、耳から聞こえるのではなくって、テレパシーのようなモノが心に直接響いてくるような気がしてきます。

    【 バックミュージシャン・・・ 】

     バックミュージシャン、バックダンサーの技量の高さにも驚かされました。
     で、リハーサルのドキュメンタリーとして、彼らのインタビュー映像が挟まれていましたが、彼らは一様にマイケルをリスペクトし、同じステージに立てることを心から喜ぶ言葉を語っています。
     そんな彼らを見ていると、マイケルが亡くなりロンドン公演が幻となってしまったことをどれほど悲しんだことかと胸が痛くなりました。
     マイケル本人も、ステージスタッフも、皆無念だったでしょう・・・。

    【 死亡の謎 】

     あれだけロンドン公演に意欲を見せていた人が、あっさりと亡くなってしまったコトへの不自然さを感じずにはいられないのです。
     ストイックで、ナイーブな雰囲気だから、薬の処方も必要だったような気もするけど、それでもロンドン公演を前にしていきなり亡くなっちゃうなんて・・・・。
     小生は陰謀話が好きなんで、ケネディ暗殺や、ダイアナ妃の事故死などと同じように、マイケルの死の陰にも、不穏ななにかを感じちゃうんです。
     音楽による伝道師として人種差別問題や環境問題へのメッセージを放ち続けたマイケルは、闇に潜む存在(秘密結社とか)にとっては、キング牧師と同じ位置づけだったとか・・・・。
     児童への性的虐待疑惑などで表舞台から消されようとしたのに、ロンドン公演で復権することを許せない勢力に消されてしまったのでは・・・などと頭の中で勝手な憶測をしています。

    【 無念、残念・・・ 】

     とにかく、『ロンドン公演 THIS IS IT』が幻に終わったことを残念に思います。

     そして、この映画の最後に”heal the earth”(地球を癒そう)とメッセージがクレジットされましたが、自分もマイケルの思いの輪に加わって、人間が人間らしく笑顔で暮らせる社会を目指すために何らかの形で少しでも行動したいと思いました。(50歳が近づいてきたというのに、小生は青臭いことを言ってるなぁ・・・・)


    ブログランキング・にほん	ブログ村へ


    [期間限定]キング・オブ・ポップ -ジャパン・エディション/マイケル・ジャクソン[CD]





    JUGEMテーマ:映画の感想



    スポンサーサイト

    • 2019.09.11 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      まず、世界中から集まった膨大な「腕に覚えあり」なダンサー達の、オーディション風景に圧倒。そんな彼等を見て、マイケルを見ると、より別格感、みたいなものを痛感したのでした。ほとんど、ため息もの。50歳にして、あのキレキレ・ダンスは、限りなく神っ!また、コン
      • のほほん便り
      • 2015/02/15 5:16 PM
      THIS IS ITはWOWOWでして鑑賞したが 結論はリハーサルと思えない映像ばかり凄かったよ 内
      • 別館ヒガシ日記
      • 2010/08/01 11:35 AM
      28日の初日から行きたかったこの映画、やっと観てきました。マイケルのダンスに衰えたところは無いし、歌声もしっかりしていて力強かったから、このライブが行われることなく亡くなってしまったことが、本当に残念でなりません。私が見に行けなくても、ファンの目に焼
      • kaoritalyたる所以
      • 2010/01/11 1:22 PM
      それほど熱烈なファンというわけでもなく。 期間限定の初回上映のときは、かなり混んでたし、パスしようかと思ってたんだけど。 まさかの再上映になり、しかも他に観たい作品の公開もなかったので、遅ればせながら「マイケル・ジャクソン THIS IS IT 」を鑑賞。
      • いい加減社長の日記
      • 2010/01/11 12:04 PM
      マイケル・ジャクソンの急逝がなかったら、はたして、この作品は誕生したか?との疑問はさておき、一流のアーティストの才能が満喫できる貴重な音楽ドキュメンタリーだ。2009年6月に死去したキング・オブ・ポップことマイケル・ジャクソンが、死の直前まで行なっていた
      • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP
      • 2009/12/03 8:24 PM
      ブログネタ:映画はどこで観る? 参加中 特にマイケルのファンではないけれど、 気になります。 評判良いですね、この映画。 舞台関係者の中では特に良いので観てみることにしました。 こういう音楽中心の映画は、 特に映画館で見たいですね。 映画の評判の
      • 映画、言いたい放題!
      • 2009/12/02 7:51 PM
      『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』 監督:ケニー・オルテガ 振付:トラビス・ペイン 出演:マイケル・ジャクソン スリラーのPVみて、一生懸命振り付けをおぼえたクチですから。 観た人は絶対オススメだって言ってるし、 もっと早く観たかったのだ
      • ketchup 36oz. on the table 〜新作映画レビュー
      • 2009/11/30 10:59 PM
      映画の評価(5点満点) ★★★★★ まさに、キング――。 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』は、20世紀後半の天才パフォーマー、マイケル・ジャクソンが死してなお贈るラストコンサートである。 天才的なイマジネーション、そして身体のキレ、身のこなしは、リハー
      • 映画をもっと楽しく![シネマポスト]
      • 2009/11/29 10:29 PM
      【THIS IS IT】 ★★★★★ 映画(31) エンドロール後に続きあり♪解説 2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャ
      • りらの感想日記♪
      • 2009/11/29 8:12 PM
      9-56.マイケル・ジャクソン ThisIsIt■原題:ThisIsIt■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:111分■鑑賞日:10月31日、渋谷シネパレス(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ケニー・オルテガ□振付け:トラビス・ペイン□音楽監督:
      • KINTYRE’SDIARY
      • 2009/11/29 4:21 PM
      マイケル・ジャクソン THIS IS IT デラックス・エディション(初回生産限定盤)2009年度・米・111分 THIS IS IT ■監督:ケニー・オルテガ ■プロデューサー:ランディ・フィリップス ■音楽:マイケル・ビアーデン ■振り付け:トラビス・ペイン 2009年6月25日に急逝し
      • シェイクで乾杯!
      • 2009/11/28 9:48 PM
      監督:ケニー・オルテガ(ロンドン公演の監督さん。よくぞ映画にしてくれました) 出演:マイケル・ジャクソン(KING OF POP!!) 10年ぶりとなるツアーに先駆けて、今年の夏、 ロンドンで開催されるはずだったマイケル・ジャクソンのコンサート「THIS IS I
      • おそらく見聞録
      • 2009/11/28 3:05 PM
      映画『マイケル・ジャクソン THIS IS I』を観て来ました。採点は★★★★☆(5点満点中4点)。 "Bad Tour 1987"の後楽園、"Bad Tour 1988" の東京ドームで生マイケル・ジャクソンを観た時の感動が蘇ってきた。 この作品は、ドキュメンタリー映画として評価する必
      • ディレクターの目線blog
      • 2009/11/28 2:13 PM
      - マイケルは願った。世界が一つになる事を。 みんなと一つになる事を。- 2週間限定・世界同時公開の話題作 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を観てきました! 本当は初日の昨日に行きたかったのだけれど(レディースデーだし♪)…昨日の朝刊の全面広告に‘SOLD
      • Peaceナ、ワタシ!
      • 2009/11/28 2:19 AM
      職場でランチタイムに話題が出て、そういえば公開してるんだと気がついたのは昨日の話。マイケル・ジャクソンの幻のロンドン公演リハ・・・ステージはもう観られない。平日の昼間とはいえ、ギリギリに飛び込んだらほぼ満席です。^^;そりゃもう、当たり前の話なのかも
      • 黒猫のうたた寝
      • 2009/11/28 12:26 AM
      ☆マイケル・ジャクソン THISISIT☆(2009)ケニー・オルテガ監督マイケル・ジャクソン去る6月25日に急逝したマイケル・ジャクソンが、ロンドンで実施予定だったコンサート"THISISIT"の何百時間にも及ぶリハーサルとビハインド・ザ・シーンの映像を使用。この映像はク
      • ぷち てんてん
      • 2009/11/27 11:33 PM
      2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンのロンドン公演“THIS IS IT”。 マイケルの死によって公演は幻になったが、そのリハーサルを撮り続けて いた映像を公演のクリエーティブ・パートナーであるケニー・オルテガが 映画にまとめ上げた一本。 死の直前まで情熱を
      • だらだら無気力ブログ
      • 2009/11/27 11:13 PM
      2009年6月25日、“KING of POP”マイケル・ジャクソンが急死したニュースは世界中を駆け巡り、その死を世界中が哀しんだ。幻のロンドン公演「THIS IS IT」、本作はこの公演のために死の直前までリハーサルを繰り返していたマイケルの記録映像と、実際に公演で使
      • LOVE Cinemas 調布
      • 2009/11/27 9:37 PM
      マイケル・ジャクソン THIS IS IT2009年 アメリカ 監督:ケニー・オルテガ 出演:マイケル・ジャクソンby G-Tools 彼は云った。 「ファンの望みは、日常を忘れること」 その言葉通り、映画の中で彼を観て、日常を忘れた。 マイケル・ジャクソンがもうこの世に
      • 菫色映画
      • 2009/11/27 8:07 PM
      2009年11月6日(金) 19:25〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:非売 『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』公式サイト フリーパス鑑賞9本目。 静止画では、不気味なマイケルだが、歌って踊っている時は、やはりカッコいい! この
      • ダイターンクラッシュ!!
      • 2009/11/27 5:58 PM
      <<ストーリー>>2009年6月、1か月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓
      • 映画君の毎日
      • 2009/11/27 2:26 PM
      JUGEMテーマ:映画  大きな存在だったんだなぁ…と、しみじみ…。それほど大ファンだったわけではないのですが、中学生の時に「オフ・ザ・ウォール」高校生の時が「スリラー」という世代なので映画の中のほとんどの曲をリアルタイムで聴いていたからでしょ
      • ハピネス道
      • 2009/11/27 2:00 PM
      スクリーンの中とはいえ、音響設備のいい映画館で見るとマイケルが目の前にいるような錯覚に陥る。彼の妥協しないプロ根性は、全く衰えておらず全盛期と変わらない。サントラを買うよりも、一回でも映画館で見ることをお勧めする。
      • とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver
      • 2009/11/27 1:35 PM
        誰も見たことのない彼に逢える。 特にマイケルのファンではありません。 というか・・音楽を聴く趣味がない私、超有名な曲以外ほとんど知らない・・スリラーくらい? その上私にとって映画や本などストーリー重視なので、ストーリーのない作品はほとんど見ま
      • 日々のつぶやき
      • 2009/11/27 12:46 PM
      マイケル・ジャクソンTHISISITマイケル・ジャクソンTHISISITデラックス・エディション「マイケル・ジャクソンTHISISIT」を鑑賞してきました2009年6月25日、世界中に衝撃が走ったマイケル・ジャクソンの突然の死により、幻となったロンドン公演“THISISIT”。本作
      • 日々“是”精進!
      • 2009/11/27 12:17 PM
      今夏、ロンドンで実施予定だったコンサートの何百時間
      • ネット社会、その光と影を追うー
      • 2009/11/27 12:13 PM
      マイケル,フェーエバー!!!!!!!!!!!!!  
      • Akira's VOICE
      • 2009/11/27 11:25 AM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten