『天地人』最終回★さらば初音さん南蛮へ・・・

0
    大河ドラマ『天地人』最終回
    愛を掲げよ


     子どもを亡くすし、モミジを眺めながらの最期だし、なんか寂しい最終回・・・。

    【 最終回まで初音 】

     初音(長澤まさみ)さんが、兼続(妻夫木聡)のもとを訪れ、「”スプーン曲げ”の修行に南蛮へ旅立つから今生の別れ」だと告げる・・・。(ちょっと違うか)
     いやはや、最終回まで初音(長澤まさみ)さんを引っ張りましたねぇ・・・。
     小生には、最後の最後まで”初音”の存在意義が分かりませんでした。
     ”初音”が登場しなくても何の不具合もないし、むしろ”初音”は物語に違和感ばかりを生みだしたような・・・。

     『天地人』が事業仕分けの対象だったら、蓮舫が「初音は不要」としてバッサリ切られちゃうに違いない。
     長澤まさみの演技がどうのこうのという議論は別にして、”初音”という妙な役を与えられた時点で長澤まさみは損したような気がします。

     とにかく、序盤のスポットライト演出や、なにか無理のある”初音”の存在だとか、ツッコミどころを沢山提供してくれた大河ドラマでした。

    【 直江兼続って・・・ 】

     家康(松方弘樹)が兼続と政宗(松田龍平)を、秀忠(中川晃教)の指南役に指名。
     これを受諾した兼続は、徳川の若い家臣団にせがまれ、信長や秀吉の逸話を講義・・・。
     なんか、家臣たちが”超有名賢人”兼続のもとに殺到する様子が大袈裟で不自然。

     もっと遠回しに直江兼続の人間性を賛美すればいいのに、取って付けたような演出で兼続を持ち上げるのはいかがなものか・・・。

     とにかく、家康は悪魔、兼続こそが正義の味方とするなどして、異様なまでに直江兼続を持ち上げ続けてきた『天地人』の切り口に最後まで馴染めませんでした。

     そもそも、愛と義を掲げている直江兼続だけど、謙信の死亡を受けた上杉の跡目争いの騒ぎの中、機先を制して春日山城本丸をおさえに行った時から直江状の顛末にいたるまで、ときには陰謀・裏技とも思える権謀術数を駆使して戦国の世渡りをしつづけており、このドラマにおける兼続は、かならずしも「愛と義の戦士」だとは言えない「寝業師」の部分が印象に残ってしまい、「言ってることとやってることが違う」と感じることが度々ありました。

     越後や米沢の民にとっては、兼続の戦略や選択が正解なのでしょうけど、ドラマ的には最期まで家康に反旗を掲げ、華々しく散っていくような武将であるほうが絵になるような・・・。
     脚本・演出の在りようによっては、直江兼続は民草思いの傑出した行政官として描けたのかもしれませんが、小生には単なる世渡り上手にしか見えませんでした。

     また、信長、秀吉、家康、三成の方がインパクトが強く、直江兼続は大河の主人公としては物足りない人物って感じ・・・・。


     大河ドラマの歴史が長くなりすぎて、新しい主人公や、新しい切り口を見いだすのは難しいのかな・・・。


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    ほどよく落ち着きのある白色 LED電球 40W Ecoloox(エコルークス)










    JUGEMテーマ:天地人



    スポンサーサイト

    • 2017.08.22 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「アジクーラー ライブウェル 製作 その3 エアーポンプ回り編 釣り道具」から一気に自作クーラーボックスアジカンの完成迄もう少しです乾電池式携帯エアーポンプ(ブクブク)ユニット回りの反対側はこんな感じになりました↓左上の丸いテカリはシリコンチューブやら
      • のっぽのブログ
      • 2011/04/04 6:34 PM
      いよいよ最終回{/ee_3/} ハッピーエンドで終わるのだろうな〜とは思って いましたが、やはり… 伊達政宗はともかく兼続までが秀忠の指南役にな るとは!! 脚色もここに極まれりといった感じですね{/kuri_5/} いくら主人公といってもここまで脚色してよいも のでしょうか
      • 函館 Glass Life
      • 2009/11/24 9:06 PM
      何も残せなかったとは思わぬぞ。全ては、心の中にある。上杉が米沢に暮らしが根付き、ようやく豊かになった頃、兼続の嫡男、景明が亡くなった。嘆き悲しむお船、と呆然とする兼続。お船は、景勝の子を養育するために、以降は江戸で暮らしたいと言う。ここにいては、悲し
      • 見取り八段・実0段
      • 2009/11/23 10:22 PM
      今日で、最終回でした が・・・ 放送時間長っ!!! 今まで15分程度の延長が当たり前だった気がするのですが… どうでしょうか!? 最後は紅葉の木の前で往生、とまぁかっこいい設定ですが、 湯のみと紅葉の葉一枚交換して、いつまでそのままで居さ
      • さぁ、行くよ 〜僕は君に会う為に生まれてきたのかもしれない〜
      • 2009/11/23 10:11 PM
      大河ドラマ「天地人」。最終回、愛を掲げよ。 兼続、ご満悦の回。 暗い話は始めだけ。景明の死。 景明に若い者達をまとめるだけの才能があったとか、いきなりの演出が意味不明でしたが、 病弱ということでお亡くなりに。 惜しまれた死という印象を与えたかったの
      • センゴク雑記
      • 2009/11/23 9:56 PM
      『愛を掲げよ』内容大坂の陣も終わり、景勝(北村一輝)を中心にようやく米沢の町作りなどに励む上杉家中。家老として働く兼続(妻夫木聡)も例外ではなく、嫡男・景明(太賀)ら若い者に交じり、奮闘していた。そんななか、、、、その景明が倒れる。“いつか父上の紅葉
      • レベル999のマニアな講義
      • 2009/11/23 9:52 PM
      「天地人」最終回です〜大河ドラマ「天地人」公式ページいきなり直江家の長男景明・・・没。。体が弱い〜弱い〜とは言っていたけど〜最終的になんの病気で亡くなったんでしょう??さっきまであんなに元気だったやん〜〜??やりたいことがたくさんあったのに・・って。
      • ・*:・ふわゆら生活・:*・
      • 2009/11/23 9:38 PM
      JUGEMテーマ:エンターテイメント『天地人』も最終回です。景明は亡くなり、お船も病になりましたが、こちらは何とか回復しました。兼続は、死を前にした家康に呼ばれ、政宗とともに二代将軍秀忠の指南をせよと言われます。その後、ついに家康も永眠。米沢の上杉家は、
      • ふるゆきホビー館
      • 2009/11/23 7:37 PM
      「天地人」、最終回でした。 後半も観てはいたものの、感想をアップする気力が無くな
      • 食う♪読む♪歩く♪
      • 2009/11/23 6:16 PM
      さて、お隣の景勝様も書いたから、 お隣の兼続も書いておきましょう。 兼続の能力が10なら此の方は50は絶対にあ
      • 還山捫虱堂
      • 2009/11/23 5:09 PM
      大河ドラマ「天地人」最終話は大坂の陣が終わり徳川の世となり平和となった米沢は兼続の改革が実を結び石高が上がり実りの秋を迎えていた。若手も次第に育ち始め、次々と意見するものを続々出始めていた。そんな中兼続の長男景明が病に倒れ帰らぬ人となった。翌年家康も
      • オールマイティにコメンテート
      • 2009/11/23 5:03 PM
      兼続が逝去したことで、上杉氏の重臣団の一家として…また宗家当主の御側に置かれて重用されてきた名家・直江家はその家系を断つことになる。直江景明<なおえ・かげあき>の名は不覚にも存じあげなかったが、実子逝去の哀しみの果ての決断とかそういった美談では済まさ
      • 政の狼 〜TheWolfwantshisownDandism.〜
      • 2009/11/23 4:05 PM
      天地人視聴者の皆様! いよいよ今年の大河も最終回! お疲れ様でした! 苦行の一年よく耐えて我慢してくれました! ホントにお疲れ様でした! 1年間苦行のお礼と云っては何ですが 本日は 75分拡大版! と云わんばかりの 大サービスの総集編拡大版だった
      • ぱるぷんて海の家
      • 2009/11/23 4:03 PM
      第47回 愛を掲げよ 最後に残った景明も、とうとう兼続とお船二人の元から旅立ってしまいました。 三人もの子に先立たれてしまうなんて… 老獪な家康の最期も老いを感じさせるものでしたね。 この後は秀忠の指南役として徳川に尽くせまではまぁよいとして、父の役目を
      • 本家らう゛ろくた逃避中
      • 2009/11/23 1:35 PM
      徳川秀忠の父親は直江兼続だったようです。【最終回の流れ】・米沢は兼続の政策が実を結び潤ってきた 兼続の嫡男・景明は若い家臣のまとめ役に成長するも、病に倒れ早世 兼続に慰めの言葉をかける景勝にニヤリと返す兼続・年老いた家康、正宗と兼続を秘蔵の書物を餌に
      • 山南飛龍の徒然日記
      • 2009/11/23 1:21 PM
       最終回「愛を掲げよ」景勝と兼続は米沢へ戻った。米沢は兼続の改革が功を奏し、次第に活気づいてきていた。竹松から名を改めた景明ら若い家臣たちは藩の財力を高めようと改革案を練る。ところが、景明が病に倒れ、兼続とお船の看病のかいもなく息を引き取る。翌年、年
      • 日々“是”精進!
      • 2009/11/23 12:51 PM
      最終回の感想 
      • Akira's VOICE
      • 2009/11/23 12:41 PM

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten