『アンタッチャブル』第1回★ビルの屋上は都会の断崖絶壁!?

0
    『アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜』
    第1回

     「JIN−仁−」を100点としたら53点くらいの印象でした。(タイプが違うから比べるのもおかしいけど)

    【 絶対に化けの皮を 】

     ある事情から一流出版社発行の週刊誌「国民ジャーナル」をクビになり、不本意ながら三流誌「週刊アンタッチャブル」に就職することになった鳴海遼子(仲間由紀恵)が主人公。
     公式HPによると『仕事にも恋にもあつかましい粘着質の女性記者』だそうな。

     で、「週刊アンタッチャブル」での初仕事は、双津葉建設による手抜き工事が原因とされる事故などを次々と予言・告発するカリスマジャーナリスト・有栖川スミレ(浅野ゆう子)の取材。
     有栖川スミレから「三流誌の取材は絶対受けないことにしている」と言われた遼子は「絶対に化けの皮を剥いでやる」と有栖川スミレを追い始める。

    【 都会の断崖 】

     遼子は、取材過程で、カルト教団「日の出教団」が、対立する企業にダメージを与えるために有栖川スミレを利用していたことを突き止める。
     (日の出教団は「遼子ちゃん、遊びましょ」なんてコトは言わない)
     有栖川スミレも、「日の出教団」からの情報を利用してカリスマの地位を得ていたのだ。
     有栖川スミレは、真実を知った遼子をビルの屋上に誘い出し、遼子を転落死させようと企む。
     しかし、事前に待機していた遼子の兄で警視庁公安部の鳴海洸至 (小澤征悦)ら警察官や、「アンタッチャブル」のカメラマン鷹藤俊一 (佐藤智仁)らがこれを阻止。

     観念した有栖川スミレは勝手に真実をべらべらと喋りはじめて大演説!?
     「ア〜〜ハッハッハ」なんて高笑いしたりする姿は、2時間ドラマ終盤に、犯人が崖の上で真実を告白するパターンや!!
     挙げ句の果てに、有栖川スミレは屋上から飛び降り自殺!!
     ビルの屋上は、2時間ドラマの断崖絶壁だったんだ!?
     これって、ある意味パロディだわ。
     (有栖川スミレは、”浅野ゆう子”か”片平なぎさ”の役どころやねぇ。)

     警察官が有栖川スミレの身柄を拘束していなかったために飛び降りを許しちゃった致命的なミスにツッコミたくなるけど、このドラマはどうやらリアリズムではなくシュールなパロディっぽさもあるようなのでOKってことにしよう!!

    【 深入りしない方が 】

     有栖川スミレが飛び降りる直前、遼子が「アンタッチャブル」編集部に”名無しの権兵衛”から届いた告発文について問うと、「深入りしない方が良いわよ。世の中知らない方が良いこともあるの」と意味ありげな言葉を口にしていた・・・。
     「日の出教団」とは別の組織を窺わせる言葉・・・。

     遼子は黒幕組織のことを記事にしようとしたが、アンタッチャブル編集長・樫村 (田中哲司)が勝手に削除。
     遼子が抗議すると「深入りはよせ、触れちゃイケナイ闇もある」と有栖川スミレと同じようなことを口にする樫村・・・。
     怪しい雰囲気がプンプンと・・・。

     で、「永倉ホールディングス」の永倉栄一 (寺島進)も、何やら怪しげな・・・。
     う〜〜む、陰謀・謀略の香りが心地よい!!

    【 チキンラーメン!? 】

     日の出教団教祖代理・潔成晴天 (篠井英介)あたりは、かなり『トリック』風。
     (何で教祖代理なの・・・何か意味がある?)
     仲間由紀恵も、気に入らない人間の名を『恨みノート』に書き込んでいたり、兄と食べる為に作った夕食が”チキンラーメン”と”カレー”という凄い取り合わせだったり、トリック風にコミカル・・・。(日清チキンラーメンだぁ)
     だけど、ひたむきに闇を暴き、真実を追究するシリアスさも・・・。

     制作側が『疑惑と裏切り、巨大組臓の陰謀、命を懸けた心理戦、意表をつくどんでん返し…。サスベンスの醍醐味に特異なキャラクターの面自味をブラスした新タイプのミステリー』と謳ってるとおりの内容。
     シリアスとコミカルが上手く溶け合うと面白くなりそう。
     『SP』と『トリック』を混ぜたような感じ??

     だけど、欲ばりすぎると中途半端で焦点が定まらなくなる危険性も孕んでるような・・・・。

     あと、仲間由紀恵が微妙な年頃になりつつあることをひしひしと感じちゃいました。
     さらに、『帰ってきたウルトラマン』でMATの岸田隊員だった西田健さんの頭の光具合に月日の流れを感じました・・・。

     あらま、予告編にはスリット美香子!?
     この前、朝日放送は『トリック』の再放送(『アンタッチャブル』の番宣もかねてた)したけど”スリット美香子”の解決編は放送しないままほったらかしかい?


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村


    《送料無料》GReeeeN/いままでのA面、B面ですと!?(完全数量限定盤/CD2枚組+スペシャルグッ...


    浅野ゆう子/火曜サスペンス劇場 松本清張スペシャル 一年半待て








    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.10.22 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      一流雑誌から三流誌・アンタッチャブルに左遷された記者・鳴海遼子(仲間由紀恵)テレビでは、カリスマジャーナリスト・有栖川スミレ(浅野ゆう子)が、警鐘を促した企業の不祥事が明らかになり、時代の寵児となっていくそんな中、有栖川スミレが男と密会している写真がアン
      • 酔生夢死
      • 2009/11/08 6:29 PM
      1話完結じゃないんだ。社会派ドラマながら、仲間由紀恵をヒロインに据えただけで何かコミカル。しかも、雑誌記者の兄が公安刑事だなんてソレ反則じゃない?なので笑って気軽に見れてしまいます。すっごく面白いかと言うと微妙なのですが……当面、仲間ちゃんがそこにい
      • ドラマでポン!
      • 2009/10/21 4:50 PM
      ◆仲間由紀恵さん(のつもり) 仲間由紀恵さんは、テレビ朝日系列で毎週金曜よる9時から放送されている連続ドラマ『アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜』に鳴海遼子 役で出演しています。先週は第1話が放送されました。●あらすじと感想
      • yanajunのイラスト・まんが道
      • 2009/10/19 11:47 PM
      最悪の連鎖。ジャーナリスト、有栖川スミレの言葉は人を殺すフリージャーナリストの有栖川スミレは、報道で双津葉建設の手抜き工事を指摘、その後、日本の各地で有栖川が言ったとおりに大事故が起こり始めた。三流大衆雑誌「週間アンタッチャブル」に入社したばかりの鳴
      • 見取り八段・実0段
      • 2009/10/17 11:12 PM
      『大事件を予言する女3つの謎』内容出社初日に遅刻!!鳴海遼子(仲間由紀恵)が大急ぎで走っていると、目の前に人だかり!噂の隅田川の白イルカを見ている人たちだった。が、次の瞬間、その和泉大橋の欄干が崩れ多くの人たちが川へ。。。そして、、三流ゴシップ誌“ア
      • レベル999のマニアな講義
      • 2009/10/17 9:24 PM
      ■アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜脚本:橋本裕志演出:下山天、唐木希浩プロデューサー:横地郁英、安井一成、太田雅晴http://untouchable.asahi.co.jp/第1話大惨事を予言する女3つの謎--------------------------------------------------------日本の誇れる
      • ita-windの風速計
      • 2009/10/17 6:04 PM
      シリアス+コメディ+ミステリー? コミカルとシリアスのバランスが、なかなかいい感じでした。主人公の鳴海遼子は、仲間由紀恵さんならではという感じのキャラです
      • 伊達でございます!
      • 2009/10/17 5:46 PM
      報道ジャーナリスト・有栖川スミレ(浅野ゆう子)が声高に手抜き工事を糾弾していた双津葉建設の施工した橋の欄干が崩落する事故が発生。死者2名を出す大惨事となった。 そんな中、三流週刊誌『週刊アンタッチャブル』に再就職した記者・鳴海遼子(仲間由紀恵)は、
      • ドラマハンティングP2G
      • 2009/10/17 5:29 PM
      相棒はテロ犯である本多の娘を警護する展開も 今回は待望パート8の初回2時間SPだったけど テロで父の本多に古谷一行&娘が内山理名で 遂に赤いカナリアが登場と初回からサービスも 娘が犯人側なの相棒だから予想済み驚き無く 動機が復讐じゃなくヒーローは予想
      • 別館ヒガシ日記
      • 2009/10/17 4:15 PM
      三流週刊誌の女性記者が、誰も触れることのできない事件の“闇”に挑む姿をコミカルかつシリアスに描くミステリー。file.1「事故を予言する女」一流雑誌を解雇された記者の遼子は、不本意ながらも三流誌の「週刊アンタッチャブル」に入社する。出社初日、遼子はカメラマ
      • 日々“是”精進!
      • 2009/10/17 11:57 AM
      「週刊アンタッチャブル」編集部への初出社日、遅刻寸前で遅れそうになって いた遼子(仲間由紀恵)は、偶然通りかかった橋でたくさんの人がイルカを 見るために押し寄せているところへ遭遇する。 彼女は急いでいたために、何とか人並みを掻き分けてその場を通り過ぎ
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2009/10/17 11:53 AM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten