ウルトラマンマックス37、カイトとミズキ恋愛成就の可能性は・・・

0

    星獣ケプルス登場

     カイトとミズキが天体観測デート。
     カイト「意外とロマンチックなんだ」
     ミズキ「なによ!」
     痴話げんか・・・甘〜い!

     エリーはそんな二人の恋愛成就の可能性を計算し始めた。

     最後に二人でバードに乗ってパトロールに出かけたときのミズキの顔が何とも可愛らしかった。
     「ねえカイト・・・・なんでもない・・・」
     ミズキは何を言いたかったのか?


     今回はオーソドックスなお話し。
     ファンタジックで、セブンでアンヌ隊員が活躍しそうな懐かしい雰囲気。

     夜のビル街もなかなかよくできていた。
     星獣ケプルスも出来がよく、角からの光線はクール。

     来週もカイトとミズキの絡みが続きそう・・・
     最終回が近いから・・・・。

     シリーズもいよいよ大詰め。
     そろそろ総括しなくては。

     ウルトラマンマックスは、中年オジサンにはたまらない久々に納得のシリーズでした。
     レッドキングや、バルタン、メトロン、エレキングなど懐かしくて、彼らの復活を見るだけでくすぐられます。
     過去のウルトラシリーズでもバルタン達は何度か復活しましたが、「80」などはクオリティが劣悪でがっかりした覚えしかなかったから。マックスのクオリティは嬉しかった。
     そうそう、ビット星人のような地味な宇宙人の復活も嬉しかった。
     ハヤタ隊員=トミオカ長官、フジ隊員=ヨシナガ教授、イデ隊員=ダテ博士に、モロボシ・ダン=森次さんたちにも、やっぱり心が動きます。
     三つ子の魂百までとはよく言うもので、ウルトラQからリアルタイムで見続けた中年の自分が幼児体験を引きずっているのだと自覚したシリーズでした。

     ユーモラスなDASH隊員も魅力的。
     突っ込み入れたくなることが多いのだけど、ウイットが効いていて楽しめました。
     科学特捜隊を原体験している僕には、隊員に屈託がないのがイイ。
     なにか過去を引きずっていたり、陰があったり、屈折した心を持つ隊員がいるシリーズは、トーンが暗くなって口に合わないのです。

     それから、女性隊員の魅力もマックスは高かった。
     ミズキとエリー。
     キュートで人物設定もキチンとされていて個性的でした。
     勿論男性隊員も個性があってメリハリが利いています。

     今日は、このぐらい・・・。
     個々のエピソードや、監督達のことは今度総括します。

    セブンドリーム・ドットコム
    ●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
     マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

    ◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
    ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ



    スポンサーサイト

    • 2020.07.13 Monday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      この回の話、ナレーターは、なんと佐野さんではなくミズキでした。 佐野さんはクビ?
      • 東の町にある文芸館
      • 2006/03/27 5:32 PM
      んー、困るなぁ…  いやぁ、ほんとに困るよ、こういった話は。 本来ならば最終三部作にはいるはずなんだけど、さすがに3クールの作品だとそうはいかないのか? それにしても今回の
      • UNS digital
      • 2006/03/22 12:43 PM
      監督:八木毅/特技監督:鈴木健二/脚本:小林雄次その歴史と比べれば、ほんの幼年期にさしかかったに過ぎない人類にとって、壮大な宇宙はまだ神秘に満ち溢れている。何しろ1800年前、プトレマイオスが天動説を唱えてからコペルニクスが地動説を提唱するまでの1400年もの
      • ポーズ&ギミック
      • 2006/03/14 11:35 AM
      いきなり、星空好き設定が開示されたミズキ。 最終回を目前に控えたこの時期に何を今さらな事を・・・、それがマックスクオリティ! でゎ、妄想感想いきます。
      • オイラの妄想感想日記
      • 2006/03/14 6:48 AM
      星獣ケプルス サトン星人(の末裔:萩原流行)登場。 星空を奪った者は誰か。 都会の星はほとんど見えなくなっている。 少なくとも今から五十年前はそうではなかった。 時代が進むに連れて夜空から星がひとつまたひとつと消えていった。 星の光を遮っているのは
      • スーパーヒロインの広場
      • 2006/03/12 5:13 PM
      ミズキとカイトは星空デート。 人類は異星人の末裔なので、星空を見ると懐かしむとミズキが言う。 意外とロマンチストだねとカイトがつっこむ。 その様子を見ていたのかどうか、DASH司令室ではエリーが二人の恋が実る確率をはじき出した。 公表しようとしたときに隊
      • さかっちブログ
      • 2006/03/12 2:40 PM
      何とも捉えどころのないストーリーに感じました。 ナルミヤの使命は、地球人からサトン星人の末裔を探し出し、故郷に連れて帰ることだったのか? 基本設定がわかりません。
      • 伊達でございます!
      • 2006/03/12 12:26 AM
      ミズキ、そしてカイトとミズキの関係にスポットを当てたエピソードで、ロマンティックな佳作、といったところでしょうか。 ストーリーは、カイトとミズキが天体観測デート中(ミズキは星空が好き)、突如星々が異常な動きをしているかと思うと、星獣ケプルスが出現。町
      • 独 言 工 房
      • 2006/03/11 11:41 PM
      天体観測に興味のある女子は少ないと思う。 特に天体望遠鏡を持っている女子なんぞもっと少ないはず…… とりあえず 自分の周りには、星座にすら興味のないコばっかりだ。 だが そんなコ達も『獅子座流星群』とか『ハレー彗星』とかになると、とたんに乙女に変身す
      • SISTER'S SHIP
      • 2006/03/11 8:38 PM
      これがラストであろう、ミズキ隊員メインのお話。 人類に星空を与えた異星人のお話です。
      • さすがブログだ、なんともないぜ!
      • 2006/03/11 6:56 PM
      星獣ケプルス登場。成宮和也役に萩原流行が登場。いつもと違うて静か(←あたりまえじゃ)カイトとミズキはデート中。本部でエリーが恋愛成就確率を計算していると隊長がSTOP!「隊長、辛い過去がおありのようですね。」辛か過去を語り出す隊長。みんな相手にしとら
      • アリエナイザー日記
      • 2006/03/11 5:18 PM
      朝仕事直前なのに無理やり見ました。 っていうか今日は納品先に直行したりしている社
      • 自記公開書
      • 2006/03/11 4:27 PM
      (TBC/06年3月11日放送) 綺麗な星空が輝く夜に、突如としてケプルスが登場して、近くにある街の明かりを破壊しまくる暴挙に。何で、どいつもこいつも話し合う前提を一切排除して、いきなり破壊行為に及ぶのか全く理解出来ません。たとえ無理だと分かっていても
      • WAVEのブルーコスモス(アニメ支部)
      • 2006/03/11 2:35 PM
      ウルトラマンマックス、第37話は「星座泥棒」 星獣ケプルスの登場です。 今回のストーリーは・・・。
      • Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜
      • 2006/03/11 2:06 PM
      第37話 星空泥棒 星の観察中のミズキとカイト、いい感じ。星への造詣が深そうなミズキは、昔の話を始める。人が星空に魅入られるのは、人類が、遙か昔宇宙からやってきた異星人の末裔だからで、星空を見ていると
      • はんちゃんのページ
      • 2006/03/11 1:16 PM
      「君は地球にうまれて、地球を愛している」 きれいな話でしたが、なんかとっちらかっ
      • 空想非科学少女
      • 2006/03/11 11:32 AM
      星獣 ケプルス登場 ロマンチックなお話でしたね。最終回前の嵐の前の静けさのような・・・ 天道説と地動説の話をするミズキ。 「壮大な宇宙の歴史の中でほんの幼年期に差し掛かった人類にとって、宇宙はまだ神秘に満ち溢れている。」 天体望遠鏡でカイトとオリ
      • ☆ゼクスの空想科学日記★
      • 2006/03/11 11:16 AM
      星獣ケプルス登場。
      • あしたはきっとやってくるさ!
      • 2006/03/11 11:02 AM
      最終回2部作の序章的なエピソードだったようないい感じのストーリーでしたね(∇〃)。o〇○ポワァーン♪ いきなり最後の方のセリフを言っちゃいますが 「未来で逢いましょう」 ウルトラマンマックスの最終回が「つかみとれ未来!」ときていて、円谷ジャング
      • レジェンド オブ ウルトラマン (*^-^)ゞ Nプロジェクト (o`・ω・)ゞ
      • 2006/03/11 10:53 AM
      子育てパパのブログ日記Next様トラックバック、ありがとうございました。blolog〔ブロログ〕では、カテゴリー別にトラックバックを募集中です。他のカテゴリーへも、お気軽にトラックバックして下さい、お待ちしております。
      • blolog〔ブロログ〕
      • 2006/03/11 10:36 AM
      ウルトラマンマックス 第37話「星座泥棒」。星の光と地上の光。どちらも守るべきもの。佳作だったと思います。以下ネタバレあり。
      • Kyan's BLOG II
      • 2006/03/11 10:34 AM
      ↑拙作です↑1. ウルトラマンマックス:星座泥棒 今週のウルトラマンマックス。 星を眺めていたカイト隊員とミズキ隊員は、星座の異常に気付いた。 ……と思ったら怪獣ケプロスが現れた。DASHは攻撃を開始するが、ケプロスは姿を消してしまう。 ミズキ隊員はケプロ
      • メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記
      • 2006/03/11 9:52 AM
      「光は希望の証」。天動説、地動説、オリオン座・・・。あー、星空を見たくなったぁ!でも、台風の後でもないと綺麗な星空が見れなくなったよなぁ。 成宮和也(萩原流行さん)は渋いですねぇ。空を汚して、夜でも空
      • be in its flower別館
      • 2006/03/11 9:35 AM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten