月9『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー』第10話★真矢みき、相武紗季に籠絡される!

0
    月9『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー』第10話

     川崎さんは意外とあっさりやったけど、やっぱりブラック相武には、はらわたが煮えくりかえります。

    【 川崎と鉢合わせ 】

     ヒマワリ一輪を持って来た直輝(山下智久)と、莉子の部屋から出てくる川崎が鉢合わせ。
     扉の前で修羅場になることはなく、二人はそのまま公園へ移動。

     川崎「直輝、オレが今、莉子ちゃんと部屋で何してたか分かるか?」
     うっ・・・この部分だけ聞いたら、エロい誤解をしてしまいそう・・・。
     「お前のせいで泣いてる彼女を俺が優しく抱きしめた。お前に彼女を守れるとは思えない」と言葉を繋いだ川崎
     直輝は「抱きしめただけですか?」なんて卑近なことは口にしない(ボクだったら川崎を疑うぞ)

     「いいえ、俺、白河さんを守りたいんです。」と直輝
     「彼女がいると俺強くなれるんです。大事な人なんです」
     「ホントすみません、でも俺、絶対彼女を離しません」

     川崎は莉子にも同じコトを言われたとため息・・・。

     莉子は川崎に抱きしめられた後「わたし、やっぱり上矢くんのことが好きなんです」
     「大事な人なんです。だから上矢くんの夢を応援したい・・・なのに不安になって勝手に傷付いて・・・もっと直輝のこと信じなきゃ」と言っていた。(このセリフ、最初は「上矢くん」と言ってたのに、最後の方で「直輝」と変化したのがなんとも微妙で、脚本上手いと思う)
     そして「だから本当にスミマセン」と指輪を川崎に返した莉子。

     もっとややこしくなるかと思ったけど、すんなりと紳士的に引き下がった川崎でした。
     ドラマが「大河」や「朝ドラ」みたいに半年、1年も続いたら、”川崎問題”はこんなに簡単に済まんやろうなぁ。

    【 私がそばにいたら 】

     アークスが練習してる体育館に菜月(相武紗季)登場・・・。
     するといきなり直輝の足首がグキッ!!!
     相武紗季の妖術で足首のネズミが暴れ出したのか!?

     で、医者に診てもらう直輝に何故か相武紗季が付き添ってる。
     ”はんにゃ”が付いて行けよ!!
     チームのみんなは二人が別れたこと知ってるんだから、相武紗季に行かすなよ!!
     
     手術を拒否する直輝の横から相武紗季が医者に「手術の日程を決めていただけますか。なるべく早く」とその場を仕切っちゃう。
     菜月「上矢さんのために言ってるんです」
     その”上矢さん”という言い方からしてムカツク!!

     「今シーズンが大事だってことは分かってる。だからこそ今の状態で戦うべきじゃない」
      「ゴメン。私がそばにいたら、もっと早く判断してたのに・・・」
     あぁ〜〜〜〜〜〜ムカツク女やなぁ。

    【 脱いだりとか 】

     先週の知らないに番号からの着信・・・やっぱり八尾隆介(升毅)のスタッフだった。
     今回は莉子が電話に出て、八尾が理事長を務める音楽財団に呼び出される。
     「君の明日からの一週間を私にくれないか」と、練習の結果次第では1週間後の演奏会に起用するとの申し出。
    あまりにも美味しい話に「あの・・・脱いだりとかしなくていいんですよねぇ」と問い返す莉子・・・面白い。
     「残念だが、君のヌードにはまったく興味がない」と八尾(たしかに北川景子は肉感的ではない)

     「原石だ、あれは徹底的に鍛えれば伸びるぞ」とスタッフに語る八尾
     AV女優として徹底的に鍛えるわけではなさそうです。
     莉子ちゃん、ちょっぴり”のだめ”です。

     で、恐そうなおばちゃんの指導で一週間みっちり練習して、演奏のテストがあって、合格。
     「やった〜〜」とヒロ・ナカムラみたいに喜ぶ莉子
     採用されたことを直輝に知らせようと携帯をかけるけど直輝は電話に出ない。
     直輝は足の手術
     デートしたときに「俺さぁ・・・」と手術のことを口にしかけたけど「やっぱりいいや」と黙ったままにしてたから・・・。

    【 病室の魔女 】

     麻衣(貫地谷しほり)から直輝の手術を知らされた莉子は病院に走る、走る・・・。
     莉子が病室の前に着いたら、病室には魔女・相武がいる!!

     「俺、菜月のおかげで手術の決心が付いた」と直輝が口にしてる。
     阿呆やなぁ。相武紗季の思う壺ちゃうのん。
     
     相武紗季が莉子が病室の外に来てることに気付く。
     直輝は薬が効いて眠っちゃう。
     そこに直輝の母・真希子(真矢みき)と妹・優里がやって来る。
     相武紗季が真希子に頭を下げる。
     「本当にスミマセンでした、私が直輝と別れたから、私が直輝をちゃんと見ていなかったからこんなコトになって」
     わざと莉子の心を乱そうとしてるやろ!!
     「私、やっぱり直輝さんと別れるべきじゃなかった。私、まだ直輝さんが好きなです。忘れられないんです」と恥ずかし気もなく真希子に伝える相武紗季・・・直輝、寝てる場合じゃない!!(相武が眠り薬を増量して呑ましてたり・・・)
     「後悔してます。失ってようやく気付いたんです、私には直輝しかいなかった」
     浮気女が、ようヌケヌケとそんなこと言えるなぁ!!
     「片思いでもいいんです。こうやって同じチームの仲間として、そばにいられるだけで・・」と涙を流す。
     こいつ、ほんまに口が上手い。

     「私、これからも直輝さんを見守り続けたい。いつかまた直輝さんが私を必要だと思ってくれるように・・・」
     猫を二十三重に被った悪魔に騙された母・真希子は「私も陰ながら応援してるから」
     「お母さん、ありがとうございます」と抱き合っちゃって真希子は相武紗季の頭をヨシヨシしてる・・・。
     お母さん、危ない!!! 完璧に騙されてる!!!

     だいたい直輝が菜月を病室にいさせてるのが悪い。
     「シッシッ、出てけ」と追い払わんとアカン。
     莉子ちゃんも「お母さん、こいつは浮気女です!!」と叫びながら病室に乱入したらいいのに・・・。

    【 演奏大成功 】



     いよいよ演奏会。
     客席に直輝の姿を探す莉子。
     ホールの扉が開きかけて・・・CM・・・扉が開きかけると”ひまわりの花束”が先に見えた。
     ドキッ・・川崎かぁ!?
     花束を抱えてホールに入ってきたのは直輝
     扉が開くシーンを妙に引っ張るから、「川崎とか、相武紗季かも」なんて変な想像してドキドキしちゃった。
     変なヤツが演奏会に来て、莉子ちゃんがボロボロになるなんてシチュエーションを心配したんです。
     病院で相武紗季の呪文をたっぷり聞かされていたし・・・。

     でも、莉子ちゃんは邪念に侵されることなく演奏大成功!!
     八尾にも認められ軽井沢で1年以上に渡る音楽漬けの生活を送らないかと誘われた莉子。

     そんな莉子だが「わたし、直輝のそばにいたいの、誰よりも近くにいたいの。離れたくないの」
     「これからも直輝のそばで、バイトしながらオーディション受けてバイオリンも頑張る」と軽井沢行きを断る意向の莉子。
     病室の魔女の言葉に影響されてる。

     軽井沢行きを断ろうとしてる莉子の様子を見て何事か考えてる直輝

    【 だって恐いんだもの 】

     麻衣「軽井沢行かなくていいの?」
     莉子「直輝と離れて直輝の心をつなぎ止めておく自信がないの」
     心配しても仕方ないという麻衣に「だって恐いんだもの。離れるのが。だからこれでイイの」と莉子。
     たしかに彼氏の近くに相武紗季がいたら恐い。

    【 その顔が一番好き 】

     いつもの公園で直輝と莉子
     「ノ−メイクだ」「その顔が一番好き」と直輝

     劇中の北川景子は、バチっとお化粧してる時とか、アパートの中で薄化粧の時とか、お化粧の濃淡がありますが、アイラインが濃く入ってる北川景子より「ノ−メイク」に近い北川景子の方が好き。
     直輝にほぼ賛成!!

    【 いってこい、軽井沢 】

     直輝が深刻な顔して「今の俺の夢を支えてくれてるのは莉子なんだよ。だから莉子にも行って欲しい、軽井沢。莉子にも夢を追い続けて欲しい」
     「いやだよ。だって私は直輝と・・・」
     「大丈夫だよ、離れてても」と莉子を抱きしめる直輝
     「ずっと莉子のこと応援してる・・・・頑張れよ、頑張ろうぜ。」
     「俺たちさぁ、もう夢見てるだけじゃいられない歳になってきたけど、ちゃんと現実と向き合わないとイケナイ歳になってきたけど、俺たち最後まで諦めないで頑張ろう」
     「いってこい、軽井沢」
     莉子「うん、わかった」

     直輝「離れてても・・・・・莉子がいると思うと強くなれる」
     莉子「私もなれる。私も強くなる。もう会わない。会ったら別れが辛くなるから。サヨナラ
     直輝「サヨナラ」
     アパートに向かう莉子ちゃん、涙がドバ〜〜〜と溢れてる。
     見送る直輝も目がウルウル。

     追いかけていって抱きしめて「好き」とか「愛してる」って言えばいいのになっ・・・。
     「サヨナラ」って、なんだか今宵今生の別れみたいで何だか不安だわ。

     公園での会話には「夢」だの「応援」「離れてても」「大丈夫」だのの言葉は出てきたけど、いまいち決定的な愛情表現がなかったなぁ・・・。
     「菜月なんかに1センチたりとも心動かされることはない」とか直輝から強く言いきってくれないと、何かヤバイ気がするんですよねぇ。

     二人が去った公園の電灯がバシっと一斉に消える。
     あれはきっと相武紗季の恐るべき「邪念」で電気をショートさせたに違いない。
     相武紗季はポリターガイストとかも起こせるぞ、きっと。


     さて、次回はホントの最終回。
     50歳が近いというのにドキドキ、ワクワク・・・・(少し恥ずかしい)。

     でもね、9月14日のYOMIURI ONLINE(読売新聞)に、『40代後半の男性が、若い男女の恋の行方を描いた「ブザー・ビート」に毎週見入っていると』して、脚本家・大森美香へのインタビュー記事が載ってました。
     いい歳して「ブザー・ビート」にハマってるバカ親爺はボクだけじゃないと知って一安心です。(恥ずかしながら携帯の着信音もB'z「イチブトゼンフ」゙のオルゴールバージョンにしちゃてる)


    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村



    ★予約受付中:9月下旬以降発売予定★スライド式/ターボUSB機能搭載 USBメモリー8GBブルーモデル...








        
    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.07.11 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ブザービートは直輝が手術&莉子チャンス遠距離の展開で 今回は直樹と莉子が仲直りも直樹が気遣い手術を伝えなく 莉子チャンスで軽井沢を獲得も直樹と離れるの嫌で断るも 直樹の言葉で遠距離を選択で次が最終回SPと良い感じで はVS鬼灯丸&VS五形頭のバトル展
      • 別館ヒガシ日記
      • 2009/09/18 9:24 PM
      えぇーっ!川崎さんそれで終わり?!大人過ぎっ!でも菜月の方はブラックに活動中。川崎さんに一応認められた二人が、お互いの夢を手に入れるために選んだ道は…?
      • fool's aspirin
      • 2009/09/16 7:58 AM
      俺、白河さんを守りたいんです。彼女がいると、俺、強くなれるんです。でも、俺、絶対、彼女を離しません!莉子も直輝と同じことを。。つよぽんの司会は酷い。。月9ドラマ BUZZERBEAT(ブザー・ビート) 崖っぷちのヒーロー第10話 ◆キャスト◆上矢直輝  … 山下智
      • strの気になるドラマ 気になるコト
      • 2009/09/15 10:02 PM
      良かった♪ 喧嘩別れじゃなくて!「最終章・別れ」というサブタイトルだし、前回のラストから類推して、喧嘩別れしてしまうのではないかと思っていました。でも、そうではなくて、夢を叶えるための前向きな別れで、良かったです♪ 莉子は、川崎に抱きついて泣いて
      • ショコラの日記帳
      • 2009/09/15 8:45 PM
      莉子の部屋へ急ぐ直輝。ひまわりを一輪、莉子への気持として持って、部屋の前まで行くと、。ドアから出てきたのは、川崎だった。 「よう、直輝」
      • まぁ、お茶でも
      • 2009/09/15 8:26 PM
      とにかく・・・二人はどうなっちゃったの・・・。 終った瞬間にそう思った人50%、
      • キッドのブログinココログ
      • 2009/09/15 7:53 PM
      ■ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜BuzzerBeat脚本-大森美香プロデューサー-中野利幸演出-永山耕三、西浦正記http://www.fujitv.co.jp/buzzerbeat/index.html第10話最終章・別れ--------------------------------------------------------莉子の部屋にやってきた直
      • ita-windの風速計
      • 2009/09/15 6:29 PM
      『最終章・別れ』内容一輪のひまわりを買い莉子(北川景子)の部屋を訪ねた直輝(山下智久)は、部屋から出てきた、帰国したばかりの川崎(伊藤英明)と出会う。川崎“お前のせいで泣いている彼女を、俺が優しく抱きしめた  お前に彼女が守れるとは思えない直輝“確か
      • レベル999のマニアな講義
      • 2009/09/15 5:47 PM
      直輝(山下智久)は、生花店でひまわりを一輪買い、莉子(北川景子)の元へ 急いでいた。 その頃、ボストンから一日早く、川崎(伊藤英明)が帰国し、約束通り莉子に 会いに来ていた。 莉子は、川崎に直輝のことが好きなことを告げるが、直輝と喧嘩し、バイオリ ニ
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2009/09/15 3:58 PM
      前回の「ブザー・ビート」、山Pの愛を信じきれず泣く北川景子さんを伊藤英明さんが受け止め、絶体絶命かと思われたのを、今回は始まってわずか5分で仲直りした二人だったのに。山Pは相武紗季ちゃんに押し切られ怪我の手術をすることになり、さらにお世話になり続ける。
      • 今日も何かあたらしいこと
      • 2009/09/15 2:56 PM
      軽井沢と東京なんて、日帰りの距離じゃん!!手術でしばらく動けない直輝↓ラッキーでオーケストラ入りのリコ↑チャンスを掴め!と直輝が言うから。離れても君を思えば強くなれる、と言うんだから。遠距離(ってほどでもない)恋愛になるのかと思ったらリコはすっかりサ
      • ドラマでポン!
      • 2009/09/15 2:06 PM
      サブタイトルがものものしかったので、「ひょっとしてブラック菜月(相武紗季)が何か? あるいは、川崎(伊藤英明)さん、あやうく理性、失う?」とハラハラしてたら、 同じ別離方向でも、莉子(北川景子)の明るい未来の展望に関する、発展的で前向きなベクトルで
      • のほほん便り
      • 2009/09/15 1:54 PM
      前回の次回予告の勝ちかなぁ(笑) 足の怪我もスポ根というわけではなく「どん底と絶頂の別れ」を演出するためだったと。
      • きゃんずぶろぐ
      • 2009/09/15 1:33 PM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten