上半期の国際収支、「所得」の黒字が貿易黒字を逆転

0
    asahi.com: 
    「所得」の黒字が貿易黒字を逆転 上半期の国際収支2005年11月14日11時10分 財務省が14日発表した05年度上半期(4〜9月)の国際収支によると、所得収支の黒字が貿易黒字を上回った。85年の統計開始以来、半期ベースで初めて。所得収支は海外子会社からの収益や保有する外国証券の利子・配当などで、日本が「貿易立国」から「投資大国」へと変わりつつあることを示している。 (略)  内訳は、海外での工場建設など直接投資に伴う黒字が1兆2621億円、株式や債券など証券投資の黒字が4兆2385億円。日本企業が長年の貿易黒字で積み上げた資本を海外に投資してきた結果、その成果が着実に拡大している。 (略)
     日本が「貿易立国」から「投資大国」へと変わりつつあると記事には書かれているが、喜ばしいことなのか否かが経済素人の小生にはよくわかりません。
     「貿易立国」であれば、日本の“物作りの力”が海外から認められて「富」を得るのだなぁと素直に嬉しい気がする。
     でも、「投資大国」に変貌して「富」を得るのは、なにやら不安定なギャンブラーのような印象を持つのは人間が古いせいなのかな?
     海外での工場建設など直接投資に伴う黒字は、日本から海外に場所を移して実体のある経済活動をした結果だから不安の度合いが低い。
     しかしながら、株式や債券など証券投資からは、汗して稼いだ「富」ではないからなにか素直に安心できない。
     経済に詳しい人からすると小生の感じ方は「アホ」だと思われるのだろうけれど、お金を右から左に動かすだけで得る「富」には、“あぶく銭”のイメージが強いなぁ・・・。
     証券投資での黒字は、「お金は、金のあるところに集まる」という言葉を連想して、小生のような人間はひがみ根性が湧き出てきます。

     まあ、そういう時代なのでしょうから適応しないといけないのでしょうね。


    博品館限定トミカ 都営バスコレクション
    「「「「「「「「「「「「 ついつい怒ってしまう記事リンク 」」」」」」」」」」」」」」」
     ええ加減にせい!NHKの放火記者
    JR西日本の切り札「新ATS」に設定ミス、速度超過でも減速せず
      JR西日本、脱線事故を機に設置を目指した “目安箱”に労働組合などが反発
    JR西が福知山線脱線事故遺族説明会開催。半年経って脱線事故の背景を独自調査と表明
     アイフル法定金利を上回る利息を認め和解。あこぎな「アイフル」に要注意!

     iTunes Music Store(Japan)

    スポンサーサイト

    • 2020.01.26 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten