映画『スタートレック』に感涙…新たな歴史が拡がった!!

0
     映画『スタートレック(XI)』の試写会(5月21日)に行ってきました。
     30年以上スタートレックを愛し続けてきた小生には感涙モノの作品でした。



    スタートレックに新たな息吹


     "Space, the final frontier. These are the voyages of the starship Enterprise…”(宇宙、そこは最後のフロンティア−−−−)が耳に入ってきただけでウルウル〜〜〜。

    【すんなりと馴染めました。】

     公開前なのでネタバレにならないようになるべく曖昧に書きますね。

     まず、映画の出来映えですが 劇場版第1作『スタートレックThe Motion Picture』と比較すると、J・J・エイブラムス版『スタートレック(XI)』は遙かによい出来。
     1980年(小生は二十歳だった!)に『スタートレックThe Motion Picture』を見た時には、「これはスタートレックではない!」と凄い違和感を感じましたが、装いを一新した『スタートレック(XI)』の方が不思議とすんなりと馴染めました。

     『クローバーフィールド』並みに化け物も出てくるし、辺境の凍りついた惑星(孤島のような)には、「ダーマ・イニシャティブ」の秘密基地みたいな連邦の前哨基地があったり、J・J・エイブラムスの匂いがプンプン・・・・。

    【ストーリーは・・・】

     ストーリーは無茶苦茶(良い意味で)。
     J・J・エイブラムスらしさが出ていて、テレビドラマ『エイリアス』みたいに平気で御都合主義を貫いちゃってる。
     「そんなアホな」というシーン満載で、カークが艦隊で登り詰めていく様子なんて、あり得ない−−−けど許せちゃう。

     また、従前のスタートレック”正史(ENT〜ST-勝法匹帆衢討譴覆ど分が出てくるんだけど、それでもOKになる仕掛けがちゃんと仕組まれていて、続編を作りやすい前提ができた感じ。
     J・J・エイブラムスがスタートレックに「新たな歴史を刻んだ」って事だと思います。

    【スポック・・・】

     オリジナルシリーズのスポックであるレナード・ニモイと、新しいスポックで「HEROES/ヒーローズ」ではサイコな特殊能力者サイラーを演じているザカリー・クイントの競演に感涙!!!

     旧世代のレナード・ニモイからザカリー・クイントの世代へと『スタートレック』が引き継がれたことがメッセージとして伝わってきて、「スタートレックはこれからも生き続けるんだ」と感慨しきりで、もう泣きそう・・・。

     また、ザカリー・スポックの「ヴァルカン・ヴィンチ」や「おもしろい」という台詞だけで嬉しくなっちゃう。

     ニモイ・スポックはさすがに年齢を重ねていてしわくちゃなんだけど、それがまた上手く映画に活きてる。
     やはりニモイのスポックは「上手かったなぁ」とあらためて確認。
     (ザカリー・スポックは、あの眉毛の動きがあまり出来ておらず、まだ物足りない。)

     で、スポックと看護士チャペルとの色恋沙汰は知られていたけど、まさかあのクルーとも・・・!!

     ついでだけど、スポックの父、サレクも違和感なし。

    【カーク】

     新カークのクリス・パインは、なにしろ若いし甘いマスクで、前任者のシャトナーとは少し趣が違うかな。
     でも、女好きの性格は踏襲されていて、いかにも若き日のカークって感じ。
     少しタッパ(身体の大きさ)がないのが頼りないかも・・・。

    【マッコイ】

     新マッコイのカール・アーバンが一番オリジナルシリーズの面影を引き継いでる。
     佇まいとかが、故・ディフォレスト・ケリーとそっくり。
     で、小生は長年にわたってスタートレックを愛しながらも、マッコイが「ボーンズ」と呼ばれていた理由をこの映画で初めて知ったような気がしました。(言われてみると、マッコイの過去の経緯から分かるのだけど)

    【ウラ(ウフーラ)】

     新ウフーラ(ゾーイ・サルダナ)は凄く格好イイ。
     J・J・エイブラムスは、ウフーラに女性的魅力を加味しました。
     で、ずっとウフーラとだけ呼ばれていた彼女のファーストネーム(あるいはラストネーム?)が遂に明らかになります。
     ○○ータ。
     そして、ウフーラが彼と・・・・。

    【チェホフ(チェコフ)】

     オリジナルシリーズでは影の薄かったチェホフが、エイブラムス版スタートレックではおもしろいキャラに変身しています。
     ロシア訛りで笑わせてくれましたし、オタク的技術者として天才的な活躍も見せました。
     J・J・エイブラムスの味付けに感心です!!!
     (この前、国連のロシア代表の英語スピーチを聴いて、チェホフの訛りを思い出してクスッと笑えました)

    【スコッティ(チャーリー)】

     新スコッティ(サイモン・ペッグ)も、マッコイに並んでオリジナルシリーズの雰囲気を引き継いでる。
     今回は出番が多い方ではなかったけど、今後(?)活躍しそうな気配が・・・。

    【スールー(カトー)】

     スールー(ジョン・チョー)は字幕では「カトー」にして欲しかったなぁ。
     フェンシングの達人という設定が引き継がれ、この映画でもこれが活かされてます。

    【エンタープライズ】

     結構デザインがモダンになったUSSエンタープライズ。
     静止画で見た時は太くなったワープナセルやらに違和感を感じたけど、映画の中ではOKでした。
     土星近くでヤマトにように浮かび上がるシーンなんかは感涙モノ。

     艦内のデザインも随分様変わり。
     ブリッジは白い部分が多くて「未来的」(未来なんだけど)。
     船内には工場のようにパイプが入り乱れて配置されている場所があったり、ENTの「SSエンタープライズ」に近い感じ。

     一番の変更点は、シャトルがウジャウジャと格納されてることかな。
     やたらと沢山積み込まれてるので驚かされました。

     ブリッジのピヨ〜ン、ピヨ〜ンと聞こえる環境音や、警報音、転送の際の効果音もオリジナルシリーズの名残を残しながら、新たなアレンジが加えられてる。
     あの名残が古いファンには嬉しい。

    【STファンをくすぐる】

     クリストファー・パイク大佐が最後の場面に着ていた制服は、『スタートレックThe Motion Picture』に繋がってる印象。
     また、宇宙の虫を人間の脳に寄生させるシーンは『スタートレックII カーンの逆襲』へのオマージュだと感じました。
     さらにはアーチャーの名前も出てくるし、例の「コバヤシマル」の問題もカークに課されるし、STファンを喜ばせる要素が散りばめられていました。

     とにかく、スタートレックに新たな息吹が吹き込まれたことをトレッキーとして喜ばしく思いました。

      と言うわけで「長寿と繁栄を」、そして「グッドラック」なのであります。

    ■ 追 記

     一般公開されたので・・・。

    エンドロールでオリジナルテーマが流れて感涙!!(ウルトラクイズのテーマではないのだ!!)

     で、要するに、タイムパラッドックスを逆手にとって、従前のスタートレック正史とは別の”並行世界”をJ.J.エイブラムスが作っちゃった・・・。
     こういう手があったか〜〜〜。

     『並行世界』だから、スポックとウフーラのああ言うのもアリだし、パイクからカークへの強引な艦長交代もアリ。
     だけど、新世界では「タロス星の幻怪人」は歴史から消えちゃう?

     とにかく『並行世界』というフリーハンドが手に入れば、次作以降も作りやすい。


     ”ENT”は失敗だったと思うけど、本作『ST・11』でスタートレックは息を吹き返す。

      スポックではないが「素晴らしい」



    ブログランキング・にほん	ブログ村へ


    【本州送料¥390!!】STAR TREK/ THE ORIGINAL SERIES: I.S.S. ENTERPRISE NCC-1701 MIRROR MIR...


    【本州送料¥390!!】STAR TREK/ ENTERPRISE NCC-1701-E 1/1400 SNAP MODEL KIT







     
    JUGEMテーマ:映画の感想

    スポンサーサイト

    • 2019.11.19 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      いつも、スタートレック。テレビ版はあれほど面白いのに、どうして映画になると、いまひとつパワーダウンしてしまうんだろう?と疑問だっただけに、やっと評判のいい作品ができてヨカッタヨカッタ (^-^*) あくまで、割り切った、スタートレック青春白書 だけど、
      • のほほん便り
      • 2011/03/02 9:53 AM
      今年封切られた映画「スター・トレック」が、11/6(金)のDVD&ブルーレイ発売前に、WOWOWハイビジョン、5.1chで「一夜限り」の先行放送が緊急決定したそう。 これは珍しい! フツーはDVD発売後、一ヶ月以上たってから放送にのっていたような感覚なのだが。 おそらく宣
      • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
      • 2009/10/17 7:06 AM
      「スター・トレック」(2009年)ウィノナ・ライダーが出演していることに気づかなかった人は多いようである。実は私もそうである。ウィノナ・ライダーといえば、90年代前半期には、ティム・バートン、スコセッシ、コッポラ、ジャームッシュ、ウディ・アレン、ピレ・アウ
      • 映画と出会う・世界が変わる
      • 2009/07/04 3:58 PM
      SF映画の魅力のひとつにビジュアル効果がある。絵としての魅力である。作家がそのことを理解して作り上げたのが「2001年宇宙の旅であり、「スター・ウォーズ」である。とりわけ「スター・ウォーズ」の冒頭シーンの衝撃的であり、あのシーンが、その後の映画に与えた影
      • 映画と出会う・世界が変わる
      • 2009/07/04 3:57 PM
      今回は、その昔、毎週ワクワクしながら見ていた「Star Trek スター・トレック」 [parts:eNozsDJkhAMmJhMjUyZjU2NGJgszSyPTNEsLL91s03JzM5OkQgMmGDA2xS4P1czEhKQSAKMxDkg=] ランキングに参加してます。    幼い頃、惑星連邦軍艦隊の優秀なキャプテンであった父親
      • うだるありぞな
      • 2009/07/04 7:50 AM
      観てきました。 <新宿ミラノ2> 監督:J・J・エイブラムス 製作:レナード・ニモイ、J・J・エイブラムス、デイモン・リンデロフ 原作:ジーン・ロッデンベリー 脚本:ロベルト・オーチー 、アレックス・カーツマン 西暦2233年、謎の巨大宇宙船の攻撃
      • お萌えば遠くに来たもんだ!
      • 2009/06/20 11:06 PM
      原作も未読ですし、TVドラマも未見なのですが、世界規模の経済危機に陥っている今に
      • はらやんの映画徒然草
      • 2009/06/14 6:11 AM
      5/31はお父さんと待望の?!映画を観てきました。私はトリッキーじゃないけど、お父さんは結構好きなTVドラマだったようで、観終わった後、登場人物名とかそのままだ・・と感慨深げに語ってました。まずは解説等をYahoo!からのコピペで。解説:テレビドラマや映画
      • kaoritalyたる所以
      • 2009/06/13 2:35 PM
      スター・トレック[StarTrek] 公開当初はぜんぜん興味がなかったのですが、すごく評判が良いので観に行きました。 STORY 伝説のキャプテンであるカークを父に持つ、カーク。しかし彼の父は皆を救うために犠牲になり、父は息子の顔を見ることなく宇宙に消えたのだった。
      • 犬・ときどき映画
      • 2009/06/07 9:19 PM
      映画『スター・トレック』を観て来ました。採点は★★★★☆(5点満点中4点)です。 正直、スター・トレックについてはTVシリーズ含めて殆ど見たことがありません。 でも、本作は予告編を目にした時から「絶対劇場で観たい」と思いました。“今風の理屈抜きの娯楽
      • ディレクターの目線blog
      • 2009/06/05 7:05 PM
      今週の平日休みの2本目・・・ このシリーズ・・・何本も映画化されてるのに、超シンプルなタイトルでリリースするとは・・・ 内容的には船長の誕生秘話なので、「ライジング」とか「ビギニング」系といったところか。
      • ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
      • 2009/06/05 3:34 AM
       新「スター・トレック」が上映開始されました。5月30日、東宝シネマズ二条にて鑑賞しました。 スター・トレックとは? 懐かしいテレビドラマ「宇宙大作戦」はアメリカのSFテレビドラマ。「スタートレック」シリーズの最初の作品であり、NBCネットワークにおいて1
      • 銅版画制作の日々
      • 2009/06/05 1:04 AM
      6月1日(月) 18:40〜 丸の内ルーブル 料金:1000円(ファーストデー) パンフレット:700円(買っていない) 『スター・トレック』公式サイト スタートレック・シリーズ一作目であるテレビドラマ「宇宙大作戦」の前日談。 若き日のカーク、スポック、マッコイ登
      • ダイターンクラッシュ!!
      • 2009/06/05 12:39 AM
      オリジナルドラマシリーズ「スター・トレック」の主人公、若き日のジェームズ・T・カークが、エンタープライズ号のクルーたちと出会い艦長になるまでの物語。とにかく「クルーたち」が若くて新鮮!みんなキラキラとしていて躍動感が溢れ、希望に満ちている。それぞれの
      • 超おすすめ+カルト☆特撮/映画/演劇/TVドラマ☆主題歌/サントラC...
      • 2009/06/04 11:24 PM
      監督:J.J.エイブラムス 出演:クリス・パイン、ゾーイ・サルダナ、ザッカリー・クイント、エリック・バナ、ウィノナ・ライダー、サイモン・ペッグ、ブルース・グリーンウッド、レナード・ニモイ     なぜ 挑むのか 「800人の命を救うために犠牲となった
      • 日々のつぶやき
      • 2009/06/04 6:17 PM
      試写会で 観てきました。映画「スター・トレック」公式サイトテレビドラマや映画でおなじみの「スター・トレック」を再構築し、ジェームズ・T・カークの若き日を描くスペース・アドベンチャー。私スター・トレック観るの初めてで。昔やってたなー ってうっすら覚えて
      • かいコ。の気ままに生活
      • 2009/06/04 10:57 AM
      宇宙モノにはそれほどそそられないし、テレビシリーズも見ていませんが。試写状を譲っていただいたので、昔のスポックさん=レナード・ニモイ見たさに行きました。高校時代に好きだった女の子が、この作品とニモイさんのファンだったから。Kちゃん、元気かなあ、映画観
      • 猫多組(ねこたぐみ)
      • 2009/06/03 1:57 PM
        なぜ挑むのか   ■多くの可能性を秘めながらも未だ人生の目的を見つけることのできない若きジェームズ・T・カーク。彼の父は自らを犠牲にして800名の乗員の命を救った惑星連邦軍戦艦の伝説のキャプテンだった。その話を亡き父の親友でUSSエンタープライズの
      • 唐揚げ大好き!
      • 2009/06/02 5:03 AM
      「宇宙大作戦」の頃からのファンもそうでない人も楽しめる映画でした!(←ここ重要)ファンならニヤリとしてしまう場面も、勿論多々あります。しかしそれだけでは終わらない、スリルも笑いも涙も織り込んで娯楽映画として「ダークナイト」以来の良作だと思いますよ!!
      • 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
      • 2009/06/02 1:36 AM
      超人気TVドラマ、何度も映画化されていたけど、新たに再構築した、いわばビギニング的な最新作「スター・トレック(STAR
      • Wilderlandwandar
      • 2009/06/01 10:35 PM
       この映画は、ファミ通の試写会で観ました。 試写会の会場を見渡したところ、男女の比率はおよそ半々ぐらい。又、若い人が比較的多かったように見受けられました。 監督:J.J.エイブラムス出演:クリス・パイ
      • 泉獺のどうでも映画批評
      • 2009/06/01 7:24 PM
      内容クリンゴン帝国領海内近くを航行していた連邦の船・USSケルヴィンは、突如出現した謎の巨大船により危機に陥ってしまう。交渉のために巨大船に向かった船長に代わり、ジョージ・カーク(クリス・ヘンズワース)が指揮を執り始める。が、交渉は決裂し船長は殺され
      • レベル999のマニアな講義
      • 2009/06/01 6:09 PM
      宇宙、そこは最後のフロンティア。これは、新世界を探索し、新しい生命と文明を求めるUSSエンタープライズとそのクルーたちの運命のストーリーである。 約200年後の未来。宇宙探索のために作られたエンタープライズ号に乗り込んだ青年ジェームズ・T・カークの成
      • パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
      • 2009/06/01 6:01 PM
      旧シリーズも多少は観ていたけれど(子供だったし)すっかり忘却の彼方で、強烈に覚えていることといえば”スポックの血液が緑色”くらい。あとは朧げな記憶でしかないので楽しめるとは思っていたけど、いやぁ〜予想
      • たいむのひとりごと
      • 2009/06/01 4:36 PM
      原題:STARTREK監督:J.J.エイブラムス出演:クリス・パイン、ゾーイ・サルダナ、ザッカリー・クイント、カール・アーバン、エリック・バナ、ウィノナ・ライダー、サイモン・ペッグ試写会場 : 東京厚生年金会館公式サイトはこちら。<Story>約200年後の未
      • NiceOne!!
      • 2009/06/01 4:23 PM
      スター・トレック「スター・トレック」を鑑賞してきましたTVシリーズ「LOST」、「クローバーフィールド/HAKAISHA」のヒット・クリエイター、J・J・エイブラムス監督が放つスペース・アドベンチャー。1966年に創作されたTVシリーズ「スター・トレック/宇
      • 日々“是”精進!
      • 2009/06/01 2:59 PM
      Star Trek(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:J.J.エイブラムス 出演:クリス・パイン/ゾーイ・サルダナ/ザッカリー・クイント/サイモン・ペッグ/エリック・バナ/ウィノナ・ライダー/カール・アーバン/レナード・ニモイ なぜ挑むのか TVシリーズや映画で
      • 小部屋日記
      • 2009/05/31 10:35 PM
      チョーおもしれ〜!!  
      • Akira's VOICE
      • 2009/05/29 2:32 PM
      [スタートレック] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年5月14日1:05 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  1966年の初放送以来、5本のTVシリーズと10本の劇場映画が製作され、40年以上に亘って我々を楽しませてくれた偉大な“宇宙活劇
      • シネマ親父の“日々是妄言”
      • 2009/05/26 11:29 AM
      今日は新宿の厚生年金会館で試写会「スター・トレック」を観てきましたさすがは話題作だけあって、厚生年金会館にしては長蛇の列で、開映15分前に到着したのにまだまだ入りきっておらず、入場したのは5分前結局、上映を5分くらい遅らせたみたいでしたね。さて本編は
      • 流れ流れて八丈島
      • 2009/05/25 9:20 PM
      一度死んだシリーズが「復活」というだけでは言い足りない、極めて優れた「リ・イマジネーション」。 (どう死んじゃったかは、2006-10-12アップ「コンテンツの成長と衰退を考えさせられる 〜 ENTERPRIZE 最終回(STARTREKシリーズ)」を読んでいただければ良いかな?)
      • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
      • 2009/05/24 8:00 PM
      神保町一ツ橋ホールで行なわれた新作映画「スタートレック」(Star Trek XI)の試写会に行って来ました。 あらすじに触れること自体がネタバレになってしまうので、ストーリーには触れませんが、ううっ、喉まで出掛かっています。ああ、話したい。あんな風に作ったらなん
      • V.S.A.
      • 2009/05/21 1:50 PM

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten