NHK連続テレビ小説「つばさ」第6回と「土曜スタジオパーク」…多部未華子キュート!

0
    ≡≡ これまでの「つばさ」感想 ≡≡

    第1・2話  第3〜5話 第7〜9話 第10〜12話 第13.14話
    第15.16話  第17.18話 第19〜21話 第22〜24話 



    NHK連続テレビ小説「つばさ」6回


     「ジャイアンツ」と「つばさ」を共通項に持つブロガー”らぶりーたわ子さん”のお導きで4月4日の「土曜スタジオパーク」に多部ちゃんと高畑淳子さんがゲスト出演することを知り、素の二人を見ることが出来ました。

    【ラテン系の朝ドラ】

     EPGで今回の「土曜スタジオパーク」の番組内容を見たら、『”ラテン系”の朝ドラ「つばさ」の多部未華子と高畑淳子が出演』と書かれていました。
     ”ラテン系”とは上手く言ったものです。
     もう、そのまんま。

    【通りすがりの西条秀樹】

     で、「つばさ」第6回(4月4日)も面白かった。
     なにしろ西条秀樹がたまたま通りかかって借金取りから甘玉堂の面々を助けたって言うから凄い。

     例によってシュのセリフも笑わせる。
     「いくつも会社を経営してきたのよ〜〜〜」
     「つばさがねぇ、こんなに枯れた二十歳になったのは店のせい〜〜〜」


     他にも、朝イチにトイレに入ったシュッが「あ〜〜スッキリした」パジャマで手を拭きながら茶の間にやってくるシーンも可笑しかったなぁ。

    【今日の多部ちゃん】

     茶の間で祖母・千代(吉行和子)とシュッが喧嘩を始めたシーン。
     二人の間に割り込んだつばさが巻き添えを喰らって障子と共にひっくり返っちゃう。
     多部ちゃんは一瞬宙を舞い、両足の裏が見えた!!


     翔太(小柳友)のことや、自分に夢・目的がないことなどを思ううちにセンチメンタルになってしまったつばさが台所でシクシク・・・。(泣く多部ちゃんも可愛い。)

     そこにまたもやシュッが無神経に現れて、つばさが怒り出す。
     そんなつばさを見たシュッが「よかったぁ、つばさは枯れてなんかない」と・・・
    そして「じゃぁオヤスミ」と去っていく。
     さらに、つばさの恋の予感を感じたシュッが身をよじる。

     面白いだけじゃなくって、なにか温かいものも感じさせるシーンでした。

    【土曜スタパの多部ちゃん】

     14時過ぎからは『土曜スタジオパーク』
     多部ちゃんを紹介するコーナーでは、なんとフジテレビの『鹿男あをによし』が流された!!
     NHKで『鹿男』を見ることになるとは思わなかった。
     小生も、堀田イトを演じた多部未華子凛とした雰囲気に心を射抜かれてからの多部ちゃんファン。
     原作にも堀田イトは魚顔だと記されているんだけど『鹿男』の多部ちゃん初登場シーンでは、あまりにも魚顔イメージにピッタリだったから吹き出しちゃったり感心したりした記憶があります。

     さらには、幼少のみぎりの多部ちゃんの写真が紹介されたんだけど、微妙にジャガイモ顔。
     すかさず高畑淳子が「綺麗になってよかったねぇ」と。
     小生もそう思う。


     これまで映画・ドラマでしか見たことがなかったので、”素”の多部ちゃんを見たのは『土曜スタジオパーク』が初めて。
     もっとおとなしい寡黙な子かと思っていたら、案外明るいイメージ。

     高畑淳子が多部ちゃんについて「顔が小さいと」言っていたけど、本当にこの二人が並ぶと、
     [多部ちゃんの顔] < [高畑淳子の顔]
     [多部ちゃんの顔] ×2= [高畑淳子の顔]

     って感じ。

    【土曜スタパのシュッ】

     小生は『仮面ライダーブラックRX』を見ていたはずなのに、高畑淳子が悪役(諜報参謀マリバロン)でレギュラーだったことを『土曜スタパ』で初めてしりました。

     そして、篤姫の”本寿院”役に続いて”シュッ”だもんねぇ。

     マリバロン−本寿院−シュッって、なんとエキセントリックな!!

     『土曜スタパ』でもあけすけな性格全開で、悪く言えば灰汁が強い。
     「オッサン」的なオバサン。
     この強烈な「高畑淳子=シュッ」を面白いと思えるか敬遠しちゃうかは、『クレヨンしんちゃん』を俗悪番組とするかゲラゲラ笑えるかの境目と同じだと思った。

    【昭和テイスト】

     プロデューサーが番組の特徴として「昭和テイスト」をあげていると『土曜スタパ』で紹介されましたが、「やっぱり」と言う感じ。
     あの茶の間は、まさに昭和のドラマそのもの。

     ドラマの登場人物が紹介されて初めて気付いたのですが、小料理屋の女将(井上和香)の役名は篠田麻子。
     もしかして、昭和の名物ドラマ「時間ですよ」で飲み屋の女将役をしていた”篠ひろ子”から一字取った名前?
     「茶の間」や「昭和」というキーワードでも『時間ですよ』『寺内貫太郎』と結びつくものがあるし・・・・。
     前回にも書いたけど、過剰とも思えるノリのいい演出には”久世光彦”と同じ匂いや肌触りを感じちゃうし・・・・。
     考え過ぎかな?


     というわけで、役柄を演じていない素の多部ちゃんを初めて見ることが出来て満足したのであります!!
     (らぶりーたわ子さんのおかげです。)

     これまでの「つばさ」→第1・2話  第3〜5話


    ブログランキング・にほんブログ村へ
     


    【先着予約特典:「ポニョ」のシールブック付き】崖の上のポニョ










    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.10.22 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      NHK連続テレビ小説(朝ドラ) 「つばさ」 第6回 (まとめ) 2009年 4月4日(土) 第1週 「ハタチのおかんとホーローの母」   ★はじめに ...
      • 飯綱遣いの部屋
      • 2009/04/05 4:26 PM
      「ピリ辛」と名付けられた日本のカップ麺を食べたけど、全く辛さを感じない。もはや舌が韓国化?…ひじゅにですが何か?知秋クンてば、さり気にツッコミ役「また何か来た!」昨日とは微妙に角度を変えて、知秋クン目線で語られる“その後”。扇子を武器
      • もう…何がなんだか日記
      • 2009/04/04 10:29 PM
      さっそうと人助けする斎藤さん泣きながらすがるオヤジ(涙が見えない)切ないつばさ洗い物しながらめそめそするシーンはなんだか自分を見ているようでw来週は もちょっと明るい話になるといいなバナーの作り方はこちらをどうぞ黒ようかんで、えんどう豆あんをくるんだ
      • しなもにあ
      • 2009/04/04 8:40 PM
      『ハタチのおかんとホーローの母』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2009/04/04 7:55 PM
      昨日の「スタジオパークからこんにちは」に、父役の中村梅雀さんが出演しました。梅雀さんはお料理が得意だそうです。そして、梅雀ソースの作り方というのを番組内で紹介しました。それをあとでアップします。これをスティックに切った野菜につけて食べるとおいしいそう
      • ショコラの日記帳
      • 2009/04/04 5:41 PM
      加乃子の借金取りが押しかけてきたが、斎藤さんがとりあえず追い払ってくれた。。。が。。。。加乃子と千代は、互いに借金で大げんかそんななか、つばさは、、、、お母さんのせい。。。。。ま。。。そんな感じ斎藤には、おかげお母さんのせいよ。。。を加乃子千代だけで
      • レベル999のマニアな講義
      • 2009/04/04 5:18 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten