『ヴォイス〜命なき者の声』第10回:最後の大勝負…尊厳死か嘱託殺人か?

0
    『ヴォイス〜命なき者の声』第10回
    最後の大勝負

     
     亮介(生田斗真)の父が経営する病院での医療ミス問題には、こういうオチが用意されていたのかぁ。

    【尊厳死?】モノ・マガジン オンライン

     作家・桜井真也(田村亮)を巡る医療ミス問題は、桜井と石末院長(名高達男)の二人が選んだ尊厳死(?)
     結構微妙な問題を孕んでいるぞ。

     コトの真相を知った桜井の妻・瑠美子(麻生祐未)は石末院長に頭を下げて感謝の意を口にする。
     そして亮介(生田斗真)は「世間がどう思おうとも自分は父の行いを尊敬し、いつか父を抜けるような人間になる」旨を石末院長に告げる。

     う〜〜〜ん!?
     桜井の死を通して人間の尊厳を問うているのだろうけど、「感謝」「尊敬」によってこの問題が美化されてしまうと微妙な雰囲気が滲みだしてくる・・・・。
     (単に視聴者に医療ミスだと思い込ませて、これをひっくり返すことの意外性が狙い?)

    【嘱託殺人?】

     本心では小生も、脳から人格が消え失せ細々と肉体だけが生命活動を刻んでいるとか、苦痛にさに苛まれながら死ぬなんてことは出来ることなら遠慮したい。
     桜井と石末院長のとった行いを望むかもしれない。

     だけど、現実社会では尊厳死については議論が分かれる所だし、まして今回の事案は「嘱託殺人」に問われかねないケースなワケで・・・。
     『ヴォイス』で取り上げられることのある海外ドラマ『CSI』だったら、感動話にスポットを当てるのではなく、犯罪性の暴露がエピソードの中心になり、結末も自首ではなく警察の手で石末院長に手錠をはめることになった気がします。(犯罪性のみならず、日米では宗教観の違いもあるしね)

     石末院長に対して桜井の妻や亮介が「感謝」や「尊敬」を表し、美しいお話しとしてエピソードを締めるのは”危ない”結末ではなかろうか?
     医者に『神の手』を渡すことについては慎重さが必要だと思います。

    【内輪の論理?】

     石末院長は最後の最後に警察へと向かうけど、基本的には「尊厳死」が象牙の塔の中だけで完結していて、犯罪性よりも”崇高な精神”が前面に押し出されていたことに賛成できない。

     少し筋の違う話ですが、小生が子供だった1960年代の終わりに『和田心臓移植事件』が起きて、日本で初の心臓移植手術を巡る札幌医科大学における疑惑から、”心臓移植”という行為自体の正当性にいたるまで、議論百出、百家争鳴状態になり、その後暫く”心臓移植”はタブー扱いされたことを思い出しました。
     『和田心臓移植事件』では、患者や遺族以外から異論を呈する声が上がり、やがて刑事告発−裁判へと至ったのです。
     そういう歴史を考えると、医療関係者の中でコトを完結させようとする今回の『最後の大勝負』が社会正義に敵っているか否か?
     (蛇足ながら、『和田心臓移植事件』が『チーム・バチスタの栄光』に繋がった気がします。)

     とにかく官庁でも学校でも病院でも、内輪の論理だけでコトを進めていると間違いを犯す原因になります。

    【難しい】

     前回のエピソードでも、自殺に気高さが垣間見えることが引っかかったのだけど、2週連続で小生は小さな”わだかまり”を感じることに・・・。(肝炎のエピソードでも微妙な感情を抱いた)
     やはり「死者の最後の声」を考えると、命の尊厳について考えざるを得ないことになるから、難しいテーマを引き寄せちゃいマスねぇ。
     バカボンのパパのように「これでいいのだ」と言い切れない・・・・。

     法医学教室のゼミ生・加地大己(瑛太)、石末亮介(生田斗真)、久保秋佳奈子(石原さとみ)、桐畑哲平(遠藤雄弥)、羽井彰(佐藤智仁)の会話なんかはストレートに楽しいから、深いテーマは取っ払ってストレートに青春ドラマにしてくれた方が気楽に楽しめるかもしれんんあぁ・・・。


    ブログランキング・にほん	ブログ村へ





       
    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2020.08.15 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ヴォイスは医療ミス疑い解剖も尊厳死の展開だが 今回は医療ミスじゃなくて親友の願う尊厳死が真実で 何となく流れ的に最終回でも良い思う結末だったけど 次が最終回で学部が解散して皆の選ぶ道の感じだし WBC戦はが4対1で野手が見殺した形だが ベスト4進出を
      • 別館ヒガシ日記
      • 2009/03/18 9:21 PM
      その死は、医療ミスなのか? 石末亮介(生田斗真)は父の病院、石末総合病院の患者・桜井真也(田村亮)の死に不審な点をみつけます。 カ...
      • 空色きゃんでぃ
      • 2009/03/18 3:03 PM
      お父さん、医療ミスじゃなかったんですね。本人に頼まれての、尊厳死だったそうです。う〜ん。いくら、亡くなった作家・桜井真也(田村亮)氏と、石末亮介(生田斗真)のお父さんの石末貴之(名高達男)氏と親友だったと言ってもねえ。そこまでするでしょうか?石末総合
      • ショコラの日記帳
      • 2009/03/17 11:15 PM
      ◆生田斗真さん(のつもり)生田斗真さんは、毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ヴォイス~命なき者の声~』に石末亮介 役で出演しています。昨日は第10話が放送されました。●導入部のあらすじと感想
      • yanajunのイラスト・まんが道
      • 2009/03/17 10:13 PM
      第10話「最後の大勝負」 視聴率12.8%
      • またり、すばるくん。
      • 2009/03/17 9:17 PM
      解剖をすれば何でも分かると思ってた。解剖して遺体に傷をつけたのに、結局何も解らなかった。桜井の死を不審に感じて遺体を預かった亮介だったが、解剖の結果、病院の過失に繋がる不審な点は見つからなかった。法医学の限界を感じる亮介。櫻井さんに解剖を勧めたあなた
      • 見取り八段・実0段
      • 2009/03/17 8:46 PM
      『最後の大勝負』
      • ぐ〜たらにっき
      • 2009/03/17 7:17 PM
      『最後の大勝負』内容作家の桜井真也(田村亮)の死に疑問を持った亮介(生田斗真)は、妻・瑠美子(麻生祐未)に、解剖を勧める。すると瑠美子は佐川教授(時任三郎)らに解剖を依頼してくる。解剖から抗がん剤による、強い副作用は分かってくるが。医療ミスを証明する
      • レベル999のマニアな講義
      • 2009/03/17 6:07 PM
      ■ヴォイス〜命なき者の声〜脚本/金子茂樹演出/成田岳、松山博昭、石井祐介プロデュース/瀧山麻土香、東康之http://wwwz.fujitv.co.jp/voice/index.html第10話最後の大勝負--------------------------------------------------------作家の桜井真也の死に関して疑問
      • ita-windの風速計
      • 2009/03/17 5:50 PM
      心の片隅。「イイのでしょうか? それで…」と思ってしまったのは私だけ? 解剖すれば真実が明らかになる、と思っていたのが、そうでなかった。たとえ相手が親であれ「真実を知りたい」という若い情熱の行き詰まり。法医学の限界… だけど、医療ミスを疑っていた
      • のほほん便り
      • 2009/03/17 5:48 PM
      大己(瑛太)、亮介(生田斗真)たちは、大学の解剖室に運び込まれた 作家・桜井真也(田村亮)の遺体と対面する。 解剖を担当した佐川教授(時任三郎)は、死因とされた腸閉塞は見当たら ないと診断する。 玲子(矢田亜希子)は、病気以外の死因が絡んでいるかもし
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2009/03/17 5:33 PM
      亮介が父の医療ミスを暴く! …と思いきや、話は意外な方向へ。 もしかして今までのストーリーの中で、 大己のどちて坊やな性格が一番役立ったケース?? ヴォイス~命なき者の声~ TVサントラ JUGEMテーマ:エンターテイメント
      • fool's aspirin
      • 2009/03/17 3:25 PM
      ヴォイス〜命なき者の声〜、第10話。 う〜ん、今回もどうなんでしょうね。 「18金」って何なんだろう?と思って見てたんですが、結局本筋とはあまり関係ない 「将棋のメモ」と言うことでガクっとしてしまいましたよw桜井(田村亮)の死も医療ミス ではなく尊厳
      • 二度あることは三度ある!?
      • 2009/03/17 2:53 PM
      ほへー・・・医療ミスじゃなくて尊厳死っつーか安楽死?むずかしいねでもなんで妻には内緒だったのなんか私が妻なら納得いかないなぁ18金って・・・禁なら・・・(ぇ過去につながりがあったりちょっとした推理小説のような回でしたね第1話感想第2話感想第3話感想第
      • しなもにあ
      • 2009/03/17 12:10 PM
      ヴォイス 〜命なき者の声〜 第10話 最後の大勝負 いちおう前回の時点で安楽死の可能性を予期はしていたんだよね。
      • TALKING MAN
      • 2009/03/17 12:05 PM
       第10話「最後の大勝負」
      • Happy☆Lucky
      • 2009/03/17 10:43 AM
      医療ミスの真実は-----------!?ってことで、前回から引っ張ってきたこのネタ。またどろどろの親子対決になるのかなぁと思いきや、これが感動話になってて、今回も思わず涙でございました 医療ミスを摘発するため、桜井の解剖を始める亮介たち。解剖すれば事実が判
      • ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
      • 2009/03/17 10:42 AM
      しょうゆう事…(・0・*)ホ,(゚0゚*)ホ--ッッ!!! だけど、やっぱり医者としてはしてはいけない行為だった訳で…{/ase/} 何とも複雑でんな〜{/hiyo_shock2/} 担当したドクターにしてみても、いい迷惑{/kaeru_shock2/} 医者としての自信を無くすとこだったかもしんないぞ〜
      • あるがまま・・・
      • 2009/03/17 10:12 AM
      ヴォイスですが、石末(生田斗真)は父親である院長(名高達男)の医療ミスを追及しようとします。小説家が亡くなり、妻(麻生裕未)を説得して解剖しますがハッキリした原因が分かりません。(以下に続きます)
      • 一言居士!スペードのAの放埓手記
      • 2009/03/17 9:40 AM
       第10話亮介の勧めで、急死した桜井の妻、瑠美子が夫の解剖を承諾した。佐川が解剖すると、死因とされた腸閉塞が見られないことが判明。病気以外の死因が絡んでいる可能性が浮上し、大己や亮介、佳奈子らは衝撃を受ける。しかし、医療ミスを立証するには病院側に過失
      • 日々“是”精進!
      • 2009/03/17 9:39 AM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten