山田太一脚本『ありふれた奇跡』第2回〜疲労感

0
    『ありふれた奇跡』第2回


     色々悩みを抱えて生きている上で、このドラマを見て気付くことや救いがあればいいのだけど、逆に心が重くなってくるような疲労感をおぼえました。

    【人生は素晴らしい】

     中城加奈(仲間由紀恵)と田崎翔太(加瀬亮)の喫茶店での会話。
     二人とも辛いことを切り抜けてきたんだから色々なことを明るく会話したいとして相手に何かを吐き出したり共感を求める気持ちは理解出来ます。 
     でも、加奈が口にした「この世はすばらしいと思っていなければ自殺を止められない」とか、翔太の「生きていれば何が起きるか分からない。人生は素晴らしい」というセリフを正面切って言われても小生は素直に受け入れられません。
     何かしら心に澱を持っているから敢えて前向きな言葉を口にして自分たちを鼓舞しているのでしょうが、「人生は素晴らしい」はストレートすぎてついていけません。

    【違うとイケナイ?】

     山田太一が発するメッセージがまともすぎて居心地の悪さも感じますが、共感できるセリフもチラホラと・・・・。

     加奈:「普通じゃない所が誰にでもある・・・・それが普通」
     このセリフはその通りだと思います。
     でも、人から普通だと思われたいから本心を隠したり背伸びしたりしちゃう。
     そして疲れたり窮屈な思いをしちゃう。

     「育ちや生活が違いすぎて」と加奈との格差に自嘲気味な翔太に対して「違うとイケナイ?」とサラッと答える加奈。
     これもその通り。
     十人十色というように、一人一人の生い立ちや暮らしぶり、考え方などは違っていて当然なんです・・・・。
     容貌や肌の色や健康にも違いがあって当たり前。
     だけど、自分が人と違うことでコンプレックスを感じるし、違いを持つ人のことも意識してしまう・・・。
     違いを受けとめ乗り越えられるとイイのだけど、感情をコントロールすることは難しいです。

    【反動が来るの、落ち込むの】

     レストランで左官の姿を曝した翔太に店員がコートを羽織るよう告げると加奈が怒って店を出る。
     こういう強い反応を露わにしたことについて「こういうことすると反動が来るの、落ち込むの・・・」と言う加奈。
     小生も気が小さいのに小さな正義感で後先考えずに発言したり行動したりして、あとで思いっきり落ち込むことがあるから加奈のセリフに100%共感。
     その場をやり過ごせばいいものを小さな感情の爆発から後で後悔して疲れちゃう。

     以上、加奈の感情は高ぶったり落ち着いたり安定しない。
     古い言葉で言えば二重人格のような振る舞いを見せる。
     それこそ「普通じゃない」感じがするけど、「うつ」の小生には加奈の感情の起伏はリアルです。

    【分かるけど重苦しい】

     『ありふれた奇跡』に込められた山田太一の「願い」や「理念」「志」は尊敬に値するのだけど、「うつ」で重苦しい人生を歩んでいる小生はこのドラマを見て「なるほど!」って感じで心が軽くなったりしません。
     言いたいことは分かるんだけど、ある意味”スピリチュアル”でさえある『ありふれた奇跡』を見ていると妙にエネルギーを消耗してしまいます。
     せめてテレビを見ている間は非現実的世界にいざなってもらって気分転換したいのです。

    【只野係長とか・・・】

     非現実的世界といえば『メイちゃんの執事』とか『只野係長』とか・・・。
     野久保が出ていた今回の『只野係長』では、只野が犯人に”羞恥心”云々と言ったり、「リセットできる・・・」と裏番組名を口にしたりと、お遊び満載!?(チャラけ過ぎかな)
     『メイちゃんの執事』や『只野係長』は毒にも薬にもならないお気楽ドラマで時間つぶしにはなるけど感動や心動かされることは無い。
     かといって心に訴えようとしている『ありふれた奇跡』は重苦しいし・・・・。

     小生にとって一番の非現実的世界は『スタートレック』や『LOST』『プリズンブレイク』『ボストン・リーガル』『BONES』などの海外ドラマの世界。
     これらを見ている時は嫌なことは幾分かは忘れることができ、重苦しい気分が紛れます。
     
     というわけで、精神衛生上の問題を抱える小生は『ありふれた奇跡』からリタイアです。


    ブログランキング・にほんブログ村へ


    新発売!『グリーディイースト(greedy yeast)』3個で送料・代引料無料! 5個で1個オマケ!!






    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



    スポンサーサイト

    • 2019.11.19 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      「プリズン・ブレイク」が2009年米放送分をもって終了。海外サイトでは、「プリズン・ブレイク」の後継番組の情報が。
      • ドラマ情報
      • 2009/01/16 11:47 PM
      ドラマ「ありふれた奇跡」第2話。加奈(仲間由紀恵)と翔太(加藤亮)は過去に自殺しようと思った経験があるようですね。それが何なのかはまだ分かりませんが・・・少なくとも今の生活にも影響出てるみたいです。2人とも過去のトラウマから開放された時にうまくいくよ
      • キウイの秘密の話
      • 2009/01/16 7:19 PM
      加奈(仲間由紀恵)は翔太(加瀬亮)にメールをする。藤本(陣内孝則)から死のうとした経験があるのか聞かれたことへの答え。 「はい、死のうとしたことがあります」翔太に正直に打ち明けた加奈。翔太もまた、自分も死の
      • 掃き溜め日記-てれびな日々-
      • 2009/01/16 6:42 PM
      内容藤本誠(陣内孝則)という男の自殺を止めた、中城加奈(仲間由紀恵)と田崎翔太(加瀬亮)加奈は、メールで気持ちがあったことがあることを翔太に告白する。翔太もまた、同じ気持ちをメールで加奈に告げる。数日後。。、、2人は再会していた。思い切って、加奈は『
      • レベル999のマニアな講義
      • 2009/01/16 6:10 PM
      ■ありふれた奇跡脚本/山田太一演出/田島大輔、谷村政樹http://wwwz.fujitv.co.jp/arifureta-kiseki/index.html第2話--------------------------------------------------------自殺を止めた藤本誠から、二人には自殺をしたいと思ったことが有るのではないかと言われ
      • ita-windの風速計
      • 2009/01/16 5:03 PM
      加奈(仲間由紀恵)と翔太(加瀬亮)は、喫茶店で待ち合わせる。 しかし、会話に行き違いが生じ、気分を害した加奈は翔太を残して出て 行ってしまう。 翔太は自宅に戻ってから激しく後悔する。 祖父の四郎(井川比佐志)は翔太に声をかけるが、父親の重夫(風間杜夫
      • ぷち丸くんの日常日記
      • 2009/01/16 2:42 PM
      ありふれた奇跡、第2話。 今回は、前回よりも面白かった気がします。加奈(仲間由紀恵)と翔太(加瀬亮)の 何とも言えない関係が良いですねw 加奈と翔太がお茶をした時は、2人の温度差に加奈が怒って出て行ってしまい ました。翔太が加奈の祖母・静江(八千草
      • 二度あることは三度ある!?
      • 2009/01/16 1:08 PM
      第2話
      • Happy☆Lucky
      • 2009/01/16 11:20 AM

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten