朝日放送『ムーブ』で地球温暖化防止キャンペーン批判…橋下知事の気持ちが分かる!

0
     朝日放送(大阪)の情報番組『ムーブ』(2008年10月21日放映)では、環境省「チーム・マイナス6%」が昨年始めた「1人1日1キロのCO2削減」キャンペーンを取り上げ、いつもの批判精神を遺憾なく発揮して環境省の役人に文句たらたらです。
    1人、1日、1kgのCO2削減を目指して

     『ムーブ』が取り上げた「1人1日1キロのCO2削減」キャンペーンのコンセプトは下記のとおり。(「チーム・マイナス6%」のHPから引用)
    京都議定書で約束した6%削減目標。
    それを実現するための家庭でのCO2削減目標は、年間約3,700万トン。
    オフィス等でのCO2削減目標は、年間約7,300万トン。
    ライフスタイル・ワークスタイルを見直せば、十分達成できる数字です。

    現在、国民1人あたりが排出するCO2量は、1日平均で約6kgです。
    家庭や職場で、さまざまな温暖化防止の取組を実践し、
    皆さんもぜひ、1人、1日、1kgのCO2削減を目指してください。
    家庭や職場から地球を守る!
    そんな意気ごみでがんばりましょう。
    ※1kgのCO2量とは、サッカーボール100個分の体積に相当します。
     
    ハードルが高い・・・

     雑誌『AERA』(朝日新聞出版)の「1日1キロCO2削減言うならやって」という記事にあるとおり、確かに国民一人一人が横並びにCO2を1キロ削減するのは難しい。
     「冷房を1時間減らすと26グラム削減」「シャワーを1分短くするとCO2 74グラム削減」などチマチマCO2を削減してもなかなか1キロには達しない。

     で、朝日放送『ムーブ』では1人、1日、1kgのCO2削減という目標は”ハードルが高くて非現実的”だとして司会者やコメンテーターが批判的意見をつらつらと述べていました。

    ネガティブ!!

     「田舎と都会では違うだろうし・・・」と目標値に疑問を呈する堀江アナ。
     環境省の目標は、みんなで低炭素化社会を目指そうという趣旨のキャンペーンに過ぎず、老若男女、北海道から沖縄まで国民全員に等しく「1日、1kg削減」という数字を強制する訳じゃない。
     なのに堀江アナは国が「1日、1kg削減」を押しつけているかのごとき発言で、ピントがずれている。
     
     コメンテーターの須田慎一郎にいたっては「CO2が温暖化の原因では無いという説もある」「排出権を買ってクーラーをガンガン運転したい」などと発言。

     なんてネガティブ!!

    排出権を買ったほうが100倍いい??

     須田慎一郎と同じ意見が『AERA』にも載っています。
    1日1キロCO2削減言うならやって(AERA)
    ちなみにCO2排出権に置き換えると、現在個人が買えるものでは、1キロ5円前後が相場。てことは、1週間やって35円。これなら排出権を買ったほうが100倍いい。だからAERAの排出権付き定期購読がオトクです……ってもしかして、これを言わせたかったわけ?
     反権力の権化『朝日新聞』系だから、環境省のやることに批判的なのはわかる。
     だけど、「(CO2の削減努力をするより)排出権を買ったほうが100倍いい」なんてセリフを麻生首相とか閣僚が口にしたら『朝日新聞』は真っ先に”失言”だとして批判すると思うなぁ・・・・。
     また、京都議定書から脱退したブッシュ政権を批判できないでしょう。

    化石燃料大量消費型社会を肯定

     厳格であるべき国際的な政府目標と違って、「1人1日1キロのCO2削減」キャンペーンは「一日一善」みたいな感じで受けとめればいい話で、寄ってたかって批判するようなネタではないと思います。
     環境省が「皆さんの身近なところでできる温暖化防止のメニューの中から“実践してみよう!”と思うものを選んでいただき、毎日の生活の中で1人1日1kgのCO2排出量削減を目指そうという取組です。」と説明しているとおりで、何かできることから実践すればいい。

     『ムーブ』や『AERA』みたいに批判ばかりしていると、今まで通りの「化石燃料大量消費型社会」を肯定することになるだけで、何も前には進まないのであります。

    橋下知事の朝日批判に共鳴
      MSN産経ニュース
    「朝日が早くなくなれば…」 橋下知事が批判エスカレート -大阪府の橋下徹知事が、3日付の朝日新聞の「橋下TV発言 弁護士資格を返上しては」と題した社説を批判した問題で、橋下知事は20日、出張先の東京で報道陣の取材に応じ、「朝日が早くなくなれば世の中のためになる」などと発言。“朝日批判”をさらにエスカレートさせた。(略)
     朝日新聞系の『AERA』や『ムーブ』の温暖化防止運動さえ批判する「何でも反対」の姿勢を見ていると橋下知事の朝日批判に共鳴してしまいます。
     もともと朝日新聞は好きじゃないけど、改めて不快感が募ります。


    ブログランキング・にほん	ブログ村へ


    ■激安!秋のAV秋得市開催■シャープ【限定特価】37V型デジタルハイビジョン液晶テレビLC-37GX4...












    JUGEMテーマ:マスコミ・報道



    スポンサーサイト

    • 2020.11.25 Wednesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      本当にCO2が減るんだろうか。 (CO2が温暖化の原因だということを前提として) そもそも・・・ ・目に見えないCO2の目標設定と削減達成というのは、可能な物なのか ・仮に算式等で可能だとして目に見えなけ
      • ろーりんぐそばっとのブログ
      • 2008/10/22 7:04 PM

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << November 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten