ミャンマーサイクロン「物資なお行き渡らず」…国際社会は軍事政権に圧力を!!

0
     昨夜9時からのNHKニュースで、日本に来ているミャンマー人留学生が母国のために活動する様子が特集されていましたが、被災者に対するミャンマー軍事政権の不誠実な対応に腹が立ちました。
    (毎日新聞) - Yahoo!ニュース
    <ミャンマー>支援の日赤職員帰国 「物資なお行き渡らず」6月2日11時51分配信 毎日新聞
     サイクロン「ナルギス」で甚大な被害が出たミャンマーで被災者支援に従事した日本赤十字社大阪府支部企画広報係長の森正尚さん(39)が2日朝、ヤンゴンから成田国際空港に帰国した。森さんは「陸路で行ける場所へは物資が届くようになったが、船で行かなくてはならない集落には救援物資が届いていない」などと現地の状況を明らかにした。(略)森さんによると、南部のデルタ地帯では井戸が使えなくなるなどの被害があり、生活用水が不足。これから雨季に入ることから仮設テントに使うためのビニールシートも大量に必要という。 森さんは「政府が発表する被害情報はまとまったものが少なく、地元ボランティアからの情報の方が確実という印象を受けた」と話した。(略)【黒川将光】
     NHKニュースでインタビューされていたビルマ人留学生は、中国四川大地震に耳目が集まりビルマに関する報道が少なくなり、社会の関心も薄まりつつあることを嘆いておられました。
     また、留学生が援助に手を貸そうとしても軍事政権の目に届かない形で行わないと、自分や家族の命が危ないのだと話していました。
     現地ではボランティアが細々と支援活動を行い、軍事政権は大がかりな活動は行っていない様子・・・。
     倒壊したた瓦礫のなかで細々と生き延びているビルマの被災者の様子を聞き、人命軽視の軍事政権に怒りをおぼえました。
    −◆−
     こんな軍事政権に対して国際社会が圧力をかけてビルマの被災者を救えないのでしょうか?
     ビルマのパトロン的存在の中国が自国の災害で手一杯で、政治的にも物理的にも動けない状況だし、イラクには関心たっぷりのアメリカも、ミャンマー軍事政権への圧力はさほどでもない様子だし、ロシアは軍事政権を支える側みたいな印象だし、ビルマ国民は世界から見捨てられているみたい・・・。
     日本からも医療援助隊が派遣されたりしていますが、災害の規模から考えると絶対的な支援不足。
    −◆−
     どうにかして国際社会が軍事政権を動かさないと・・・。
     ビルマ救援に関して軍事政権を非難する国連決議が出て当然の状況だと思うけど、そんな機運は見あたらない。
     国際社会のはざまで捨て置かれるビルマの被災者が気の毒で仕方ありません。

    ブログランキング・にほん	ブログ村へにほんブログ村 ニュースブログへ



    JUGEMテーマ:ニュース

    スポンサーサイト

    • 2017.05.13 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten