ごくせん議論、和田秀樹さん「不良を讃えるな」…現実と非現実、善と悪の判断

0
     精神科医の和田秀樹さんの発言に端を発した『ごくせん』議論が起きているとか・・・。
    (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
    「ごくせんは不良を讃えるな」 和田秀樹さんがコラムで異論5月24日12時15分配信 J-CASTニュース 日本テレビ系の人気ドラマ「ごくせん」の一部内容について、精神科医の和田秀樹さんが雑誌コラムで異論を述べ、ネットで議論になっている。不良少年や不勉強を正当化するな、というのが和田さんの主張だ。(略)和田さんは、日経ビジネスアソシエ6月3日号のコラムで、ごくせんについて持論を展開。現代版「水戸黄門」と評されるのも分かる痛快なドラマだとしながらも、「看過できない内容があった」と述べている。それは、「秀才学校の生徒の方が不良より性格がねじ曲がっているように描かれている点だ」という。 そして、和田さんは、こう問題を指摘する。 「(秀才が)勉強のできない人間を、『覆面+鉄パイプ』で『世直し』と称して襲うという設定である。この手の『秀才=悪』『不良=心はきれい』という図式は、ある種の青春ドラマのステレオタイプのようになっている」(略)「このような番組は勉強ができない人間の価値観を強化し、ますます格差を広げる結果になりかねない」と危惧し、番組作りを再考するよう求めている。
     TBSの『ルーキーズ』でも、『ごくせん』と同じく不良がメイン。
     エリートかつ善人であるはずの官僚や政治家が悪さを働く社会だから、ドラマのなかでも一見優等生の秀才が陰湿な振る舞いに及ぶ構図が出来上がるのじゃないかなぁ。
     一方の不良軍団は格差社会で置き去りにされて負け組的な生き方を強いられている人間を象徴しているのかな?
     本当は、藤岡弘演じる仮面ライダー1号がショッカーを倒していた時代のように「善人」対「悪人」の簡単な構図が分かり易いけど、今の社会は善悪の線引きがシンプルじゃないことが悩ましいですね。
    −◆−
     『ごくせん』では不良を讃えているワケではなくって、彼らがとことん道を外れてしまわないように「ヤンクミ」が分け隔て無く愛情を注ぐことに目を向けるべきストーリーなのだと思います。



     しかしながら、『ごくせん』『ルーキーズ』に登場する不良たちの不器用だけど真っ直ぐな生き方は、どろどろした大人社会とは対照的な「純粋な心を持つヒーロー」として描かれているようにも見えます。
     だから、未成熟な中・高生が、美化された”イケメン不良”たちに共感してしまう可能性は捨てきれません。。
     少し違う例ですが、小生が若い頃に映画館で『燃えよドラゴン』を見た人がやたらブルース・リーの影響を受けてアチョ〜〜と言っていたように、映像コンテンツの影響力は過小評価できませんから、和田秀樹さんの危惧もよく理解できます。
    −◆−


     『ごくせん』では宇津井健が率いる”大江戸一家”も義理人情に篤い任侠集団として描かれているけど、暴力団たるやくざの取り扱いも注意しないと勘違いのもとになります。
     宇津井健の立ち居振る舞いは堂々として美しくさえ有るけど、実際の暴力団とは別物だということを確認しておかないと和田秀樹さんが心配するようなことになりかねない。
    −◆−
     5月24日OA分では最後に小泉孝太郎がヤンクミに「イイ生徒さんですねぇ」と声を掛けていました。
     3年D組の不良どもの内面に優しさや温かさを感じ取った小泉孝太郎の台詞なのだけど、服装は乱れに乱れ、暴力沙汰で顔に傷を負ったような高校生が「イイ生徒」であるはずがない。
     彼らは服装一つ取ってもルールを守る気がないし、教室の落書きも消されることなく公共物を棄損したまま放置されている。
     「ヤンクミ」も含めて暴力に暴力で対抗する。
     ドラマのなかでの非現実世界だから許せる話だけど、本当の社会ではあんな反社会的な行動は許されません。
     不良から立ち直って立派な大人になったケースも見受けますが、だからといって不良時代に他人にかけた迷惑が消えるものでもない。
     精神科医の和田秀樹さんのように難しい精神分析は出来ないけど、要するに「よい子の皆さんはマネしないでね」ってことに行き着く気がします。
    −◆−
     今、携帯コンテンツのフィルタリングが話題になっているけど、子供たちがテレビドラマから流れてくる情報を正しく受け止める能力を付けないと『ごくせん』のような娯楽番組でさえ有害情報としてフィルタにかけなくてはいけなくなります。
     『クレヨンしんちゃん』でさえ一部の人たちは俗悪番組として子どもに見せないようにするのだもの・・・。
     とにかく、現実と非現実、善と悪の判断がつく子どもを育成するのが大人の役割だと思います。
     そして、自らの能力を伸ばすためにキチンと学習し、同時に心も磨きながら人に迷惑をかけないようにルールを守って大人になっていくことが子どもの取るべき道であります。

    ブログランキング・にほんブログ村へ





    脳さえ元気なら人生なんでもできる










    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    スポンサーサイト

    • 2020.10.22 Thursday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ◆桐山照史さん(のつもり)桐山照史さんは、毎週土曜よる9時日本テレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ごくせん(第3シリーズ)』に倉木悟 役で出演しています。先週は第6話が放送されました。
      • yanajunのイラスト・まんが道
      • 2008/05/30 9:05 PM
      DグレはアレンVSティキとラビVSロードが最終バトルがスタートの展開で 今回はアレンVSティキは原作より良いしラビVSロードは次に期待だけど ごくせんは倉木がで知り合ったと恋の事で色々と展開だったが 今回は倉木がを不良から守だったが全体的に不満が多い
      • 別館ヒガシ日記
      • 2008/05/28 9:18 PM
      夏目先生と、デート中、うれしい夢を見ていたが、起こされてお冠なやんくみ。 3Dも、合コンで、盛り上がって居た。 一人夢中になれないのが倉木だった。 今回は四学校からの合コンで、全員参加できるとうれしい話だった。 まずは、桃が丘女学園、、エリーぜ女学院、聖
      • まぁ、お茶でも
      • 2008/05/25 7:52 PM
      今期、一番のバケモノ視聴率ドラマである「ごくせん」。初回の視聴率は何と26.4%。2話も24.8%とだんだん落ちては行くものの、相変わらず高視聴率を保っている。高視聴率を期待された月9「CHANGE」や、同じく高校生を描いた「ROOKIES」と、よく比較されてい
      • 見取り八段・実0段
      • 2008/05/25 1:42 PM
      やるじゃねぇか、倉!(●≧ω≦)っ))`ω゜)コノコノォ!!! ファンの人にはごめんなさいだけど、主要メンバーの中では、 「ちょっとこの子には萌えないわ〜{/hiyo_shock2/}」てなタイプの倉木くんだったけど、 今回、早希ちゃんを必死で守ろうとする姿にちょっとうるうる
      • あるがまま・・・
      • 2008/05/25 12:57 PM
      第六話久美子の校医、夏目への思いは募る。3年D組の生徒たちは合コン話で盛り上がる中、倉木が夏目の病院に入院中の早希と仲良くなったことを知る。ある日、早希から電話で呼び出された倉木は大喜びでデートに出掛けるが、病院では患者がいなくなったことで大騒ぎにな
      • 日々“是”精進!
      • 2008/05/25 12:28 PM

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << October 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten