社保庁がヤミ専従職員に超過勤務手当支給…自民が国会で追及!?

0
     組合専従職員に本給が公金から支払われているだけでも違法なのに、さらに超過勤務手当まで支給していたとは呆れかえる話しです。
    社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
    ヤミ専従職員、社保庁が超過勤務手当支給 社会保険庁職員が過去に無許可で、違法な労働組合の専従活動(ヤミ専従)をしていた問題で、ヤミ専従を行っていた職員に、勤務実態がないにもかかわらず超過勤務手当が支給されていたことがわかった。 14日の衆院決算行政監視委員会で、自民党の葉梨康弘氏がただした。葉梨氏は、超勤手当の支給には、社会保険事務所長や上部組織の社会保険事務局の一部が関与しており、ヤミ専従が組織ぐるみで行われていたと指摘した。 超勤手当の支給については、社会保険事務局の人事担当係長が、ヤミ専従の職員が通常の勤務時間外に行った組合活動の時間を集計し、事務所長に連絡。事務所長が超勤手当の対象として、支給を決定していたという。(2008年4月14日13時47分 読売新聞)
     社会保険庁では服務をチェックすべき立場の人事担当係長までがグルになって”ヤミ専従”に積極的に加担してる!!
     もともと組合員だった連中が係長に昇任していたら、グルになっていても不思議はないわ。
     それにしても勤務時間外に行った組合活動の時間の時間をわざわざ集計して超過勤務手当として支給するって、”ヤミ専従”と”ヤミ超勤”の合体ワザ!!
     これぞ、まさに「給料泥棒」で刑事責任を問うべきだと感じます。
    −◆−


     週末のテレビ番組で社民党の阿部議員は「社会保険事務に精通した職員を削減することになる」として”社会保険庁”を”年金機構”に衣替えすることにさえ反対だと言っていたなぁ・・・。
     こういう腐った組織を社民党は温存したいワケ!?
    −◆−


     この問題を追及したのが自民党ってのも胡散臭い。
     年金問題は社会保険庁やその労働組合の問題であることを強調して、政府与党の年金問題への風当たりを弱める狙いが透けて見えます。
     確かに腐った社会保険庁・労働組合によって引き起こされた社会不安や社会保険制度への信用失墜は取り返しがつかないほど罪深いけれど、安倍政権の対応が拙すぎたことも否定出来ないでしょ。
     腐った労働組合の責任と腐った政府与党の責任は両方とも大きいのだ!!


    ブログランキング・にほん	ブログ村へにほんブログ村 ニュースブログへ


    DVDプレーヤー内蔵 地デジチューナー搭載液晶TVダイナコネクティブ 20.1V型DVDプレーヤー内蔵液...









    JUGEMテーマ:ニュース


    スポンサーサイト

    • 2020.07.11 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten