永平寺第78世貫首 宮崎奕保氏の死去に思うこと

0
    永平寺第78世貫首、宮崎奕保氏が106歳で逝去されました。
    東京新聞::社会(TOKYO Web)
    永平寺第78世貫首 宮崎奕保氏が死去 106歳2008年1月6日 朝刊 福井県永平寺町の曹洞宗大本山永平寺貫首の宮崎奕保(みやざき・えきほ)氏が五日午前五時四十三分、老衰のため札幌市中央区の土田病院で死去した。百六歳。兵庫県出身。(略)一九一五(大正四)年に兵庫県加古川市の福田寺で得度。駒沢大専門部修了後、永平寺や札幌市中央区の中央寺住職を経て八一年に永平寺監院。八五年永平寺副貫首となり、九三年九月に丹羽廉芳前貫首死去に伴って第七十八世貫首に就任した。著書に「若き仏たちへ」などがある。(略)
     NHKニュースで訃報を見ましたが、「欲の克服が必要」「褒められようが褒められまいがすべきことをして黙って去る・・・これが実行」とお話しされている在りし日のお姿が映り、この言葉に即感動を覚えました・・・さすがに長年仏に仕えた方の言葉だと思いました。
    −◆−
     小生は、まだまだ人間が出来ていないので「欲」の克服なんて出来そうにありません。
     小生にとっては「向上心」でさえ、将来の地位や名誉への欲を伴っています。
     また、褒められたい願望が強いのでエネルギーが空回りして泥沼にハマることもしばしば・・・。
     宮崎奕保氏の言葉を実践出来たらいいのですが・・・50代も近づきつつあるのに、なかなか大人になれないものです。
    −◆−
     宮崎奕保氏の長年に渡るご活躍に敬意を表すと共に、ご冥福をお祈りいたします。


    ブログランキング・にほん	ブログ村へ

     また逢いましょう
     『NHK 永平寺(DVD)』


    JUGEMテーマ:ニュース

    スポンサーサイト

    • 2020.08.07 Friday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      曹洞宗大本山永平寺第78世貫首の宮崎奕保えきほ禅師
      • ネット社会、その光と影を追うー
      • 2008/01/07 7:12 AM
      宮崎奕保師=曹洞宗大本山永平寺78世貫首(読売新聞) - goo ニュース 永平寺の貫首、宮崎奕保禅師が、106歳で老衰のため御遷化されました。 昨年12月初めに体調を崩して札幌市の札幌医大病院に入院されていたようです。 私の安居時代、禅師様は監院をお勤めで
      • あれこれ随想記 
      • 2008/01/06 9:28 PM

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten