フィギュア採点トラブル、原因は審判の判断ミス。嘘つきは泥棒の始まり。

0
    asahi.com:
    フィギュア採点トラブル、原因は審判の判断ミス 2005年12月29日18時52分 24日にあったフィギュアスケートの全日本選手権男子で、表彰式後に、2位だった高橋大輔が優勝となり、優勝と発表された織田信成(ともに関大)が2位に変更になった採点トラブルの原因は、日本スケート連盟が当初説明していた採点ソフトの不備ではなかったことが29日、わかった。織田が規定を超える3回転ジャンプを跳んでいたのに、審判がその得点を除外しなかったことが原因という。(略)当日深夜に同連盟が行った説明では、国際スケート連盟(ISU)の採点ソフトを日本独自のソフトにする際、「規定を超える3回転ジャンプを得点から除外する設定を発注していなかった」としていた。 だが、実際はソフトには組み込まれていた。織田のジャンプの規定違反がまれなケースだったため、本来なら審判が手動で削除しなければいけなかったが、その判断が遅れたという。 24日は再三、電源が落ちるなどのトラブルが発生。男子の競技終了時点で進行が予定より15分以上遅れており、日本連盟関係者は「採点の確認作業に十分な時間が取れなかった」としている。
     日本スケート連盟は、嘘つきでした。
     審判の判断ミスを採点ソフトのせいにして言い逃れしていた。

     さらに、再度の弁明では「再三、電源が落ちるなどのトラブル」のせいにして責任をうやむやにしようとしています。
     日本スケート連盟は、こんなスポーツ精神に反するような事していていいのでしょうか?

     嘘つきは泥棒の始まりです。
     スポーツ団体がこの有様では、耐震強度偽装問題などが起こってしまうはずです。

     競技団体の名に恥じないよう性根を入れ替えて競技の振興に意を尽くして欲しいものです。

    【スイーツ年末年始セール】クリーミーで口どけなめらかチーズケーキこの滑らかな食感がやめら...
    【スイーツ年末年始セール】クリーミーで口どけなめらかチーズケーキこの滑らかな食感がやめら...
    IIIIIIIIII  チョット気になる政治・政策リンク  IIIIIIIIII 
     放課後「魔の8時間」対策を、ボランティアに委ねる「子ども生活塾」 
     06年度予算内示、「子どもの安全守る事業」概算要求の倍に。文科省は気合いを入れろ!
     ミサイル防衛共同開発費、日本は1000億―1300億円負担
     障害者自立支援法が成立。本当に自立支援になればいいけど・・・


    スポンサーサイト

    • 2018.01.16 Tuesday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << January 2018 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten