兵庫県相生市「ど根性大根」イルミネーション完成!

0
     路面のアスファルトを押しのけて育ち、一時話題になった、兵庫県相生市の「ど根性ダイコン」
     相生市では、ど根性大根をキャラクター化し市の振興に役立てたいとしていたが、このほど市職員手作りによる「ど根性ダイコン」イルミネーションが完成し谷口芳紀市長が点灯式を行った。

     と言うテレビ報道を見て、ロックフェラーセンターのXマスツリーとまでは行かなくても、大層なものが出てくるかと思いきや、小さな市役所庁舎の壁に、家庭用のXマスオーナメント程度の“つつましく、手作り感あふれる” イルミネーションに明かりがともった。

     なんと穏やかで牧歌的なイベント!
     耐震強度偽装マンション事件や、松下殺人ストーブなどで騒々しい世間とは別世界。

     市長は、「ど根性ダイコン」イルミネーションを作った市職員を、市民に元気を与えたとして、「相生市職員MVP」を授与し昇格も検討するそうです。

     イルミネーション作ったり、市職員を表彰・昇格させるとなると、「無駄だ」とか、「厚遇だ」とか、とかく騒がれる昨今だけど、相生市にはスローライフを楽しむ余裕があるのでしょう。

     世知辛い大都市で、「ダイコン」がアスファルトを押しのけて出てきても、ダンプや心ない人間に踏みつけられて話題になる前に姿を消していたかも知れません。
     大阪市のように泥どろになった大都市で便利だがセカセカと暮らすのが良いか、相生市のような都市化の進んでいない街でスローライフを楽しむが良いのか?

     このような地方毎の特色を住民が選択して暮らすことが地方分権へのヒントがあるのかな。


    上新電機

    スポンサーサイト

    • 2017.07.22 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten