松下の“殺人ストーブ”、ヒューザーの“殺人マンション”等々「本当は怖い日本の企業」

0
    Yahoo!ニュース - 産経新聞
    「軽いネジ締めで十分」 松下温風機のホース交換作業書 石油温風機による一酸化炭素(CO)中毒死亡事故を起こした松下電器産業が、温風機に外気を送り込むホースの交換作業マニュアルで、接続部のねじについて「軽く締め付ければ十分」と指示していたことが七日、分かった。 山形県内の男性(82)が、ホースを交換後にCO中毒で重体となっており、県警山形署は接続が不十分だった可能性もあるとみて、業務上過失傷害容疑で山形ナショナル電機の修理担当者らから事情を聴いている。(略)(産経新聞) - 12月7日15時32分更新
     松下電器は対応を間違った。
     最初から5万円で買取を打ち出していれば新たな死者を出さずに済んだのに・・・。

     松下電器は、一時の不調を抜けて収益力が上がっていたのに、今回の対応で企業イメージが随分と下落しました。

     やはり死者を出した三菱自動車のリコール隠しや、JR西日本の福知山線脱線事故も企業体質が疑われる事件だった。
     ヒューザーなどの耐震強度偽造マンション販売をはじめ、アイフルの利息過徴収、三井住友銀行が零細企業をねらい打ちにした金融商品抱き合わせ販売による公正取引委員会の排除勧告事案などなど、企業が起こした道義に反する行為が続きすぎる気がします。

     我が国の企業はどうなっているのでしょうか。
     「行きすぎた資本主義」「拝金主義」などがはびこっているのか、企業を動かす人間の理性が麻痺を起こしているのか。
     
     たけしの本当は怖い家庭の医学での決め文句ではないですが「このままでは、大変なことになりますよ。」って感じ。
     「本当は怖い日本の企業」にならないよう信頼度の高い経営を進めないと、国際競争力の低下などにより、国民にツケが回ってきそうな予感が致します。


    上新電機

    スポンサーサイト

    • 2020.07.04 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       「遠赤でがん治す」女子中学生もだました2人再逮捕  遠赤外線によるがん治療をうたった治療費名目の詐欺事件で、警視庁捜査2課は6日、新たに中学生など女性2人から計約665万円をだまし取っていたとして、「気光治療院」(東京都西東京市)経営・秋元繁(6
      • 憂国、喝!
      • 2005/12/10 8:11 AM
       おはようございます。松下電器の「石油温風器」による「一酸化中毒」が相次ぎ、死傷者は10人に達したそうです。該当機種を五万円で買い取ると発表しましたが、ここにきて、販売業者が、「ホースの問題点」を松下側に指摘していた事実が発覚したといいます。なんとな
      • !?
      • 2005/12/08 9:12 AM

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << July 2020 >>

      プロフィ-ル

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー


      スポンサード リンク

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten