再生会議と中教審がギクシャク…色あせた教育改革

0
    教育改革ギクシャク…再生会議と中教審 : ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
    教育改革ギクシャク…再生会議と中教審 政府の教育再生会議(野依良治座長)と中央教育審議会(文部科学相の諮問機関、山崎正和会長)との関係がギクシャクしている。「役割分担あいまい」の指摘(略) 再生会議と中教審はこれまでもさや当てを繰り返してきた。関係がこじれた背景には、「縄張り意識」に加え、再生会議の位置づけがあいまいで両者の役割分担の整理が出来ていない点が指摘されている。(略) 再生会議の委員は「首相が出席した」会議の性格を重く見て、提言の実効性に期待を寄せた。だが、教育行政を預かる伊吹文科相は、再生会議の位置づけを「首相に助言する機関」とし、文教政策を立案する機関は中教審との考えを示している。 元々、再生会議は、文部科学省や中教審など従来の教育行政に対する不信感を背景に、「これまでの枠を超えた教育改革を首相官邸主導で迅速に実行に移す」(政府筋)ため設置された。このため、山谷補佐官の「中教審見直し」発言に対し、「首相官邸サイドの本心が見えただけで驚きはない」(文科省幹部)との声が出ている。 政府側は、中教審に対して短期間で3法案の仕上げを要請している手前もあり、安倍首相は8日、記者団に山谷補佐官の発言を否定し、事態の収拾に走った。 (2007年2月10日 読売新聞)
     「産む機械」騒ぎですっかり影が薄くなった「教育改革」
     以前から小生も再生会議と中教審、さらには規制改革開放会議でも教育に関して議論されていることについて、二重行政で非効率的な状況であることを批判的に見てきましたが、山谷補佐官と伊吹文科相の意見対立などシステムの不具合が表面化してきました。
    −◆−
     政府が教育についての組織を複数存在させるのなら、きちんと棲み分けしないと組織毎に違う方向性が出て来る可能性もあります。
     そうなれば結果的に混乱するのは教育現場であり、教育を受ける子供たちが被害を被るのであります。
     ギクシャクした現状を生みだした安倍総理の責任は軽くありません。
     教育改革に注力する安倍総理の気持ちは分かりますが、混乱を整理するだけのリーダーシップがないとねぇ・・・。
     安倍総理の支持率が下がり徐々に色あせてきたように、教育改革も色あせてきた。
    |学校教育|教育・福祉|Sankei WEB
    教育関連法案、短期間でも中身のある議論を 官房長官 塩崎恭久官房長官は7日午後の記者会見で、教育再生関連3法案を3月中旬までに国会提出するとの安倍晋三首相の指示について「これまでの常識では時間的には短いかもしれないが、中身を伴って、出してもらわなければいけない」と述べ、中央教育審議会(中教審)での迅速な議論を求めた。塩崎氏は「教育再生会議で議論し、中身についても方向性を出しているのだから、中教審で受けてもらい、与党で議論してもらいたい」と強調した。 中教審の山崎正和会長は6日の記者会見で「間に合うかどうか、やってみないと分からない。今国会に出すなら抽象的に書かざるをえない。慌てずにやれることをやっていく」と述べている。 (2007/02/07 18:37)
     官房長官は「教育再生会議で方向性を出しているのだから」と迅速な議論を求めていますが、中教審には失礼な話です。
     言葉を置き直すと「再生会議で話は付いているから早く進めろ」と言っているようなものです。
     官房長官は中教審を単なるセレモニーだと位置づけている様子ですね。
     これでは「役割分担あいまい」の指摘を受けても仕方ない。
    −◆−
     「教育」は難しいものです。
     人づくりに方程式はありません。
     なのに拙速にコトを進めても良い結果は出ない。

     なにか安倍総理、安倍政権の焦りのようなものを感じます。
     とりあえず、教育に関する現状分析や戦後教育の総括を社会全体で考えないと道を誤ることになるような気がするのですが・・・。


    BOBLBE-E×NUTSコラボモデル【MTカーゴ】4Wayウエストバッグシルバーホワイト《SPECIAL COLOR E...
    にほんブログ村 政治ブログへ

    スポンサーサイト

    • 2020.01.26 Sunday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten