「たけしの本当は怖い家庭の医学」で紹介の症状が当たってた・・・

0

     11月1日OAの「たけしの本当は怖い家庭の医学」で、『本当は怖い立ちくらみ〜悪魔の騙しうち〜』という症例紹介があった。
     小さな建設会社を営むI・Tさん(51歳)は、この道一筋35年。50歳を過ぎても身体は健康そのものでしたが、ある晩、不意に立ちくらみに襲われました。立ちくらみはほんの数秒だったため気にも留めていませんでしたが、やがて測量器を覗いた時に、左目だけがぼけて見えたり、夜、床に就いた時、まるで蒸気機関車のような耳鳴りがするようになり・・・。
     ドキッ!

     具体的な症状として次の5点が・・・・
      (1)立ちくらみ
      (2)片目の視力が落ちる
      (3)蒸気機関車のような耳鳴り
      (4)片手の力が抜ける
      (5)右半身麻痺

     (1)〜(3)は特に身に覚えのある症状で、最近難儀しています。

     で、この症例の病名は「頚動脈狭窄症(けいどうみゃく きょうさくしょう)」と言うそうな。
     「頚動脈狭窄症」とは、脳に血液を送る頚動脈が動脈硬化のため狭くなってしまう病気(怖い!)

     そのまま放っておくと大変なことになりますよ…って言われても、小生が受診した医者は、そんなこと言ってくれない。

     うつ病を発病したせいか、身体のどんな不調も医者からは「心因性」だとか「ストレスのせい」と言われてお終い。
     立ちくらみが続いたときも、医者からは「内科的には原因がつかめなくても、心因性でよくある症状です」と説明された。
     説明はしてくれても、治療はしてくれない。
     放ったらかし。

     耳鳴りと、耳の痛みがひどくて耳鼻科に行ったときも同じような対応。
     「外耳炎ですけどたいしたことありません。聴覚に異常はないですから、耳鳴りしても心配いりませんよ〜」とニッコリ笑顔で説明してくれた。
     心配無いって言われても、ひどい耳鳴りが「キ−」と鳴り続けるし、耳の痛みは結構我慢できないほどなのに・・・・・(トホホ)

     患者が不調を訴えているのに、医者だけで納得するな!

     総合病院の神経内科では「これといった治療法もないので、痛みとつき合ってください」と正直に突き放してくれました。

     結局、原因不明の痛み(首筋、背中、右腕と、耳や頭)を止めるためにペインクリニックで神経ブロック注射を週に一度うち続けながら、頓服にボルタレンもらって日々誤魔化しているのだけれど・・・
     仕事するにも、これがなかなかキツイ。
     車の運転中も、腕から指まで痛みがやってくる・・・・

     「たけしの本当は怖い家庭の医学」に出てくるような医者と出逢えないものか。
     本当に「そのまま放っておくと大変なことになりますよ」です。

    ブログランキング・にほんブログ村へ


     iTunes Store(Japan)
    ◆◆◆◆ うつ病・健康リンク ◆◆◆◆
      ある日の心療内科、いつもの心療内科。
      元気ない40〜50代、男性ホルモン少なく…該当者かなぁ?
      うつ病通信/息子の運動会に行けなかった!
    「たけしの本当は怖い家庭の医学」で紹介の症状が当たってた・・・
      「睡眠7時間台でうつ最少」との調査結果が・・・。
     不健康のデフレ・スパイラル・・・。
      うつ病/川崎の元会社員、時効後に労災認定
      硬膜外ブロック注射!痛い!出費も痛い!
       政府自殺総合対策会議…自殺率20%減らすって?
      「労災病院まとめ」05年度、職場での人間関係・悩み、17%増…「警察庁」自殺対策、原因・動機など詳細を
      微妙な未病?
      超・体調不良…不定愁訴の波が襲う!メンタルが先か、フィジカルが先か?
      1月22日・うつ病日誌
      1月10日・うつ病日誌…平然を装いながら、青息吐息
       新春「初うつ」第一弾は「悪夢から」!
    年賀状、言葉の力、文字の力。
      入院患者自殺/一般病院の3割で…患者漂流
      厚労省調査−うつ状態:中学生の4人に1人!?
      うつ状態…眠前薬を飲み忘れ「悪夢」
      日テレ・大杉君枝アナ自殺か…線維筋痛症に悩む?

    「うつ病」で夏休み。子供の熱血担任が・・・/うつ通信癸
    雅子さまのご病状と週刊誌の非常識(怒)・うつ通信癸
     うつ病と家族・うつ通信癸
    うつ病は「心」と「身体」の病気です・うつ通信癸
    うつ病の憂鬱・うつ通信癸
    うつ病のこと・うつ通信癸
    恐るべしストレス。うつ病=「心の骨折」・うつ通信癸



    スポンサーサイト

    • 2017.05.13 Saturday
    • -
    0
      • -
      • -
      • -
      • -
      • -

      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      ↑拙作です↑1. 本当は怖い家庭の医学:目のぼやけと手荒れ 本当は怖い家庭の医学で取り上げられたのは以下の通り: ……最近孫が生まれた。趣味のカメラで孫を撮影するように。ある日いつも通りに孫の写真を撮ろうとしたら、孫の顔が急にぼやけて見えた。一瞬だけだ
      • メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記
      • 2005/11/09 1:51 PM

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      プロフィ-ル

      profilephoto
      スポンサード リンク

      最近の記事

      過去記事(プルダウン)

      ショップ

      新ドラマQ

      Rakuten

      スポンサード リンク


      カテゴリー

      一日一善!!

      忍者アド


      楽天

      recent trackback

      リンク

      search this site.

      others

      レバレッジ

      PR

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM
      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

      Rakuten