『シャーロック』第6話◆前世殺人の陳腐な結末

0
    『シャーロック』第6話

    誉高校生の綾香が家族に突然「ジュンちゃんを殺した」と話し、証言通り白骨遺体が見つかる。しかし、遺体は死後20年以上が経過しており、綾香に犯行は不可能だ。マスコミが‘前世殺人’と騒ぐ中、獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は調査を開始。綾香に話を聞き、彼女が男に追い掛けられたトラウマから、母親の勧めで大学病院の精神神経科に通っていることを知る。
    ドラマ開始5分。准教授の宇井宗司(和田正人)が登場。
    この時点で、今回の”犯人”は割れちゃった。
    メインゲストが犯人であることは、このドラマの特色・・・。
    −◆−

    女子高生の綾香(吉川愛)が生まれる前の20年前の殺人事件について証言。
    すわ「前世殺人」かと騒動になる。

    この「前世殺人」の謎が今回のエピソードの柱。

    宇井(和田正人)の学生時代の失恋と、綾香の家庭での淋しさが事件の契機・・・。

    前世の記憶の謎は、宇井がカウンセリングのさいに、綾香にビデオを見せまくって記憶を植え付けようといしたというもの。
    結局、記憶の植え付けは失敗に終わっていたのだが・・・。

    なんて陳腐な顛末でしょうか!?
    陳腐すぎて話にならない。

    こんなドラマに「原作・シャーロック・ホームズ」などと言って欲しくないわ。
    −◆−

    ディーン・フジオカの身振り手振りを付けてのセリフ回しは大仰で小生の好みから外れてるし、ディーン・フジオカによる音楽も好きじゃ無い。

    和田正人も准教授役が似合っているとは思えなかった。

    とにかく、良い部分が全然無かった印象の第6話だった。



    『モトカレマニア』第4話◆第一章完結??

    0
      『モトカレマニア』第4話

      ユリカ(新木優子)がマコチ(高良健吾)との関係に悩む一方で、マコチも自身の行動について‘脳内会議’を展開。ひろ美(よしこ)に相談したユリカは、奮起して仕事に出掛ける。山下(浜野謙太)は好意を向けてくる同僚・千鶴(趣里)に向き合うが、その意外な反応に動揺。さらに、元恋人・むぎ(田中みな実)が東京にいると知る。その頃、さくら(山口紗弥加)は過去の恋を振り返っていた。
      今回は、ユリカ(新木優子)のエピソードと並行して、さくら(山口紗弥加)、千鶴(趣里)、むぎ(田中みな実)たちの話しが挿入されたせいか、話しが前に進まなかった印象で、小生の脳内では登場人物が渋滞してグダグダな感じになっちゃった。

      そもそも、マコチ(高良健吾)とさくら(山口紗弥加)が同居してるなんて設定に無理がある気がするし・・・。
      −◆−

      今回で「第一章完結」ってことなんだけど、どこが完結なんだろうか??

      そんな完結した部分は見当たらない気がしたけど、小生が何か見逃しているんだろうか?
      「チロリアン不動産」に正式採用されたから、これが一段落ってことなのかぁ??
      どうしても「第一章完結」というフレーズが腑に落ちないわ。
      −◆−

      前回の感想でも申し上げたが、番組公式HPの概要欄に書かれている「恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描く“ざわざわ”ラブコメディー」っていう雰囲気が皆無で、マコチ(高良健吾)の脳内会議や、安藤(小手伸也)たちが光る洋服で踊りながらユリカを祝うシーンなんかも全然可笑しくなかった・・・。

      コミカルじゃない上に、「恋愛で誰しもが感じる“あるある”」も見えてこないし、千鶴(趣里)あたりの動きを見ていても、心が“ざわざわ”することもないし・・・。
      −◆−

      毎回書いている”ヒロインの魅力不足”については、今回も相変わらずだった。
      もしも『逃げ恥』を新木優子と高良健吾のコンビでドラマ化していたら、ガッキー&星野源によるものほどヒットしただろうか??

      新木優子って、目元の魅力に欠ける気がして仕方ない。

      とにかく、成り行きで『モトカレマニア』を観察し続けているけど、限界が近づいてきた気分であります。
      −◆−

      第4話の平均視聴率は3.0%
      衝撃的な低視聴率。
      ボクシングの中継が延長になって30分遅れの開始だったけど、それにしても酷い数字。
      打ち切りラインを超えちゃったかも・・・。

      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

      JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




      『シャーロック』第5話◆子離れできない母親の物語

      0
        『シャーロック』第5話

        国会議員の息子で会社員の町田の部屋で、大量の血痕と凶器を見つけた恋人が警察に通報してきた。ところが、現場検証中に帰宅した町田は犯行を否認。血痕は致死量にもかかわらず遺体は見つからない。江藤(佐々木蔵之介)の依頼で、獅子雄(ディーン・フジオカ)は若宮(岩田剛典)と捜査を開始。血液は町田のパワハラを受けていた乾のもので、母・千沙子から捜索願が出されていた。
        事件に関わろうとしない獅子雄(ディーン・フジオカ)を引っ張り出そうとする若宮(岩田剛典)が「死体が歩いたのだろうか」と挑発すると、あっさり事件解決に乗り出す獅子雄・・・・。
        『ガリレオ』での湯川(福山雅治)と内海(柴咲コウ)のやりとりなどと比べると、会話のやりとりが簡単すぎてつまらない。

        そして、獅子雄のあの髭はホームズには見えないし・・・。
        ついでに言うなら、劇中流れる歌も好みじゃないわ。
        −◆−

        「この世に完全犯罪は無い。」と獅子雄・・・。
        千沙子(若村麻由美)の犯罪は、完全犯罪を持ち出すほど緻密なものじゃない気がした。

        そもそも、今回のゲストが”若村麻由美”である時点で、なんとなく物語の先は見えちゃう。
        著名なゲストが犯人であることは、このドラマの特色・・・。

        『コロンボ』や『古畑任三郎』のように、最初に犯人が分かるケースならともかく、一応は犯人捜しや謎解きが柱となっている本作では、こういう犯人の割れ方は興醒めだ。

        このドラマは、”コロンボ”じゃ無くて”ホームズ”なんだから犯人捜しに熱中したいじゃん。
        −◆−

        結局の所、今回は”子離れできない母親”の狂気の物語だった。
        もはや、ミステリでは無くホラーに近づいちゃってる。

        これのどこが「原作・シャーロック・ホームズ」なのか腑に落ちない。
        『シャーロック・ホームズ』へのリスペクトを感じられない。
        −◆−

        結論。今週は『Qさま』がお休みだったので視聴したけど、どうしても見逃せないドラマではない感じ・・・。

        にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ


        『モトカレマニア』第3話◆打ち切りライン…

        0
          『モトカレマニア』第3話

          ユリカ(新木優子)の配ったチラシを見た物件購入希望者が現れる。ユリカは先輩であるマコチ(高良健吾)から今後の流れを教わることになり、アルバイト先で出会った当時を思い出す。一方、マコチと暮らすさくら(山口紗弥加)は、彼のユリカへの思いを聞く。そんな中、購入を迷う客への対策を考えるユリカは、マコチや安藤(小手伸也)に背中を押され、自分に何ができるか考える。
          番組公式HPの概要欄には「恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描く“ざわざわ”ラブコメディー」だと書かれているけど、小生はクスッと笑えるような可笑しいシーンが思いつかない。

          例えば、ユリカ(新木優子)とマコチ(高良健吾)の”コスプレ分身”のシーンも全然可笑しくない。
          −◆−

          「チロリアン不動産」における”お仕事ドラマ”としての可笑しさも薄い。
          同じ不動産屋を舞台にした『家売るオンナ』なんかと比べると、明らかに見劣りがする。
          −◆−

          可笑しくない上に、恋愛要素についてもキュンとこないから致命的。
          ユリカがマコチに「好き」と言っちゃって互いに困惑する場面や、二人が「キス」したシーンでさえ、感情が刺激されることは無かった。

          マコチと暮らすさくら(山口紗弥加)の存在も中途半端で、恋愛模様を浮き立たせるほどの要素になっていないし、他の出演者もキャラが立っていない。
          −◆−

          毎回書いている”ヒロインの魅力不足”については、相変わらずだった。
          新木優子って、目の表情がイマイチで、輝くような魅力を感じない。
          ドラマで主演するには、もう一皮むけないと厳しいような印象を受ける。

          高良健吾も、ラブコメには合わないんじゃないかなぁと今回も思った。
          −◆−

          第3話の平均視聴率は4.1%。
          もはや打ち切りラインである。


          『シャーロック』第4話◆犯人はやっぱり…

          0
            『シャーロック』第4話

            ボクシングのライト級世界王者・梶山が試合直前に姿を消し、1時間ほど前に起きた殺人事件の現場で目撃されたことが判明する。獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は、その殺人事件の被害者の村川がかつて公園の遊具のロープを切る事件を起こし、重傷者を出していたと知る。一方、梶山の控え室にあった女性物の傘に注目した獅子雄は、ジム会長・石橋に質問する。
            今回も、ミステリとしては物足りなさを感じるストーリーだった。
            −◆−

            過去2話は、ゲストの”菅野美穂”、”伊藤歩”がそれぞれの事件の中心におり、配役から事件の結末が見える展開だったが、今回も”金子ノブアキ”が怪しいと思っていたら、予想に違わぬ結末・・・。

            仮にも『シャーロック』を冠したドラマならば、ミステリとして謎解き要素が濃くあるべきだと考えるのだけど、「女物のオレンジの傘」の謎では弱い・・・。

            ホームズの緻密な推理の積み重ねに対して、獅子雄(ディーン・フジオカ)の場合は、勘に頼った謎解きにしか見えてこないからミステリとしての面白さが希薄になっちゃう・・・。
            −◆−

            細かい点でも、ツッコミどころが・・・。
            若宮(岩田剛典)が調査に訪れた学校では、「退学届」や「クラス名簿」を簡単に見せてくれたんだけど、これほど個人情報保護が行き届いた時代だとは思えないような場面になってしまっていて、なんかドラマのリアリティを薄めてしまった印象。
            −◆−

            獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)の関係性も、ホームズとワトソンのそれに比べると、いまいち何かが足りない気がする。

            とにかく、すべての面においてBBC版の『SHERLOCK(シャーロック)』と比べると、実に寂しい出来映えになっている。
            音楽も好みじゃ無いし・・・。

            そもそも、カンバーバッチとディーン・フジオカを比較することが間違いなのかもしれないなぁ・・・。


            『モトカレマニア』第2話◆魅力不足

            0
              『モトカレマニア』第2話

              ユリカ(新木優子)は山下(浜野謙太)の事情を知り、彼と友達以上恋人未満の付き合いをしていくことで、マコチ(高良健吾)を思う‘モトカレマニア’からの脱却を目指すと宣言。仕事中のマコチの言動にときめいてしまう思いを必死で振り払う。そんな中、ユリカと山下は‘王道デート’をすることに。一方、ユリカとの写真に懐かしさを抱いたマコチは、ユリカの元に向かい…。
              ヒロインの魅力不足については、初回感想と変化無し。
              新木優子って、目の表情がイマイチで、魅力を感じない。
              ドラマで主演するには、もう一皮むけないと厳しいような印象を受ける。

              高良健吾も、ラブコメは合わないんじゃないかなぁ・・・。
              高良健吾も新木優子も、コスプレシーンが面白さに繋がっていないし・・。

              山下(浜野謙太)をはじめとするその他のキャラも魅力が薄い。
              −◆−

              ストーリーも面白さが希薄で、例えば脱MKM同盟なんてのも全然面白くない。
              もはやラブコメとして成立していない感じ・・・。

              薄口のドラマで見所が無く、今回も視聴率は5.2%と悲惨な数字で回復は望めそうに無い。
              クスッと笑えたり、キュンときたりする所の無いトホホなドラマである。


              にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

              JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




              『シャーロック』第3話◆ダイイングメッセージが…

              0
                『シャーロック』第3話

                東京・渋谷の空き家で身元不明の老人の遺体が見つかった。獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は江藤(佐々木蔵之介)から、そこが5年前の「地面師詐欺事件」の舞台で、事件後、詐欺被害に遭った建設会社の社長が自殺をした家だと聞く。獅子雄は遺体の手の部分にある3本の木の枝に気付く。やがて遺体が地面師事件の犯人の1人と判明。そこへ捜査二課の利枝子が現れる。
                3本の木の枝の意味するものはモールス信号だった・・・。
                あれではダイイングメッセージが弱い気がした。
                謎解きの醍醐味が薄すぎる。
                −◆−

                前回、ゲストが”菅野美穂”である時点で、ある程度結末は想像がつくようなエピソードだったけど、今回もやはり”伊藤歩”が出てきた時点で、ただの登場人物だとは思えなかった。

                コロンボみたいに、最初に犯人が分かっていて、それを主人公が追い込んでいくならこういう配役でも有りだと思うけど、『シャーロック』といえば謎解きが売りの筈だから、なんか興醒めしちゃう。
                −◆−

                ワトソン=若宮(岩田剛典)の存在感が薄すぎるような・・・。
                ホームズ=獅子雄(ディーン・フジオカ)による謎解きもなんだか物足りない感じがするし・・・。
                総じて、ドラマ終了時に後味が希薄というか、内容が心に残らない。
                前作『監察医 朝顔』は、余韻を残すような造りだっただけに、余計に『シャーロック』の出来映えが物足りなく感じられる・・・。


                『モトカレマニア』第1話◆新木優子が…

                0
                  『モトカレマニア』第1話


                  失業中のユリカ(新木優子)は5年前に別れた元恋人・マコチこと真(高良健吾)が忘れられず、彼と妄想の会話を繰り広げる毎日を過ごしている。現実を見ずに思い出に浸ることに幸せを感じるユリカを、親友のネイリスト・ひろ美(よしこ)は心配していた。不動産会社に何とか仮採用されたユリカは、客の山下(浜野謙太)と意気投合。さらに出張帰りの社員がなんとマコチで…。
                  不倫騒動の小手伸也が映ってる・・・。
                  それはさておき、初回はあまり面白くなかった。

                  ユリカ(新木優子)が就職した不動産会社に、偶然元カレのマコチ(高良健吾)が居たという偶然が出来すぎていて受け入れられない感じがした。

                  キュンとくる要素も薄かった。
                  −◆−

                  最もこのドラマに心が動かなかった原因は、ヒロインを演じる新木優子の魅力不足かな・・・。
                  目に輝きが無いと言うか、オーラが薄いと言うか、表情が豊かじゃ無いと言うか、とにかく主演としては何かが足りない気がする。

                  彼女の主演ってのは、そもそも『SUITS/スーツ』『トレース〜科捜研の男〜』と月9に2連続出演するなど、事務所のゴリ押しなのかなぁ。
                  −◆−

                  で、初回視聴率5.6%と沈没した本作。
                  『ドクターX』が時間拡大で一部時間が被ったのも影響したかもしれないけど、2話以降に劇的に視聴率がアップするようなドラマだとは感じられなかった・・・。

                  継続して視聴するかは微妙だ。

                  にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ


                  『シャーロック』第2話を観た。

                  0
                    『シャーロック』第2話

                    江藤(佐々木蔵之介)に呼ばれた獅子雄(ディーン・フジオカ)は、同居人の若宮(岩田剛典)を伴い警視庁へ。列車にひかれて亡くなった女性が、所持品が示す「博美」とは別人だという。獅子雄はこの‘成り代わり’の謎を追い、婚約者・佐々木(内村遥)や過去に博美の弁護を担当した弁護士・藍子(菅野美穂)に会う中で、藍子の事務所のアルバイト・美沙(岸井ゆきの)に着目する。
                    ゲストが”菅野美穂”である時点で、ある程度結末は想像がつくような・・・。

                    それはまあ良いとして、主人公の名推理で事件が解決するというホームズ的な要素が希薄なのが気になる。

                    シャーロック・ホームズと言えば、凡人を凌駕する「圧倒的な推理力」が売りの筈なんだけど、獅子雄(ディーン・フジオカ)は多少の観察眼を見せるものの、決定的な推理スキルの高さは持っていないように感じて物足りない。

                    総じて、名探偵ならばのオーラも漂わない。

                    結果的に、獅子雄との会話で藍子(菅野美穂)が勝手にべらべらと事実を白状しただけみたいにしか見えなかった。
                    そして、またもや時間拡大のせいで、物語は辛気くさい展開となり退屈だったのもよくない・・・。

                    ディーン・フジオカや岩田剛典の信者でも無いオジサンの小生には、このドラマは向いていないのかもしれないなぁ・・・。

                    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                    『シャーロック』第1話を観た。

                    0
                      『シャーロック』第1話

                      主人公★★★
                      脇役陣★★★
                      脚本★★
                      演出★★★
                      撮影★★★

                      『シャーロック』第1話を観た。
                      視聴率は12.8%と良い数字。
                      −◆−

                      比較するのも何だが、「現代版ホームズ」ということで、ベネディクト・カンバーバッチ主演の『シャーロック』と見比べてしまった。

                      カンバーバッチとディーン・フジオカでは、やはり名優カンバーバッチに軍配が・・・。
                      他にも、演出、撮影、脚本も圧倒的な差を付けられている印象。
                      −◆−

                      灰汁の強い獅子雄(ディーン・フジオカ)だが、彼が大活躍して事件を解決したようには感じられなかった。
                      だって、なんとなく犯人が割れちゃうでしょ・・・。

                      で、なんだかモヤモヤした展開は、30分拡大で冗長だったせいかな??
                      スカッとしないんだもの・・・。
                      『相棒』を見てる方が安心感があるわ。
                      −◆−

                      江藤(佐々木蔵之介)と部下を演じる”山田真歩”って、『花子とアン』のときは印象的な女優だと感じたけど、本作ではそれほどじゃない感じだった。
                      −◆−

                      総じて、家人はこのドラマがまずまず気に入った模様。
                      ディーン・フジオカが出ているだけで値打ちがあるらしいんだけど、小生には理解の範疇では無いのであります。

                      どうやら、ディーン・フジオカや岩田剛典がお好きな方には、それだけでアドバンテージなようだ。
                      小生は、早くも『監察医 朝顔』が懐かしい。

                      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

                      JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                      | 1/82PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      プロフィ-ル

                      profilephoto
                      スポンサード リンク

                      最近の記事

                      過去記事(プルダウン)

                      ショップ

                      新ドラマQ

                      Rakuten

                      スポンサード リンク


                      カテゴリー

                      一日一善!!

                      忍者アド


                      楽天

                      recent trackback

                      リンク

                      search this site.

                      others

                      レバレッジ

                      PR

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                      Rakuten