『スタートレック:ピカード(season1)』感想

0
    陰鬱な気分にさせる「アットホーム週間」の対策として『スタートレック:ピカード(season1)』全10話を3日かけて鑑賞した。

    トレッキーの小生にとっては、ピカード提督の顔を見ることが出来ただけで落涙もの・・・。
    歳を重ねたパトリック・スチュワートの奥行きのある演技が素晴らしかった。

    (退役していたピカード提督が、胸に通信バッジを付けたシーンを観ただけで鳥肌ものだった。)
    −◆−

    ストーリーについては、ネタバレになるので省略するが、ジャン=リュック・ピカードの高潔な性格が精緻に再現されており、大満足。

    人工生命(アンドロイド、シンス)の物語が、ピカード艦長の運命に大きく関わるストーリーは抑制的だけど壮大で、ど派手な『スタートレック・ディスカバリー』とはまた違う味わいでした。

    まさにピカードらしさが詰まった作品でした。
    −◆−

    データ少佐役のブレント・スパイナー、ウィリアム・ライカー役のジョナサン・フレイクス、ディアナ・トロイ役のマリーナ・サーティス、セブン・オブ・ナイン役のジェリー・ライアンら懐かしいメンバーの出演も嬉しい限り・・・。

    フェレンギのクワークについて一言だけ言及があったのも心くすぐられたし、スン博士の息子の登場にも心つかまれた。

    そして、麦人さんや大塚明夫さん、大塚芳忠さんをはじめとするオリジナル声優さんたちが続投してくれていたのも、とてもヨカッタ。

    セカンドシーズンが待ち遠しいです。

    JUGEMテーマ:海外ドラマ




    『スタートレック・ディスカバリー(season2):甘い悲しみ1.2』シリーズ屈指の傑作

    0
      『スタートレック・ディスカバリー(season2)』第13〜14話★★★★★

      ネットフリックスの”1ヵ月無料体験”を利用して『スタートレック・ディスカバリー(season2)』第13〜14話「甘い悲しみパート1.2」を観なおした。

      一度観たんだけど、どうしてももう一度観たくなって・・・。
      −◆−

      「甘い悲しみパート1.2」は映画並みのクオリティで、全スタートレック・シリーズの中でも屈指の傑作。

      『スタートレックTNG :浮遊機械都市ボーグ(前.後編)』等、過去の名作エピソードにならぶ出来映えでは無かろうか。

      宇宙での戦闘シーンは激しさが半端なく、手に汗を握る。
      タイラーに導かれたクリンゴン艦隊が助太刀にやって来たときには鳥肌が立った。
      −◆−

      ワームホールを抜けて遙か遠くへ飛び立ったマイケルとディスカバリーの運命や如何に・・・。
      マイケルを取り巻くドラマ部分もよく出来ていたなぁ・・・。
      感動的でも有り、サスペンスフルでもあった。

      サードシーズンが待ち遠しくて堪らない。
      −◆−

      ネットフリックスは、スタートレック以外は観たいコンテンツが少なかった。
      ”1ヵ月無料体験”でちょうど良い塩梅だったが、サードシーズンからは有料で観ることに・・・。

      2020年年より配信される新シリーズ『スタートレック・ピカード』は、アマゾンらしい。
      これも、”1ヵ月無料体験”で視聴できるかなぁ・・・・。

      とにかく、スタートレックは面白い!!


      『スタートレック・ディスカバリー(season2)』鳥肌ものの傑作

      0
        『スタートレック・ディスカバリー(season2)』★★★★★

        ネットフリックスの”1ヵ月無料体験”を利用して『スタートレック・ディスカバリー(season2)』全14話を観た。

        四十数年前の高校時代に、『宇宙大作戦』(TOS)を観てからの熱狂的なトレッキーである小生は『スタートレック・ディスカバリー(season2)』に、ダダ嵌まりした。

        見始めると、もう止まらない!!

        「シーズン2」ではパイク船長が登場したことでストーリーが巧く回転し、苛烈な物語だったシーズン1よりも良い出来映えだった。

        タロスの幻怪人とパイク船長の運命が描かれたTOSのエピソードとの絡みも巧く出来ていた。

        そして「シーズン2」の最終話辺りでのセクション31艦隊とディスカバリー、エンタープライズの間での艦隊戦は激しくて目が離せない状態!
        AIの人間体であるリーランドと、ジョージャウが戦うシーンも、素晴らしいアクションだった。

        それに、エンタープライズの勇姿を見ることが出来ただけでも心躍る・・・。
        −◆−

        『スタートレック・ディスカバリー(season2)』の素晴らしさを個別に書き始めるときりがない。
        とにかく、血湧き肉躍る展開に没入したまま最終話まで突っ走った感じ。

        最後の最後で、ようやく髭を剃り艦隊の制服に着替えたスポックを目にして、また鳥肌が・・・。

        とにかく、はやく「シーズン3」を見たい!!
        マイケルの運命や如何に・・・。

        新作『スタートレック・ピカード』も早く見たいものであります。

        にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

        JUGEMテーマ:海外ドラマ




        海外ドラマ『サバイバー: 宿命の大統領〜第12話』感想

        0
          備忘録。
          録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、本日鑑賞したのは下記の通りであります。(ネタバレ注意)

          「サバイバー: 宿命の大統領」第12話★★★★★
          また新たに陰謀が明らかになったことで、捜査が進んでいく。一方、ホワイトハウス内に疑いの空気が流れ始めたことにより、アーロンとエミリーの関係性に緊張感が走る。一方ハンナは、更に真相に近づいていく。
          ハンナが罠をかけ、マクリーシュを追い詰めた。
          そのとき、マクリーシュの妻が現れ、銃を・・・そして衝撃の展開!!

          相変わらずエンターテインメントに徹した荒唐無稽とも言えるストーリーは、緊迫感にあふれて面白い。

          いよいよ目が離せなくなった。

          にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ


          クリミナルマインド(season10)★視聴撤退

          0
            長年にわたって「クリミナルマインド」を見続けシーズン10の途中まで来たが、あまりにもマンネリ感が強くなって我慢の限界が来た。

            ホッチたちがプロファイルして、ガルシアがパソコンを駆使してデータを検索すると犯人に行き当たるというパターンに飽きちゃったのであります。
            大ファンだったんだけど、これほどパターン化が進むと、もう無理。

            さらには、ホッチやモーガンも居なくなっていく展開は寂しすぎるし・・・。

            だから視聴撤退を決意し、HDDにため込んできた「クリミナルマインドseason10」の途中から「season11」を消去した。

            なんか寂しい気もするが、HDDが満タンになってきたので仕方ない・・・。
            さらば「クリミナルマインド」

            JUGEMテーマ:海外ドラマ




            海外ドラマ『ARROW/アロー(season6)第4話』感想

            0
              備忘録。
              録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、本日鑑賞したのは下記の通りであります。(ネタバレ注意)

              「ARROW/アロー(season6)」第4話★★★
              フェリシティとオリバーはディナー・デートに出かける。しかしフェリシティは途中でチーム・アローからの呼び出しを受け、デートは中止に。バーの外で男の遺体が発見されたのだ。ダイナは「耳元でキャナリークライをやられるとこういう死に方になる」と言う。チーム・アローはさっそく・・
              ケイデンがプランを実行すると世界人口の3%に相当する3億人が犠牲になることをフェリシティが知る。

              チームは、殺人を続ける闇ローレルを追う。
              アローではなくなったオリバーは、今回も作戦には参加しない模様だ。
              −◆−

              ついにケイデンがフェリシティの前に現れた。
              『PERSON of INTEREST』のハロルドや!
              ローレルも一緒だ。

              ディグル達チームがやってきてフェリシティを救出。
              逃走したケイデンの目的は、インターネットを崩壊させて社会を混乱させることだと判明。
              −◆−

              ケイデン達がインターネットの根幹施設に到着。
              遅れてディグル達がやって来て、ケイデンの部下と交戦。
              フェリシティはケイデンが仕掛けたウイルスを阻止。

              しかしケイデンと闇ローレルには逃げられてしまった。
              −◆−

              スレイドからオリバーに電話が入って、次回へ続く・・・・。

              今回も、オリバーはあまり活躍しなかった。
              なんだか、テンポも良くない印象・・・。
              痛快さが足りない気がした。

              にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

              JUGEMテーマ:海外ドラマ




              海外ドラマ『アンダー・ザ・ドーム(season2)第13話(最終回)』感想

              0
                備忘録。
                録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、本日鑑賞したのは下記の通りであります。(ネタバレ注意)

                「アンダー・ザ・ドーム(season2)」第13話(最終回)★★
                チェスターズミルに閉じ込められた住人たちにドームの壁がじわじわと迫る中、ドームの出口らしきものが現れる。
                メラニーが吸い込まれた穴を探索するジョーとノリーとハンター。
                そこには地下通路が存在していた。
                ノリーの容姿が個性的で、性格的にも小生はあまり好きじゃ無い・・・。

                瀕死の母ポーリーンを介抱するジュニア。
                ジュニアは、第1シーズンの当初から考えると、キャラ変の幅が大きすぎる気がする。

                ポーリーンの願いを聞き入れて安楽死させたレベッカを、ビッグ・ジムがハンマーで撲殺。
                いやはや、簡単に登場人物が死んじゃうドラマだわ・・・。

                復讐を誓ったビッグ・ジムは、アンドレアを人質にしてジュリアに銃口を向ける。
                先にアンドレアを銃殺したビッグ・ジム。
                また登場人物が死んじゃった。
                ジュリアを追い詰め、ハンマーで撲殺しようとするビッグ・ジムだが、ジュリアがナイフで足を刺して森へ逃げる・・・。
                銃を発砲しながら追いかけてくるビッグ・ジム。

                森でジュリアを見つけたジュニアが拳銃を持ってビッグ・ジムと対峙・・・。
                ジュニアがビッグ・ジムに発砲し、そのまま置き去りにして穴へと向かう。

                一方、バービーは住民を連れて地下通路へ降り立った。
                地下通路の裂け目が広がり、ジュリアは先へと進めなくなった。
                バービーは必ず戻るとジュリアに告げて先へと進んでいった。

                地下通路を進んでいくと、やがて行き止まりに・・・。
                蝶に導かれるようにバービーが岩石の壁を触ると、壁が崩れて白い光がまばゆく目に飛び込んできた。
                そこにメラニーが現れ「ついてきて。家に帰りましょ。」と呟く。
                ここで第2シーズンは終了し、第3シーズンへと続く・・・・。
                −◆−

                第2シーズンは、かったるいエピソードばかりで面白くなかった。
                これほど原作から離れては、もはやカオス状態だ。
                しかし、せっかくここまで見続けてきたのでファイナルシーズンとなる第3シーズン開始を待つばかりである。


                JUGEMテーマ:海外ドラマ




                海外ドラマ『サバイバー: 宿命の大統領〜第11話』感想

                0
                  備忘録。
                  録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、本日鑑賞したのは下記の通りであります。(ネタバレ注意)

                  「サバイバー: 宿命の大統領」第11話★★★★★
                  国家も国民も、連邦議会議事堂の階段で起きた銃撃事件から少しずつ立ち直りつつある。一方エミリーは、ホワイトハウスに内通者がいる可能性があると知ったことで、苦悩する。そしてハンナは、国会議事堂爆撃の裏に隠された陰謀を暴露しようと決意する。
                  カークマン大統領が狙撃されたが、命には別状が無く済んだ。

                  狙撃を阻止しようとした必死で駆けつけたハンナは、実行犯の共謀者と勘違いされて拘束された。

                  一方、副大統領に就任したマクリーシュは、早速大統領の職務を代行することに・・・。
                  なんだか、怪しいのはマクリーシュだけではなく、彼の奥さんも怪しい気配だ。
                  むしろ、弱気のマクリーシュを後押ししているような印象さえ受ける。

                  狙撃犯を包囲した部隊に、狙撃犯を射殺するよう命じるマクリーシュ・・・。
                  いよいよ怪しくなってきた。

                  拘束されているハンナから密かに情報を得てチャックを尋ねたシークレットサービスのマイク。
                  チャックは、ハンナが掴んだマクリーシュと狙撃犯が繋がっているという情報をマイクに伝える。

                  証券取引所を休ませるよう助言を得たマクリーシュだが、これを聞き入れず結果的に株価は暴落する。
                  マクリーシュは国益を考えていない様子だ。
                  いったい彼は何を狙っているのだろうか?

                  カークマンは無事に手術を終え、窓から国民に手を振るまでに回復。
                  その様子をテレビで観たマクリーシュは暗い顔だ。

                  マイクが大統領の病室にハンナを連れて来た。
                  ここで次回へ続く・・・・。
                  −◆−

                  今週も退屈する場面が無く、とても面白かった。
                  ハンナはカークマン大統領に何を語るのか・・・時間が楽しみだ。

                  にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ


                  海外ドラマ『MACGYVER/マクガイバー(season2)第14話』感想

                  0
                    備忘録。
                    録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、本日鑑賞したのは下記の通りであります。(ネタバレ注意)

                    「MACGYVER/マクガイバー(season2)」第14話★★★
                    マクガイバーとジャックが指令室へと入ると深刻な顔のマティが待っていた。デューク・ジャコビーなる男が再びニューオーリンズに現れたという。それを聞いたジャックは凍り付くが、マクガイバー、ライリー、ボーザーには初めて聞く名前だ。マティたちの反応から相当な悪党かと構えるが、状況説明で画面に映し出されたのは笑顔のジャックだった。
                    拉致されたジャックを救出するエピソード。

                    今回は、いつものようなマックの活躍度はやや大人しめで、少し残念な回だった。

                    JUGEMテーマ:海外ドラマ






                    海外ドラマ『スコーピオン(season4)第10話』感想

                    0
                      備忘録。
                      録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、本日鑑賞したのは下記の通りであります。(ネタバレ注意)

                      「スコーピオン(season4)」第10話★★★★
                      ニューメキシコで山あいの岩をどかす作業を片付けて引き返そうとしたスコーピオンは、セスナ機の墜落を目にする。メンバーたちが墜落現場にかけつけると、そこにはフランクと負傷した娘ジェシーがいた。フランクは「息子のイライジャがパラシュートで飛び降りたので探したい」と言い、ウォルターとペイジは早速フランクとともにイライジャを探しに行くが……。
                      飛行機が墜落し、ウォルターたちが救助した親子は薬物売買に関わる犯罪者だった。

                      ウォルターとペイジがフランクから逃れようとして岩穴に閉じ込められてしまうが、トビーが救出。
                      墜落機のそばに残っていたハッピーのもとに拳銃を持ったフランクが帰って来た。

                      しかし、ウォルターとペイジ、トビーが機転を利かせてフランクを阻止して危機脱出。
                      めでたし、めでたし・・・。
                      −◆−

                      ケイブとスライがコリンズに翻弄されるエピソードも並行して描かれ、面白かった。

                      適度にユーモラスで、適度に緊迫感もあって、テンポも良いし、さらにはキャストの個性にもエッジが効いていて、かつ各々の関係性もシッカリ描けており、とても良い感じだ。

                      小生は、このドラマが気に入っている。


                      | 1/48PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      プロフィ-ル

                      最近の記事

                      過去記事(プルダウン)

                      ショップ

                      新ドラマQ

                      Rakuten

                      スポンサード リンク


                      カテゴリー


                      スポンサード リンク

                      忍者アド


                      楽天

                      recent trackback

                      リンク

                      search this site.

                      others

                      レバレッジ

                      PR

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                      Rakuten