ロンドン五輪閉幕〜米満 金メダル締め「38メダル」

0
    レスリング男子フリースタイル66キロ級で米満達弘選手が金メダルで大会を締めてくれました。

    相手がインドのスシル・クマール選手だったから怖かった。
    小生の世代は《インドの狂虎タイガー・ジェット・シン》のイメージがあるから・・・。

    準決勝では相手選手がスシル・クマールに耳にかみつかれたと言うほどだから、タイガー・ジェット・シン的な激しい気迫!!

    しかし米満は危なげなく試合を進め、タックルから相手を持ち上げて、プロレスの”バックフリップ”的な大技(昔は「飛行機投げ」と言ってたような技)を決めて相手を圧倒!!

    人間発電機ブルーノ・サンマルチノもビックリの力業!!

    相手がタイガー・ジェット・シンであろうと、米満選手ら日本選手団のシングレットには虎の顔が浮かんでいるのだ!!
    「虎だ、虎だ、虎になるんだ!!」伊達直人か!

    新井兄弟がホームラン打ってタイガースは勝ってるし・・・。
    タイガースと言えば、かつて所属した左腕・江草投手と女子バレー竹下が結婚だって!!
    −◆−

    NHKは『平清盛』をお休みしてマラソン中継。
    先週も休んでおけば視聴率7.8%という屈辱を免れていたのになぁ・・・。

    (低視聴率は《崇徳院の呪い》が原因らしいから、オリンピックは関係なかった??)

    一方NHK BSでは『薄桜記』を一気放映。
    目立っていないけど、静かな反響!!
    薄桜記祭り!!

    結局、『薄桜記』ほど面白ければ五輪に関係なく視聴者は観るってことかな・・・。
    オリンピックにゲップが出そうで、他のものを観たい視聴者を取り込めるはず・・・。
    −◆−

    閉会式は『英国音楽のシンフォニー』

    曲に被せてぐちゃぐちゃ喋るから『NHKアナウンサー黙れ!』という声が上がってるそうですねぇ。
    (アナウンサーは「白身=無言」が怖いという性質を持ってる)

    で、復活スパイスガールズジョージ・マイケルに、モンティ・パイソンのエリック・アイドルだとか、クイーンのブライアン・メイだとかは何となく分かるんだけど、ミュージシャン全般については付いて行けないわ。

    もし日本で『東京五輪』が開かれたら、閉会式ではとかAKB48とかEXILEが唄い踊ちゃう?(嵐とAKBの唄はクチパクが無難。生唄はヤバイ)

    巨大衣装の小林幸子も登場??(社長騒動でNG?)


    世界のオタクの皆さんのためには”ワンピース””ナルト”とかの『アニメ着ぐるみショー』は必須やね。
    (「USJ」でやってる”ワンピース”みたいなの)

    オスカープロモーションは、例によって剛力彩芽を無理に押し込んで来るんでしょうけど、”人間大砲”の弾にでもなってもらいますかね。

    トリでSMAPが登場して中居君のソロパートで世界を震撼させちゃったりして・・・。

    ロンドンでは”The Who”が登場。
    日本なら矢沢永吉B'zとかかな・・・。
    いっそのこと、北島三郎が「まつり」を唄っちゃうってのはどうだ!?


    そんな冗談は抜きにして、木村沙織、大友愛のノリノリの様子が映っていましたねぇ。
    彼女たちが楽しく閉会式を迎えられてヨカッタ。


    五輪前半は『柔道』がジメジメしたけど、男女の『水泳リレー』や、『卓球団体』『なでしこ』『女子バレー』『レスリング』などなど、だんだん楽しくなったロンドン五輪。

    テロも無く無事に終わってヨカッタ。
    (韓国サッカー代表の「竹島占領アピール」は、ある意味五輪憲章を蹂躙したテロ行為だったけど)
    −◆−

    じっくり思い返して、もっとも印象的だった選手は、世界選手権で6度優勝しながら五輪枠に恵まれず、吉田に惨敗して引きこもり、自傷行為、うつ病、過食、引退、復帰、引退、復帰と苦難の人生を歩んで、31歳にして五輪金メダルの女子レスリング・小原日登美さん。


    挫折して遠回りしても、努力は報われ目標を達成できるというお手本を示してくれました。


    あと、靱帯一部断裂でも余裕で金メダルの伊調も凄いよねぇ。

    『なでしこトレイン』で表彰台に向かった澤選手たちも印象に残りましたし、水泳陣の「(北島)康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」という名言も心に響きました。




    ブログランキング・にほん	ブログ村へ


    ・ふるさと納税〜総務省HP


    JUGEMテーマ:スポーツ

    『五輪女子バレー』やった銅メダル〜迫田祭りだ

    0
      ロンドン五輪バレーボール女子3位決定戦(2012年8月11日)
      日本 3-0 韓国
      [ 25-22 ]
      [ 26-24 ]
      [ 25-21 ]

      五輪出場を最終予選でギリギリ決めたときには、メダルなんて無理だろうと思っていました。
      期待もせずにゴメンナサイ!!

      本当にすごいなぁ。
      −◆−

      第1セット。

      江畑ではなく迫田さおりを先発起用。
      序盤はこの選手起用が当たりました。

      真鍋采配恐るべし!!
      第1セットは得点差以上に余裕を感じられました。
      −◆−

      第2セットは韓国に連続ポイントを許す場面もしばしば・・・。
      ヤバイ。

      せっかくのセットポイントからも連続ポイントで追いつかれてデュース。
      嫌な流れでしたが、最後は韓国のミスで苦しかった第2セットも日本が取りました。

      韓国は大事なところでミスが出ます。

      2セット途中から迫田の神通力が消え始めた感じも・・・。
      −◆−

      第3セットは序盤、韓国ペースで7−3とリードを許しました。

      しかしここから同点に追いつき、一進一退・・・。
      16−15から、最強バツイチ・ママさんの大友がサービスで得点。

      18−16から木村を3回拾われて、竹下は荒木のセンターを選択して得点。

      しかし、ヨンギョンの強打など3連続得点で19−19に追いつかれました。

      【送料無料】精密力 [ 眞鍋政義 ]

      【送料無料】精密力 [ 眞鍋政義 ]
      価格:820円(税込、送料別)

      迫田がバック攻撃でリード。
      新鍋が決めて2点差。

      そろそろメダルが見えてきました・・・。
      新鍋が23点目で3点リード!!

      ますます銅メダルがチラチラ・・・。

      マッチポイント!!
      最後は相手サーブでくずされながらも佐野、竹下が見事につないで、迫田が見事に決めました!!

      歓喜のストレート勝ち!!
      お見事!!
      ロス以来28年ぶりのメダル。


      男子サッカーのかたきを女子バレーが晴らしてくれました。
      −◆−

      川合俊一氏曰く「迫田祭り」


      木村もここぞと言うときに決めた。
      シッカリしたなぁ。大人になったなぁ。

      竹下も流石だし、江畑、新鍋、迫田あたりの層がチームに厚みをくわえてくれましたねぇ。
      狩野、中道、井上らも貴重な存在だし・・。
      −◆−

      試合直後のインタビューで「内容の濃いバレー人生だったと思います。」と竹下。

      シドニーオリンピックの出場権を逃して、一度はバレーから離れた小さな彼女が、34歳にして報われてヨカッタ。

      目がウルウルしてきた・・・・。

      ジャニーズがいなくても、全く問題なくバレーボールは面白い。





      ブログランキング・にほん	ブログ村へ


      ・ふるさと納税〜総務省HP


      JUGEMテーマ:スポーツ

      「五輪レスリング」伊調V3、苦難の道・小原も金〜チェレンジ判定制度にビックリ!

      0
        『ロンドン五輪レスリング女子』(タイガー・ジャパン)

        31歳で初出場の小原の金と、伊調V3は気分が良いですねぇ。

        《五輪レスリング女子》を見始めたら、なにやら長方形の箱(銀装のカステラが1本入ってるくらいの大きさかな?)みたいなものがリングに投げ入れられて、中継アナ「チャレンジが要求されました。」

        何のこっちゃ!?

        実況からすると、どうやら判定に不満があるときにセコンド(コーチ)からビデオチェックを要求するシステムらしい。

        やおら会場の大型ビジョンに問題の場面が映し出されて、技とポイントが見合っているか審判団が確認。

        観客にもオープンに何度もリプレイして確認するから、これなら公正で双方が得心できるわ。
        ジュリー審判のJYDO (柔道)とは大違い!!

        チャレンジして、判定が覆らなかった場合に1ポイント失うのも面白い。
        (直訴に失敗してお仕置きを貰う感じ??)

        バックを取るだけなど小さい技が1ポイントで、投げて裏返すような大技が5ポイントとかの得点制度もJYDO(柔道)よりすっきりしていますね。

        JYDO(柔道)は、あわや一本でも、ショボイ技ありでも、同じポイントだったりするからモヤモヤします。
        −◆−

        さて、伊調選手は時間も見ながらの巧い試合運び。

        磨きをかけたタックルに鋭さがあって、安心感がありました。
        リードされても、残り20秒あれば追いつける気がしますものね。

        充実ぶりが見事です。
        −◆−

        小原日登美選手って、これまで怖いほどの艱難辛苦があったんですねぇ。

        31歳で五輪初出場ではありますが、1999年の全日本選手権で初優勝したのち世界選手権では2000年から”51キロ級”で6度優勝の凄い実績!!

        なのに、2004年のアテネ五輪で女子が正式種目に採用された際に”51キロ級”は実施階級にならないという不運。

        48キロ級には妹・真喜子さんがいて、55キロ級には吉田沙保里が・・・。
        55キロ級に挑戦して吉田に惨敗して、自傷行為、うつ病、そして過食で体重が70キロに・・・。

        その後、引退、復帰、引退、復帰で31歳にして五輪金メダル!!

        遠回りさせられて、10年ほどの凄まじい人生をへて、ようやく栄冠を手にした小原日登美選手に脱帽です。

        小生も”うつ病”で人生の何年間かを棒に振った人間なのですが、落ち武者状態のまま元には戻れないと思ってるのですが、10年遠回りして成功をつかむことができた小原日登美選手を見ると、感じるものがありますよ。


        過去の苦労が小原日登美選手の顔に出てる感じがしますが、ロンドンでの栄冠を糧に、過去から解放されて幸せな人生を歩まれるよう祈念するばかりです。



        ブログランキング・にほん	ブログ村へ


        JUGEMテーマ:スポーツ

        五輪女子バレー★中国撃破〜大興奮、熱闘フルセット

        0
          ロンドン五輪バレーボール女子準々決勝
          日本 3-2 中国
          [ 28-26 ]
          [ 23-25 ]
          [ 25-23 ]
          [ 23-25 ]
          [ 18-16 ]

          各セットのスコアに表れているように、点差が付かずに一進一退。
          めまぐるしく流れが変わる大激闘に興奮しました。
          −◆−

          王一梅 (WANG Y.M)惠若 (HUI R.Q.)の強打が決まり嫌な流れになることもしばしば。

          4点程度のリードを奪われるケースも出ましたが、江畑幸子が流れを止める鋭角なアタックを再々決めて中国を苦しめました。

          ほんとうに江畑が頑張りましたねぇ。

          五輪という大舞台で最高のパフォーマンスを発揮できるって凄い。
          五輪に合わせられない選手も居るのに、たいしたものです。
          −◆−

          江畑と木村沙織のガッツポースには痺れました。

          阪神タイガースの新井良太がホームランを打ったときにガッツポーズでチームを鼓舞する、あんな雰囲気です。

          木村沙織は、ときおりブロックにかかってしまい凹みそうな展開もあったんですけど、最後まで闘志を維持して頑張れました。
          江畑も同じ・・。

          ミスっても俯かないで取り返しに行く精神的な強さが出てきました。
          −◆−

          真鍋采配が当たりました。

          大胆な2枚替えで竹下佳江、新鍋理沙を下げて、狩野舞子、中道瞳を投入するなどの選手交代がビシッと決まるんです。

          タイムアウトを取るタイミングも良かった。

          極めつけは、終盤にパフォーマンスが落ちていた大友愛に代えてピンチサーバーとして投入した控えセッター中道瞳。

          マッチポイントが行ったり来たりした最終セットの最終場面で放った2本のサーブが試合を決めました。

          1本目は相手を崩し、2本目はサーブポイントとなってゲームセット!!

          代打が逆転タイムリーヒットを放ったような感じです。
          (同点打の阪神・桧山より値打ちがあった)
          −◆−

          第4セットを取られて、第5セットでもリードを奪われ、最後は中国の力に屈するのかと思い「勝てなかったけど良い試合を見ることが出来てヨカッタ。」と勝手に納得してましたから、どんどん追い上げて、最後に中道のサーブで試合が終わったときは嬉しかったなぁ。

          五輪で過去5戦5敗で1セットも取っていなかった中国を破って、日本選手はコートに倒れ込んで歓喜!!

          中国は涙・・・。


          ホントに一進一退の試合で面白かった。
          日本の必死のレシーブも凄くて、フェンスに激突した木村などの闘志溢れるプレーに会場も反応してましたね。

          バレーボールへの期待度が低いせいか、ドミニカ戦だったかでは試合終盤にNHKが中継を終了しちゃってましたし、今回の中国戦も総合テレビとEテレを行ったり来たりでしたけど、やっぱり試合にテンポがあるからバレーボールは面白いです。


          勝ったとは言え、ガソリンタンクみたいな王一梅 (WANG Y.M)の破壊力に比べると、木村、江畑はスマートで破壊力では見劣りします。
          なんとか精神力で持ちこたえましたけどねぇ。

          故障に泣いた大山加奈が万全のコンディションでコートに居たらもう少し楽だったろうになぁ。

          でも、竹下を中心に、新鍋の堅実なプレーだとか佐野の献身的なプレーだとか、集団の力でもう一踏ん張りです。

          勝っても負けてもあと一踏ん張り・・・。
          −◆−

          男子サッカー。
          残念な敗戦。

          3位決定戦は、よりによってライバル韓国が相手。
          熱い試合になりそうですねぇ!!
          −◆−

          卓球女子団体、銀メダル。
          表彰台の3人の表情がサイコー!!!

          こっちまで幸せな気分になれますね。

          そしてちっちゃい福原愛ちゃんが泣いてた頃が思い出され、メダルが取れてヨカッタとしみじみ・・・。

          わずか3歳から20年も頑張ってるんだもんね。


          というわけで、お通夜のような柔道が終わってから、オリンピックが楽しくなってきました。
          (勝ち負けでは無く、柔道の湿っぽいムードが良くないのです)


          ブログランキング・にほん	ブログ村へ


          ・ふるさと納税〜総務省HP


          JUGEMテーマ:スポーツ

          五輪水泳メドレーリレー銀★松田「康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」

          0
            痺れるレースだった『競泳男子400メートルメドレーリレー』
            銀メダルを獲得した日本代表たちた立ち居振る舞いが良い感じです。

            『女子400メートルメドレーリレー』(寺川、鈴木、加藤、上田)の銅メダルも嬉しい。

            彼女たちは別嬪さんで容姿が良いのだけど、それだけではなく表情が爽やかなのが良い!!。
            −◆−

            試合後の松田選手の「(北島)康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」というコメントにまたまた痺れました。

            松田選手たちの北島へのリスペクトだとか、日本チーム27人の一体感だとかが伝わってきて、とても素敵です。
            −◆−

            先日の『個人200背泳ぎ』で「銀」に終わった入江陵介選手が「日本チームは27人全員でリレーしているようなものですから、最後までがんばります」と述べていましたでしょ。

            本当にそんな感じで掉尾を飾ってくれた。

            有言実行!!
            −◆−

            これまで北島選手が思うようなレースが出来ずにメダルに届かなかったときも、感情を抑えて冷静に対応していましたね。

            悲壮すぎる『柔道』と違って、勝てなかったレースでも北島選手は努めて感情を表に出さなかった。


            そういう北島の振る舞いを後輩選手たちがお手本にし、尊敬の念から「康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない」と言わしめたのでしょう。


            だから、『競泳男子400メートルメドレーリレー』が銀メダルという結果になって喜びが感染してきますね。

            水泳陣から”幸福感”をお裾分けしてもらえました。
            (柔道からは凹んだ気分のお裾分けを食らっちゃった)
            −◆−

            いまね、私の住まう都市部などではここ20年ほどで子供のスイミングスクールがどんどん増えて、明らかに『柔道場』よりは『プール』の方が整備されてますよねぇ。
            (うちの子も、健康面を考えてスイミングスクールに通わせましたもの・・・。)

            柔道と水泳では、そういう競技の裾野の環境の差が開くばかりですから、柔道が”じり貧”になるのも仕方ないですよ。

            サッカーだって、Jリーグ発足を機にサテライトを整備し、年齢やカテゴリごとの競技拡大を図ったのが、ようやく実ってるので、道場が見当たらない柔道とは差があります。


            とにかく、子供の多くが「柔道をしたいな」と思える環境がないのだから、先行きが明るいとは言えませんね。

            (柔道選手の皆さんには申し訳ないけど、正直言って、柔道が終わってようやく五輪が盛り上がってきた印象さえあります・・・)



            ブログランキング・にほん	ブログ村へ


            JUGEMテーマ:スポーツ

            「五輪水泳」メダル鈴木聡美、入江陵介の受け答えが素晴らしい

            0
              平泳ぎの鈴木聡美と背泳ぎの入江陵介がまたメダル。

              入江陵介選手は「ずっと金メダルを夢見てやってきたので、銀メダルという結果では後悔はあるんですけど、いろんな人に支えられ、声をからしてまで応援してくれる仲間がいる中で泳げたことは、最高に幸せです。自分自身今できる100パーセントのレースをしたと思います」と、金メダルを取れなかった思いも滲ませながらも、「日本チームは27人全員でリレーしているようなものですから、最後までがんばります」

              受け答えがシッカリしていて感心します。
              周りへの気配りが出来る選手だと感じさせます。


              金メダルを取れなかった悔いだけを表現したら、周囲も重くしますからねぇ・・・。
              −◆−

              鈴木聡美選手の「本当に一生懸命泳ぎました。」などの言葉も気持ちが良いです。

              ハキハキと元気で素晴らしい。


              柔道の選手にも、こんなムードで試合させてあげたいなぁ・・・。


              ブログランキング・にほん	ブログ村へ


              JUGEMテーマ:スポーツ

              「五輪柔道」銀、銅メダルでもジメジメ、重苦しいぞ!!

              0
                判定が覆って勝ち進み銅メダル獲得の海老沼選手・・・。

                銀メダルでも喜べない平岡拓晃選手。

                メダルをつかめなかった中村美里選手や福見友子選手・・・。

                みんな重苦しい。
                ジメジメ感が滲む。
                凹んだ気分が感染してくるんですよ。

                −◆−

                ”国技・柔道”の競技者として日の丸を背負う責任感は理解できるけど、ジメジメしちゃうと日本を元気に出来ないですよ。

                金メダルをとれなくても、ここまでのプロセスを踏んで苦労してきたんだから、もう少し元気な顔を見せてよ。

                ましてや銀や銅メダルに輝いた選手には、輝く笑顔を見せてほしいわ。



                スカッと勝って金メダルを取るに越したことはないし、本人も金メダルを目標に頑張ってきたから敗北感や挫折感があるんだろうけど、もっと喜ばなきゃ『銅メダル』に失礼ですよ。

                オリンピックに失礼ですよ。

                凡人ではマネの出来ないような努力をしてきたんだから、めいっぱい胸をはったらいいのに・・・。


                念のため申し上げますが、負けたことを責めてるんじゃないですよ。


                とにかく、喜こべない柔道代表選手に同情したり切なくなったりで、盛り下がります。

                選手には関係ないですが、判定が覆った『海老沼vsチョ』戦の後味の悪さとかもねぇ・・・。


                あえて酷いことを言いますが、柔道のせいでロンドン五輪が残念な感じになっちゃってる印象さえあります。

                道を究める競技だから独特のムードがあるにせよ、ジメジメしていて不愉快です。

                (「柔道」が「JYDO」に変貌したしまってることも原因だろうけど・・・)
                −◆−

                谷亮子参院議員は試合での負けた福見選手について「心技体の『心』の部分が、うまくコントロールできていなかったように感じた」と感想・・・。

                谷亮子氏は、小沢一郎氏に『心』をうまくコントロールされてる??



                ブログランキング・にほん	ブログ村へ


                ・ふるさと納税〜総務省HP


                JUGEMテーマ:スポーツ

                「五輪柔道」切ない〜女子・福見選手、男子・平岡選手

                0
                  ロンドン五輪の柔道女子48キロ級・福見友子選手が3位決定戦でも一本負けを喫してメダルを逃した。
                  「金メダルを取れなかったので、これが五輪だなと思います。一生悔いが残る試合だったと思います」とコメント・・・。

                  谷亮子大先生(国民の生活が第一かも)のネームバリューの前に、世界選手権代表や北京五輪代表を逃した福見友子がようやく五輪切符をつかんだのに、この結果・・・。

                  せっかくのオリンピックなのに「一生悔いが残る」ってのは、切ないわ。切なすぎるわ。


                  物心つく前にお父様を交通事故で亡くし、柔道生活においてもずっとしんどい思いをしてきたのに、晴れ舞台のはずのロンドン五輪で結果に恵まれない・・・。
                  −◆−

                  銀メダルでも喜べない男子60キロ級の平岡拓晃選手も切ない・・・。

                  銀メダルなんだから普通は喜べるのに、北京五輪のことや、柔道選手団全体への責任感や、自らの金メダルへの思いなどで、喜べていない・・・。

                  NHK鈴木奈穂子アナウンサーにインタビューされる平岡拓晃選手を見ましたが重い雰囲気で、五輪参加を楽しむどころではなさそうだから気の毒です・・・。


                  こういうのを見ると「オリンピックは嫌い」って感じちゃいます・・・。
                  もちろん感動もあるのだけど、喜べない選手の心情を思うと凹んでしまいます。


                  とにかく、根性がなくダラダラとした暮らしぶりの小生からしますと、鍛錬に明け暮れ厳しい日々を過ごしてきたであろう福見友子選手も平岡拓晃選手も、勝敗に関係なく立派だとしか思えません。

                  マネできないもの・・・。
                  −◆−

                  余談ながら・・
                  −◆−

                  谷亮子参院議員は、試合での福見選手について「心技体の『心』の部分が、うまくコントロールできていなかったように感じた」と感想・・・。

                  谷亮子氏は、小沢一郎氏に『心』をうまくコントロールされてる??



                  ブログランキング・にほん	ブログ村へ


                  ・ふるさと納税〜総務省HP

                  JUGEMテーマ:スポーツ

                  五輪、なでしこ川澄弾に「惚れ惚れ」

                  0
                    ロンドン五輪サッカー女子1次リーグ (7月25日)
                    なでしこジャパン 2ー1 カナダ

                    ロンドン五輪の初競技が「なでしこ」で、且つ勝利したというのは、やっぱり持ってるなぁ〜。

                    で、立憲君主制のカナダは、国家元首にエリザベス女王を頂く英連邦王国の一つですから、ロンドンにおいてはカナダがホームチーム。

                    なでしこジャパンは、そんなアウェイ戦で、勝ち点3をゲット。
                    −◆−

                    大野のヒールパスを受けてゴールを決めた川澄。

                    川澄が、大野の後ろを迷い無く突っ込んでいき、大野はさらりとヒール・・・。
                    二人がテレパシーで繋がったようなプレーに惚れ惚れしますよねぇ。

                    バレーボールのセッターとスパイカーのように息が合ってる。
                    大野のパスは、竹下のバックトスみたいですよ。

                    ボールを持った川澄の落ち着き払ったシュートも良かった。
                    すぐ目の前にキーパーが居るのに、慌てないから凄い。
                    −◆−

                    ちっちゃい宮間が、でっかいカナダ相手にヘディングを決めちゃう。

                    宮間の足ではなく、頭だもの!!!
                    −◆−

                    澤、川澄、大儀見ら目立つ選手もさることながら、川澄にボールを出した大野や、宮間に柔らかい球をアシストした鮫島とか、このレベルの選手が充実してるから”なでしこ”は魅力的。

                    大野、宮間、鮫島は自分を殺せるし、アグレッシブにもなれるし、硬軟の使い分けが巧いから本当に大人のプレーヤーですね。

                    坂口近賀も、みんなパフォーマンスがヨカッタしねぇ。

                    嫌な時間の失点後も、よう頑張りました。
                    −◆−

                    試合後の佐々木監督や川澄のインタビューは、人間としてチャーミングさが出ていて、テレビ画面からなにか明るいオーラが伝わってきますした。

                    喜びをお裾分けしてもらえる感じ。
                    −◆−

                    新聞なんかがひたすら『なでしこ、金メダルに向けて・・』云々と”金メダル前提”的なことを書きまくるから、かえって負けたときのショックが大きくなりそうで怖いです。


                    昔、日本のバレーボールが強かったころは、日本の戦術・秘技を分析されるまでに時間がかかったけど、情報社会の現代では”なでしこ”のサッカーがあっという間に丸裸にされてるだろうから、フィジカルが強烈なスエーデン、ドイツ、アメリカなどが対応してきそうで、ホントに怖い〜〜〜。(気ぃ弱すぎ!?)

                    ドキドキ・・・。




                    ブログランキング・にほん	ブログ村へ


                    ・ふるさと納税〜総務省HP



                    JUGEMテーマ:スポーツ

                    男子サッカーU23 五輪へGO!!

                    0
                      ロンドン五輪アジア最終予選C組最終第6戦
                      日 本2−0バーレーン
                      (2012年3月14日)


                      勝ち点15、C組1位が確定し、関塚ジャパン五輪切符(∩_∩)
                      あきらめなければ、いいことがあるってことですね。
                      −◆−

                      中継アナが緊急地震速報を伝えて、地震が来て、テレビ画面が揺れてる。
                      夕方の津波と、関東の震度5強にビビる・・・。

                      シリアがマレーシア戦で、先制しよった・・・。


                      で、日本の1点目。扇原。

                      味方陣地から長めのパスが2本繋がり、東から扇原につながり右足シュート!!
                      あんなに綺麗にボールがつながると、気持ちいいですねぇ。

                      力量に差がある相手だから、あんなパスが通っちゃうのかなぁ・・。

                      2点目。東がゴール前に出したボールを大津がスルー(?)して、マークがはずれていた清武が走り込んで突き刺さるようなシュート!!

                      あれだけのスペースでフリーに蹴れたら、ゴルフ1ホール目のドライバーショットが豪快に飛んで行ってフェアウエイをとらえたみたいな良い気分?


                      2点とも、絵に描いたように繋がった綺麗な得点。
                      四角いピッチを四角く使えるサッカー!!
                      (楕円形にしか使えないようではダメ)

                      力が上回る相手に、ああいう繋ぎができるかやね。

                      一方、バーレーンに良い角度の場所に突破されかけて、体を張ってボールを止めた場面が何度か・・・。
                      まあ、当たり前ですが、みんな若い。
                      プレーが良くも悪くも若々しい。
                      −◆−

                      関塚監督の、真面目なインタビュー。
                      我が家ではテレビを見ながら、配偶者さんが「芝居っ気が足りない」とツッコミを入れております。
                      ”なでしこ”の佐々木スピルバーグ則夫監督とはタイプが違うんだから仕方ない。

                      そして、歓喜の水かけ!!
                      選手たち、みんなテンション高い!!


                      だけど、彼ら全員がオリンピック本戦に出られるって決まったわけじゃない・・・。
                      オーバーエイジで枠が減るかもしれないし、最終選手選考で、誰がどうなるかは時の運次第だし・・。
                      故障に見舞われちゃうこともあるし・・・。

                      監督に水をかけた選手の中から、オリンピック本戦に行けずに悔しく悲しい思いをする選手が出てくる可能性があると思うと、今から切ない思いがするのであります。
                      (性格がネガティブ・・・・)
                      −◆−

                      A代表・ジーコ監督の時代からすると日本のサッカーは確実にクオリティが高くなってますね。
                      走り続ける力とパスの質と全体的なスピードと・・・。

                      ジーコとオシムの間に、ブレーク・スルーがあった感じです。

                      でね、えらいもので、大人のサッカーのレベルが上がってるせいか、少年サッカーもレベルが上がってますよぉ。
                      小学校低学年でも、足元はしっかりしてする、繋ぎもできるチームがいますからねぇ。
                      ジュニアのレベルも、どんどん上がってます。



                      ブログランキング・にほん	ブログ村へ


                      ・ふるさと納税〜総務省HP



                      JUGEMテーマ:スポーツ
                      JUGEMテーマ:サッカー

                      | 1/6PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      プロフィ-ル

                      最近の記事

                      過去記事(プルダウン)

                      ショップ

                      新ドラマQ

                      Rakuten

                      スポンサード リンク


                      カテゴリー


                      スポンサード リンク

                      忍者アド


                      楽天

                      recent trackback

                      リンク

                      search this site.

                      others

                      レバレッジ

                      PR

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                      Rakuten