仮面ライダーゴースト 第7話★ビリー・ザ・キッド

0
    仮面ライダーゴースト 第7話
    「早撃!伝説のガンマン!」


    次の英雄はビリー・ザ・キッド!?仙人からのヒントに活気づくタケルのもとに、親友の様子がおかしくなったという相談が舞い込む。その親友が住むマンションの住人すべてがおかしいと聞き、調査に出かけたタケル。現れた眼魔を前にゴーストに変身するが、またもスペクターが現れた。しかし、ゴーストはスペクターに果敢に立ち向かいーー。
    10年前に神隠しみたいに行方不明になったタケルの幼なじみの名がマコト・・・。

    タケルはまだ気づいていないけど、スペクターの正体はマコトの幼なじみらしい。
    −◆−

    スペクターと戦うゴースト

    ゴースト「確かにお前は強い。でも、負けたと思わない限り、俺は負けてない。」

    子供の頃、幼なじみのマコトに放った言葉と同じフレーズ。
    −◆−

    戦いを終えて変身を解除したマコト(山本涼介)。
    妹眼魂(アイコン)を手にする彼の前に、謎の男=西園寺(森下能幸)が現れて…。

    マコト「誰だ。」
    西園寺「アラン様のお手伝いをしております西園寺です。あなたたちは10年前に眼魔の世界に飛ばされたんじゃありませんか? 10年前、私は天空寺龍と一緒に眼魔の研究をしていました。私もゴーストハンターの仲間でした。やはりあなたたちはあの実験が生み出した犠牲者だったのですね・・・。」

    マコト「実験?何のことだ、あれは事故だ。」

    西園寺は「そうですね、きっと事故なんでしょう。」と思わせぶりな口ぶり・・・。

    「何が言いたい?」

    妹眼魂「お兄ちゃん、この人…」

    西園寺「おかわいそうに。その眼魂に入っているのは妹さんですね。」

    激高したマコト「貴様!今度妹のことを口にしたら、この世から消す!」

    西園寺「わかりました、退散いたします。」

    妹のカノンとどこかに引きずり込まれた10年前のことを思い起こすマコト・・・。

    この出来事をタケル(西銘駿)は知らないのやね・・・。
    −◆−

    タケルはインセクト眼魔に操られていた団地の住人を救出。
    アカリらから受けとった眼魂でゴーストビリー・ザ・キッド魂にチェンジし、インセクト眼魔を撃破…と思われたが、インセクト眼魔は巨大眼魔に。ゴーストはイグアナゴーストライカーで立ち向かう!

    次回へ続く。
    −◆−

    以上、『仮面ライダーゴースト』第7話。

    マコトと西園寺の会話のみが印象に残りました。
    10年前、いったい何があったのでしょうか??



    ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
    #47 #46 #45 #44 #43 #42 #41



    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ




    JUGEMテーマ:特撮



    仮面ライダーゴースト 第6話★ベートーベン

    0
      仮面ライダーゴースト 第6話
      「運命!再起のメロディ!」


      青年音楽家の周辺で音が消える不可思議な現象が起きた。次に現れるかもしれないベートーベンに似ている!タケルは、アカリ、御成と、その音楽家を訪ねる。何かにとりつかれたように作曲をする音楽家は、タケルの忠告に耳を貸そうともしない。そこへ新たな眼魔が現れた。タケルはゴーストに変身するが、またもスペクターに邪魔をされて…。
      仙人(竹中直人) のベートーベン・コスチューム、思わずシュトレーゼマンを思い出しちゃった。
      −◆−

      タケルが落とした眼魂を拾い取ろうとするスペクター。

      その瞬間、アカリが身を挺して眼魂を死守。

      スペクター「今日のところは見逃してやる。」

      アカリのお陰で眼魂を取られずに済んだへたれなタケル・・・・。

      スペクターが本気出していたら、取られてたぞ・・・。
      −◆−

      飛び降り自殺を図る音楽家の康介(中山龍也)。

      アカリが説得。

      この言葉で目が覚めたタケルは、黄金色に輝いた身体で康介を抱きしめ、その命を救う。

      で、ベートーベン魂をゲットしたタケル。

      様子を見ているマコト(山本涼介)は、敢えて介入しないことに決めました。

      スペクターが介入していたら、ベートーベン魂も攫われたに違いない。

      で、音符眼魔を撃破。
      −◆−

      マコト(山本涼介)には眼魂となった妹が居る様子。

      彼女の存在が、鍵を握っていそうな気配・・・・。

      スペクターはアラン(磯村勇斗)とも繋がっているし、謎めいた男やなぁ・・・。
      −◆−

      以上、ちょっと退屈だった『仮面ライダーゴースト』第6話。

      へたれなタケルを、しっかり者のアカリが支えたから何とかなった回でした。

      タケル、頼りなさ過ぎるぞ!



      ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
      #42 #41 #40 #39 #38 #37 #36



      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ






      JUGEMテーマ:特撮



      仮面ライダーゴースト 第5話★ツタンカーメン

      0
        仮面ライダーゴースト 第5話
        「衝撃!謎の仮面ライダー!」


        突如現れたもう一人のライダーは何者なのか?眼魂(アイコン)を奪った目的とは?タケルやアカリは何もわからず、苛立ちを抑えられない。廃校となり誰もいないはずの学校の校舎から機関銃が放たれる不可思議な事件が発生。調査を開始したタケルと御成は眼魔を発見。タケルはゴーストに変身するがそこに再びもう一人のライダーが現れて…!
        仮面ライダースペクターに叶わない仮面ライダーゴースト。

        一方的に攻撃され、エジソン眼魂(アイコン)を奪われてしまう。

        タケル「俺は…負けない!みんなの命を…守るために…!戦うと決めたんだ!」

        変身を解除したマコト「フン!自分の命も守れなかった男がみんなのために戦うだと?」

        「そうだ。決めたんだ!」

        「だったらお前は他人のために自分の命を諦められるのか!?」

        タケル「それは…。」

        マコト「お前は甘い。考えも戦う覚悟も…。全てが甘い。いずれ選ぶ時が来る。」
        −◆−

        アランがマコトに「久しぶりだな。さっきは私の眼魔を助けてくれてありがとう。」

        アラン(磯村勇斗) と仮面ライダースペクターはお知り合いなのね。

        マコト「いつまであんな眼魔たちを使ってる気だ?」

        「ハハッ…相変わらず辛辣だな。だったら私を手伝ってくれないか?親友の君がいてくれれば私はとてもうれしい。」

        マコト「すまないが今は無理だ。」

        アラン「英雄眼魂か…。あれはそんなに重要なものなのかい?」

        黙って立ち去るマコト・・・。

        んん〜、アランって何者??
        −◆−

        結局、スペクターがマシンガン眼魔を撃破。

        解決したかに見えたけど、学校の敷地には目の形が・・・・。

        アラン「まあいい。どうせあそこでの作業は終わっているしね。」
        −◆−

        以上、気になる会話のみピックアップした『仮面ライダーゴースト』第5話でした。

        スペクターはツタンカーメンを持っていましたねぇ・・・・。
        他にも色々英雄眼魂を持ってるんでしょうか?




        ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
        #36 #35 #34 #33 #32 #31 #30



        にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ




        JUGEMテーマ:特撮



        仮面ライダーゴースト 第4話★織田信長

        0
          仮面ライダーゴースト 第4話
          「驚愕!空の城!」


          3個目の眼魂(アイコン)を手に入れたタケルだが、仙人によると次の眼魂は簡単には手に入らないとか。その英雄は織田信長…!?不可思議現象研究所に調査の依頼が舞い込んだ。とある企業の社長が突如、横暴で冷たい人間になり、社内の物が浮かぶことがあるという。眼魔の仕業か?タケルらはさっそく調査に乗り出すが…!
          残りの眼魂は12個。残された時間はあと88日。

          仙人「今回は一筋縄ではいかぬぞ。泣かぬなら殺してしまえホトトギス。」

          今回は織田信長。
          −◆−

          羽柴社長(湯江健幸)を救い、ブック眼魔の分身を倒した仮面ライダーゴースト。

          その様子を、青いライダーが見ていた。
          何者?
          −◆−

          部下思いだった千石コーポレーションの羽柴社長(湯江健幸)の性格が突如横暴になった原因は、眼魔に乗っ取られた秘書の理沙(渡辺舞)によってたきつけられことだった。

          羽柴社長、根が素直なのかなぁ・・・。
          −◆−

          羽柴社長が買収をかけた関連会社のある位置を地図上でつなぎ合わせると眼の形になることをアカリ(大沢ひかる) が発見。

          その形に合わせた都市が空中高く浮上する。
          ジェイムズ・ブリッシュの”宇宙都市シリーズ”を思い起こさせます。

          信長を信奉する羽柴は、理沙に言い含められるままにその土地を安土城だと宣言。

          羽柴「信長になれるなら、私は命だって惜しくない。」

          そんな羽柴を抱きしめ、<羽柴さんの命を感じる。生きて欲しい。>
          元の真人間に戻った羽柴。

          理沙「あと一歩だったのに・・・。」

          ブック眼魔が出現し、仮面ライダーゴースト・ロビンフッド魂と戦闘開始。

          分身の術を操るブック眼魔に対抗してロビンフッド魂も分身して矢を放ち敵を撃破。
          −◆−

          ブック眼魔を倒した途端、浮遊都市が落下を始めた。

          ユルセンからニュートンの眼魂を受け取り、ニュートンの斥力で浮遊都市の落下をかろうじてとどめることが出来た仮面ライダーゴースト。

          この場面、仮面ライダードライブから繋がってた!
          −◆−

          仮面ライダーゴーストは信長ゴーストを呼び出すが、理沙を乗っ取っていた眼魔アサルトが出現。

          これを一撃で撃破。
          その時、突如現れた青いライダーがノブナガゴーストに「俺と共に戦え」

          こうしてノブナガゴースト眼魂(アイコン)を新たなライダーに奪われてしまう。
          「お前は甘い。」

          タケルは確かに甘いし、演技も下手であるが、新人だから仕方ないのだ。

          この様子をのぞき見ていたアランが「スペクター」と呟きました。

          さて、突如現れたライダーは一体何者なのか?眼魂を奪った目的とは?
          −◆−

          以上、『仮面ライダーゴースト』第4話でした。

          一瞬、進ノ介(竹内涼真)が映って懐かしかったです。



          ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
          #24 #23 #22 #21 #20 #19 #18



          にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ




          JUGEMテーマ:特撮



          仮面ライダーゴースト 第3話★ロビンフッド

          0
            仮面ライダーゴースト 第3話
            「必中!正義の弓矢!」


            怪盗リトルジョンを名乗る男による強盗事件が続発した。リトルジョンは盗んだ金を貧しい人たちに配っているようだが、テレビではそんな彼を現代の義賊・ロビンフッドと呼んでいる。仙人は、次の英雄の眼魂(アイコン)がロビンフッドと言っていたような…。タケルはロビンフッドと言ったリポーターのマリを訪ねるが…。
            政治家などが不当にため込んだ金を盗み、貧しい人に配る怪盗リトルジョンの正体はリポーターのマリ(滝裕可里)だった。

            理不尽な暴力で父の命を奪わたことがもとになり、斧眼魔(ガンマ)にそそのかされていたのでした。

            斧眼魔はマリの思いを利用し、その命と引き換えにゴーストを呼び出そうとしていた。

            タケル「その力は正義なんかじゃ無い。眼魔ていう見えないゴーストの仕業なんだ。このままじゃ命を奪われる!」

            マリ「うるさい!私にはこれしか方法が無いの。どんな力だっていい。私は現代のロビンフッドになる!」

            斧眼魔「よし、それでいい。もう止められない。」

            タケル「いや、止める、俺は俺を信じる。」

            タケル(西銘駿)はマリを抱きしめ、愛の力で目を覚まさせた。
            <マリさんの命を感じる。生きて欲しい。>

            斧眼魔「貴様、よくも邪魔をしたな〜〜!」

            タケルはロビンフッドのゴーストを呼び出し眼魂に・・・。
            ゴーストロビン魂にチェンジ成功。
            コンドル電話が合体してガンガンセイバーアローモードで戦う・・・。

            コンドル電話、役に立つなぁ・・・。

            ところが斧眼魔のバリアで苦戦。
            御成(柳喬之) が、斧眼魔が斧を投げる瞬間にバリアに隙間が出来ることを発見。
            これをタケルに伝えると、ゴーストロビン魂の矢がバリアの隙間を通って斧眼魔をを粉砕。

            メデタシ、メデタシ。
            御成(柳喬之) 、お手柄でした。

            ゴーストを可視化する方法を見つけたアカリ(大沢ひかる) もお手柄でした。
            −◆−

            大雑把にこんな感じだった『仮面ライダーゴースト』第3話

            今回見てる限りでは、エジソンってあまり強そうじゃ無いから役に立たないかも・・・。

            それにしても竹中直人は仕事を選ばなんなぁ・・・。



            ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
            #18 #17 #16 #15 #14 #13 #12


            にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ




            JUGEMテーマ:特撮


            仮面ライダーゴースト 第2話★エジソン

            0
              仮面ライダーゴースト 第2話
              「電撃!発明王!」


              死の淵から蘇り、仮面ライダーゴーストに変身する力を手に入れたタケルだが、99日以内に15個の英雄の眼魂を集めなければならない。次に現れる英雄は誰なのかー。タケルは仙人からトーマス・エジソンであることを聞き出すが、一体どうやって呼び出せばいいのやら…。そのころ、謎の男は一人の発明家と接触していた。その狙いとはーー!?
              出た〜〜〜南部虎弾!!

              電気眼魔の力を借りて、眼魔を呼び寄せるガンマホールを作る装置を開発してしまった園田(南部虎弾)。
              タケルはゴーストに変身。呼び出すことに成功したエジソンゴーストを一度は電気眼魔に奪われたものの、イグアナゴーストライカーで奪還。

              イグアナゴーストライカー、おもちゃ屋さん、大喜び!?
              −◆−

              電気眼魔「人間はだな、我々の目的を果たすための道具だ。」

              仮面ライダーゴースト「人間は道具じゃ無い。人の命は自らの運命を切り開くためにある。その、無限の可能性をバカにするな。」

              ゴーストエジソン魂は電撃をかいくぐりながら「ひらめいた、利用すれば良いんだ。」「命燃やすぜ。発明に不可能なんて無い。」

              電気眼魔を粉砕!!

              またこの様子を見ていた謎の男・・・。
              −◆−

              タケル「決めた。俺ゴーストハンターをやる。眼魔を倒して英雄の眼魂(アイコン)を探す。アカリにも助けて欲しいな。」

              <眼魂(アイコン)は残り13個。あと94日。>
              −◆−

              以上、『仮面ライダーゴースト』第2話でした。

              西銘駿君、まだまだ演技力がお茶目で可愛い。



              ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
              #12 #11 #10 #9 #8 #7 #6 #5

              ◇◆◇ あまちゃん(再)感想 ◇◆◇
              #156 #155 #154 #153 #152 #151



              にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ




              JUGEMテーマ:特撮



              仮面ライダーゴースト 第1話★宮本武蔵

              0
                仮面ライダーゴースト 第1話
                「開眼!俺!」


                亡き父・龍の後を継ぎ、ゴーストハンターになろうと修業に励む主人公のタケル。しかし、肝心のゴーストが見えないようでは、それもいつになることやら…。18歳の誕生日。タケルのもとに、亡き父から眼魂(アイコン)が送られてきた。その眼魂を手にしたタケルの前に突如ゴーストが現れた!ゴーストが見える!!タケルは果敢にゴーストに立ち向かうのだが……!
                2体のゴースト、眼魔(ガンマ)に襲われ命を落としてしまうタケル。

                そして気づくと彼岸花が咲き乱れる滝壺で仙人(竹中直人)と出会います。
                「天空寺タケルお前はやはり眼魔と戦う宿命を背負っておる。今から私の言うことをよく聞け。
                お前のそこにあるその目玉。それは眼魂と呼ばれいてる。その眼魂にはお前の魂が宿っている。
                あのねこの世には同じように英雄の魂が宿った眼魂がいくつもあるんだよね。
                つまり眼魂とは英雄の魂だ。英雄の宿る眼魂を15個集めればその力でなんだってできる。お前を生き返らすこともできるぞ。でもねなかなかそうはいかないんだ。眼魂を狙う眼魔たちがたーくさんいるからね。」

                タケル「俺はあいつらに負けて殺されたんだよ。無理だよ。」

                仙人「仮面ライダーゴーストになれば戦える。」
                タケル「ゴースト?なれば今すぐにあいつらと戦えるわけ?だったら…なる!」
                −◆−

                仮面ライダーゴーストに変身して刀眼魔と槍眼魔を相手に戦うタケル。

                パーカを着用して変身ってのが目新しいな。

                <ダイカイガン!オレオメガドライブ!>
                ショートレンジのライダーキックで一体撃破。

                刀眼魔が戦闘員・眼魔コマンドを多数放ちます。

                仮面ライダーゴースト「武蔵は100人相手に戦ったんだぞ。」

                武蔵の力を召喚した仮面ライダーゴースト。

                仙人「武蔵の心にシンクロしたお前なら力を貸してくれるはずだ。」

                「本当か?おっちゃん。」
                「仮面ライダーゴーストは英雄の眼魂の優れた力を使って戦うことができるんじゃ。」

                武蔵の力をベルトから取り込んで武蔵バージョンに変身。

                <決闘!ズバッと!超剣豪!>
                「いいね。天下無双!かかってこい!」

                眼魔コマンドを掃討し、さらには刀眼魔を撃破した仮面ライダーゴースト。
                チャンバラ・アクション、なかなかキレが良い。

                その様子を見ていた謎の男が、帽子の男に「邪魔者がいるとは聞いてなかったぞ。」

                誰??
                −◆−

                大天空寺の地下研究室に戻ったタケル。

                なぜか仙人がいます。
                タケル「おっちゃん?ここは父さんの研究室だったんだ。勝手に来られても困るよ。」

                仙人「言い忘れてたけど99日の間に15個の眼魂を探し出さないと生き返れないからね。ゴーストでいられるのにも限りがあるんだよ。それが99日。それを過ぎちゃうと本当に死んじゃうよ。」

                タケル「そんな大切なことはちゃんと言っておいてよ!あと99日残り14個…。もうどうすりゃいいんだよ…。」
                −◆−

                だいたいこんな流れだった『仮面ライダーゴースト』第1話。

                主人公が死んじゃって深刻な筈なんだけど、なんとなくトーンが明るいので楽しそうです。
                シンプルなフォルムにパーカを着込んだ仮面ライダーゴーストの姿も悪くない。
                オレンジ色が効いてる。
                バイクも格好良い!

                で、ちょっと頼りない感じのタケル(西銘駿) に、しっかり者の年上女性・アカリ(大沢ひかる)が付いているのはバランスが良いかも・・・。

                それにしても剛力彩芽と同じプロダクションの西銘駿君、まだ演技が下手くそやねぇ。
                でも、そこが可愛げのあるところかな・・・。



                ◇◆◇ あさが来た感想 ◇◆◇
                #5 #4 #3 #2 #1

                ◇◆◇ あまちゃん(再)感想 ◇◆◇
                #156 #155 #154 #153 #152 #151



                にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ






                JUGEMテーマ:特撮



                仮面ライダードライブ 第48話:最終話(特別編)★眼魂(アイコン)

                0
                  仮面ライダードライブ 第48話:最終話(特別編)
                  「ゴーストの事件」


                  ロイミュードとの死闘が終決して数日ー。以前、進ノ介らが追っていた反政府組織ネオシェードが残した眼魂(アイコン)と呼ばれる証拠品が、何者かに奪われた!進ノ介らが取り逃がしたネオシェードのリーダーによる犯行か?未知のリーダー逮捕へ、進ノ介は特状課メンバーの協力を得て行動を開始する!
                  反政府組織ネオシェードのリーダー・岡村に人質に取られた霧子(内田理央)。

                  対峙する進ノ介(竹内涼真) 。

                  岡村「このくだらない世の中を俺が全部壊して導いてやるんだよ!」

                  眼魂を手にした進ノ介は「だったらこいつはなおさら渡せねぇな。」

                  岡村は霧子に銃を突きつけ「この女がどうなっても良いのかよ!」

                  進ノ介「俺はもうあの時の、1年前の俺とは違う。」

                  腰にベルトが浮かび上がる・・・。

                  進ノ介「俺は仮面ライダーになった。ロイミュードたちと戦って分かったんだ、ベルトさん。ロイミュードがいなくなっても世界は平和にはならない。本当に悪いのは人間の悪意だった。だからこいつみたいに酷い奴は絶対に居なくならない。でも、俺は絶望しない。そう決めた、俺は走る。走り続ける。みんなの幸せを守るために、だから俺は、たとえ変身できなくても、ベルトさんが居なくても、俺は刑事で仮面ライダーだ!!」

                  腰からベルトが消えます。

                  懐から取りだしたピストルで狙いを付ける進ノ介。
                  「霧子。俺を信じろ。」

                  「もちろんです、バディですから。」

                  岡村がわずかに隙を見せた瞬間、発砲。

                  見事に岡村を倒した進ノ介。
                  手錠をかけて「午後8時20分、ネオシェードのリーダーを確保。」

                  進ノ介、かっけーー!

                  この様子を見ていたゴーストとユルセン。
                  ユルセン「あいつ変な奴だだぁ。声でかいし。」

                  ゴースト「また近いうちに会えそうな気がするな。」
                  −◆−

                  本願寺管理官(片岡鶴太郎)から辞令交付。

                  進ノ介は10月1日付で捜査一課に配属。

                  霧子の今後についてはキャプションが・・・・。
                  <捜査一課に転属。捜査官として活躍した。その後、泊進ノ介と結婚。長男・英志を授かる。>

                  ハッピー!!
                  −◆−

                  ベルトさんが本願寺に伝言
                  「もし転属が決まったら彼に伝えてくれ。たとえ止まってしまうことがあっても、君なら何度でも走り出せる。ここが君の本当のスタートラインだ。さあ走り出すんだ進ノ介。スタート・ユア・エンジン。」

                  進ノ介「さあ、ひとっ走り行くか。」

                  今度は進ノ介についてキャプション。
                  <巡査部長に昇進し、警視庁捜査一課に転属。父・英介と同じく、その後長きにわたり活躍する。>

                  以上、『仮面ライダードライブ』 第48話:最終話(特別編)でした。
                  −◆−

                  全般的にはやや盛り上がりに欠ける展開だった気がしなくもありません。
                  真影(堀内正美)なんてのは、もう少しヘビーな感じでもヨカッタ気がします。

                  初めての自動車に乗った仮面ライダーだったのに、トライドロンが活かされていなかった点だとか、不満点も残ります。

                  しかしながら最後の数話はハートやチェイスにまつわるストーリーが良くて、心引かれる部分がありました。

                  そして、進ノ介と霧子がハッピーエンドで何よりでした。


                  さて、『仮面ライダーゴースト』は面白いシリーズになるのか・・・・。


                  ◇◆◇ 連ドラなどテレビ感想 ◇◆◇
                  ★仮面ライダードライブ 第47話

                  ◇◆◇ まれ不定期感想 ◇◆◇
                  #156 #155 #154 #153 #152 #151

                  ◇◆◇ あまちゃん(再)感想 ◇◆◇
                  #150 #149 #148 #147 #146 #145



                  にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ




                  JUGEMテーマ:特撮



                  仮面ライダードライブ 第47話★最後の最後に、友だちが一人増えた。

                  0
                    仮面ライダードライブ 第47話
                    「友よ、君はだれに未来を託すのか」


                    メディック(馬場ふみか)の最後の力で復活した進ノ介(竹内涼真)は再びドライブに変身。
                    ハートロイミュードと力を合わせ、シグマサーキュラーを粉砕し第二のグローバルフリーズを阻止した。

                    ついに蛮野の野望を打ち砕いた進ノ介とハート。しかし、進ノ介は気を失いビルから転落。

                    目覚めると森の中だった。
                    「俺は、どうなったんだ?」

                    黒い煙がわき起こり、中から仮面ライダーゴーストが出現し「そっちに行っちゃだめだ。」

                    現れた怪人をゴーストが倒します。
                    良い子のお友達にはサービスショットかな。

                    ゴーストが指さす方向へ走り去る進ノ介・・・・。
                    目が覚めると、土砂降りの雨の中、近くにハート。

                    どうやら進ノ介はハートに救われた模様。

                    ハート「蛮野の野望は砕いた。実に無粋な野望だった。人間をロイミュードに近づけてどうする。俺たちが人間に近づいて超えるべきなのに・・・。」

                    進ノ介は「もう、とっくに超えてるよ。」と握手を求めますが、これを拒むハート。

                    そしてハートは進ノ介に最後の戦いを挑むのだった。
                    「メディックも死んだ、残るロイミュードは俺一人。さあ、約束通り決着だ。泊進ノ介。」

                    人間態のまま戦う二人。
                    霧子(内田理央)がベルトを持って駆けつけ、進ノ介に投げ渡しますが、彼は変身しようとしません。

                    進ノ介にとどめのパンチを放とうとした瞬間、停止してしまったハート。
                    「最後の一撃まで保たなかったか・・・。」

                    ハートはシグマサーキュラーとの戦いで致命傷を負っていたのです。

                    進ノ介「やっぱり、もうお前は半分死んでたんだな。」

                    霧子「そんな身体で、なんで。」
                    進ノ介「こいつは、俺と戦って消えたかったんだ。死を悟っていたからこそ・・・。」

                    ハート「これで俺たちは全滅だ。泊進ノ介。せめてお前だけでも覚えていてくれないか、ロイミュードというこの星の新たな生物になろうとしたやつらがいたことを・・・。」

                    進ノ介「当たり前だ。忘れるもんか。」

                    ハート「ありがとう。最後の最後に、友だちが一人増えた。初めての…人間の。」

                    ハートはそう言って消えて行きました。

                    なかなかのシーンで、美しい最期でした。

                    進ノ介「午後3時32分。ロイミュード108体、撲滅完了。」

                    ベルトさん「ついにか・・・・全ては終わった。」
                    −◆−

                    ベルトさん=クリム(クリス・ペプラー)は人間に悪用されることを防ぐため、自らとシフトカー、トライドロンを地下に封印。
                    進ノ介らに別れを告げます。

                    霧子に「この奥手の相棒を、これからも頼んだよ。霧子、彼には君が必要だ。」

                    涙を浮かべた霧子「はい。」

                    「ではみんなグッバイ。いつの日か人間が私の発明を正しいことのみに使えるようになるその日まで。」

                    感動のお別れ・・・。
                    −◆−

                    後日。剛(稲葉友)はハーレー博士と旅に・・・・。

                    一方、ギアが入らない進ノ介。

                    赤い車で霧子と走っていて、チェイスのコピー元の白バイ警官と出会ってようやくギアが入った進ノ介。

                    「よし、行くぞ特状課。荷物片付けてみんなにお別れの挨拶しよう。俺たちには未来が待ってる。ベルトさんやチェイスやハートたちから託された未来が…、フルスロットルで進まなきゃたどり着けないしな。」

                    霧子「やっとギアが入りましたね。」

                    進ノ介「俺、一つだけずっと言いそびれていたことがあるんだ。霧子。」

                    告白か!?

                    進ノ介「お前は笑顔が一番だ。」
                    霧子、笑顔で「はい。」

                    良い感じ・・・・。
                    −◆−

                    以上、『仮面ライダードライブ』第47話。

                    ハートの最期が美しく、「最後の最後に、友だちが一人増えた。初めての…人間の。」というセリフにウルッと来ました。

                    進ノ介と霧子も幸せになれそうでHappyでした。




                    ◇◆◇ まれ不定期感想 ◇◆◇
                    #150 #149 #148 #147 #146 #145

                    ◇◆◇ あまちゃん(再)感想 ◇◆◇
                    #144 #143 #142 #141 #140 #139



                    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



                    JUGEMテーマ:特撮



                    仮面ライダードライブ 第46話★チェイサーマッハ

                    0
                      仮面ライダードライブ 第46話
                      「彼らはなぜ戦わなければならなかったのか」


                      りんならの活躍でドライブらはバリアを突破。襲い掛かるロイミュードを撃破し、変身を解除した進ノ介、ハート、メディックはシグマサーキュラーのある最上階を目指す! 一方、チェイスを失った剛は再びマッハに変身。そして、チェイスの力を借りてゴルドドライブに立ち向かう。その新たな力とはー!
                      チェイス(上遠野太洸)を失い、変身も解除状態の剛(稲葉友)。

                      爆発を逃れたゴルドドライブ「プロトゼロは無駄死にした。愚か者のすることはすべて無意味なのだ。」

                      むかつく!!

                      ズタボロの剛「だったら、てめえの存在も無意味だな。人間じゃねえやつがこんなに優しいのによ、腐りきったお前の心こそ一番愚かだ!」

                      マッハに変身。

                      しかし歯が立ちません。

                      倒されるマッハ。
                      <意地ばっか張って、失うまで気づかないで・・・>
                      初めてチェイスが“ダチ”であることを自覚した剛(稲葉友)。

                      立ち去るゴルドを呼び止めるマッハ。

                      ゴルド「バカな、もはや力の欠片も残されていないはず」

                      立ち上がったマッハ「俺の全身からあふれ出す怒りの炎が見えねえのか。てめえは、いくつも許せねえことをした。俺の心を利用し、姉ちゃんを侮辱し、クリムの発明を悪用し続けた、だがな、今一番許せねえのは、俺の、俺のダチの命を奪ったことだ!!!!」

                      マッハ、今までで一番格好良い!!

                      「いくぜチェイス、一緒に戦ってくれ。」

                      チェイスが残したシグナルチェイサーを手にチェイサーマッハに変身。

                      ゴルド「こんな形状のマッハはあり得ない!!」

                      激しい戦いを繰り広げるチェイサーマッハ。

                      苦戦のゴルド「マッハの性能が、ゴルドドライブを上回る筈が無い!!」

                      マッハは凄いスピードでゴルドを圧倒。
                      最後はライダーキックでゴルドを撃破。

                      怒濤の戦闘シーンでした。
                      −◆−

                      霧子(内田理央)がやって来ました。

                      変身を解除した剛(稲葉友)が霧子にすがりつき「俺は、大馬鹿野郎だ。こんなことになるなら、あのときはっきり言ってやればよかった。お前はもう、俺のダチだって・・・・。」

                      チェイスの免許証を手に涙する剛・・・・

                      なかなか感動的です。
                      −◆−

                      蛮野の悪のドライブドライバーがかろうじて機能していました。

                      「間に合ったようだな、シグマは私の遺志を継ぎ、計画を実行するハハハハハ」

                      チェイスのアックスで父・蛮野が宿る悪のドライブドライバーを破壊した剛。

                      「さよなら父さん、俺の未練・・・」

                      名場面・・・・。
                      −◆−

                      シグマサーキュラーが起動。グローバルフリーズが始まり、人間がデータされ始めます。

                      ドライブとハートロイミュードは力を合わせ、シグマに立ち向かいますが、シグマの壮絶なパワーになす術もなく倒されます。

                      変身を解除し立ち上がれない進ノ介(竹内涼真)を、白い女神となったメディック(馬場ふみか)が自らの命を捧げて復活させました。

                      「私の最後の力です。今なら分かる、ブレンの気持ち。ハート様とあなたの勝利を信じます。ごきげんよう・・・・。」

                      光の粒となって消えて行くメディック・・・・。

                      メディックを失い、悲痛な叫びをあげるハート。

                      そして進ノ介の怒りは頂点に。再びドライブに変身。
                      「見せてやる、俺たちのオーバードライブを!!」

                      次回へ続く・・・・。
                      −◆−

                      以上、怒濤の展開だった『仮面ライダードライブ』第46話。

                      剛とチェイスの友情、メディックの犠牲心など、見所満載でした。




                      ◇◆◇ まれ不定期感想 ◇◆◇
                      #144 #143 #142 #141 #140 #139

                      ◇◆◇ あまちゃん(再)感想 ◇◆◇
                      #138 #137 #136 #135 #134 #133



                      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ




                      JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



                      | 1/32PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>

                      プロフィ-ル

                      最近の記事

                      過去記事(プルダウン)

                      ショップ

                      新ドラマQ

                      Rakuten

                      スポンサード リンク


                      カテゴリー


                      スポンサード リンク

                      忍者アド


                      楽天

                      recent trackback

                      リンク

                      search this site.

                      others

                      レバレッジ

                      PR

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                      Rakuten