リーガル・ハート 〜いのちの再建弁護士〜第3話★徳重聡の怪演!

0
    リーガル・ハート 〜いのちの再建弁護士〜第3話

    村越(反町隆史)の元に老舗呉服店社長・公介(須田邦裕)が依頼に。急死した兄・裕介(岩本淳)の後を継ぎ社長に就任したが、資金繰りに窮しているという。しかも、救いの神だと思っていた役員かつ株主の宅磨(徳重聡)に会社の利益を狙う‘乗っ取り屋’疑惑が浮上。宅磨は公介の姉・愛子(堀内敬子)と結婚の約束をした上、裕介の保険金3億円をも奪おうと動いていた。
    第2話までは、村越(反町隆史)の弁護士としてのスキルよりも、ひたすら熱意で問題を解決していたので、いまいち面白くなかったけど、今回は村越たちの知略で宅磨(徳重聡)にギャフンと言わせたので面白かった。
    −◆−

    で、乗っ取り屋・宅磨を演じた”徳重聡”の怪演ぶりがヨカッタ。
    TBS日曜劇場で見せた闇の顔が、今回も見られたのだ。

    菜々緒が悪女を演じて新境地を開いたのと同様に、徳重聡も悪の顔がなかなかイケているのである。
    −◆−

    この調子で次回以降も面白い作品になることを期待だ!

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    『凪のお暇』第2話を観た

    0
      『凪のお暇』第2話

      凪(黒木華)は、アパートの隣室に暮らす怪しい男・ゴン(中村倫也)のことが気になり始めるが、警戒心から彼と距離を取る。そんな折、凪は仕事を探すため、ハローワークへ向かう。そこで、窓口の職員から厳しい態度を向けられている女性・龍子(市川実日子)と知り合う。凪は龍子と意気投合し、友達ができたと喜ぶ。ところが、龍子は凪に怪しい石を売リ付けようとしてくる。
      今期のドラマの中で、一番面白いかもしれない。
      凪を演じる黒木華が素晴らしい。
      あの雰囲気を醸し出す演技力はさすがだ。
      −◆−

      慎二を演じる高橋一生の怪演ぶりも特筆ものだ。
      慎二(高橋一生)とゴン(中村倫也)と凪たちによるババ抜きなんてのは、独特の雰囲気に惹きつけられた。
      凪からビンタを食らい、号泣している慎二もなかなかのものだった。
      −◆−

      新しい友人が出来たと思ったら、当の龍子(市川実日子)が怪しげなブレスレットを薦めてくるくだりも面白かった。

      とにかく、盛りだくさんの展開がスピーディで退屈しない。
      1時間が短く感じられるドラマに仕上がっている。

      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

      JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




      「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 第3話」を観た

      0
        Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 第3話

        仮名子(石原さとみ)の店「ロワン・ディシー」の経営が軌道に乗り始めたある日、「山田」という名字の客が同日同時刻同人数で3組予約を入れてくる。電話対応をした川合(志尊淳)が相手の電話番号を聞き忘れたため、予約の確認もできない。そんな状況の中、伊賀(福士蒼汰)の母・勝代(財前直見)と父・静(鶴見辰吾)が客として店を訪問。仮名子にそっくりの横柄さを見せる勝代に、伊賀達は頭を抱える。さらに、ある夫婦客の傘が紛失する事件が発生。その上、勝代が仮名子に、伊賀を実家の長崎に連れて帰ると宣言する。
        コメディドラマなのだけど、あまり面白くない。
        ほぼほぼ笑えない・・・・。
        −◆−

        今回も、川合(志尊淳)の存在にイライラさせられて、見るに堪えられなくなっちゃった。
        彼の声が耳に入ってくるだけでウザイのである。
        そして今回は、失敗して泣き続けている姿が非情に鬱陶しく、こちらの精神を破壊しそうなのだ・・。
        −◆−

        このドラマのヒロイン仮名子(石原さとみ)の存在も、なんだか良い感じじゃ無い。
        厨房で料理人達の邪魔になる場面なんかが特に鬱陶しかった。
        −◆−

        視聴率も初回の10.8%から第3話では8.7%まで下落してるし・・・。
        でも、他に観る番組も無いから仕方なく視聴を続けるしか無いかぁ・・・。

        にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

        JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




        「ボイス 110緊急指令室」第2話★真木よう子が…

        0
          「ボイス 110緊急指令室」第2話

          電話から聞こえる微かな音を頼りに被害者の監禁場所を突き止めたひかり(真木よう子)。女子大生連続殺人事件解決後、ひかりは3ヶ月の条件付きでECUの設置を許可される。
          韓国ドラマの日本版。
          女子大生連続殺人事件のシリアルキラーぶりは凄まじいモノがあったが、激しい暴力シーンの連続で、陰鬱な気分に・・・。
          小生は、この雰囲気は苦手だ。
          −◆−

          真木よう子って、数年前まではもっと良い演技していた気がするのだけど、どうしてこのドラマではあんな感じなんだろう?
          演出家の腕がイマイチなのか、真木よう子本人に原因があるのか・・・。

          そんなこんなで、継続的に視聴する気にはなれないドラマです。

          にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

          JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




          「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 第2話」を観た

          0
            Heaven?〜ご苦楽レストラン〜 第2話

            仮名子(石原さとみ)のフレンチレストランがオープンして約1カ月。思うように客足が伸びない現状に、シェフ・小澤(段田安則)は自信を失う。小澤は弱気になると料理の塩分濃度が下がり、薄味になってしまう癖があった。小澤に自信を取り戻してもらうため、仮名子や伊賀(福士蒼汰)達はビラ配りやライバル店偵察に動く。一方で、小澤には仮名子だけが知る秘密があった。
            なんだか面白くない・・・。
            同種のドラマだと、日テレがやっていた戸田恵梨香主演の「崖っぷちホテル」の方が面白かった気がする。
            −◆−

            川合(志尊淳)の存在が面倒くさくていけない・・・。
            彼が発言する度に、イライラする。
            −◆−

            シェフ・小澤(段田安則)の塩分量をメーターにして表現する場面がたびたび挿入されたが、くどくて面白さに繋がっていない。

            今回は小澤が中心のストーリーだったけど、イマイチだった。
            −◆−

            オーナー・仮名子(石原さとみ)も、いまいち魅力的じゃないし、伊賀(福士蒼汰)もなんだかわざとらしい造形になっていて中途半端な存在になってるような・・・。

            とにかく、中途半端なドラマでコメディなのかもしれないのだけど退屈だった。
            視聴率も初回の10.8%から9.2%へと下落してるし・・・。
            他に観る番組も無いから、仕方なく視聴を続けるしか無いかぁ・・・。


            にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

            JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




            「ボイス 110緊急指令室」第1話★陰気な…

            0
              「ボイス 110緊急指令室」第1話

              神奈川・港東署の敏腕刑事だった樋口(唐沢寿明)は3年前、妻・未希(菊池桃子)を惨殺された。その上、未希からの通報を受けたひかり(真木よう子)の証言により被告・相良(平原テツ)は保釈され、逃亡。交番に配置換えになった樋口は、ひかりが科捜研勤務を経て緊急指令室に室長として舞い戻ったと知り、詰め寄る。そこに大学生の夏美(吉川愛)から助けを求める通報が…。
              韓国ドラマの日本版。
              緊迫の展開にドキドキするのだが、このドキドキはなんだかホラー映画を観ているときのドキドキに近い感触で、グロテスクとも言えるようなストーリーは、あまり気持ちの良いものじゃ無い印象・・・。
              そして、被害者が助かるかどうかは次回へと持ち越され、クリフハンガーな展開。
              うーむ、初回で誘拐事件は解決して欲しかったなぁ・・・。
              −◆−

              真木よう子って、数年前まではもっとキレのある演技をしていたように思うのだけど、本作ではやや滑舌も気になるような雰囲気だった。
              −◆−

              そんなこんなで、重苦しくて陰気なドラマだった。
              うつ病持ちの小生には、少々健康によろしくない感じ・・・。

              にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

              JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




              宮迫「闇営業」ギャラは100万円だった!?

              0
                詐欺グループを相手に「闇営業」を行った問題で謹慎中の宮迫博之。
                当初はノーギャラで「闇営業」したと言っていたが、2019年7月13日付けの読売新聞によると、彼は100万円受領していたとのこと・・・・。
                −◆−

                一般紙がこういう芸能ニュースを掲載するのは珍しい気がするなぁ。
                で、100万円については税務処理もしておらず、今に到って修正申告したそうな。
                −◆−

                こんな報道に接すると、ますます宮迫博之のイメージが悪くなってきた。
                もともと好きな芸人では無かったので、個人的には、もはや彼が芸能界にいる必要性を感じなくなった。

                にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
                にほんブログ村新ドラマQ

                JUGEMテーマ:芸能




                宮迫「闇営業」ギャラ無しは嘘だった。

                0
                  詐欺グループを相手に「闇営業」を行った問題で、吉本興業が雨上がり決死隊の宮迫博之ら所属芸人11人を謹慎処分とした件・・・。

                  小生は、元々宮迫博之は面白くないから彼の番組をあまり観ていない。
                  年に数回、アメトークを観る程度で、最早、生理的に苦手だと行っても過言じゃ無い。
                  彼の目つきが苦手なのだ。

                  小生の中では「不倫騒動」でますます好感度は下落し「なんか感じ悪いなぁ」って思っていたところの反社会性力相手の「闇営業」と「嘘の釈明」だから、完全に合わせ技一本である。

                  もはや個人的には、彼はテレビに必要ない・・・・。


                  スパイラル〜町工場の奇跡〜最終回★結末が…

                  0
                    スパイラル〜町工場の奇跡〜最終回


                    小生は、「集団左遷」より「スパイラル」の方が面白いと思って視聴してきたけど、最終回の結末は残念な結果となってしまった。

                    ハゲタカのせいで、破産に追い込まれた町工場「マジテック」に、降って湧いたように融資話が飛び込んできてハッピーエンドなんてのは、いささか出来すぎた結末でとっても残念だった。

                    ここまでの積み重ねがあって融資に繋がったという形なんだろうけれども、なんだか取って付けたような最終盤だった・・・・。

                    大逆転劇に酔うべきストーリーなのかも知れないけど、なんだかなぁ・・・。

                    と言うわけで、このドラマ枠、次回作に期待です。

                    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ






                    「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」第1話★イマイチ…

                    0
                      よつば銀行 原島浩美がモノ申す!〜第1話

                      よつば銀行頭取・鳩山(古谷一行)は女性の積極的な登用を推進すると発表。浩美(真木よう子)は業績不振の東京・台東支店の営業課長に抜てきされるが、これには頭取の座を狙う副頭取・島津(柳葉敏郎)のある思惑があった。一方、次期課長候補だった加東(丸山隆平)はじめ営業課は女性の課長着任に冷ややかだ。だが浩美は、食品問屋「紳和商事」へ挨拶に行く加東に強引に同行し…。
                      原作名は『この女に賭けろ』
                      で、ドラマ版は『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』という題名になっている。
                      なんか既視感を覚える題名・・・。
                      そう、杏主演の『花咲舞が黙ってない』を思い出すのだ。

                      「恐れながら申し上げます」という浩美(真木よう子)の決まり文句も、花咲舞が口にする決まり文句「お言葉を返すようですが」とどこか似ているでしょ。
                      舞台は両者ともに銀行だし、これではパクリっぽいではないか!?
                      −◆−

                      番組名は似ているが、内容は『花咲舞が黙ってない』の方が面白かった。
                      『花咲舞が黙ってない』は痛快だったが、『原島浩美がモノ申す!』では爽快感が薄い。

                      浩美(真木よう子)の活躍で、紳和商事のメインバンクの座を勝ち取ったんだけど、話が出来すぎている感じで、いささか薄っぺらい・・・。

                      かつては輝きを放っていた真木よう子が、本作では「パッとしない」のもドラマのクオリティを下げている印象。

                      「前作『ハラスメントゲーム』のほうが面白かったなぁ」と、ため息が出ちゃいました。

                      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

                      JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                      | 1/129PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      プロフィ-ル

                      profilephoto
                      スポンサード リンク

                      最近の記事

                      過去記事(プルダウン)

                      ショップ

                      新ドラマQ

                      Rakuten

                      スポンサード リンク


                      カテゴリー

                      一日一善!!

                      忍者アド


                      楽天

                      recent trackback

                      リンク

                      search this site.

                      others

                      レバレッジ

                      PR

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                      Rakuten