追悼・竹内結子さん

0
    大好きな女優だった竹内結子さんの自殺が報じられてる…。
    昨日の速報を見てショックを受け、今は悲しい気持ち。
    −◆−

    『ストロベリーナイト』の姫川を演じる竹内結子さんが好きだったんですよねぇ。
    西島秀俊との関係性が何とも言えず良い感じだった…。

    二階堂ふみ版の『ストロベリーナイト』は、ある種の冒涜だと感じるほど、竹内版『ストロベリーナイト』が好きでした。

    また、映画『黄泉がえり』も好きな作品でした。
    他にも海外ドラマ『FLASHFORWARD/フラッシュフォワード』に出演されていたことも思い出します…。

    本当に良い女優さんでした。
    −◆−

    『とくダネ!』で竹内結子さんの自殺に関してコメントする石黒賢が絶句して涙しておられました。

    思わずもらい泣き…。
    −◆−

    それにしても、竹内結子さんに何があったんでしょう??
    明るく元気なイメージを持っていたので、自殺と彼女のイメージが結びつきません。

    詮索するのも詮ないことなので、ただ追悼するのみですね・・・。
    メンタルに堪えます。

    JUGEMテーマ:芸能




    『半沢直樹2』第10話(最終回)◆箕部幹事長(柄本明)が土下座

    0
      『半沢直樹2』第10話(最終回)

      箕部(柄本明)の不正の決定的証拠が、大和田(香川照之)と中野渡(北大路欣也)に握りつぶされてしまう。怒りに燃える半沢(堺雅人)は3人に1000倍返しを誓うも、最も信頼していた頭取にまで裏切られたことで茫然自失に。そんな半沢に手を差し伸べたのはかつての仲間・森山(賀来賢人)たちだった。再び戦うことを決意した半沢はついに紀本(段田安則)の居場所を突き止めある事実に行き着くが…タイムリミットが迫っていた
      中野渡頭取が債権放棄を認める会見の日は目前に迫っていたが、不正の証拠をつかみ、ネット中継される会見場へ駆けつけた半沢が箕部幹事長の悪事を暴きました。

      三白眼が恐ろしい箕部幹事長でしたが、最後は土下座して会見場から逃げて行きました…。
      −◆−

      頭取に裏切られ、バンカーとしての熱意を失いかけていた半沢を励ます花(上戸彩)の様子には感激しました。

      「何があったか知らないけど、もう頑張らなくていいよ」
      「生きていればなんとかなるんだよ、生きていれば」

      最高のパートナーですねぇ。
      −◆−

      そんな花が憧れる白井大臣(江口のりこ)は、根っからの悪党では無く、心根には正義感を宿す政治家でした。

      箕部幹事長の悪事を知り、最終的には半沢と握手…。
      そして、大臣を辞任し、離党までしたのでした。

      花からもらった桔梗の花をハンカチで挟んでいたのが印象的でした。

      また、箕部幹事長がいつもチョキチョキしていた盆栽を、「くたばれ!」とぶん投げて破壊したシーンにはスカットしました。
      −◆−

      中野渡頭取がすべての真相を半沢に話しました・・・。
      これで、大半の伏線が回収されましたねぇ。

      半沢を裏切ったような姿を見せた訳や、半沢を東京セントラル証券に出向させた訳などが、ストンと納得できました。

      さすが中野渡頭取、半沢を見込んでの言動だったのですねぇ。

      すべての責任を取って銀行を去って行く中野渡頭取の姿が眩しかったです。
      −◆−

      今回も黒崎が重要な役回りでした。
      半沢の股間づかみには成功しませんでしたが、黒崎のお陰で証拠を掴むことが出来ました。

      片岡愛之助、面白いキャラクターを作り上げましたねぇ。
      −◆−

      裏切ったと思われた大和田が、頭取の命を受けて動いて半沢の味方をしていた。

      仕舞いには、半沢の辞表を破り捨て、中野渡頭取の思いを伝え、半沢に頭取になるよう促す大和田。
      「もし頭取にならなかったらお前がここで土下座、しかしもし頭取になったら、私がここで土下座だ」

      半沢の父・慎之助(笑福亭鶴瓶)を死に追いやった男・大和田との遺恨は残りましたが、半沢は気力マンマンで頭取になる意欲を示すまでになりました。
      −◆−

      というわけで、『半沢直樹:第2シーズン』は大団円…。
      よく出来た最終回でした。

      で、最終回の平均視聴率は32.7%と大台超え。
      第1シーズン最終回には及びませんでしたが、凄い数字でしたねぇ。
      −◆−

      以上、『半沢直樹2』第10話(最終回)へのとりとめの無い雑感でした。


      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

      JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ




      『おカネの切れ目が恋のはじまり』第1話◆撤退

      0
        『おカネの切れ目が恋のはじまり』第1話

        おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九鬼玲子(松岡茉優)は、モノも恋にも一途な“清貧(せいひん)女子”。 そんな玲子に訪れた「お迎えの日」。1年越しの片思いの相手「1680円の豆皿」を買いに行くことにしたのだ。手作りした豆皿専用コースターを部屋に置き、愛しの豆皿と結ばれようとした瞬間、女性連れの派手な装いの男が、購入してしまい・・・。
        ポップでカラフルな職場はとってもオシャレで『これは経費で落ちません!』を明るくしたようなドラマ・・・。

        でも、少々オシャレすぎやしないかぁ・・・。
        こんな気楽で楽しそうな職場って、リアリティに欠ける印象。
        −◆−

        で、脳天気な御曹司・猿渡慶太を演じる三浦春馬・・・・。

        慶太の明るさと、現実の出来事のギャップが大きすぎて、心が受け入れない。
        輝く笑顔が、逆につらいわ。
        −◆−

        松岡茉優って演技巧者だとは思うけど、今作ではキャラクターを作りすぎてるように感じました。

        『経理』と言えば、多部ちゃんの方が好みに合います。
        −◆−

        初回の平均視聴率11.6%と好調なスタートを切った『おカネの切れ目が恋のはじまり』ですが、小生のような爺さんには向いていないようです。

        撤退決定です。


        JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




        『親バカ青春白書』最終話◆残念だった…

        0
          『親バカ青春白書』最終話

          小比賀家での同居生活が続く中、さくら(永野芽郁)は酒席で美咲(小野花梨)がガタロー(ムロツヨシ)にキスをしたことに動揺。行動がエスカレートする美咲との間で水面下のバトルが勃発する。畠山(中川大志)はさくらの異変が自分への気持ちが冷めたためだと勘違い。自身の恋愛運と向き合う寛子(今田美桜)や美咲を諦められない根来(戸塚純貴)も思い悩む中、孫の異変に気付いたガタローの母・多恵(高畑淳子)が香川から上京する。多恵に誰にも言えない胸の内を明かしたさくらは、優しかった母・幸子(新垣結衣)の衝撃的な過去を聞く。
          母・幸子(新垣結衣)は元ヤンだった・・・・。

          今更、最終回になってそんな情報を知っても如何ともしようがないわ。

          そもそも、可愛いはずの永野芽郁や新垣結衣が可愛く映っていないのがよろしくない…。

          彼女たちの魅力を最大限引き出さなきゃ・・・。
          こんなんじゃ『逃げ恥』『半分、青い。』の足下にも及ばないのでありますよ。
          −◆−

          このドラマから中途撤退して後半は観ていなかったんで偉そうなことは言えないんだけど、だいたいこのドラマは中途半端だった印象があります。

          面白いかと言えば、面白いわけでもないし、癒やされるわけでもないし、ましてや感動するでも無いし、キュンとくることも無い・・・。

          ガタロー(ムロツヨシ)が美咲(小野花梨)に、今でも幸子(新垣結衣)が好きであることを伝えたシーンでも、心に刺さる程じゃありませんでしたし・・・。

          結局、どういうドラマなんじゃ??
          −◆−

          最終回の平均視聴率は9.5%で、全話平均8.8%・・・。
          視聴率も中途半端でした。


          JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




          『半沢直樹2』第8話◆箕部幹事長(柄本明)が…

          0
            『半沢直樹2』第8話

            大和田(香川照之)は帝国航空の債権放棄を押し切ろうとした紀本(段田安則)の進退を問うが、紀本は「まだ決着がついていない」と発言。半沢(堺雅人)は進政党幹事長・箕部(柄本明)の圧力を確信する。そんな中、半沢はタスクフォースが出した「債権放棄ありき」の再建案に驚き、政府が銀行を従わせられると考える根拠を探る。その矢先、黒崎(片岡愛之助)が半沢に接触する。
            第8話の平均視聴率は25.6%
            今シリーズの記録更新です。
            −◆−

            大和田(香川照之)は「銀行員生命をかける」とまで言った債権放棄の受け入れの提案に失敗した紀本常務(段田安則)をここぞとばかりに追い落としにかかるが、逆に先の合同報告会が原因で中野渡頭取に参考人招致の噂があると突きつけられてしまう・・・・今週は、大和田(香川照之)と紀本(段田安則)の対決回で、半沢が父・慎之助(笑福亭鶴瓶)を死に追いやった男・大和田と組んだり、紀本のバックにいる箕部幹事長(柄本明)が幅を利かせたり・・・。

            柄本明がなんとも嫌な雰囲気の政治家を巧く演じていますねぇ・・・・。
            昭和の香りがプンプンする政治家です。
            −◆−

            眼鏡タブレット野郎・福山(山田純大)が久々に登場し、半沢に敵対するのかと思いきや、半沢に手を貸します。
            なんか懐かしい感じです。
            −◆−

            さすがの半沢(堺雅人)も箕部幹事長に頭を下げる羽目に・・・。
            大和田と握手したりするから、こんな目に遭うんだわ。

            箕部幹事長の汚いやり口にはムカつくばかり・・・。
            盆栽をチョキっとする箕部幹事長(柄本明)怖いわ。

            さらには箕部幹事長を調査していた黒崎(片岡愛之助)までもが左遷の憂き目に・・・。
            古谷(宮野真守)の股間をギュッとしてる場合じゃありませんでした。

            去り際の黒崎は「政府に逆らうなんて、ホント、バカなことをしたわ。誰かさんに影響されたせいかしら?いいわ、検査官じゃなくなった私から、最後に1つ教えてあげる。伊勢志摩ステートを調べなさい。今、私が言えることはここまで。金融庁はもうこの件から手を引くわ。もうこれ以上、箕部を追うことはできない」と、半沢にヒントを授けて去って行きましたねぇ。
            −◆−

            以上、今回は半沢の反撃は観られず、悪役がギャフンという”快感”は得られませんでした。
            次週以降に持ち越して、痛快さが倍増する計算なのかな?

            というわけで、『半沢直樹2』第8話への雑感でした。


            にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

            JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




            『私の家政夫ナギサさん 新婚おじキュン! 特別編』◆今考えると…。

            0
              『私の家政夫ナギサさん 新婚おじキュン! 特別編』

              メイ(多部未華子)とナギサさん(大森南朋)が結婚して1カ月が経ったある日。慣れない新婚生活の中で、お互いに少しずつ溜まってきたうっぷんが、ついに爆発!! 2人ははじめての夫婦喧嘩をしてしまう・・・。
              メイは薫(高橋メアリージュン)ら天保山製薬の面々に、ナギサさんはお隣さんである田所(瀬戸康史)に話を聞いてもらうことに。一方、相談を受けた田所や薫たちにも、様々な変化があって...?
              最終回を観たときは、ハッピーエンドでヨカッタと思ったんですけど、後になって考えるとメイとナギサさんは結婚しない方が良かったかなぁと思えるようになりました。

              だって、メイとナギサさんの独特の関係性ってプラトニックだから爽やかなのに、結婚したらキスもするし、子作りもするでしょ。

              それを想像すると、ドラマの爽やかさが失われちゃう気がするんですぅ・・・。

              だから、メイ(多部未華子)は田所(瀬戸康史)と恋仲になった方が自然な気がします。
              この二人を、ナギサさん(大森南朋)が見守るという展開が良かった・・・。
              −◆−

              とはいえ、特別編を見直しても多部ちゃんの魅力が半端なく引き出されていて、惹きつけるモノがありました。

              で、NHKの『これは経費で落ちません!』の続編がボツになったという報道が・・・。
              あのドラマ、面白かったから続編を観たかったなぁ。

              せっかく多部ちゃん絶好調なのに、勿体ないわぁ・・・・。
              −◆−

              というわけで、『私の家政夫ナギサさん 新婚おじキュン! 特別編』への雑感でした。


              にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

              JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




              『生放送!!半沢直樹の恩返し』ヒロミが出るなら…。

              0
                9月6日(日)に予定していた日曜劇場『半沢直樹』第8話の放送が、急遽、翌週9月13日(日)に延期に…そこで今夜は『半沢直樹』のキャスト・スタッフが一丸となり1時間の生放送をお届け!さらに『半沢直樹』ファンの方々もお迎えし、見応えたっぷりの1時間生放送!
                TBSが発表したメンバーの中に、堺雅人、及川光博、片岡愛之助、香川照之らキャストが顔を並べているほか、パネラーとして”ヒロミ”の名が・・・。

                小生はヒロミが苦手中の苦手で、彼が出ている番組は見ないことにしています。
                −◆−

                『生放送!!半沢直樹の恩返し』にはアンジャッシュ児嶋一哉も名を連ねているから、お笑い枠は彼に頑張ってもらえば良い。

                わざわざ”ヒロミ”を使わなくても良いのに・・・。
                −◆−

                というわけで、小生は『生放送!!半沢直樹の恩返し』の視聴を回避するのであります。

                あらま、今夜は『麒麟がくる』も台風関連のニュースを放映するためにお休みなのね…。


                にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

                JUGEMテーマ:テレビ全般




                多部未華子の『私の家政夫ナギサさん』最終話◆ハッピー

                0
                  『私の家政夫ナギサさん』最終話

                  メイ(多部未華子)はナギサ(大森南朋)に頼み込み、4日間の‘トライアル’で一緒に暮らすことに。様々な面ですり合わせを行い、「誰かと生活をすること」を実感する中で、メイはふとナギサが自分のことを本当はどう思っているのかが気に掛かる。折しも新病院設立の動きが本格化する中、メイは遙人(眞栄田郷敦)が新病院の鍵となる医師・阪本(高木渉)から出入り禁止を言い渡されたと聞き、仰天。田所(瀬戸康史)とも会って話をし、その日をばたばたと過ごしたメイは、翌朝そっけなく先に家を出たナギサに寂しさを覚える。
                  最終回の平均視聴率は19.6%
                  驚異的な数字です!!
                  −◆−

                  トライアル結婚生活に入ったメイ(多部未華子)とナギサ(大森南朋)…。
                  でも、最終日を待たずに消えたナギサさん。

                  ナギサさん、心の中が見えづらい性格。
                  −◆−

                  新病院の最重要人物、ジャギこと阪本先生(高木渉)を瀬川(眞栄田郷敦)の一言で怒らせてしまった。

                  しかし、これも円満に解決し、瀬川は無事に新しい配属先へ・・・。
                  小さなハッピーエンドです。
                  −◆−

                  結局、メイとナギサさんも結婚。
                  ハッピーエンド。

                  ドラマ『私の家政夫ナギサさん』は大団円。
                  −◆−

                  このドラマ、良い人が多かったので、不快感がほぼ皆無で見易かったですねぇ。
                  うまくまとめられないんだけど、なんか感じの良いドラマでした。

                  なかでも多部ちゃんの好感度は凄まじく高かった。
                  多部ちゃんは『これは経費で落ちません!』に続いて『私の家政夫ナギサさん』も成功させ、絶好調・・・。

                  コロコロ転がるような滑舌の良さや声質も彼女を素敵にしていました。
                  そして、完璧な美女では無く、どことなく親近感を感じさせる多部ちゃんの容姿もストロングポイントでした。

                  大森南朋の演技にも、説得力があって、ナギサさんという好人物を好演していました。
                  −◆−

                  劇中『MIU404』のメロンパンの車が映りましたね。
                  伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)が張り込みをしていたのでしょうね。
                  こういう”遊び”も面白かったです。


                  JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                  『半沢直樹2』第7話◆白井大臣(江口のりこ)がギャフン

                  0
                    『半沢直樹2』第7話

                    白井(江口のりこ)による開発投資銀行への圧力で、帝国航空の余剰人員受け入れを予定する会社「スカイホープ」の新路線が不許可となる。半沢(堺雅人)は、スカイホープへの融資を提案する一方、常務の紀本(段田安則)か大和田(香川照之)が政府に内通していると疑っていた。そんな中、白井はテレビを通じて銀行批判を展開。半沢らは世論までも敵に回すことになる。
                    半沢(堺雅人)にプレッシャーを与える白井大臣(江口のりこ)が「わ・か・り・ま・す・よ・ね」と・・・・。

                    あ〜〜白井大臣むかつく! 
                    −◆−

                    白井大臣「我が国初の女性総理大臣を目指すなら、通らないといけない道よ…。」
                    こいつ、総理の座を目指しているのね。

                    こんなのが総理大臣になったら最悪だわ。

                    で、白井国土交通大臣はテレビ番組に出演し、開発投資銀行、関西シティ銀行、東京首都銀行、白水銀行、大東京銀行が債権放棄を受け入れる予定なのに、半沢の東京中央銀行だけが債権放棄に反対してる旨を解説し、東京中央銀行を批判。

                    このままでは国民からも批判を受ける可能性が有り、半沢ピンチです。

                    テレビを見た常務・紀本(段田安則)は、政府のスキームを呑むよう半沢に指示。

                    大和田(香川照之)は「債権放棄は絶対だ、絶対に、絶対です! です! です! です! です!」
                    香川照之、ノリノリです。
                    −◆−

                    半沢は「開発投資銀行」の企業金融部次長・谷川(西田尚美)に会いに行きました。

                    谷川は、自行が政府系で、幹部が天下りばかり揃っていて、政府の意向には逆らえない旨を話したうえで「私たちは、しがない銀行員です。組織の決定には逆らえません。」と・・・。
                    −◆−

                    激しい言い合いになった役員会では常務・紀本(段田安則)の、債権放棄受け入れ案が通りそうになったが、「開発投資銀行」が債権放棄に反対した場合は、開投銀の決定に東京中央銀行も準ずるとの半沢の意見も反映されました。

                    この役員会の様子から、紀本常務が政府に情報を流していると確信した半沢は、大和田の協力を願い出て曽根崎(佃典彦)を料亭に呼びつけます。

                    出向先がかかっている曽根崎は米つきバッタ状態で、紀本の指示に従った旨をばらしました。

                    案の定、紀本は箕部幹事長(柄本明)と白井国土交通大臣との3人で会食。
                    嫌な面々が顔を揃えたなぁ・・・。
                    −◆−

                    再度「開発投資銀行」の谷川企業金融部次長と会いに行った半沢。

                    谷川も債権放棄には反対すべきだと強く思っている旨を聞き出しました。
                    それでも政府には逆らえないと諦めている谷川でした・・・。
                    −◆−

                    ついに「タスクフォース合同報告会」が開催されました。

                    まず大東京銀行が「主力及び、準主力銀行の決定に従わせてもらいます。」と…。
                    政府に唯々諾々だと思われた銀行が、バンカーの矜持に賭けて、予想外に小さな抵抗を起こした様子。

                    白水銀行、東京首都銀行、関西シティ銀行も同様の意思表示。

                    これで、開発投資銀行の決定次第で結論が出ることとなりました。
                    そして、遅れて出席した「開発投資銀行」の谷川が債権放棄を拒絶すると発言。

                    大逆転となり騒然とする会場。
                    唖然とする白井大臣。

                    開発投資銀行は政府系の金融機関でしたが、おりしも”民営化”されたため政府に逆らえたのでした。
                    −◆−

                    これを受けて白井国土交通大臣は、箕部幹事長のもとへ・・・。
                    白井「私は大臣を辞任します。すでに離党届も党本部に提出しております。」

                    箕部「君は票を集める広告塔だ。なにもせずお飾り人形として、私の言うとおり従っていれば良いんだ。首の皮一枚つながったな…。」

                    妖怪みたいな箕部幹事長(柄本明)、恐ろしや!!!!
                    −◆−

                    第7話の平均視聴率は24.7%。
                    前回より若干上昇。相変わらず好調です。

                    以上、おごれる政治家・白井国土交通大臣がギャフンと言わされ痛快だった『半沢直樹2』第7話でした。


                    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

                    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                    多部未華子の『私の家政夫ナギサさん』第8話◆アンサング多部ちゃん

                    0
                      『私の家政夫ナギサさん』第8話

                      田所(瀬戸康史)はメイ(多部未華子)の部屋に出入りするナギサ(大森南朋)を気にしつつも、メイには隠していることがあった。一方、説明会を開いた病院を訪れたメイと遙人(眞栄田郷敦)は、医師・鍋島(近藤公園)からがん治療薬の採用を伝えられて喜んだのもつかの間、気になる話を聞かされる。自社薬剤の効果が出ない患者がいるというのだ。メイ達は原因究明のために動き出す。
                      今回の多部ちゃんのヘアスタイルは3種類ありましたね。
                      普段のパターン。ディナーパターン。お団子ヘア・・・。

                      どれも可愛かったけど、お団子ヘアは『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』のみどり(石原さとみ)と被りましたね。

                      また、腹痛に対して自社薬剤の効果が出ない患者がいてその原因を追及するくだりも、前回の『アンサング・シンデレラ』で生理痛に悩む患者の服薬指導する話しがあったので、どことなくストーリーも被っていました。

                      どちらも”お薬ドラマ”だから被るのは仕方が無いのでしょうね・・・。
                      −◆−

                      お仕事パートは巧く進んでメデタシメデタシ・・・。

                      一方、恋愛パートはナギサさん(大森南朋)と田所(瀬戸康史)を巡ってメイ(多部未華子)の心があっち行ったり、こっち行ったり・・・。

                      挙げ句の果てはナギサさんに結婚を持ち出す始末。

                      さて、メイの心はどう整理が付くのやら、次回が楽しみです。

                      ちなみに第8話の平均視聴率は16.7%。
                      また最高値を更新しました。
                      −◆−

                      『おカネの切れ目が恋のはじまり』の予告編が流れ、故・三浦春馬の姿が・・・。
                      このドラマ、悲しすぎて見られないかも・・・。


                      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

                      JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                      | 1/144PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>

                      プロフィ-ル

                      最近の記事

                      過去記事(プルダウン)

                      ショップ

                      新ドラマQ

                      Rakuten

                      スポンサード リンク


                      カテゴリー


                      スポンサード リンク

                      忍者アド


                      楽天

                      recent trackback

                      リンク

                      search this site.

                      others

                      レバレッジ

                      PR

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                      Rakuten