『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』最終話★ガスマスク男は…

0
    『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』最終話

    薫(広末涼子)を銃で撃ったことを南武(北村一輝)に明かした清春(賀来賢人)は、薫と山小屋で話した記憶を取り戻し、事件の鍵を握る「ガスマスク男」と対峙(たいじ)する。激しい攻防を繰り広げる清春は、やがてガスマスク男の正体に衝撃を受ける。そして、薫が克喜(田野井健)に残した思いと本当の狙いが明らかになっていく中、清春は自分が記憶を失った理由を知る。
    第5話で”第1章”が完結し、第6話から”第2章”・・・。
    ”第1章”では、”碓氷殺害事件”の真実と”10億円事件”の謎を追う展開だったけど、”第2章”では正当派の謎解きの要素は薄れ、記憶操作や人格強制・肉体改造などSF的な要素が濃厚となり、グダグダでズルい脚本となった印象が残る・・・。
    −◆−

    ”ガスマスク男”の正体は、死んだと思われていた才門(井浦新)だった・・。
    ところが、もう一人”ガスマスク男”がいて、その正体は名越(工藤阿須加)。
    なんか、ご都合主義的な正体明かしじゃなぁ・・・。
    −◆−

    薬で肉体改造された名越(工藤阿須加)と、自ら薬を用いて肉体改造した清春(賀来賢人)が対決。
    なんだかデビルマンみたいな雰囲気を宿す清春・・・。
    で、肉体改造された者同士なんだからもっと壮絶な戦いになっても良いと思うのだけど、さほどのものじゃなかったような・・・。
    こういう無茶苦茶な展開ならば、特撮並みのアクションが見たかった。
    −◆−

    事件にケリが付いたと思われた最終場面。
    なぜか血を流した清春(賀来賢人)が壁にもたれかかるように倒れていて、死人のような有様。
    最後に彼の指が動いたから死んでは居ない様子。

    この場面、小生の理解不足なのか、意味が分からなかった。
    そして、そして・・・、これで”秘密結社ニッポンノワール”は壊滅したって事になったのかぁ??
    −◆−

    たびたび出没していた3年A組の面々。
    これが伏線となって最終回で回収されるのかと思っていたら、単純に事件の核心をとらえた動画を拡散しただけだった。

    なんか拍子抜け・・・。
    −◆−

    伏線回収については、Huluでサイドストーリーが配信されると告知があった。
    Huluに誘導するこのやり口が目立つ日テレ。
    得心がいかないわ・・・。
    −◆−

    以上、かなり強引な展開と、暴力的な演出が目立った『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』でした。
    成功したドラマとは言えないように感じつつ、お終い・・・。



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    『俺の話は長い』最終話◆スキヤキ推し…

    0
      『俺の話は長い』最終話

      満(生田斗真)は姉の綾子(小池栄子)たちとの同居を始めてから何かと騒がしい日々を過ごしていたが、綾子の家の工事が進み、一家は大きな変化を迎える。また、満は将来へのある決断をする。
      満(生田斗真)の屁理屈が爆発して今回も面白かった。
      なかでも、夕食にスキヤキを推す満と、綾子(小池栄子)たち家族のやりとりが可笑しくて、クスクス笑えた・・・。

      茶の間で言い争う姿が可笑しくも有り、暖かくも感じさせる金子茂樹の脚本に脱帽!
      −◆−

      スーツで面接に向かう満(生田斗真)に、家族や友人たちが「頑張れ」と声をかける様子は、小生の目の奥をジ〜ンとさせた。少しだけ落涙。
      −◆−

      春海(清原果耶)と光司(安田顕)のあれこれも、心を温かくしてくれた。
      清原果耶も安田顕も、良い感じの存在感だった。

      そして綾子(小池栄子)たちが引っ越したあとの茶の間は寂しい感じがした。
      −◆−

      とにかく、面白い会話が行き交う面白いドラマだった。
      登場人物に悪者はおらず、みな楽しい人たちばかりで、適度なゆるさが心地よかった。

      茶の間で家族が頭を揃えて、あ〜だこ〜だと会話する”昭和的”な姿が愛おしかった。
      還暦前の小生には、あの昭和テイストがたまらなく良い感じだった。

      唯一ケチを付けるとしたら、明日香(倉科カナ)と満の恋バナはこのドラマでは不要だった点かなぁ・・・。

      以上、『俺の話は長い』最終話の感想・・・・全10回・20話とても楽しかった!

      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ


      『ミス・ジコチョー〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜』第9話◆ブレーキが…

      0
        『ミス・ジコチョー
        〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜』第9話


        高齢の牧野(辻萬長)の運転する車が歩行者をひいて死亡させた。牧野はブレーキが効かなかったと主張するが、自動車メーカーは創業以来リコール無しの実績を誇っていた。町工場を営む九坂(岩城滉一)の助けを得て調査と実験を進めた真奈子(松雪泰子)は、車両側の欠陥の可能性を見いだす。そんな中、真奈子が研究費をホストに貢いでいるという疑惑が報じられる。
        弁護士・守康(寺脇康文)が事故を起こした牧野を担当するが、過失を認める方針で弁護を進める方針。
        自動車メーカーのSHIMIZU自動車も、欠陥を認めず牧野の運転ミスだと主張。

        しかし真奈子(松雪泰子)は、あくまでも自動車の欠陥を追及する方向で事故を調査。
        真奈子は、父親を交通事故で亡くし、これがトラウマになっている・・・・。

        で、大企業であるSHIMIZU自動車を相手に、事故の真相を追及する真奈子(松雪泰子)だが、研究費をホストに貢いでいるという疑惑が報じられピンチに陥る・・・次回、後編に続く。

        真奈子たちに協力してくれる九坂(岩城滉一)が良い感じでした。
        彼はSHIMIZU自動車をリストラされた過去がある模様。

        一方、SHIMIZU自動車の社長は、ずいぶんと怪しい感じがする・・・。
        −◆−

        今回は、「大企業vs真奈子」の構図が興味深いエピソードでした。
        大企業が相手でも、真実を追究する真奈子(松雪泰子)の姿勢が格好良いのです。
        −◆−

        事件解決は次回へ持ち越しなので、今回はこの辺りで・・・・。


        JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




        『モトカレマニア』最終回◆平均視聴率「4.2%」

        0
          『モトカレマニア』最終回

          マコチ(高良健吾)と桃香(矢田亜希子)の関係を疑ってしまったユリカ(新木優子)は、彼に対する気持ちがわからなくなっていた。事情を知った山下(浜野謙太)は、マコチと向き合えないことを悩むのは、向き合おうと思っているからだ、とユリカを励ます。
          笑顔のユリカ「私今、最高に幸せ。」

          ハッピーエンドで『モトカレマニア』最終回の幕が下りた。

          んん〜〜、ユリカ(新木優子)とマコチ(高良健吾)、ハッピーエンドで「ヨカッタなぁ〜〜」とかそういう感情が浮かんでこない。
          最後の最後まで、物語に感情移入できなかった。

          幸せを掴んで最高の笑顔を見せたヒロイン・ユリカ(新木優子)だけど、チャーミングだと思えなかった。

          毎度毎度同じ感想で恐縮だけど、ユリカ=新木優子の魅力不足が致命的だったと小生は感じた。
          新木優子は、ヒロインを演じるには少し早かったように思う。
          −◆−

          番組公式HPの概要欄に書かれている「恋愛で誰しもが感じる“あるある”をコミカルに描く“ざわざわ”ラブコメディー」っていう感じが皆無で、ユリカ(新木優子)とマコチ(高良健吾)や山下(浜野謙太)とむぎ(田中みな実)をはじめとする登場人物の恋愛模様に”キュン”とか“ざわざわ”くることがなかった。

          ラブコメディーだというが、全然コミカルでもないし・・・。

          そもそも、”モトカレマニア”という造語にも魅力を感じなかったし、”マコチ”という呼び名も、パッとしなかった・・・。
          −◆−

          最終回の平均視聴率は4.2%。
          全9話の平均視聴率が4.42%。
          副音声企画や超特急出演などテコ入れを行ったが、ドラマ的には撃沈!

          こんなドラマを、よく最後まで観察し続けた自分に感心するわ。
          −◆−

          以上、『モトカレマニア』最終回の感想でした。

          JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




          『同期のサクラ』第9話◆コンビニ店長が土下座…

          0
            『同期のサクラ』第9話

            人生の岐路に立つサクラ(高畑充希)の同期4人は、それぞれ悩みを抱えていた。百合(橋本愛)は起業しようか迷い、葵(新田真剣佑)は恋愛と結婚について悩んでいる。蓮太郎(岡山天音)は転職を考えているが、心配をかけるのが嫌ですみれ(相武紗季)にも言えず、NPO法人の代表に推されている菊夫(竜星涼)は自信が持てない。サクラは、そんな4人の悩みを解決しようとするが…。
            第9話の平均視聴率は10.3%。
            「忖度しない彼女が戻って来た!」

            目を覚ましたサクラ(高畑充希)・・・小生が苦手とするキャラの復活だ。

            どこを見ているか判然としない目や、ちょこまかとした動き、そして空気を読まず忖度しない言動・・・すべてが好きになれない。

            ちなみにサクラが”じいちゃん”を好きなのは、朝ドラ『純と愛』のヒロインと同じですねぇ。
            脚本家・遊川和彦氏は、”じいちゃん好き”なんですかね?
            −◆−

            コンビニでの騒動も小生は苦手な場面だった。

            レジ打ちなど、何をやらしても仕事が遅くて使い物にならないサクラ。
            そんなサクラが、大声で電話する客に注意し、結局、店長が客に土下座する羽目に・・・。

            嫌、嫌・・・すごく感じ悪い。
            −◆−

            サクラ「私みたいに忖度できない人間は東京に合わなかったんです。」
            忖度についての脚本家の考え方を押しつけてくるようなセリフ・・・。
            やはり、小生はサクラが苦手だ。
            −◆−

            サクラを囲んで、奥歯が浮くような言葉を連発して彼女を励ます同期の面々・・・。
            これらのセリフも苦手・・・。

            一方サクラは「私には夢があります。いつかこの素晴らしい仲間とたくさんの人々を幸せにする建物を造ることです・・・・。」

            このセリフも超苦手だ。
            小生は、このドラマの脚本家さんと相性が良くありません。
            −◆−

            やっと平泉成に雇ってもらったと思ったら、取って付けたように黒川がやって来て「もしお前がここに就職するなら、御社との契約は打ち切らせて頂きます。」「花村建設に戻ってこい。俺の下で働かないか。」

            何か不自然なこの場面。
            で、サクラはどうするのだろうか・・・。
            −◆−

            以上、とりとめのない感想になった『同期のサクラ』第9話でした。

            JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



            JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




            『まだ結婚できない男』最終回★たくさんのバナナが…

            0
              『まだ結婚できない男』最終回

              桑野(阿部寛)は熟年離婚が決まった木村(伊藤正之)が1人で住む家の設計を手掛けているが、妻・玲子(宮田早苗)が建築の差し止めを要求。玲子側の弁護士はまどか(吉田羊)だった。桑野は木村側の弁護士・浅野(阪田マサノブ)に依頼され、証人として出廷することに。裁判当日、英治(塚本高史)夫婦、有希江(稲森いずみ)や早紀(深川麻衣)も傍聴する中、桑野とまどかはいつものように‘結婚観’の相違で対立し、裁判官もうろたえる。一方、まどかは母親の体調のこともあり、長野に戻って事務所を継ごうかと迷い始めていた。
              裁判で証言する桑野(阿部寛)が、まどか(吉田羊)と論戦になり「異議あり!」と…。
              裁判官に注意された桑野。

              この「異議あり!」がメッチャ可笑しくて笑ってしまった。
              こういう所が、このドラマの面白い要素の一つですねぇ。
              −◆−

              長野に戻って、母親の事務所を継ぐことにしたというまどか(吉田羊)に対して、桑野(阿部寛)が「あなたが居ないと、つまらなくなるし・・。」と、精一杯の言葉をかける。

              思わず泣いてしまうまどか…。
              あの桑野がよくぞここまで口に出来たものです。
              −◆−

              えっ、終わったの??
              最後は、あいまいで終わった感の無いラストだったけど、たくさんのバナナが映ったから、ハッピーエンドって事なのですよねえ?
              −◆−

              前作に比べると、ややパワーダウンした感の有る『まだ結婚できない男』でしたけど、安定感は抜群でした。

              変人・桑野の言動にくすっと笑えるシーンもあったし、小生はそれなりに満足できましたが、世間の評価はイマイチだったようで、最終回の平均視聴率は9.7%、全10話の平均視聴率 9.34%と、二桁に届きませんでした。

              前作からすると時代も変わって『まだ結婚できない男』が当たり前になってしまったと言うことなのでしょうかねぇ・・・。
              −◆−

              以上、桑野=阿部寛ロスがじわりと沁みてきた『まだ結婚できない男』最終回でした。

              JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




              『シャーロック』第10話◆ライヘンバッハ

              0
                『シャーロック』第10話

                都知事・鵜飼に不倫疑惑が浮上。同じ頃、高校生の息子・椋介を誘拐した犯人から身代金1億円を要求する動画が届いた。獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮(岩田剛典)は江藤(佐々木蔵之介)と高校を訪ね、バスケ部コーチ・灰田と椋介の間の確執を知る。そんな中、鵜飼が会見で誘拐について話してしまう。一方、若宮はこの件を通して守谷を追うつもりの獅子雄に危うさを感じる。
                『シャーロック』の第10話の平均視聴率は8.8%
                このドラマは面白くないから、頷ける数字。
                −◆−

                ライヘンバッハ学生寮・・・”ライヘンバッハの滝”から取った名前。
                即ち、ホームズ最後の事件に繋がるのだとでも言いたいのかな・・・。
                この程度のことでは、オマージュとは言い難い印象。

                やはりこのドラマのどこが「シャーロック・ホームズ」なのか理解できない。
                −◆−

                バスケ部のコーチ・灰田が怒鳴り散らしてる。
                体育会系特有のパワハラや・・・。

                で、いきなり行き過ぎた指導にダメ出しをする若宮(岩田剛典)。
                なんかリアリティを感じさせない会話・・・。

                そして、食堂で選手に身振り手振りを加えてアドバイスする獅子雄(ディーン・フジオカ)。
                さらには、ゴミ箱を使ってのフリースロー対決まで提案する有様。
                このドラマの、こういう取って付けたようなシーンが苦手で、獅子雄に感情移入できない部分・・・。
                −◆−

                バスケの試合に被せて、いつものバイオリンのシーン。
                これも小生は好きじゃ無い。
                湯川が方程式を書きまくって事件解決に繋がる『ガリレオ』のような痛快さに欠けている。
                −◆−

                秘書・津崎が鵜飼知事の不倫の果ての息子であることを指摘する獅子雄。
                バイオリンを弾いただけで、こういう風に真実が思い浮かぶの??
                推理のプロセスが吹っ飛んじゃってる印象。

                偽装誘拐であることを突き止めた獅子雄は、ライヘンバッハ学生寮で煙を炊いて椋介をあぶり出す。
                バルサンで虫を退治するみたいなエピソードになっちゃった。
                この推理の決め手は、野球部員に変装していた椋介が、バスケットシューズを履いていたこと。
                間抜けすぎる・・・。
                この程度のことなら、毛利小五郎でも見破りそうな・・・。
                −◆−

                鵜飼都知事がマジシャンズ・セレクトを用いて事件を誘発させたと指摘する獅子雄。
                動機は支持率回復。
                説得力に欠ける気がするが、脚本家さんがそう書いたのだから仕方が無い。
                −◆−

                江藤(佐々木蔵之介)が”君が代”を口ずさみながら次回へ続く・・・。

                以上、都知事の支持率よりも、視聴率回復を狙う方が良いかもしれない『シャーロック』第10話でした。

                にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

                JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第9話★記憶の書き換え?

                0
                  『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第9話

                  教えられていたパスワードの記憶が甦り、薫(広末涼子)のUSBに入っていた捜査情報の解読に成功した清春(賀来賢人)は、深水(笹野高史)とニッポンノワールとの接点を探り出す。一方で、清春は父と子の時間を取り戻すかのように、克喜(田野井健)との時間を過ごしていた。そんな中、深水とのやりとりを通して、清春は薫殺害の犯人について衝撃的な事実を知らされる。
                  面白くない・・・。

                  覚醒の日。清春(賀来賢人)は記憶を取り戻すが、これが偽の記憶かも?

                  制作側のさじ加減でどうにでも変えられる記憶に振り回される状況。

                  番組HPには「全ての真実が清春の脳裏に蘇る夜。第9話、誰にも騙されることなかれ。」とあるが、自由に記憶の書き換えが出来る設定なんだから、だまし放題じゃん・・・。
                  これでは、真実を推理する楽しさが無くなってしまう。

                  「強化人間」や「人格改変」など、SF的な設定が為されているのだが、これが『ニッポンノワール』から魅力を殺いでいるように感じる。
                  −◆−

                  思い出したように現れる3年A組。

                  これが伏線として回収されるのかどうかは、最終回次第・・・。
                  あまり期待はしていないけど・・・。
                  −◆−

                  第9話の平均視聴率は6.9%・・・。
                  以上、とにかく面白くない『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』第9話でした。

                  JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                  | 1/1120PAGES | >>

                  calendar

                  S M T W T F S
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  293031    
                  << December 2019 >>

                  プロフィ-ル

                  profilephoto
                  スポンサード リンク

                  最近の記事

                  過去記事(プルダウン)

                  ショップ

                  新ドラマQ

                  Rakuten

                  スポンサード リンク


                  カテゴリー

                  一日一善!!

                  忍者アド


                  楽天

                  recent trackback

                  リンク

                  search this site.

                  others

                  レバレッジ

                  PR

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM
                  QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                  Rakuten