2020年7月12日「巨人2―3ヤクルト」お見合い、守備妨害…

0
    巨人2―3ヤクルト
    2020年7月12日

    初回。亀井と丸が飛球を譲り合って間にポトリ。
    その間に走者・青木が生還して先取点を奪われた。
    試合開始早々から、いやな感じ・・・。
    −◆−

    なんだかんだあって6回裏、2−3の1点ビハインドの場面。
    一死1,3塁から炭谷がショートゴロ。走者・パーラが2塁へスライディングすると、二塁手・山田が転倒し、その間に走者・亀井が生還して同点となった。

    と思ったら高津監督がリクエスト。
    すると、審判団はパーラに2塁上コリジョンルールを適用して守備妨害でダブルプレイとなり3アウトチェンジ 。

    幻の同点劇となった。

    試合はそのまま動かず、巨人が痛い敗戦。
    最下位候補のヤクルトが首位に立った。
    −◆−

    今日は、怒っているので、ここでお終い!!!


    にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
    にほんブログ村
    にほんブログ村にほんブログ村 野球ブログへ

    JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ




    2020年7月11日「巨人4―9ヤクルト」3連敗…リリーフ陣不安定

    0
      巨人4―9ヤクルト
      2020年7月11日

      サンチェスは、6回途中を99球、4被安打、自責点3で、自己最多の8奪三振。
      味方の拙守に足を引っぱられながらも、まあまあのピッチングでしたが、もう少し自信満々で投げて欲しいかな・・・。

      とりあえず、3回途中で降板した前回登板よりは上り調子だったように見えました。
      −◆−

      2−7でむかえた9回表。鍬原が登板。
      もはや5点差がついておりプレッシャーなんて無い状況なのに、2四球、2被安打で決定的な2失点。

      特に四球がダメ。
      球威はあるけど、だらしない投球で情けなかった・・・・。
      メンタル的に鍛え直さなきゃいけませんね。
      −◆−

      9回までリードしていた阪神が、植田のエラーで追いつかれ、さらに藤川がソトに被弾して逆転負け・・・。

      巨人も残念だったけど、阪神の方が悲惨な負けでしたねぇ・・・。

      よそ様の負け試合をテレビで観て、少し巨人敗戦の悲しみが慰められました。(トホホ〜〜)


      JUGEMテーマ:読売ジャイアンツ




      5000人限定の「有観客試合」、昔のパリーグより…

      0
        各地で開催されたプロ野球。5000人限定の有観客試合が始まりました。

        5000人でも、けっこう賑やかで、無観客試合とは全然違いましたね。
        −◆−

        で、思い出したのが50年ほど前の西宮球場(今は無い)。
        『阪急−東映』の試合は、5000人限定の有観客試合より絶対に客がすいていました。

        2階上層スタンドから友だちと一緒に観客数を数えたもの・・・・。

        昔のパリーグの試合は、大阪球場、日生球場でも観戦したが、やはり5000人限定の有観客試合のほうが賑やか。
        −◆−

        というわけで、半世紀前のパリーグを懐かしく思い出したのであります。

        今シーズンは、異例の開幕でスタートしましたが、このままコロナで中断すること無く最後まで試合が成立することを願っています。


        JUGEMテーマ:プロ野球全般




        『MIU404』第3話◆菅田将暉が…

        0
          『MIU404』第3話

          若い女性が公衆電話から警察に助けを求め、警察官が到着すると犯人らしき男が逃げ去る‘いたずら通報’が相次いで発生。同管内では、帰宅途中の女性がスタンガンで脅され、体を触られる事件も起きており、警察は両事件の捜査を進めていた。そこへまたしても若い女性の通報があり、管内のヘルプに入っていた伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は現場の公衆電話へ急行。足に自信のある伊吹が犯人を走って追うが、逃げられてしまう。だが、伊吹の勘と志摩の機転により、犯人の思いがけない逃走の手口が判明する。
          バシリカ高校の元陸上部の面々による虚偽通報事件。

          なんだか、『スタンバイミー』と『俺たちに明日は無い』を足したような匂いのするストーリーで、けっこう印象に残りました。

          で、高校生・成川岳(鈴鹿央士)だけが逃亡。
          これがドラッグ密売事件と絡んできて、最後の最後に菅田将暉が現れてビックリ!!
          どうやら売人役のようですね・・・。

          ちなみに、元陸上部の子の中に”まえだまえだ”の前田旺志郎君が居ましたね。
          すっかり大きくなりました。
          −◆−

          お坊ちゃまの九重(岡田健史)って苦手やわぁ。
          理屈ばっかりで、横柄やし・・・。

          エリートかも知れないけど、お友達にはなれそうに無いタイプです。
          −◆−

          「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」の”24時間限定での任務”という設定はあまり影響しませんでしたね。

          でも、今回の『追跡中』的な事件は面白かったから、細かいことはスルーできる感じでした。

          『アンナチュラル』で大倉孝二と吉田ウーロン太が演じた刑事コンビ、毛利と向島が登場のも面白かった。

          そして、チャライ役の綾野剛にも慣れてきました。

          以上、『MIU404』第3話への雑感でした。


          にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

          JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




          2020年7月9日「阪神2―1巨人」あと1本が…。

          0
            阪神2―1巨人
            2020年7月9日

            メルセデスは、7回途中5被安打、8奪三振、2失点の好投。
            コーナーに良く決まっていて、良いピッチングだったけど、援護が無かった・・・。
            −◆−

            負けちゃったけど、9回に藤川を追い詰め、あと1本というところまで粘りの攻撃を見せられた。
            坂本がお休みで、丸、岡本も本調子では無いから仕方ない感じの試合でした。
            −◆−

            2020年7月10日は神戸の「ほっともっと」で主催試合だけど、雨が降りそう。
            中止が増えて、シーズン終盤に試合が混みそうですね。


            にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
            にほんブログ村
            にほんブログ村にほんブログ村 野球ブログへ


            キムタク主演『BG〜身辺警護人〜』第4話◆引きこもり男、立ち直る!

            0
              『BG〜身辺警護人〜』第4話

              私設ボディーガードとなった島崎章(木村拓哉)と高梨雅也(斎藤工)のもとに「監禁されて命の危険にさらされている…」と緊迫した電話があり、二人は現場に急行する。そこに居たのは、20年間、ほぼ家から出ていない無職の男(岡田義徳)。常日頃誰かに命を狙われているため、クラス会に行く道中、実家から母校までの2kmの道のりを警護してほしいという依頼。果たして二人は、この前代未聞の警護を完了することができるのか…!?
              今回は、高校2年生の時から20年間引きこもっているアラフォー男性・生田大輔(岡田義徳)の物語で、スケールの大きな話しでは無く、自宅からクラス会が開催される母校までの2kmの道のりを警護する小さな仕事。

              で、島崎(木村拓哉)の活躍(?)により、生田大輔(岡田義徳)は恨みから付け狙っていた同級生・谷口守治(丸山智己)の襲撃計画を頓挫させた。

              すると、踏切で背中を押したりした過去の振る舞いは許された谷口が、生田大輔とすぐに和解。

              頑なだった父・生田洋次(平泉成)も、息子・大輔のタイムカプセルに入っていた手紙をキッカケに和解。

              さらには、20年も引きこもっていた生田大輔が更生して髭や髪を切ってスーツで外出。

              なんか今回の”人情話”は安易やなぁ・・・。
              人間の心や感情は、もっと複雑で根深いと思うけど・・・。
              −◆−

              とはいえ、先週も書いたけど、前シーズンでは警視庁警備部警護課 (SP)の落合義明(江口洋介)との軋轢ばかりがくどくどと描かれて食傷気味だったのだけど、第2シーズンでは章(木村拓哉)と高梨(斎藤工)がKICKS(旧・日ノ出警備保障)から独立したことで、”バディもの”としての魅力が発揮されているように感じます。
              −◆−

              とにもかくにも、キムタクドラマなので、それなりの水準は満たしている『BG〜身辺警護人〜』第4話でした。


              JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




              『ハケンの品格2』第4話◆新入社員・井手(杉野遥亮)が…

              0
                『ハケンの品格2』第4話

                自宅のゴミを会社でこっそり捨てようとする井手(杉野遥亮)の世間知らずぶりに、困惑する一同。大前春子(篠原涼子)は注意するが、宇野部長(塚地武雅)から「新入社員の教育は社員の役目」だと釘を刺される。
                実は井手は、S&F社との最重要取引先、「テイスト・オブ・ライフ」創業者、女社長の美香(キムラ緑子)の三男で、コネ入社の上、特に贔屓にされていたのだ。
                新入社員・井手(杉野遥亮)のやる気の無さやら、宇野部長(塚地武雅)の飲み会強要などのハラスメントや、お仕事ドラマとしての一定の面白さは確保できている印象。

                特に、この手のお仕事ドラマでは、社会に馴染めない新入社員の存在が定番ですね。

                井手(杉野遥亮)のセリフ「自分のスキルが活かされる場所で働きたい。」「俺、ここにいるとスケールの小さい人間になりそうで、もっと広い世界で羽ばたきたいんですよ。」

                聞いていて、歯がゆいというか、イライラすると言うか・・・。

                それにしても、『私の家政夫ナギサさん』に出てくる新入社員・瀬川 (眞栄田郷敦)と、『ハケンの品格2』の井手(杉野遥亮)は、振る舞いや考え方がよく似ていて、頭の中で混同しそうです。
                −◆−

                「このたび営業事業部、営業一課の課長に就任しました東海林武です。」
                東海林が(大泉洋)十三年ぶりに東京本社に戻ってきた。

                今後、彼と春子(篠原涼子)とのあれやこれやが楽しみです。

                以上、『ハケンの品格2』第4話への雑感でした。


                にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

                JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                多部未華子の『私の家政夫ナギサさん』第1話感想

                0
                  『私の家政夫ナギサさん』第1話

                  製薬会社のMRとしてバリバリ働くキャリアウーマンの相原メイ(多部未華子)は、仕事は誰よりもできるのに、家事が全くできないアラサー独身女性。そんなメイの28歳の誕生日の夜、彼女の散らかり放題の部屋に、突然見知らぬおじさんが現れた!その正体は、全ての家事を完璧にこなすスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)だ。ひょんなことからナギサさんを家政夫として雇うことになってしまったメイだが、「おじさんが家にいるなんて、絶対イヤ!」と受け入れられない。
                  『恋はつづくよどこまでも』『逃げるは恥だが役に立つ』の特別編放映の後だから、正直なところ『私の家政夫ナギサさん』第1話は見劣りしました。

                  「家政婦もの」としても、『家政婦のミタ』やら『家政夫のミタゾノ』などには及ばない印象。

                  また、最近の多部ちゃんのドラマでは『これは経費で落ちません!』のほうが面白かった。

                  きっと、第1話だからまだメイ(多部未華子)とナギサ(大森南朋)の間に化学反応も起きなかったので、イマイチな印象だったのでしょうね。
                  −◆−

                  とはいえ、お仕事ドラマとしては、仕事を背負いすぎるメイの働き方や、新入社員・瀬川 (眞栄田郷敦)のイマドキな振る舞い、また「メイはやれば出来る子だから」と期待を隠そうともしない母・美登里 (草刈民代)の存在には興味を惹かれました。
                  −◆−

                  というわけで、まだ評価の定まらない『私の家政夫ナギサさん』第1話でした。
                  とりあえず、面白くなるかもしれないので次回の視聴します。


                  JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                  | 1/1143PAGES | >>

                  calendar

                  S M T W T F S
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  262728293031 
                  << July 2020 >>

                  プロフィ-ル

                  最近の記事

                  過去記事(プルダウン)

                  ショップ

                  新ドラマQ

                  Rakuten

                  スポンサード リンク


                  カテゴリー


                  スポンサード リンク

                  忍者アド


                  楽天

                  recent trackback

                  リンク

                  search this site.

                  others

                  レバレッジ

                  PR

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM
                  QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                  Rakuten