『この世界の片隅に』第1話感想

0
    『この世界の片隅に』第1話

    昭和9年のある日、広島県広島市江波に住む少女・浦野すず(幼少期:新井美羽、大人時代:松本穂香)はお使いに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人攫いに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(幼少期:浅川大治、大人時代:松坂桃李)の機転で逃げ出すことに成功する。無事自宅に帰りついたすずだが、今日の出来事が夢のように思えて…。
    原作未読。劇場版アニメも見ていないので、先入観ゼロで視聴。
    とっても心地よい初回だった。

    子役パートでの、すずが人さらいに遭うシーンなどが印象に残った。

    そして、その時のことを思い出してすずを嫁にもらう周作との初夜までが描かれた・・・。

    姑さんが優しそうでホッとした。
    −◆−

    松本穂香が、すずののんびりしていて少しぼーっとしたキャラクターに嵌まってるように感じた。
    なかなかの適役である。

    ドラマ自体も、ガサガサしたところがなく、柔らかい感触がとっても良い。
    小生は”初回拡大”は間延びすることが多いのであまり好きではないのだが、本作に限っては良い感じの時間延長だった。

    刺激の少ない造りだが、見始めるとドラマ世界に引き込まれちゃう感覚・・・。
    次回以降も視聴決定。

    にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    海外ドラマ『クリミナルマインド(season10)#4』感想

    0
      備忘録。
      録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、昨日鑑賞したのは下記の通りであります。

      「クリミナルマインド(season10)」第4話★★★★
      アトランタで新聞記者のスティルマンが錯乱し車にはねられて死亡。スティルマンが最後に受けた電話はプリペイドの携帯からだったが、同じ番号からの電話を受けた昆虫学者のスリ博士が失踪し、間もなく遺体で見つかる。スティルマンとスリは死因が異なるものの、2人とも噛み跡のようなものがついており……。
      今回は、虫が皮膚の下へもぐり、這い回っているように感じ、とにかく痒いモルジェロン病の患者が犯人で、その妄想により人を殺めるのだ。

      皮膚の下を虫が這う妄想は何とも気色が悪い。

      この設定が新味があってマンネリを打破していて興味深かった。


      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



      JUGEMテーマ:海外ドラマ




      海外ドラマ『シカゴ・ファイア(season5)#13』感想

      0
        備忘録。
        録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、昨日鑑賞したのは下記の通りであります。

        「シカゴ・ファイア(season5)」第13話★★★★★
        閉店後のモリーズで、男がいきなりハーマンに「スーツを買う金を貸してくれ」と言う。最初は拒んでいたハーマンだったが、彼の話を聞きお金を渡す。51分署では皆が、ハーマンは騙されたに違いない貸した金は戻ってこないと言う。81小隊はトラックの事故現場で、チーフ・アンダーソン率いる・・・
        地区次長のチーフ・アンダーソンのミスを、チーフ・ボーデンがカバーした。

        これで恥をかかされたと感じ自尊心が傷ついたアンダーソンは、徹底的にチーフ・ボーデンに嫌がらせをする・・・・。

        アンダーソンみたいなクソ野郎が偉いさんだと下の者はとことん迷惑を被っちゃう。

        で、ボーデンに手を出せないと分かったアンダーソンは、地区次長の権限で51分署の面々をことごとく別の分署に転属させてしまう・・・。

        51分署のメンバーの運命や如何に。

        今回も、アンダーソンという超不愉快なキャラの出現によって大波乱が起きて面白かった。

        にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



        JUGEMテーマ:海外ドラマ




        海外ドラマ『BONES(season12)#10』感想

        0
          備忘録。
          録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、昨日鑑賞したのは下記の通りであります。

          「BONES(season12)」第10話★★★★
          陸橋の下を通りかかった車の上に、突然死体が落ちてくる。慌てた運転手は道路脇の木に激突。車は死体ごと炎上してしまう。ブレナンとブースは仕事前に立ち寄ったダイナーで以前ブレナンの助手を務めたメイヤー博士と再会。彼女が法人類学を離れプレリードッグの研究をしていることを知る。「情熱が消えかかったら新しいマッチを擦る」と話すメイヤー。ラボではウェンデルが学位論文のテーマで悩んでいた。
          被害者の骨を綿密に調査し、死因や狂気を割り出すブレナン達・・・。

          ブレナンを演じるエミリー・デシャネルの激太りが気になるが、12シーズンを迎えた月日の流れを考えると仕方が無いことかな。

          あと、ブース捜査官とオーブリー捜査官のコンビネーションが抜群だ。
          他の出演者もキャラクターが立っていて、良いチームだ。
          中でもホッジンズ博士はユーモラスで、今更ながら愛着を感じる。

          そして、最終回の匂いがかすかに漂い始めてる・・・。

          にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



          JUGEMテーマ:海外ドラマ




          「グッド・ドクター」第1話★初回の平均視聴率は11.5%

          0
            「グッド・ドクター」第1話

            湊(山崎賢人)は幼い頃、兄の勧めで医師を志し、旧知の司賀(柄本明)が院長を務める総合病院の小児外科でレジデント(後期研修医)として働くことに。司賀から、湊が「自閉症スペクトラム障害」でコミュニケーション能力に問題を抱える一方、驚異的な記憶力を持つ「サヴァン症候群」だと聞いた副院長・猪口(板尾創路)らは難色を示すが、司賀は条件つきで受け入れを認めさせる。そして夏美(上野樹里)は湊の指導医を任され…。
            韓国ドラマを原作とし、アメリカ版も製作されたドラマ。

            で、初回印象はすこぶる良い。
            「自閉症スペクトラム障害」で「サヴァン症候群」の湊(山崎賢人)というキャラクターがピュアで良い。

            大人の事情は理解できず、ただひたすら患者のことを純粋に考えている姿を、山崎賢人が好演している。

            同じ医療ドラマとしては「ブラックペアン」より良いと思えた。


            にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



            JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




            海外ドラマ『リーサル・ウェポン(season2)#7』感想

            0
              備忘録。
              録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、昨日鑑賞したのは下記の通りであります。

              「リーサル・ウェポン(season2)」第7話★★★
              パロスベルデスの入江でサーファーの死体が見つかる。頭部には金属の破片が残っていた。リッグスとマータフは近隣住民トムに話を聞く。トムはコディ・ルイス率いる地元のサーフギャング「ショアボーイズ」を疑っていた。ベイリーとボウマンがショアボーイズのたまり場の店に行くと、そこに・・・
              DVを働いていた父親が現れる悪夢に悩まされ、不眠になっているリッグス刑事は、ようやく真面目にセラピーを受けることに・・・。

              それでも、ユーモラスな場面もバランス良く配されていて、エピソードが重苦しくならないのがこのドラマの良いところだ。

              マータフ刑事とのコンビネーションも相変わらず絶妙で面白く、気軽に見るには丁度良い塩梅のドラマとなっている。

              にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



              JUGEMテーマ:海外ドラマ




              海外ドラマ『THE FLASH/フラッシュ(season2)#17』感想

              0
                備忘録。
                録画してため込んでおいた海外ドラマのうち、昨日鑑賞したのは下記の通りであります。

                「THE FLASH/フラッシュ(season2)」第17話★★★★★
                ズームの衝撃の正体が発覚し、アース2へ戻ってズームを倒すというバリーの決意は、今まで以上に強固になる。バリーは俊敏さをさらに高めるため、過去へ戻って、大敵であるイオバード・ソーンことウェルズ博士からコツを教えてもらおうとする。バリーはそこで、おなじみの敵ハートリー・ラサウェイと旧友のエディ・ソーンに会い驚いてしまう。
                過去へタイムトラベルしてウエルズ博士からスピード増強方程式を聞き出そうとするバリーは、過去で自分自身と遭遇してしまう。

                タイムパラドックスが起きそうな出来事だけど、大きな問題は起きずにエピソードは進む。

                バリーは、タイムトラベルした者を襲うタイムレイスというディメンターそっくりの化け物に追われるが、スターラボに帰還して化け物を撃退・・・・。

                最終的には、ウエルズ博士から方程式を得ることに成功したバリーは、ズームと戦うためにアース2へ行けるのか?

                展開がスムーズで時間が短く感じられた。
                タイムパラドックスへの対処は粗い気がするが、物語の面白さが充分にカバーできている。


                にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



                JUGEMテーマ:海外ドラマ




                「絶対零度〜未解決事件特命捜査」第1話★日本版「パーソン・オブ・インタレスト犯罪予知ユニット」?

                0
                  絶対零度〜未解決事件特命捜査〜第1話

                  元公安刑事・井沢(沢村一樹)は、表向きは資料課分室所属、実際は極秘の「未然犯罪(ミハン)捜査チーム」のリーダー。同捜査はAIのミハンシステムが予測した「これから起こる犯罪」を未然に防ぐ新たな試みだ。失踪したバディ・桜木(上戸彩)を捜す元特殊班の山内(横山裕)は、特別捜査官の東堂(伊藤淳史)によりチームに加えられるが、冤罪の危険性があるミハン捜査に懐疑的だ。そんな中、システムが新たに、クラブ経営者の富樫(武井壮)が殺人を犯す可能性が高いと割り出し、井沢らは捜査に乗り出す。
                  犯罪予知システムは海外ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト犯罪予知ユニット」で既にお馴染みのアイデアなので、本作に新味は感じない。
                  むしろパクッた感が漂ってる。
                  −◆−

                  キャストも小生の好みに合わない。

                  伊藤淳史がまず嵌まっていない印象。
                  そして基本的にジャニーズは苦手。
                  さらには本田翼も同様。

                  であるからして「未然犯罪(ミハン)捜査チーム」に馴染める気がしない。
                  −◆−

                  アクションシーンでは、スタントマン使ってるのがバレバレのシーンも見受けられ、なんだか興醒め・・・・。
                  上戸彩が死んだとされるけれども、だいたいの先行きは目に見えている気がするし・・・。

                  結論として、本家筋に当たる海外ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト犯罪予知ユニット」と比べると見劣りがして、ぐいぐい引き込まれるような感触は味わえなかった。

                  初回の平均視聴率は10.6%と二桁スタートとなったものの、小生は視聴し続ける自信が無いのであります。
                  蛇足ながら、月9感も希薄などラマでした。

                  にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ



                  JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                  | 1/1090PAGES | >>

                  calendar

                  S M T W T F S
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  293031    
                  << July 2018 >>

                  プロフィ-ル

                  profilephoto
                  スポンサード リンク

                  最近の記事

                  過去記事(プルダウン)

                  ショップ

                  新ドラマQ

                  Rakuten

                  スポンサード リンク


                  カテゴリー

                  一日一善!!

                  忍者アド


                  楽天

                  recent trackback

                  リンク

                  search this site.

                  others

                  レバレッジ

                  PR

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM
                  QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                  Rakuten