「スカーレット」第96回◆三津(黒島結菜)は唐田えりかか?

0
    連続テレビ小説「スカーレット」
    第96回
    (2020年1月25日)

    喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)の穴窯がついに完成。照子(大島優子)ら仲間たちも駆けつけ、お祝いする。そして穴窯で初めての火入れ。試算の結果、目標温度を決めて3日間火を燃やし続けることに決める。喜美子は薪入れを1人でやるというが、八郎が反対。三津(黒島結菜)を含めて3人でやることに。火入れが始まる。喜美子たちは懸命に薪を投げ入れ続けるが、3日を過ぎても目標温度には届かない。焦る喜美子だが…
    穴窯が巧く稼働せず温度が1200度に到らない・・・。

    喜美子(戸田恵梨香)は一端火を消すべきか八郎(松下洸平)に相談しようと工房の扉を開けると、そこには八郎の肩に頭を乗せてすやすやと眠っている三津(黒島結菜)の姿が・・・。

    相談できなかった喜美子は、薪を投入して燃焼継続。
    −◆−

    その後、目覚めた三津(黒島結菜)は、まだ眠っている八郎(松下洸平)にキスしようとしてる?

    喜美子(戸田恵梨香)が穴窯で苦労しているすぐそばで、こんなことしている三津(黒島結菜)に反感を覚えました。

    妊娠や育児で苦労する杏をよそに、旦那の東出昌大と不倫愛に溺れていた唐田えりかと三津(黒島結菜)の姿が被る・・・・。

    おしどり夫婦だと思われた喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)だけど、唐田えりか的な三津(黒島結菜)がすきま風を送り込んでる。

    なにか嫌な気配が漂った「スカーレット」第96回でした。

    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




    『ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜』第1話◆陰気

    0
      『ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜』
      第1話

      晶(シシド・カフカ)はミステリー専門書店でアルバイトをしながら、店主の富山(中村梅雀)が冗談で始めた「白熊探偵社」で調査員をしている。ある日、姉の珠洲(MEGUMI)が晶の元を訪ねてくる。珠洲に散々な目に遭わされてきた晶は、彼女を毛嫌いしていた。珠洲は今までのことをわびたいと、海外旅行のチケットを晶に渡す。そんな中、山中で女性の遺体が発見される。
      原作未読。
      もっとポップなドラマかと思っていたら、全編にわたってBGMに”ジャス”がかかるシリアスで不条理な雰囲気に覆われていました。

      悪い言い方だと「陰気」ってことになるかな・・・。
      あの間宮祥太朗でさえ、ハードボイルドな感じなんだもの・・・。
      −◆−

      シシド・カフカは、個性が出ていてクールな魅力が滲んでいました。

      ただし、エピソード自体の印象としては、晶(シシド・カフカ)の姉の珠洲(MEGUMI)がウザイ女だったと言うことぐらいかな・・・。

      イマイチ、ミステリとしての魅力は薄かったような・・・。
      −◆−

      家庭崩壊犯の”唐田えりか”が名を連ねていた『病室で念仏を唱えないでください』をスルーまでして楽しみに観た『ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜』第1話だったけど、正直なところ小生の好みに合いませんでした。

      次週からは『病室で念仏を唱えないでください』に戻ります。

      にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村



      JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




      『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第2話◆不倫騒動で…

      0
        『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第2話

        路上で口論の末に殴られた男性が階段から転落し、意識不明に。容疑者として猫田(稲葉友)が捕まり、豪太(桐谷健太)は教員経験を生かした取り調べで自白を引き出す。だが、地検に移った猫田は修平(東出昌大)に対し、警察で自白を強要されたと犯行を否定。豪太は起訴に必要な物証を要求する修平に反発しながらも証拠探しに奔走する。その経緯を見たみなみ(比嘉愛未)は…。
        引きこもりの青年が、事件現場や犯人の顔を撮影していたため、これが決め手となって犯人特定で事件は解決した・・・と、まとめちゃうと身も蓋もないんだけど、今回は東出昌大の”不倫騒動”があるからドラマに集中できないので仕方ない。

        修平(東出昌大)がみなみ(比嘉愛未)を食事に誘う様子も、こんな感じで唐田えりかを誘ったのかなぁ・・・なんて思う有様。

        要するに、東出昌大は今現在ドラマに出てる場合じゃ無いって事かな・・・。
        修平(東出昌大)は転勤させて、新しい検事を出演させた方がエピソードに没入できる気がしました。

        以上、『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』第2話に関する感想とも言えぬ雑文であります。

        JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




        清純派女優・唐田えりか、イメージダウン!!

        0
          東出昌大(31)の不倫相手とされた唐田えりか(22)

          『病室で念仏を唱えないでください』に出演していて、初々しくて透明感あふれる可憐な女優さんだと思っていたのに、幻滅も甚だしい!!

          不倫交際は、10代の頃から3年続いていたとのこと・・・。
          人は見た目では判断できないと、つくづく思わされた。
          −◆−

          大根役者だとされる東出昌大も、ますますイメージダウン。
          妻が妊娠中の不倫は、特によろしくない!

          出演中の『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』は予定通り放映されるらしいけど、なんだかねぇ・・・。

          にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ

          JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




          「スカーレット」第93回◆大量受注した皿は…

          0
            連続テレビ小説「スカーレット」
            第93回
            (2020年1月22日)

            東京に行っていた八郎(松下洸平)が信楽に帰ってくる。喜美子(戸田恵梨香)は八郎に呼び出され喫茶店でジョージ富士川(西川貴教)と再会。ジョージは川原家にやってきて喜美子が拾った信楽焼の古いカケラに興味を示す。カケラの色は、薪の炎と灰によってできたものだという。ジョージが帰った後、三津(黒島結菜)が八郎の帰宅を喜び盛り上がる。その夜、喜美子は八郎に次の目標を明かす。しかし翌日思わぬトラブルが発生して…
            単純に見落としてしまったのかもしれないのだけど、喜美子(戸田恵梨香)が絵付け小皿を大量受注した話しは、ケリが付いたの?

            納期までの日数はタイトで結構大変な作業になりそうだったのに、そんな様子が見られなかったでしょ・・・。

            納品が済んでいるのなら良いんだけど、電気釜が故障しちゃって、絵付け小皿の作業が残っているのだったら大事になりますよね?

            なのに、なぜ大騒ぎにならないのだろう・・・。

            小生は、この辺りについて見落としてるのかなぁ?


            『10の秘密』第2回を観た

            0
              『10の秘密』第2回

              圭太(向井理)は接触してきた由貴子(仲間由紀恵)から、瞳(山田杏奈)の誘拐には仕事上のトラブルが絡んでいると聞かされる。そして、追ってきた彼女の恋人・竜二(渡部篤郎)を妨害し、由貴子の逃走を助ける。一方、菜七子(仲里依紗)を介して、事件当日、瞳がピアニストの翼(松村北斗)と会う約束をしていたことを知った圭太は、動画で翼と瞳が一緒に演奏していた店を探し歩く。
              う〜〜ん、感想が浮かばない・・・・。

              タイムリミットが切られているのに、なんだか緊迫感が薄いような・・・・。
              事件が進行している気がしないのはなぜだろうか?
              −◆−

              圭太(向井理)はそれなりに頑張って瞳(山田杏奈)を取り返そうとしているけど、今ひとつ父親ならではの娘に対する気持ちみたいなのが伝わってこないんです。

              それに、小生には若々しいイケメンの向井理は14歳の娘のお父さんに見えないし、仲間由紀恵と元夫婦だったようにも見えないし・・・。
              −◆−

              ”10の秘密”って、何なのでしょうか?
              由貴子(仲間由紀恵)は秘密めいているけど、彼女が一人で”10の秘密”を抱えているってのも考えにくいし・・・。

              致命的なのは、事件に謎めいた雰囲気が漂っていないので、”10の秘密”というタイトルと中身が結びつかないこと。
              秘密や謎をみんなで”考察”するような展開じゃ無いのがもどかしい・・・。

              次回以降、視聴を続けるかどうか微妙なところです。

              にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へにほんブログ村新ドラマQ


              JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




              『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜(Season4)』第3話を観た。

              0
                『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜(Season4)』第3話

                井沢(沢村一樹)らはヒ素を入手した名門バレエ団のホープ・舞(山口まゆ)を調べることに。舞にはライバルの綾乃(我如古りな)がおり、井沢らは舞の殺意が誰に向かっているのかを探る。やがて舞の親友のバレリーナ・智花(古川琴音)が病気入院中であること、そして舞が心因性の記憶障害に陥っていることが判明。一方、小田切(本田翼)は捜査中にある人物に遭遇する。
                海外ドラマ『PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット』と設定が被る『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』
                小田切(本田翼)が奮闘したのだけれど、第3話の平均視聴率は8.6%と、今季初の一桁視聴率・・・。
                −◆−

                とりあえずヒ素を入手したことや、ネットへの書き込みが材料となって舞(山口まゆ)の周辺を捜査する面々。

                なんか、簡単すぎるような・・・。
                未然犯罪を”予知”するシステムがあるんだろうけど、これが最先端のAIによるものなのかどうか、ハッキリ見えてこない印象・・・。
                −◆−

                舞(山口まゆ)が殺そうとしていた相手は自分自身・・・。
                小田切(本田翼)がこれに気づいて自殺を留まるよう熱く説得。

                屋上に出る扉の外側に鍵をかけるレバーが付いているのって構造上不思議な造りだと思ったのは気のせいか?

                そして、鍵のかかった鉄扉を蹴破る小田切(本田翼)と篠田(高杉真宙)。
                体当たりやキックだけで鍵のかかった鉄扉が開いちゃうことに驚いちゃう・・・。

                細かいところが気になるのは右京さんみたい・・・。
                −◆−

                比較的ありふれたエピソードだったので、他に大した感想が浮かばなかった『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜(Season4)』第3話でした。

                やっぱ、『PERSON of INTEREST』の方が好きだわ。

                JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                『病院の治しかた〜ドクター有原の挑戦〜』第1話★長っ!

                0
                  『病院の治しかた〜ドクター有原の挑戦〜』
                  第1話

                  大学准教授で医師の修平(小泉孝太郎)はカテーテル治療の研究に心血を注いでいる。そこに実家の「有原総合病院」で名誉理事長を務める父・正太郎(大和田伸也)が脳梗塞で倒れたと連絡が。駆け付けると、正太郎は既に昏睡(こんすい)状態だった。看護部長・悦子(浅田美代子)の話では、6年前に修平の叔父・健次郎(光石研)が理事長院長を引き継いだ頃から経営は悪化していた。
                  テレビ東京「ドラマBiz」枠だけあって、医療ドラマと言うより、病院経営ドラマでした。

                  開始1時間を過ぎたあたりから修平(小泉孝太郎)による経営改善策が進み始めて面白くなり始めました。
                  つまり、前半1時間はテンポも悪くて退屈でした・・・。

                  1時間拡大では尺が長すぎるんじゃ無かろうか??
                  −◆−

                  薬や医療用具から文具に到るまで価格競争によって財務改善につなげる修平(小泉孝太郎)ですが、旧弊に囚われて反対を表明する医師や看護師たち・・・。

                  郵政民営化の際は、こういう面々を「抵抗勢力」としたお父上・小泉純一郎元総理を想起させる小泉孝太郎の活躍ぶりです。

                  こうして後半1時間は割と楽しめた『病院の治しかた〜ドクター有原の挑戦〜』第1話。
                  せめて、1時間半にすればもう少しテンポが出たろうに・・・。

                  以上、毎度低視聴率だけど小生は好みに合う「ドラマBiz」枠の『病院の治しかた〜ドクター有原の挑戦〜』第1話でした。

                  次回以降も、経営改善に取り組む修平(小泉孝太郎)の活躍が楽しみです。

                  JUGEMテーマ:日本のTVドラマ




                  | 1/1124PAGES | >>

                  calendar

                  S M T W T F S
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  262728293031 
                  << January 2020 >>

                  プロフィ-ル

                  profilephoto
                  スポンサード リンク

                  最近の記事

                  過去記事(プルダウン)

                  ショップ

                  新ドラマQ

                  Rakuten

                  スポンサード リンク


                  カテゴリー

                  一日一善!!

                  忍者アド


                  楽天

                  recent trackback

                  リンク

                  search this site.

                  others

                  レバレッジ

                  PR

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM
                  QLOOKアクセス解析 ドラマQ

                  Rakuten